プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ひさびさに、伊藤園の「おーい お茶」の新俳句から。
作者は14歳の女の子です。

皆さん、「もち投げ」ってわかります?
家を新築するとき、棟上げ式(屋根がほぼ完成したとき?)のタイミングで、家主や棟梁が屋根の上から紅白の餅をバラまいて、集まった人々がそれを争って拾う、というお祝いごとで、東京ではともかく今でも地方では普通に行われていると思います。
地方でも、庄屋さんの家とか、それなりに立派な家柄でしかやらないのかな?
私も今までに一度しか参加したことがありません。

小学生のとき、
「今日、〇〇の家でお餅をバラまくから、好きなだけ拾っていいらしいよ!」
という耳よりな話を友人が聞きつけ、ライバルが増えるといけないので二人だけの秘密にして(笑)、放課後こっそり〇〇の家に行ったのです。
集まっていたのはほとんど年配のオジサンやオバサンばかりで、始まる前には友人と私は、
「いい大人が小学生を相手に地面に落ちた餅を奪い合うとも思えないし、自分たちのほうが子供で動きも素早いから、きっといっぱい拾えるね!」
と甘く考えて勝手にワクワクして大きな袋を用意していたのですが・・・。
いざ、紅白の餅(丸いお餅でした)がバラまかれ始めると、それまでおだやかに談笑していた大人たちがいっせいに餓鬼道に落ちた亡者のごとく他人を押しのけ我先にと餅の奪い合いをはじめ、身体が小さくて軽い私たちはその集合体の中に入っていくことさえできず、結局餅も1個しか拾えませんでした。
「オジサンやオバサンは、可愛い子供にお餅をゆずってくれるはず」などと予想していた私たちは、この日、はじめて大人の世界の怖さを思い知りました。
あの日のことは忘れられません・・・。
今になって思い返すと、あのお餅、たぶん拾えば拾うほど福を多く拾うことになる、とかそんな意味合いがあったんだろうなという気がします。・・・それとも、ただ単にみんながめついだけだったのか(笑)
まあ、「取り放題」という言葉は理性を狂わせる言葉だなあ、とも思いますが(笑)

もち投げをはなれて見てる猫二匹

この句を読んだとき、そうした、子供時代の「もち投げ」の狂乱の記憶がまざまざと蘇りました。
そう、あの集団の中に入ってしまうと、大人も子供もなくなって、体育祭の騎馬戦とか棒倒しみたいな、一種のお祭りみたいな、変なテンションになっちゃうんですよね。
でも、一歩はなれた所からそれを見ていると、
「たがが餅の一つや二つのために争い合って、なんとあさましく馬鹿馬鹿しいことよ」
という醒めた目になっちゃうのも良く分かるんです。
猫が二匹、「人間がなにか大騒ぎしてるねえ。あいつらって時々、アホっぽいよね」などといいながら、それを見ているな、という場面をさらにもう一歩はなれた場所から見ている句だと思いました。

更にいうと、この14歳の女の子、自分ももち投げに行こうとして、部活があったとか何かで時間に間に合わなくて、その場所の近くにいったらもう始まっていて、大人たちが狂乱するさまを離れた場所から見ているしかなかったのではないかな。
(大量に投げられる餅も、一瞬で拾いつくされてしまう。後から行って参加できるほど、もち拾いは甘くない)
初めて「もち投げ」を外部から見て、軽く引いてるような気分も伝わってきます。
「もち投げ」という言葉じたいにおめでたい雰囲気があるうえ、猫が冷静な観察者であるという点が夏目漱石の「吾輩は猫である」なども連想させ、とぼけたユーモアのあるいい句だと思います。



スポンサーサイト

第一生命保険が毎年、選んでいるという「サラリーマン川柳」の入選作が可笑しすぎる!


ましゃロスの妻を救った五郎丸

キミだけはオレのものだよマイナンバー

本物のビール3本わが爆買い


ましゃロスの句、奥さんがミーハーで可愛いです(笑)
それを暖かく見ている夫も、できた男だと思います。
マイナンバーの句は、「おそ松さん」のカラ松あたりが言いそう(笑)
ビールの句は切実すぎてまったく笑えません(T.T)

ミュンヘンの 雪で切手を 貼りました  (一般の部A・40才未満・大賞  永原 仁)

「おーい お茶」の新俳句大賞より。
会社で来客があったとき、「おーい お茶」のティーバッグを使ってお茶を淹れているのですが、時々ティーバッグの袋に印刷されている俳句を目にした瞬間、「これ好きだ!」と感じる句があって、そのままこっそり持って帰ってきて、こうして夜にブログの記事にしていますw

この俳句って、友人からもらった絵葉書に書いてあった一文をそのまま俳句として応募しちゃいました、みたいな何の技巧もてらいもない、たまたま五七五になってるだけの文章だと思いませんか。
おそらく、初めてのヨーロッパ旅行。
折からの雪で白く化粧したミュンヘンの町並みが美しく、高揚した気持ちのままに、家族や友人に絵葉書を書いたのでしょう。
雪景色にちょっとはしゃいだ、子供みたいな喜びが伝わってくる句で、作者の方はまだお若い方だと思われます。

そしてこの句は何といっても、「ミュンヘン」が良いです!
何だか「メルヒェン」と響きが似ているせいで、「ミュンヘンの雪」という言葉だけで、水色やブルーグレーの寒色系が美しい、雪の結晶が描いてあるような絵本を目の前でパッと開かれたような気分になります。
更にいうと、その時のBGMはチャイコフスキー」の「くるみ割り人形」です。
ミュンヘンは1972年にオリンピックを開催した都市ですが、同じ年、札幌で冬季オリンピックが開かれており、どうも私の中ではサッポロの時のスポーツニュースのテーマソングだった「くるみ割り人形」と「ミュンヘン」という響きのよい名前が結びついてしまっているのです。
「ミュンヘン」をモスクワや札幌、ベルリンなどに置き換えてみると、全然面白い句ではなくなってしまいます。

「貼りました」という口語体がまた童話・童謡っぽくて、
「上海で 白いパンダを 買いました」
とか、
「エジプトで 砂に金貨を 埋めました」
とか、カラフルにどんどん続けていったら楽しそう。
この先、「ミュンヘン」という地名を聞くたびに思い出すことになりそうな、そんな一句です。

信念があって咲いてる冬桜  (柏屋 若子 61才)

「おーい お茶」の新俳句より。
テーパックに印刷されたこの句を見たとき、思わず微笑んでしまいましたよ。
61才の女性が作ったというのがいいですね~。
花も嵐も踏み越えて、自分の人生を振り返るとき、真冬の寒さの中できっぱり咲いている冬桜に思わず自分を重ねてしまった、と・・・。
「信念があって」というのが面白い。誰にも理解されなくても、自分なりに正しい道だと信じているのね。
多分、頑固で自分を貫き通す生き方をしてきた方なのでしょう。
それとも、周囲に従いながらも芯は強い、譲れない何かを持った人なのか。
今までの人生で、いろいろと嫌なことや辛いこともあったのでしょう。でもまだ、人生これから!
春爛漫の花の季節ではなく、あえて冬のさなかに孤独に咲くことを選んだ冬桜に、「私もまだまだ負けないよ、お互い頑張ろうね!」と語りかけている、頑固なオバチャンの姿が目に浮かんで微笑ましいww

言葉の使い方がゴツいというか、修飾が一切無いのも、飾り気のない人柄のあらわれなのでしょうか。
例えば、「信念のありて咲きたる冬桜」みたいに、ちょっと言葉を選んだり、飾ったりしてみようとした形跡がない。
ゴツンとした岩みたいな無骨な句ですが、そこがまた良いです。

元気が出る俳句 (幻冬舎新書)元気が出る俳句 (幻冬舎新書)
(2014/03/28)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る

以前から何度かこのブログで紹介させていただいている、倉阪鬼一郎著「怖い俳句」が好評だったとみえ、同じく幻冬舎新書より姉妹本が出ました。
「怖い俳句」はいい本でした。俳句という形式のもつ短さ・切れ味・シュールっぽさが、「怖い」という感情と実に相性が良く、個性的でちょっとアクの強い俳句が集まっていて実に読み応えがありました。
今回は「元気が出る俳句」という、何だか図書館のヤングアダルトコーナーにでも置いてありそうな書名で、正直俳句なんぞに元気にしてもらいたくないと思っていたのですが、そこはやはり倉阪鬼一郎のチョイスが良いんです。読んでいるうちにお気に入りの句がどんどん出てきてしまいました。
なのでこの本も、今後何回かに分けて好きな句をご紹介していこうと思います。

今回はまず、実に微笑ましい子供たちの姿を読んだ句を中心に。

風邪の子の象を見しことばかり言ふ (明隅礼子)

子供が風邪をひいて寝ていて、母親がそのそばで編み物だか家計簿書きだか、ちょっと手を動かしながら、子供と話をしている。子供はそんなにひどい熱じゃなさそうです。寝ているのが退屈なんでしょう。
数日前に幼稚園の遠足か何かで、動物園に行ったのでしょう。初めて象を見て、その大きさに驚いたんでしょうね。
(まあよっぽど象が気に入ったんだねえ)と思いながら聞いている母親の心がポカポカしてるのまで感じさせる、いい句だなあと思います。


夜の子の明日の水着を着てあるく  (森賀まり)

夏休み中なのかな、次の日が日曜日で両親に、海かプールに連れていってもらうんでしょうか。それとも、小学校のプールの授業が明日から始まるのかな。わくわく待ちきれなくて、夜のうちから水着を着て家の中ではしゃいでいる、と。
子供ってなんであんなに水着好きなんでしょうね。私も、小学生のころ、よく泳ぐわけでもないのに家の中で水着を着ていた(笑)のでよくわかります。

水遊びして毎日が主人公  (中村尚子)

これも夏の水遊びの句。
やはり、自分の子供たちが小さかったころ、家の前にビニールプールを作って毎日遊ばせていたころを思い出します。
歓声や笑顔、光る水しぶきなどがギュッと詰まったような句。夏の子供って、ほんと毎日が主人公ですよね。

少女眠る明日播く花の種子袋 (青柳志解樹)

これまた、次の日を楽しみにしている子供の句。
花のタネは、アサガオでしょうか。女の子が枕元に、タネの袋を置いて眠っているんですね。夏休みの観察日記でもつけるんでしょうか。花の種をまく、という地味な行動にすら、これだけの喜びを感じられるなんて、この歳になるとただもう羨ましい限りです。

少女みな紺の水着を絞りけり (佐藤文香)

最後は、同じ水着の句でもぐっとエロティック。
人目もはばからず、脱いだあとの水着を絞っているというのですからここに出てくる女の子たちはまだ小学生かせいぜい中学生、お色気などとはほど遠い少女たちですが、なんなんでしょうかこの危うい気配は。
倉阪鬼一郎さんの紹介文が凄い(笑)ので、ちょっと引用してみます。
水泳のあと、いっせいに紺の水着を絞っている少女たち。そこから滴っているのはただの水ではなく、まるでもぎたての果実のジュースのようです。この句に接したおじさんたちは、その濃密な香りにたちまち当てられてしまうことでしょう。
スク水のブームも終わる気配がないし、やはり紺の水着の威力は絶大ですね・・・。


金亀虫擲つ闇の深さかな(こがねむし なげうつ闇の 深さかな) 高浜虚子

金亀虫、というのは見慣れない当て字ですがようするにコガネムシ、カナブンですね。
今夜、我が家でも窓を閉めていたらカナブンがブーンと飛び込んできて、あちこちブチ当たったあげく床に落ちてしおらしくしていましたので、紙コップで拾い上げて玄関から外に出してやりました。そう、まさになげうつ、というか放り投げる感じで。
この句のまんま、リアルです。

この俳句は中学か高校の時に授業で教わった覚えがあるのですが、その時は「擲つ」という字がやたら画数が多いのが気になって、それしか覚えてないです。「投げうつ」じゃイカンのかと思ったものです。今になって考えると、やはりここは「擲つ」という字の何かワケありな感じが効いているなあ、と思います。「闇」の画数の多さと釣り合っているというか。
「擲」という字をじっと見ていると、老人が手にちり取りを持ってかがみこみ、片手でドアを半分開けた所のようにも見えてくるのですがそれは気のせいかでしょうか・・・(笑)

「擲つ」には、「投げ捨てる、惜しげもなく差し出す、放棄してかえりみない」などという意味もあるそうです。
だから、コガネムシ(金亀虫、という字は黄金虫よりも小さな命を感じさせる)を家の外に放り投げた時、戸だか窓だかを開けた瞬間、家の中の明かるさに慣れた目が外の暗さに驚いて、「小さな光る命を投げ捨てたのは、予想もしなかったほど深い闇の中だった」という、ただ「虫を外に出した」という行動にそぐわない、哲学的とでもいいたいようなイメージが湧いたのだと思います。かすかな罪の意識すら感じます。
こういう時って、戸(または窓)開けるのと虫を放り出すのとはほぼ同時ですから、「あっ、外はこんなに暗いのか」と思った瞬間にはもう虫は闇の中に消えているわけですからね。

あと、「擲つ」のは「外に出してやった」「逃がしてやった」とは明らかに違う、「投げ捨てた」という語感があるので、そこにもやはり虫の命を軽く扱ったことと、闇の深さへの畏れとの対比があると思います。
コガネムシは金や緑に光る、小さな綺麗な虫なのに、「お前の棲んでいる、属している世界はこんなにも深い闇の底なのか」という驚きが感じられます。

いずれにしても、夏場、部屋の中にカナブンが入ってきてしまうたびに思い出す一句。熱帯夜のムンッとした暑苦しさまで伝わってくる気がするのは、夏の夜に部屋に虫が入ってきて大騒ぎになる経験を、毎年繰り返しているからでしょうか。

それにしても、コガネムシは幸せな虫ですね。
うっかり人の家に入っても、外に逃がしてもらえて俳句にまでしてもらって。
良く似た大きさの平べったい黒い虫は見つかりしだい瞬殺されるというのに・・・。

「おーい お茶」の新俳句より。

悲しさを知らぬがごとし春の星 (竹田愛理 16歳)

奇をてらったところがないのに、何かはっとさせられます。
「春の星」という言葉が新鮮で、今までありそうでなかったかも。
「春の~」ときたら、「春の雪」とか「春の月」と続けたいですよね。星だったら、「冬の星」か「夏の星」でしょう。
夏の星は、夏祭りの夜とか天体観測部とか、若々しく甘酸っぱい青春のイメージ。織姫と彦星の伝説や天の川などのロマンチックな恋人たちの気配も濃厚です。逆に冬の星は凄烈で厳しく、ぎらぎらと輝く刃物のような切れ味があります。どちらも、強いイメージを喚起する言葉です。

それに比べ「春の星」となると、夜空の色も何となくホンワカして、星の数も明るさも冬に比べてずっとユルくて、まあ何と言うかのほほんとしています。
で、作者は何か、人には言えぬような悲しみを抱えていて、夜空を見上げている、と。
16歳の女の子ですから、失恋なのか友人関係のトラブルなのか、春のことですから受験の失敗とか大好きな先輩が卒業したとかかも知れない。抱いていた夢の挫折や、あるいはもっと深刻な家庭内の問題や両親の離婚、親しいものの死、などなど。
若い人なのでもっと哲学的な「自分はなぜこんな自分なんだろう」というような悩みかもしれません。
人生に悲しみはつきものですが、見上げた夜空の星たちはいつも変わらず高い所で、悲しみなど知らぬようにまたたいているばかり・・・。

俳句はどちらかというと感情より理知やユーモアを尊重するような文芸だと思いますが、この句は「悲しさ」というストレートな言葉をドンと置いて、淡い光の春の星を並べた、自己憐憫スレスレの感傷的な句です。しかし、この甘い抒情性は心地よいです。中原中也の詩にも近い感じがします。
春の星、という言葉にはこれから始まる季節への期待がこもっていますね。「冬の星」よりも「春の星」のほうがずっと救いと希望がある感じ。「春」の一文字で世界観がぐっと広がって、爽やかな青春の句になっている気がします。
アークトゥールス、スピカ、レグルス・・・春の星は名前まで優しいなあ。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE