プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近、TV東京の大食い番組も食傷気味であまり見ていなかったんですが、昨日の放送は面白かったな~!
春の新人戦からの出場の人が多くて、またそれがみなさん若くてカワイイのよww
どうして大食いさん達ってこうもキャラが濃いのかしらww
特に私のお気に入りは元ボクサーだったという谷崎君。途中から「谷やん」と呼ばれていましたね。
眉も剃っちゃってて典型的なDQN顔なんですが、ちょっと馬鹿っぽくて(ほめ言葉)すごくいい子っぽいんですよー! メイクや髪型が華麗で、美人ぞろいの女性陣の中でもひときわ美しい石関嬢(通称「ゆりもり」)に惚れてしまい、タイのプーケットでカメラの前で告白するもあっさり振られてしまい、その後名前のテロップに「失恋 谷崎」と書かれていたのも可笑しかった。
この谷崎君とロン毛の渡邉君、二人とも大食い海外ロケ名物の女性陣水着姿にテンション上がりまくりで、「頑張ってスパゲティ食べたかいがあったー!」などと大ハシャギ。実に良いのう。やはり、若い男はこうでなくてはいかん。
それに、女性陣がまた、先ほども言ったように美女ぞろいなんですよ。
華麗なゆりもり、元ミス鎌倉だったという桝渕さん、そして大食いアイドルとして活動中のもえのあずき(本名不明・略してもえあず)ちゃん。皆さんのビキニ姿は眩しかったです。
海に入ってはしゃいだり、ビーチフラッグをして遊んだり、若い男女が海辺で和気あいあいとしている姿を見て、こちらまで和みました~!
(羨ましいとか悔しいとかの感情が全く湧いてこないというのは、やはり私が年寄りだからでしょうかT.T)

さて、決勝は渡邉君、ゆりもり、もえあずの3人で行われたのですが、会場が屋外だったので、途中から真っ黒い雲が湧いていきなり土砂降りの雨になったのも凄かったです。豪雨の中で黙々とラーメンを食べ続ける3人・・・シュールな絵面だー(笑)
最後は渡邉くんが優勝しましたが、決勝・準決勝とも僅差でした。新世代大食いの皆さん、キャラも濃くて皆さん強いです。

今回の放送は本当に、選手の皆さんが仲良くてタイ旅行を楽しんでいるのが伝わってきて面白かったです。最近、アンジェラや三宅社長に頼った企画は殺伐として今一つだったのですが、久々に明るい大食いを見たという気がしました。
スポンサーサイト

明日から夏休みなんで今日中に終わらせなきゃならない仕事を片付けてたんですがウチの会社は残業してると早く帰れ帰れとうるさいので終わってないのに帰ってきてしまってもうシラネって思ってるんだけど人を増やさない限り時間内には絶対に終わらない仕事量なんですけど社長は何を考えているのか。

で、帰ってきてテレビをつけたら「爆食!なでしこグルメ旅」という番組をやっていたので夕飯を食べながら後半だけ見ました。
三宅社長・正司さん・アンジェラ・ゆうかちゃんの4人がお伊勢参りの旅をしながら各所のご当地グルメの、お店で一番人気の料理を当てていく、という番組。自分が選んだ料理を何皿もお代わりすると、当たった時のみポイントをかせぐ事ができます。
それで一位を決めていくんだけど、何だかなあ・・・。
自他共に認める大食い番組大好き人間なんだけど、もう、見ていてウキウキする感じがしないんだよなあ・・・。
三宅社長をはじめ、大食い美女たちは相変わらず魅力的だけど別にタレントじゃないし、もう彼女たちに頼った番組作りは無理なのでは。ぶっちゃけ、もう飽きた。
ガチの大食い王者決定戦ならともかく、こういう美女グルメ旅みたいな番組ではもう、彼女たちの賞味期限は切れてると思う。ジャイアントキリングみたいな、異種対決だとまた違う味があって面白いんだけどね。
新たなる爆食なでしこモンスターが登場しないのも、番組的に辛いですね。ゆうかちゃんはすっかり実力をつけて、中堅どころになったみたいだけど。
(彼女に関しては、以前にアグレッシブすぎて嫌だな、みたいな事を書いたのですが、今日はむしろその負けん気が好ましかった。正司さんがイジってあげてるのも微笑ましい)

それにしても伊勢の「手こね寿司」と「とろろ伊勢うどん」は美味しそうだったなあ。
2年前にお伊勢参りに行ったのですが、その時、手こね寿司と伊勢うどんが名物だと知らずに適当な店に入って、この二つを食べたら忘れられないほど美味しくて、またお伊勢参りに行きたい、というよりまたこの二つを食べに伊勢に行きたい、ってずっと思っていたんです。
「手こね茶屋 本店」、次回はぜひこの店に行きたいです!

今晩放映していた大食い選手権ですが、いやー、凄い展開でしたね!
過去、可愛さだけが売りだった(←失礼!)木下ゆうかちゃんがまさかの大進撃。決勝進出のみならず、正司さんを負かし、ギリギリまでアンジェラを追い詰める怒涛の追い上げ。
しかもゆうかちゃんは、都合で出られなかったロシアンの代わりに、補欠として出場していたのです。いやほんと、危うく優勝しちゃうとこでしたね。決勝が近づくにつれてどんどん強くなっていく感じで、昔の大食いブームの時のプリンス(小林尊)の登場を思い出しました。
ゆうかちゃん自身、「大食いタレントとして売り出したい!」という強い目標があったようで、今回はいつになくアグレッシブというか、正直、中村ゆうじさんにニックネームを付けてくれるように強要(?)するなど、調子づいているかのような言動も多く見られ、今まで彼女に抱いていたイメージが崩れてしまいました。お化粧もなんだかケバくなったみたいで、早くもタレント臭がするといいますか、なんかちょっと怖い女になったよゆうかちゃん・・・。
それに比べて今回ぐっと株を上げたのがスマイルの素敵な松崎沙織さん。色白そうな肌、控えめなコメント、「可愛い素人大食い女性」かくありたし、という感じでした。最近、アンジェラ・ロシアン・正司さん・三宅社長等々、みんなキャラが濃すぎてとても素人の集まりには見えませんでしたもんね。

国内戦では、日光江戸村での日光グルメ7番勝負が良かったですね!
白田くん、「殿」の姿でまたまた登場ww 串カツ屋はどうなってんだろう?
そういえば、三宅社長の役職が「飲食店社長」でしたが、お店でも開いたのかな。まだ29歳なのに、彼女ってやり手ですよねー。

そして舞台はベトナムへ。
なんっか、三宅社長とゆうかちゃんの水着姿が超カワイイんですけど~?
この番組、こういう所が楽しそうなのはいいんだけど、最近少し本来の道を見失っていませんかね?(笑)
女王戦が多いのも、こういう所で視聴率取りたいからなのか、と疑いたくなるし。三宅社長の登場が、大食い女王戦を決定的に変えてしまったのかもしれないなあ・・・グラビアアイドル路線に。

見事準優勝を果たした木下ゆうか、大食いタレントとしては願ってもないデビューを飾ったと言っていいでしょう。ただ、ギャル曽根ってギャルだったけど基本とても上品でクレバーな子だったので、今の時点であんまり特色の感じられない(結局、ゆうじさんもいい綽名を考えつかなかった模様)、ゆうかちゃんがこの先うまくやっていけるかには疑問を感じますが・・・。
そのゆうかちゃんの、正直ちょっと痛いほどのギラギラの野望を、何か嫌っていた気配のあるアンジェラ、最後でベテランの意地を見せたのが男前すぎてまた惚れ直してしまった・・・。あ、アンジェラ・アキのモノマネも良かったですww

全体に、ゆうかちゃんへの批判が多い感想になりましたが、彼女ばかり映す番組への不満でもあります。
年配の新人さん達もいい味出してたし(デビルのピアスが特に凄いw)、宮西さんなんかも常連さんなのにほとんど映ってなかったよね。赤阪さんの時代から大食いを見てきた身としては、グラビアアイドル路線の番組作りはそろそろ止めて欲しいです。

去年の7月に「ジャイアントキリング」という、現役力士にタレントさん達がさまざまなジャンルで挑戦する番組があり、中でも大食い対決が見ごたえ十分だったのですが、やはり人気があったらしく、12/30に第二弾を放映していました。

前回と同じく、デニーズで一皿ずつ頼んで完食していくスタイル。
前回勝利した大食いクィーンこと三宅社長とロシアン佐藤ちゃんがジャイアントで、力士をはじめ大食い自慢のスポーツ選手数名がチャレンジャー。
前回負けた、ベテラン雅山・「角界のおかわりくん」こと富士東は、雪辱を晴らそうとかなり気合を入れてきた模様です。やはりこの二人は強い! 
更に、白鵬様が刺客として送り込んだというニューフェイス・枡ノ山関がもう、美味しそうにぱくぱくと、食べっぷりが良くてもう可愛いったらありゃしない。枡ノ山、往年の琴風に似た、満面の笑みが素晴らしい。
更に今回は解説者席に大食い大魔神こと白田くんが座っていて、なんと花柄シャツを着ていたんですよー!
白田くんといえば花柄シャツ(笑)
往年の、大食い黄金時代を知っている方ならご存知ですよね(笑)

「角界のビッグマウス」こと旭日松関、大食いとしての実力は今一つでしたが、口下手な力士たちの間にあってなかなか口達者なのが面白いです。
旭「三宅さん、結婚はしていますか」
三「してないです」
旭「だろーね」
・・・というやりとりなど、力士らしからぬ軽い味がありましたww

アメフト界から参戦の、フェルナンデス選手を応援すべく、チアガールが応援に来ていたのも可笑しかったw
「ゴーゴー富士東、食べて食べて富士東♪」
この声援に乗せられ、15皿目の「ビーフ100%カレードリア」を完食する富士東・・・漢だぜ!!(笑)
しかし健闘むなしく、16皿目の「シーフードドリア」を前にチャレンジャーサイドは全滅。最後まで「おいしそーw」と笑顔で食べ続けた、大食いクイーン達の敵ではなかった・・・。

いやー、今回も面白かったわーww
「大食い」っていうもの自体が、常人の世界とは違う異界のお遊び(と言っては大げさかw お祭りのようなハレ空間・・・ってのも大げさかw)なので、それに大相撲の力士さん達が似合うんですよね。で、巨漢力士たちが40キロ代の細ーい妙齢の美女たちに、「参りました」と頭を下げる図は、なんか昔話とか神話の世界に通じるような、浮世離れした味があります。料理も全部美味しそうだし、大食いの良さを目いっぱい引き出す番組ですよ「ジャイアントキリング」は。大好きです。

12/23に、元祖大食い王決定戦の「炎の番外編 大食いなでしこが行く」という番組もやっていたのですが、こちらは残念ながら、大食いをアスリート系でとらえた、好きじゃないタイプの大食い番組でした。
大食いはやはり美味しく・フェアにいっぱい食べてこそ。スピードを競ったり、大食いさん同士の対決じゃなかったりするのは邪道どす。
三宅社長・アンジェラ佐藤・ロシアン佐藤・庄司さんなどなど、大食いなでしこの方々が料理人や一般の方々といろいろな勝負をするという趣向ですが、木下ゆうかさん、山崎沙織さん、小笠原貴子さんあたりはまだまだ「大食いなでしこ」の名を冠するレベルではなく、ちょっと企画に無理があるかなー、という感じでした。
今の女性大食いさんたちは、ほんとに普通に可愛い子が多くて、その人気に乗っかろうとした感が強すぎて・・・。昔の大食い番組ラッシュを知っている者としては、人気があるからといってあまり愛のない番組を乱立して欲しくないです。やはりそれなりに、身体に負担をかけていると思うので・・・。

・・・とか言いながらも、今年も楽しく大食い番組を見続けたいんですけどねw

日曜日に大食い選手権の記事を書いたら、検索して読みに来て下さる方が多くて、ありがたい事です。
で、検索ワード見ていて気が付いたのが、名古屋グルメ7番勝負のお店の名前を知りたがってる人が多い事。
ほんっとに、全部美味しそうでしたからね~!
なんで、ちょっと遅いかも知れませんが、あそこで登場した7件のお店の名前と料理名を書いておきますね。
(住所や電話番号は、各自調べてください)
私も、名古屋に行くことがあったら、ぜひ行ってみたいお店ばかりです。

①みそカツ
「矢場とん 矢場町本店」
鉄板トンカツ定食 1.785円

「みそが甘~い」とは、三宅社長の弁。

②ひつまぶし
「あつた蓬莱軒 本店」
一半ひつまぶし 4.300円

コレ食べたらもう、思い残す事はなさそう・・・。

③あんかけスパゲティ
「そ~れ」
ミラカン 850円

初めて見る料理ですが、舌の肥えた名古屋で認められているのなら絶対美味しいはず!

④手羽先唐揚げ
「風来坊 浄心店」
元祖 手羽先唐揚げ(5本) 450円

東京にも、品川店と銀座店があるみたいですね。

⑤天むす
「地雷也」
天むす(10個) 1.260円

こちらも、東京のあちこちに店舗があります。

⑥煮込みうどん
「山本屋 総本家」
親子煮込 1.554円

名古屋の煮込みうどんはつゆの色が濃いのに驚きますが、食べてみるとサッパリしてて美味しいんですww

⑦モーニングセット
「クローチェ」(CROCe)
ふわふわサイコロトーストセット 380円(ドリンクは変更可)

このボリウムで380円はありえない!
検索数が一番多かったです。皆さん、気になるのねw 
名古屋の朝はコレで決まりだぜ!


以上、何かの参考になれば幸いです。
録画しといて良かった~ww


この所、毎日気温の差が激しいせいか、ちょっと消化器系が不調です。ひとことで言うと食欲がない。
皆さんも体調には気を付けてね。
そして今夜は十五夜なのに東京には台風が接近中です。暴風圏に入りかかってます。今夜、会社の同僚は東京ドームにSMAPのコンサートに行ってるのですが果たして明日の朝、元気な顔を見られるのでしょうかw

さて、今夜はテレ東の大食い番組やってましたね~!
前にも言いましたが、とにかく大食い番組大好きなんです。
気がついたのが昨日の午後で、すでにその時点で予選の放映は終わっていました。無念です。
本選の闘いももちろん面白いのですが、予選は大食いさんたちの近況や、新人さんの紹介などが見られるのですごく好きなんです。特に大食い女子は皆さん、細くてお洒落で可愛くて、もう大好き!

今回は、第一回戦の「京都・甘いもの5番勝負」がハナから酷でした・・・!
特に、あのクッキーの鍋ごと食べるフルーツケーキは容赦なかったです・・・皆さん無言になってたことからも、過酷さが伺えます。
でも、何気にジャイアント白田くん(大食い史上、私の最愛のキャラ)が、しょうもない駄洒落を言いつつ登場してくれたので嬉しかった! いや~、相変わらず可愛いわ~ww

第二回戦「名古屋グルメ7番勝負」は、それに比べて、天国のような戦いでしたね!
みそカツ・ひつまぶし・あんかけスパゲッティ・手羽先から揚げ・天むす・煮込みうどん・モーニングセット、
どれをとっても本当に美味しそうで、一皿ごとに味が変わるので大食いさんたちのテンションもMAX。自分で次の皿を取りに行くのも楽しそう。
私は、名古屋には中継点として立ち寄ったことしかないのですが、とにかく食べ物が美味しいのには驚きました。
みそカツも名古屋コーチンもみそおでんも、頼んだものが全部美味しい。どの店で食べても美味しい。
この7番勝負の料理も、ほんとに全部美味しそうでした。

「名古屋・おもてなし武将」って、私は知らなかったんですが娘が知っていました。今やCDまで出すほど大人気の、ご当地応援キャラなんだとか。大食い女子が、おもてなし武将にキャアキャア言っていたのが可笑しかったです。けっこう歴女率高し。
皆の食べっぷりの凄さに、
「ワシら武士でも、無理やも知れぬな」
「大儀であったー!」
と言っていたのが可笑しかった。

さてここで、伊東の温泉に泊まる一行。この時点で残っているのは以下の6名。
男性:寺坂、木下
女性:アンジェラ佐藤、ロシアン佐藤、正司、三宅
女性陣が、みんな以前からの仲間なのですごく仲良くて、全員浴衣姿でお蕎麦食べてるとことか、とにかくもう可愛くてたまりません! 女子会をやったというのも楽しそう。

そして、千葉のマザー牧場のバーベキューで無念のリタイアをした三宅社長を置いて、一行はマカオへ。
マカオは楽しそうですが、気温38℃湿度80%って・・・! しかも屋外、日除けもない場所にテーブルを置いての大食いは過酷、、、、と、思うのですが皆さん「わーおいしそー♪」と言いながらニコニコ食べ続けていて、ほんと凄いよ・・・。

そして寺坂さん、顔に絆創膏を貼っていて、「転んだ」とか言っているのですが、ソレはどう見ても「ハングオーバー」しちゃったんでしょww
まあ、大人の休日なんでカタい事は言いませんけどねww

そしてマカオでの初戦となる小龍包勝負、まさかのハイレベル大激戦に・・・!
木下くんが怪物くんぶりを遺憾なく発揮して、何と12kgの番組新記録!
ロシアン佐藤が「8kg食べて負けるなんてありえない・・・」と言っていた通り、本当に全員死力を尽くしての勝負でした(でも美味しそう!)。
私はロシアンちゃんが特に好きなので(可愛いしお洒落だし、職業が意外にもシステムエンジニアだし。負けそうになると困った顔になるのも可愛いし、決勝戦ではたいていお手伝いのはっぴ姿なのも、かいがいしくて似合ってます)、応援していたのですが、無事、正司さんと二人、勝ち抜けたと知って、手を取り合って喜ぶ姿には泣けました。大食い女子には、「女の友情」を感じるんですよね・・・。

その直後、マカオの街でワンピースを物色したりソフトクリームを食べたり、女子チームはほんと旅を満喫。
グルメ旅番組として見ても、すごく楽しいです。旅に行きたくなります。
ベテランの正司さん、大食い番組に出始めて何年もたちますが、この頃すごく垢抜けてカッコ良くなりましたよね。マカオでも、少年のような細い黒いパンツに真っ赤なシャツ、という男前な恰好が良く似合っていて、思わず惚れてしまいそうでした。

決勝のとんこつラーメン勝負、今回ダントツの強さを見せた木下くんが怪物にふさわしい食べっぷりで優勝を飾りました。男性が優勝したのは、ほんと久しぶり?
木下くん、2008年秋の大会にも出ていたそうなのですが覚えてなかったなあ・・・。
それにしても、どんな修行をすればそんなに強くなるの? 全盛期の白田くんやイテヤくん、プリンス(小林くん)にも勝てるのでは・・・。
なんか首が細すぎるのがどうも気になりますが、でも男性で強い人が出てきたのは素直に嬉しいですね。
これからも大食いが楽しみです。

今日は物凄いTV番組をやってました!!
フジテレビの番組で、大相撲の力士たちにタレント達が挑戦するバラエティ。
(ジャイアントキリング、という言葉は「番狂わせ」という意味だとか。あのマンガとは関係ない番組です)
大相撲大好きの私は当然熱狂して見ていたんですが、中でも面白かったのが、大食い対決。
角界からも、把瑠都(ばると)、臥牙丸(ががまる)、碧山らのヨーロッパ勢をはじめ、雅山、富士東などなど、かなりの大食漢をそろえて来たのですが、対戦するチャレンジャーチームの中に、三宅社長とロシアン佐藤(共に、人気実力NO,1レベルの女性大食いさん)が入ってたんですよ!
こりゃもう、最初から勝負は見えてましたね。
後は、自信満々の巨漢の若いお相撲さんたちが、「まさか・・・」という顔で次々にギブアップしていく姿を楽しむのみ♪
ああ~、好きな男性キャラが負ける姿を見るのって、どうして楽しいのかしら♪

あと、アイドル大食い(SDN48にも入っていたとか)、光上せあらちゃんもメンバーで、「大食い女三銃士」っていうネーミングになってました。ほんとに、綺麗で可愛くて細身の彼女たちなのですが、大食い相撲取りなどに負けるはずもありません。
・・・っていうか、大食い番組と大相撲をこよなく愛し続ける私にとって、この対戦はまさに夢の対決、ドリームマッチ(笑)
タレントチームに地味に加わっていた、『おかゆ太郎』という芸人さん、なんと大食い大魔神の白田くん(大ファンでした!)の推薦を受けての参戦。淡々とクールに食べ続けて、なかなか強かったですけどね・・・。
でも、三宅社長とロシアン佐藤のレベルにはまだまだでしたww

デニーズで、一皿ずつ同じ料理を全員で完食していく対戦スタイルです。
まだ一皿目や二皿目、余裕のある表情の「大食いデカプリオ」こと、把瑠都が可愛いww
カメラに向かって、大サービスのウインク連発。普段の大相撲中継では確認できない、薄い水色の美しい瞳が幾度となく大写しになって・・・御馳走様です! 素晴らしい番組です!
この対戦の解説を務めるのが、「角界のスイーツ親方」こと、大乃国っていう、もうほんとに、かゆい所に手が届くようなキャスティングでしたねー。まあ、親方、あんまり喋らなかったけど、でも大好きなんでOK!
「角界のおかわりくん」と呼ばれているという、富士東関、丸顔に唇の厚い顔で(何かのキャラに似ていると思っていたんですが、アレですね、「たまごクラブひよこクラブ」のヒヨコに似ています・笑)、食べっぷりも実に良くて、すんごく可愛いです。きっと、先輩とか親方に可愛がられるタイプですよ彼は・・・! いっぱい食べる君が好き♪
最後の一皿を頼む時に、
「そろそろ本気を出そうか」
って言っていたのも若い子っぽくて可愛いww

しかし、予想していた事とはいえ、三宅社長とロシアンの食べっぷりは凄まじいな・・・!
彼女たちは、最後まで「わあー、おいしそー♪」って言いながら、ニコニコ食べるもんなあ!
やっぱ、踏んできた(大食いの)修羅場の数が違うんだよなあ・・・!
最後、力士チームがもう限界になりかかった所でロシアンがニコニコしながら、「四元豚の豚しゃぶ御膳」を頼んだら、力士たちから「御膳かあ~!」という悲鳴に近い声が上がったのには笑った。
御膳ですよ、時代は御膳!

リアクションの表情がオーバーでキュートな、ブルガリア出身のイケメン力士、碧山や、ベテランなのに(大食いを)頑張った、目バリしたような色っぽい目元の雅山の、普段見られない表情も楽しかったですww

番組の中ではあと、白鵬様が子役の鈴木福くんと腕相撲(?)をして、うっかり勝ってしまって、司会の香取信吾に「なんで勝つんですか!」と言われてしまった所とか、手押し相撲対決で、チェコ出身の「クールターミネーター」こと隆の山(相撲界では珍しく細身で、映画に出てくるロシア人の暗殺者みたいな無表情な顔つきをしている)がカッコ良くて、しかも勝ったあとにちょっと笑いながらバイバイ、って手を振っていた所とかが見どころでしたね。

いやあ、久々に特撮ヒーロータイム以外の番組で満足したわーww
またやってくれないかな、大喰い対決だけでもいいからww

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE