プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唇にポイントあり


描いてみると分かるのですが、二人とも唇が厚くて肉感的です。
名称未設定-6
映画「黒執事」ってやっぱり日本版「バットマン」じゃないかと思うの・・・。
(日本版っていうのは、女の子目線っていうこと。ヒーローも筋肉じゃなくて美しさ優先ってこと)
架空の都市で、幼いころ両親を殺された大富豪の嫡子が復讐を誓い、それに理解を示して協力する執事が黒い(笑)、という所まで共通してるでしょ。日本版では女の子はヒロインというより戦う側なのがポイントです。つくづく、日本って女コドモの国だと思う。

少女漫画をはじめ、ロリータファッションやBLなど、日本には女の子のための女の子による女の子だけの文化が脈々と(おそらく源氏物語の頃から)栄えているわけですが、外国ってそういうのが無かったんですよね。だから外国人がロリータファッションに出会うと「初めて自分を表現できた」だなんて大袈裟な事を言い出すんだと思う。いや、ただカワイイから着てるだけなんだってばww

それにしても剛力ちゃんの男装は可愛いなあw
実は我が家では、彼女のゴリ押しキャスティング(ビブリオ書店はさすがに「無いわー」と思いました。イメージ正反対じゃん!)が話題になっていた時に、「ジョジョの実写化で剛力がジョナサンだったらどうしよう!?」という怖ろしい予測を立てていたのですが、「黒執事」を見たらアリかもしんないと思ってしまいましたww 
その場合、スピードワゴンは藤原達也、ディオは佐藤健でどうでしょう?(笑)
ディオはガタイのいい人をいろいろ探したのですが思いつかず、まあそもそも剛力ジョナサンからスタートしてるんだったらまあいいか、と(笑)
あの、美しいのに下卑た感じを出せるのは佐藤健しかいない!(褒めてますww)
見たくないですか、藤原達也が佐藤健に指を突き付けて、
「ゲロ以下のニオイがプンプンするぜぇえーっ!!」
って叫ぶところをww
ツェペリさんには迷うところですが、困った時の香川照幸。彼さえ出しておけばサマになる!

・・・という妄言はさておき、ジョジョの実写化は黒執事以上に難しそうですね・・・w
スポンサーサイト

前々からペンタブの具合が悪かったのですがとうと買い換えました。
安物ですがタッチは前より敏感な気がします。ラクガキがてら、今最も私の腐女子マインドをくすぐる「ワンパンマン」のサイボーグ王子ことジェノスと、間接のパニックもとい音速のソニックを描いてみましたww

ジェノス3
(↑「囚人服」と書いたつもりが「困人服」になってましたww見逃してやってつかぁさい)

お皿を洗っているのは、ジェノスはワンパンマンの部屋で同居しているからなんです。
良く考えるとその設定もヤバイww
マインドをくすぐられているのは私だけではないらしく、11月17日、なんと第一回のオンリーイベントがありますww(興味ある方は「秒殺ノックアウト」で検索を)
原作読んでて、(なんかコレやばくない・・・?)って思ってあわててピクシブとか見ると、すごい盛り上がってて薄い本とかコスプレとかオンリーとかどんどん始まるこの感じは、去年の秋ころの「斉木楠雄のΨ難」に似ていますww 
「アイシールド21」の時から村田先生が好きだった人たちが盛り上げている感じもしますね。

今夜もついつい、栗原君と過ごしてしまいました・・・。

エドワード

栗原類にヤラレタ


選挙のことはここで書いても仕方ないので、もうあまり騒がないようにします。
ここはこぢんまりした趣味のブログなので、そもそもあまり人目に触れないしね(笑)
あの結果について怪しいと思っている方々は、もうとっくに他所のもっと影響力の大きなサイトを見たりなんらかの活動をしたりしていらっしゃるでしょう。私も、どこか一緒に考えられるサイトを探そうと思います。そもそも自分は不勉強なので、自ブログにこの手の事を書いても、ただの印象論になってしまい、あまり意味がない気もします。
とか言っても、あんまり腹が立ったらまた何か書いてしまうかもしれませんけど。

さて、そんな風に日々、選挙への不信を募らせながらもココロの別の部分は、栗原類に急速に傾斜していたのだった・・・。
先日の栗原類とティム・バートンの対談を見て以来、彼のポリシーあるお洒落心と風貌に惹きつけられ、気が付けばネットで画像を漁っている有様。
あの番組で見せてくれた、ウィリー・ウォンカとエドワードのコスプレ写真は「NUMERO TOKYO」という雑誌の11月号に載っていたことを突き止め、その号をアマゾンで入手しようとしている有様。
女性向け雑誌を買うのは、去年の「SPUR 10月号」(荒木先生が表紙とコミックスを描いていた号)以来だなあ(笑)
これを機に、せいぜい女子力を上げなくては。HAHAHA。
Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2012年 11月号 [雑誌]Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2012年 11月号 [雑誌]
(2012/09/28)
不明

商品詳細を見る

栗原くんのコスプレ写真は、表情がすごく良くて、一枚の写真なのに一つの世界を表現しちゃってるんですよね。いい意味でナルシスティックなんでしょうか。
帽子をかぶるのがこんなに上手な人は久々に見た気がします。
ウィリー





昨日(12/12)の朝の日テレの番組で、ネガティブ・モデルとして人気の栗原類と、映画「フランケンウィニー」プロモの為に来日中の、ティム・バートン監督との対談を放映してたのですが、ごらんになった方いますかね?
あの、人見知りで暗い栗原クンが、ティム・バートン監督には自分と共通するノリを感じるのか、終始微笑みを浮かべ頬を染めて嬉しそうに喋っているのがまずビックリです。
もともと素晴らしい美貌の持ち主ですからね、眼福眼福。
栗原クンは子供の頃アメリカに住んでいた時期もあるそうで、英語もペラペラでかなり意気投合していました。対談時、栗原君は黒い短いスーツに黒いシルクハット姿(映画「ダーク・シャドウ」のコスプレ? 見てないので分かりませんが)が良く似合い、まんまティム・バートン映画の住人でした。
更に、「チャリーとチョコレート工場」のウィリー・ウォンカや「シザーハンズ」のエドワードに扮したコスプレ写真も披露してくれたのですが・・・正直、ジョニー・デップよりカッコいい。
いや、ジョニデももちろん好きだけども! でもあの人、もうオジサンじゃないですか・・・。
栗原君はまだ18歳、現役高校生。その若さで、あの老成した雰囲気。モデルだけあって、コスプレに不可欠な「着こなし力」も半端ないです。
なんかね、やたらティム・バートン監督と意気投合してたしね、英語も喋れるしね、これは、次回作に出演が決まっても、まったく不思議じゃないな、と。っていうかむしろ、栗原君のあの美貌をティム・バートン映画の、あの独特な画面の中で見たいな、と。
監督、頼みます!

栗原君は監督にキングギドラの大型フィギュアをプレゼントして大変喜ばれ、お返しに「フランケンウィニー」のスケブを描いてもらっていました。
ところで栗原君って、ピースの又吉に似てますよね(笑)。性格的にも(笑)
又吉も風貌はかなり好きなのですが、又吉が少女漫画の妄想シーンで80%くらい美化されると栗原君になる気がしますw

栗原


あの叫びも凄いけど髪型も凄いです。前髪はもちろん、後ろ髪も凄いです。
前々から、何かに似ている似ていると思っていたんですが、今日気づきました(笑)

ワゴン2

ペンタブとフォトショップの練習を、ちょっとずつですけど今日みたいな休日に進めているんですよこれでも。
今回はいろんなペン先を試してみたりとかグラデーションかけてみたりとかしてみました。
モデルは、ウィザード9話のハルト君。
特撮日記では散々文句を言っているくせに、やはり濡れ髪にはそそられるものがありますw
本当はスピードワゴンを描こうと思ったのですが、腐女子目線で描くと我ながら気持ち悪くなりすぎて無理でしたww

名称未設定-1

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。