プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


主人公のキャラが固まってなくて、見ていて辛い。

まあ、仮面ライダーの宿命とも言えるのだが・・・。

若くて経験の浅い役者をヒーローとして起用して、慣れない芝居をさせて毎週変身ポーズを取らせたり決めセリフを言わせたりしていくうちに、ドラマの主人公のヒーロー魂が乗り移るかのように、主人公がヒーローらしく成長して、貫禄と気迫と個性を身に付けていくのを見守るのが大人ファンの楽しみでもあるわけで。

今思えば、「ドライブ」の進ちゃんも最初の頃は「脳細胞がトップギアだぜ」とか言ったり、すぐサボッたり、なかなか痛いキャラだった。それが最終回の頃には稀に見る大人の正義感と現実味を持ったヒーローに成長していたし。
「ウィザード」のハルトも最初はクサいセリフを言うだけの恰好つけ野郎だったのが、いつの間にか傷つきやすい若者、感情移入できる等身大のヒーローとして戦うようになっていたし。
結局、ヒーローを演じる役者の素のキャラクターが、少しずつ脚本や監督やスーツアクターさんと影響を与えあって、1年かけてその人だけの個性を持ったヒーローが誕生するんだろうな、って思うんです。

桐生クンはね、まだそこまで行ってないから正直見ていて痛い。
正義感が強いのか単に優しいのか、何かトラウマがあって強迫的に人助けをしてしまうのか、女に弱いのか子供に弱いのか。
個性が無いから好きにもなれないし感情移入もできない。
しかしまあ、私もライダーを見続けて、「早くてもクリスマス頃までは我慢して見守らないと、ライダーは突然化ける」という法則を掴んでおりますので、まだしばらくは注視いたしますよ。
・・・ただ、ビルドは今のところ、主人公だけじゃなくてヒロインの美空ちゃんも痛いキャラなんだよなあ・・・。
ただ単に「変わり者」を出せばいい、ってもんじゃないんだよなあ・・・。

P.S.
TVをつけっぱなしにしていて、続いて「スイートプリキュア」のOPを見ていたら、なんと「脚本 香村純子」の文字が!
「ウィザード」や「ジュウオウジャー」の脚本で、私のなかで「神」の地位を欲しいままにしている香村先生がプリキュア?
ああ、でも、たまに流し見してると「おおー。なかなかいい話だなあ」と思うことがあったのですが、やはり香村先生の脚本だったのだろうか。
まあでも、先生には早く特撮の世界に戻ってきて欲しいですけどね。
スポンサーサイト

まだ最終回じゃなかった・・・安堵。

もはや私の生きがいと言ってもいいアニメのヘボット、まだ来週も見られるのが超ウレシイ!

最終回直前の今週は、ヘボットの世界の秘密をついに、ほぼ説明してくれました。
でも結局よくわかんないのはもう仕方ないよね。ヘボットだから。
イインダヨ~。分かんなくてもイインダヨ~。(ダメだろ!)

結局、エース・オカが作った世界は最初から壊れることコミで、駄目になった時はいつでもリセットできるように「終わらせる者」の存在も最初から決まっていたのかな。
「フェッセンデンの宇宙」みたいに、誰かが「こんな宇宙作っちゃった~♪ すぐ寿命が来る宇宙だけどね」って、遊び半分で作った世界の内側で、住人たちが必死になって世界の存続のために、幾度も周回を繰り返しながら希望の道を探し続けてきたのだろうか。
だとしたら悲しすぎる・・・でも、「エース・オカが始まりの者」という設定の意味を、ギャグ要素抜きで考えるとそういう事になっちゃうのよね・・・。

そんな、世界中のみんなの、何周も何周も階層を重ねてきたみんなの思いがネジル(この周回のネジル)に託されていると思うとまた、その壮大すぎる使命、というかロール、役割に泣けてくる・・・。
っていうか、ネジルの服が2週くらい前から変わっているのは何なんでしょうか。
いつものネジルはオレンジのベストを着ているのに、最近のネジルは白いTシャツ着ているでしょ、あれ、周回が違うってことだと思うんだけど・・・。
分からなくてもイインダヨ~(出てくんな!)

それにしても、黒くなってしまったヘボットの電源を切るネジキール卿には泣けた・・・。

あと、いつも出てくる可愛いマカロニは、ヘボットだったんですね!
いつも何かもの言いたげにしてたり、屁こきながら寝てたりするのはそのせいだったのか。
フィーネ姫の役割がやっと分かったのに、即、ギャグキャラ化していたのには恐れ入った。グチリーマンやモエカストリオが主人公の盾となって戦う、稀に見るシリアス展開だったのに、突然タンクトップ仮面が出てきてブチ壊していったり、ネジキール卿とマンちゃんが合体したらブタ肉になっちゃったり、どんな場面にもギャグをかませて来るのにはいちいち驚きませんが、「ラスボス決定1発ギャグバトル」には笑った・・・っていうか戦慄したよ!
最終回だと思って見ていたから、TVの画面に7:21の表示があるのに、もう本当に世界を救うための時間が無い(放送時間が無い)のに、こいつら何やってんだ、って!
グダグダにしたあげく、「イインダヨ~、グダグダで終わってもイインダヨ~」(マジかよ!)で終わらせるという荒業も、ヘボットならあってもおかしくないしね・・・。

結局のところ、幼いヴィーテ姫の魂は、流れ流れて今のヘボットに入っているのかな?
そのヘボット、つまりヴィーテ姫の魂とネジルがしっかりと結ばれることで、世界はあるべき姿になって安定する、という事でいいのかな?
ラスト、いつもの世界に戻ったように見えましたが、まだ来週も放映があるのでまったく油断はできません。
しかし、次週の最終回のタイトルが「にちようびのせかい」って・・・。
「ヘボット!」の放映が終わるのはもちろんですが、10月から、その後に続いて放映する「宇宙戦隊キュウレンジャー」と「仮面ライダービルド」も放映時間が1時間以上ズレてしまうんですよね。
日曜の朝、子供たちが早起きしてワクワクしながらアニメや特撮を見ていたゴールデンタイムが無くなってしまいそう(時間がズレてしまうと、リアルタイムで見られなくなって夜に録画で見ることが多くなりそう)。
「にちようびのせかい」というタイトルには、なんか、そんな朝からTV見て楽しんでいた子供たちに対する愛とノスタルジーをヒシヒシと感じますね。
ネジルとチギル兄さんたちがよく並んで「マンデー」って言って踊っていたのも、何か意味があるのかなあ・・・。
エンディングが「気付けば大人になっていて」という歌詞だし、「にちようびのせかい」は子供の世界、「マンデー」は大人の世界、を表しているような感じもします。

まあとにかく、「ヘボット!」にはすっかりハマってしまい、実は冬コミも「ヘボット!」で申し込んでいるのですw
更に、DVDボックスが出るみたいなので買っちゃおうかな・・・とすら思っていますww
ありがとうスタッフとキャストのみなさん、バンダイナムコさん。
空前絶後に冒険的、破天荒なアニメでしたが、いろんな意味で感動しました!

コッテコテやあ~!

先週から始まった新ライダー、先週は感想をアップできなかったので今日、まとめて語らせていただきます!

まず、第一印象は「昭和のコテコテ感」!
だってさ、「日本3分割」でしょ、「改造人間手術」でしょ、「指名手配犯」でしょ、あと、主人公の2人、桐生と万丈の掛け合いも、ひと昔前の探偵バディものっぽい。
(あ、今書いてて気づいたんだけど、主人公の苗字が「桐生」なのねー! 桐生クンといえば陸上100m9秒台おめでとー!!! 「ジェット桐生」ってあだ名があるんだってねー超カッコイイ! 最近、短距離男子はイケメンが多いなか、桐生クンの無骨な野武士のような風貌も大好きだったので、ことさらに嬉しいですww)

エグゼイドやドライブみたいな、社会人としてきちんと仕事をしている今時の「働くお兄さん」のライトな感じとは対照的な、「裏切り者の名を受けてすべてを捨てて戦う男」みたいな、大時代なドラマ性を感じるのよね。
そのくせ、変身した後のビルドの指さし確認みたいな決めポーズは、やたら明るくて、ドライブの時のマッハみたいな「陽性のライダー」っぽいし。
第2話冒頭の桐生と万丈の軽妙な掛け合い(なかなか達者で頼もしい)を見る限り、「あぶない刑事」みたいな友情だかブロマンスだかわかんない腐女子ウケしそうなバディものを目指していそうで、ちょっと心配な感触ではあります。

主人公の「天才物理学者」っていう設定も、今のところあまり活かせてないようですが、コテコテ感を強めていますね。
攻撃するときに放物線みたいなの出して軌道計算するのがちょっと面白い。
でもアホ毛が立つのはどうなのか(笑)
あのアホ毛のせいで、世間知らずの学者馬鹿みたいなキャラかと思わせておいて、けっこう行動派だったり武道派だったりするあたりも、なんか統一性が無いというかコテコテなんです。

まあしかし、無駄な要素はこの先多分、そぎ落とされて行くでしょう。
「日本3分割」のような、ありえたかも知れない現実味を持ちかつ壮大な世界観のライダーはあまり記憶になく、その世界をどう生かすか、という点だけを見てもこの先が多いに期待できます。

王道を行くって素晴らしい!

320.jpg
この夏の話題作、DCコミックス原作シリーズの「ワンダーウーマン」を見てきましたが、期待以上の面白さ!
アメコミヒーローものでありながら、女の子が社会に出て、成長し恋を知り現実に目覚め大人になっていく、その一つ一つが「元・女の子」として共感できる、「女の子映画」となっています。

この映画の美点をいくつかに整理してみました。
どんどんネタばれもしちゃいますので、これから見る予定の方は読まないでくださいね~!

美点①強くて当たり前
ヒーローものってどうしても、「男の世界」でしょ。
女の子が出てくることはあっても、「女の子だって強いのよ!」「男には負けないわ!」という扱い、つまり、男と比較しても、まあ遜色ないんじゃね? という扱い、添え物にすぎなかったわけですよ。
そこを最初に打ち破ったのは、もしかして「美少女戦士セーラームーン」なのかな、とも思うのですが、とにかく男がいようがいまいが、女であろうがなかろうが、強いものは強い、というごく当たり前の世界観が気持ちよい。
映画の最初のほうで出てくるアマゾネスの島の女戦士たちの甲冑姿の、なんと凛々しく恰好良いことか!
(人種差別的な発言になってしまうが、黒人のほうが褐色の肌に金属の鎧が映えて、カッコ良さが数倍増しだと思いました)


美点②美味しいとこ取り
主人公ダイアナが秘密の島のお姫様、というのはディズニーの「モアナと伝説の海」みたいだし、島に流れ着いた男を助けて恋に落ち・・・、これはご存知「人魚姫」のパターン。
他にも、個性的な仲間を集めて小さな村を救う場面は「七人の侍」みたいだし、世間知らずのお姫様が街中で騒動を巻き起こすのは「ローマの休日」を思い起こさせるし。
もうホントに、「面白くなる要素」を貪欲に、これでもかってくらい取りこんでいるのが見ていて楽しい。

美点③役者がイイ
ダイアナことワンダーウーマン役のガル・ガドット、美しさと凛とした気迫を兼ね備えた適役でしたが、その彼女が好きになる、英国軍スパイのスティーブ役、クリス・パインがまた良いですね~。
金髪に青い目で、いかにも女の子映画の彼氏役にふさわしい甘いマスク。
役柄も、ちょっとシャイで慎重派、俺様っぽさは全然無いけど正義感は強く理想に燃える、いかにも世間知らずの女の子が最初に好きになりそうなタイプなんですけど、実に魅力的に演じています。
クリス・パインってどこかで見たなあ・・・と思っていたら、2013年の「スター・トレック イントゥ ダークネス」でカーク船長をやってた人なのねー。
あの時も、「オッ。今時のカーク船長は若くてハンサムやのォ~」と思った記憶があるのですが、当時私はバッチ様(ベネディクト・カンバーバッチ)一辺倒だったため、あんまり注視していませんでした。惜しいことをしました。
また、そのスティーブが集める個性豊かな仲間たち、アラブ人(?)のサミーア、スコットランド人のチャーリー、インディアンの酋長、この3人が実に味があって良くってね。サミーアとスティーブがパーティー会場に潜入するために打つ小芝居が可笑しすぎる!
あと、スナイパーとして雇われたチャーリーが、過去のトラウマに苦しめられて結局、最後までスナイパーとしての腕を見せずに終わったのにはちょっとビックリ。掟破りだなあ・・・。
いや、チャーリーはダイアナに「いろんな人間、いろんな人生がある」という大事なことを教えてくれる人なので、それはそれでいいんですけどね・・・。

美点④少女マンガか!
主人公ダイアナがロンドンにやってくると、その美しさに誰もが振り向く描写とか、いろんな服を試すけど結局一番地味な服を着て、そのうえ眼鏡までかけてなおかつ「ただの美人だ」と言われてしまう場面とか、なんつーか女の子の夢をよく分かってるなあ、というか・・・。
面白い少女マンガを読んでる時の、気持ちよさ。
この映画の監督はパティ・ジェンキンスという女流監督ですが、今までに2003年の「モンスター」しか長編映画を撮ったことがないんですね。
よく、そういう人に監督を任せたなあとも思いますが、「モンスター」は私、かなり好きな映画で、恋に落ちる瞬間の感じや、恋をすることの怖さみたいのがよく出ていると思っていたので、なんか納得です。
そうかあ、あの「モンスター」の監督だから、女の子の気持ちの描写に無理が無いんだろうなあ・・・。

美点④愛のために戦う!
小さな島で成人し、島に伝わる伝説を信じて真直ぐな正義感を持ったダイアナが、外の国々を知り、戦争の無残さを知り、世界の複雑さを知り、そして男を知り恋に落ち愛を交わす。
「人間」を信じて行動してきたダイアナが、「人間」は罪深いものだと、救う価値のないものだと聞かされ、絶望の中で目の前で愛するスティーブ乗った飛行機が爆発するのを見る・・・。
ここでダイアナが、生まれ持った神の力に覚醒し、「私は愛のために戦う!」と宣言するのが素晴らしい!
今までのダイアナのたどってきた人生が、身体のうちにため込んできた様々な感情や体験が、最愛の人の自爆をキッカケにして爆発してしまうんですね。
うーん、うまく言えないけど、これ、誰でも大人になる時に、こんな風に今までの自分のカラを打ち破るような瞬間って、あるんじゃないかな?
もちろんこんなに派手じゃないだろうし、1回だけとは限らないし、自覚もしてないだろうけど。子供の自分が死んで、大人の自分が生まれるポイントって、誰でも人生のどこかにひっそりとあるんじゃないのかなあ・・・。
(私の場合だと、離婚して子供の寝顔を見ながら泣いていたあの数日がソレにあたるんじゃないのかな)

そこで出てくる言葉が、「愛のために戦う」なのも良いんですよね~。
人の世には憎しみが渦巻いている、人間のために戦うのは無意味なのかも知れない。「正義」も「善」も、無意味なのかもしれない。
でも「愛」は私に力をくれた、私は「愛」を信じる! という、まことにヒロインにふさわしい決断で、ここに至るまでのスティーブとの関係が丁寧に描かれているからこそのインパクトなんですよね。
特に、最後、敵の攻撃をくらって一時的に耳が聞こえなくなっていたダイアナに、スティーブが別れの言葉と「アイラブユー」の一言を告げて走り去る場面、その声を後から聞いて、自分もまたスティーブを深く愛していたことに気付き絶叫するダイアナ・・・このへんの一連の流れがね、もう映画「タイタニック」のようでね・・・。
「タイタニック」でも生き残ったヒロインのローズが、死んでいったジャックの分まで人生を謳歌する話になっていますが、このダイアナも、死んでいったスティーブの分まで戦い続けることを決意するわけですよね、そう、愛のために。

今年の夏映画は「スパイダーマン・ホームカミング」で決まり、と思っていたのですが、ワンダーウーマンのこの堂々とした王道っぷりに比べると、マニアックで小味な印象になってしまいます。(私はスパイダーマン大好きなので、それはそれですごく面白いのですが)
強くて美しくて正義の味方で恋もしちゃう、そんなスーパーヒロインの雄姿。
アメコミオタクの男の子だけじゃなくて、ぜひぜひ一人でも多くの女の子たちに見て欲しい!


最終回のタイトルが「さよならヘボット」って何なんだよォオ~!

いよいよ次週が最終回となる「ヘボット!」。
日曜朝から脳が壊れそうなシュールなのかギャグなのかわからないネタを連発しつづけ、かと思えば少年少女(とロボット)の切ない絆のエピソードを挟んできたり、やりたい放題で視聴者を惑乱しつづけてきた伝説のアニメも、いよいよ年貢の納め時です。

それにしても・・・。
「ヘボット!」の世界が今のような世界になったのは、バンダイナムコの社員がヘボットの試作品を作ったことが始まりだったのか・・・。
「可愛いでしょ、こんなの出来ちゃいましたー。あのね、ここにネジを刺すと駄洒落をいう機能があるんです。ネジをいっぱい作って、妖怪メダルみたいに子供に買ってもらいましょうよ~」
「うーん・・・。でもコレ、どうやって売るの?」
「とりあえずコロコロで連載して、あとはニチアサでアニメ化ですかね?」
「しかしなあ。駄洒落じゃバトル場面が入れられないし、ギャグアニメで1年続けるのも大変だしなあ」
「今時っぽくセカイ系の伏線張っておけばいいんじゃないですか」
「そうだなあ。じゃあアニメスタッフに、『SFっぽくても何でも好きにやっていいぞ』と言ってくれ」
・・・と、いうような流れだったのだろうか。

最終回近くなって、設定がいきなりシリアスになるのかと思っていましたが、そもそもの世界のはじまりからしてギャグの世界観の中だったのが新鮮、というか・・・。
そんなギャグから始まった世界の中で、出会ってしまったネジル、幼いヴィーテ姫、そしてヘボット。
更に弟を守り抜くチギル兄さんや、10万年の時を超えてめくりあう黒ヘボットとネジキール卿、それぞれの強い思いが世界を動かし、世界を変えていくドラマでもある。
先が読めない、という意味では「新世紀エヴァンゲリオン」に並ぶ展開で、オタク臭さは「ケロロ軍曹」並み。
もうスタッフの人たちのお遊びが過ぎて、途中から明らかに、販促をあきらめた感がありました(笑)

なんかねー、こんな世界の中での話なんだけど、ネジルとヘボット、チギル、ペケット、ヴィーテ姫、そして他のみんなも、最終回、幸せになって欲しい。なんだかんだ言って、ネジルもヘボットも、みんなもスゲエいい奴。そうこのアニメって、悪い人がいない(変な奴は一杯いるけど)
「さよならヘボット」ってホント何なんだろう・・・やめてよ切なすぎるよ・・・。
前向きー!

やっぱり復活したねポッピーとパラドさんw
ヨカッタヨカッタww
やや綺麗にまとまりすぎた感はあるものの、すべてのエピソード、すべての人物が収まるべきところに収まった、「大団円」と呼ぶにふさわしい幕切れで、しかも、明日への希望を強く持ち続ける前向きさが、非常にエグゼイドらしくって良いと思いました。
ゲーム病やバグスターとの戦いで命を落とした人々の名前を全員読み上げるのにはちょっと驚きましたね。
しかも、そのすべての人たちを蘇らせる、という未来を目指している、という。
医療という重すぎるテーマを扱ってきて、力及ばす患者の命を救えないこともあるわけで、しかしそれでも前を向く、実際の医療の現場に携わる人たちへの共感と応援のメッセージにもなっているのですね。

そして、劇場版はやはりTVシリーズの最終回後の世界であることも、東映公式サイトに明記されていました。
そうだよねー。
つまり、CRチームの面々やタイガさん、もちろんポッピーもパラドさんも、今と同じような感じでずっと終わりなきゲームをプレイしつづける、と。こういう不死というか、不変の世界観はゲームっぽいのよね。

それにしても今週も、エムの表情の凛々しさが素晴らしい。
シリーズ中盤はクロト役の岩永くんが、後半はエム役の飯島くんが見事にドラマを引っ張ってくれましたねー!
最初は素人くさくて演技も棒っぽかったのが、みるみるうちに演じることの楽しさを、また、ヒーローとしての気迫を身に付けていったのは、見ているほうとしても本当にライダーファン冥利に尽きました。
さなぎから出てきた蝶がみるみるうちにハネを広げていくのを見守るような。
これからも多方面で活躍してほしい。

正直、途中の盛り上がりに比べて最終3話は消化試合みたいで今一つかな、と思っていたのですが、どうもソレって、クロノスこと壇正宗こと貴水さんの演技が、エムたち若い俳優の気迫に負けてたからじゃないか、って思うのよね・・・。
「絶版だア!」の言い方もいつも同じだったしね・・・。
正直、最終3話にはもう一人、ラスボスがいても良かったかなとは思いますね・・・。

さてしかし、冬映画でまた皆に会えると思うと、いつまでも寂しがってもいられません。
来週は早速、新ライダービルドのアピアランスを目撃する、という一大イベントが控えています。
9月、それは特撮ファンの新学期・・・!

ま、まさかポッピーが・・・!

歴代ライダーヒロインの中でも、強さ・可愛さ・ストーリーへの貢献度、すべてがピカいちのポッピーピポパポが、まさかの消滅・・・!
まあ正直、パラドさんは消滅してもいいかなって思ってたんだけど、ポッピーは予想外。
8/15の記事で書いた、「映画版はすべてが終わったあとの後日譚」という説ももろくも崩れ去りました。
うーん、でもね、あの二人、最終回の最後のへんで復活しないかな~。
エグゼイドって、基本「明るいライダー」だと思うんですよね。
明るいライダーって、例えば「W」とか「フォーゼ」とか。
仮面ライダーはどの作品も基本的に暗いんですが、最近、世界観が明るめのものが増えてきて、私はエグゼイドも明るいタイプだと思うんです。
(暗いのは「オーズ」「ウィザード」「ガイム」あたりね。「ドライブ」は半明半暗? 「ゴースト」は明るくしようとして失敗したっぽい)
で、明るめライダーでは登場人物はあまり死なないし、死んでも復活する、と。
なのでポッピーもパラドさんも、クロトさんがデータから復活させちゃうんじゃないかな。まあ、記憶や自我の連続性がない復活を、真の復活と呼んでいいのかどうか悩みますが、エグゼイドはその辺は軽く流すと思う(笑)
・・・なのでまあ、多分二人とも復活するだろう、と思って悠然と構えているわけですが。
もし、来週になってやっぱり消滅したままだったら、来週になって泣くよ・・・。

それにしても、中盤で最大のクライマックスが、闇落ちしたポッピーが苦悩のすえに「みんなと一緒に楽しく、ドレミファビートで遊びたいよ!」と叫んで、それにエムが「やろうぜ。一緒に」と笑いながら語りかけるシーンだったしなあ。
エグゼイドって今振り返ってみると、医師である人間たちの戦いと成長のドラマというよりも、バグスターたちの苦悩と改心、そして「自分にしかできないこと」を探したあげくに、自己犠牲の道を選ぶドラマだった、ような・・・。
もちろん、エムをはじめ医師チームも精神的にも大きく変わっていくのですが、それ以上にバグスターたちの変化の方が大きい。
あ、でもクロトさんのキャラ変が一番凄いかな(笑)

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE