プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


去年の「キングオブコント2012」はまれに見る激戦で、大爆笑コントが目白押しだったのですが、今年は全体にやや不調。
特に、去年冴えに冴えていた「うしろシティ」「さらば青春の光」が低調で残念でした。
普通に面白いネタなんだけど、破壊力が無いというか。

その中で強力だったのが、初めて見る「鬼ケ島」という3人組と、去年もちょっとサイコ系なギャグで高得点をさらった「かもめんたる」。
「鬼ケ島」は、真ん中の野田さんという人の絶叫芸(?)が可笑しく、1回目のコント『音楽の授業』でも悪魔の叫び「アベマリアはやめろっー!!!」など大受けでしたww
右の人が「レッツゲロン!」と言っているのも可笑しい。
2回目のコント『笑いすぎてフィナーレ』でも、やはりこの人の「ケペポーン!」と叫んで悶絶(?)するさまが繰り返されてもう可笑しくて可笑しくて、会場も湧きに沸いていました。
もう、この人たちで優勝は決まりかな、と思ったのですが・・・。

かもめんたるの2回目のコント、『白い靴下』の出来があまりに良すぎて(何と1000点満点中、982点!)、せっかく湧いた会場の空気も全部持ってかれてしまいました。

かもめんたる特有の、ちょっとサイコな男が「斉藤さん」に白い靴下を届けに来る。
自分は斉藤さんの家来だから、といいやけに卑屈で、そのくせ他人を苛立たせる男である。会話するほど、普通じゃない面が見えてくる。
「京都の偉いお坊さんに腹を蹴られました」
「奥多摩の方でキャンプだそうで、自分、盛り上げにいきます。エアガンとかでガンガン撃っちゃってください」
更には、斉藤さんの婚約者のお腹の中の子供は実は・・・などと、とんでもない事を語り始め、あげくに、自分で斉藤さんに靴下を届けに行く、と言って出て行ってしまう。
ひとり、部屋に残った男に「斉藤」から電話がかかってきて、その白い靴下の男は婚約者のストーカーだ、と言う。
と、とつぜん、外にでたはずの靴下の男が両手を上げて、「マーッ!!!」と叫びながら襲い掛かってくる・・・

と、いう、異常な人間の怖さを前面に出したサスペンスフルな展開で、このまま短編映画にでもなりそうです。すごく笑えるのですが、でもオチはすごく怖くしかも迫力があるので、終わっても会場が騒然としていました。こんなにインパクトの強い終わり方は初めてで、私も見ながらビクッとしてしまいました。
かもめんたる、1回目のコントも悪くなかったのですが審査員の点がやや甘いように思われ、優勝はどうかとも思っていたのですが、この2回目のコントでぶっちぎりの点をもぎ取り、文句のつけようのない完全優勝を果たしました。
かもめんたる、去年から注目してたので嬉しいです!
(ちなみに1回目は、ポエムを色紙に書いて売る男と、それをけなしまくる女のコント。「ピエロのプライド」というのが「いかにも」で可笑しい。「マネキンだー!」「現実逃避してんじゃねえ!」の、オチもスマートにまとまってました)

あと個人的にいいなと思ったのは「天竺鼠」という2人組。1回目の寿司ネタのギャグ、2700みたいなナンセンスギャグで笑ったー!! イクラと卵子は大歓迎なのに、なぜサバ寿司じゃ駄目なんだー!?
2回目の、交通事故を起こした男が自分で自分を殴りつけているうちに変な音がしだすコントも、ナンセンスで好きww 「天竺鼠」、今後注目します!

1回目のTKO、命を持って動き出す人形の、ピンポン玉のような目玉とか床をはいずって近づくぎこちない動きが怖すぎるww TKOのコントでは一番好きかもwww

2回目の「ジグザクジギー」という2人組、やはり2700調のリズムコント。好きだなーこの路線ww
♪何この握力 全然離さない
♪手錠のかわりに 手帳が出たよ
♪タタラタラタラ 刺されたー!
↑今、こうして書いていてもクダラナくて笑えますw
右の背の高い人が、スマートでイケメンなんですが、動きなどが何となくまだ素人くさい。あと2,3年たつとずいぶん変わるのではないかな?
スポンサーサイト

20日にやってた「ザ・イロモネアSP」に登場した、千鳥の「高級天ぷら屋さん」というショートコントが可笑しくって忘れられないので書かせてください~!

お客にお出しした天ぷらのネタを説明する、高級天ぷら屋さんのセリフ。
(常連客に)「カラスミを甘鯛で巻いて湯葉で包んであります」
(一見さんの客に)「ウインナーです」

(常連客に)「これ、何だと思います? ハモはハモですが、中に桜の花びらが入ってます」
(一見客に)「これ、何だと思います? ウインナーです」

千鳥の左側の人、大悟さんの、こだわりを感じさせる職人気質の喋り方がスゴクいいんです!
桜の花びらには爆笑。美しくも繊細かつ上品で季節感を大事にする、日本料理店の精髄を見る思いww
銀座や京都の高級料亭って、こんな大人の遊び(?)をやってるんですかね。
いかにも、気難しくてちょっと意地悪な、こだわりの男、という感じの大悟さんの話芸あってこそのネタなので、文字にしてもあの面白さは伝わらないと思いますが・・・。

あと、次長課長の、
「ホップ、ステップ、マグマ」プシュシュシュシュ・・・

「玄関あけたらすぐマグマ」
「今日、夕飯要らないから」プシュシュシュシュ・・・

というネタにも笑ったー!
イロモネアは1分しか時間がないのですが、他にもインパルスなど、ベテランお笑い芸人はそんな中でも質の高い笑いをキッチリ取ってくると言いますか、「さすがだな~」と思わされれました!

先ほど、TVをつけたらR-1グランプリの、ちょうど決勝をやってたんで見たんですが、2番目の「ヒューマン中村」さんのフリップ芸(厚紙などにあらかじめ言葉を書いておく芸)が面白かった。
「言われたら傷つく言葉を、しりとりで言い返そう」
というネタでした。
「お前、チェックしか持ってないの?」
「NO CHECK NO LIFE」

「お前のこと、友達だと思ってないし」
「親友だもんな!」

「お前、彼女、・・・いないか」
「彼氏ならいるよ」

「生理的に無理!」
「理論的には可能なんだね」

「一緒に街を歩きたくない」
「一緒に歩けるような街に変えて行こうぜ!」

「死ねば?」
「バイトあるしな・・・」

「田舎もん!」
「・・・んだ」

等々、たたみかけてきて我が家では非常に評価が髙かったのです。もっと色々あったのに忘れちゃったなあ。残念。
特に「一緒に歩けるような街に変えて行こうぜ!」は素晴らしいw どっかで使ってみたいですww
でも結局、優勝は苦労人の三浦マイルドさんでした。
予選を見てないのでなんとも言えないけど、この人、そこまでではなかったような・・・この先、売れるといいですね。

毎年、9月の終わりにやってる「キングオブコント」を見ると、これから年末・お正月まで少しずつ、お笑い番組が増えていく季節の始まりだなあ、って思います。
去年もこのブログに「キングオブコント」の記事を書きました。2700について熱く語っています(笑)

さて今年は、上位チームのレベルがとても高く、例年にないハイレベルな戦いと言って良かったように思います。特に、以下の4チームは初めて見る人たちばかりだったのですが、どのネタもとても面白く、実力が拮抗していました。

【さらば青春の光】(←私の年代だと、スティングが出演していたイギリス映画をどうしても思い出してしまうチーム名)
『ぼったくりバー』・・・「垓・・・恒河沙 阿僧祇 那由多」
無表情のままに読み方を教えてくれるバーテンさんが恰好いい(笑)
『痛いの痛いのとんで行け』・・・略して「イタトン」。子供が自分の力に目覚めた時のスッと静かになる顔つきが恰好いいです。(この右の人、女性に人気ありそうですw)
バットで殴って行くはしから、イタトンで痛みを飛ばしていくバトルのあまりのシュールさに爆笑です!
「イタトン」は心の傷には効かないらしいのですが、流行語になりそう(笑)

【うしろシティ】
『目立つ転校生』・・・「信号とは?」「デパートとは?」「文明を知らない転校生来ちゃったよ!」
「むぎぼっこり」「知らないもので知らないもの作らないで!」
「・・・嵐が来る!」
↑どのギャグにも大笑い。まだまだたくさんありました。素晴らしい!
『見るんじゃねえよ!』・・・「500円あったら、きれいなワンピースがいっぱい買えるかなあ」
思わずもらい泣き。ええ話や~!
二つのコントは毛色が違うのに、ちょっとナイーブな若い男の子の心情を上手くコントにしていて、けっこうこの人たちはツボかも知れない。

【かもめんたる】
『コンタクトレンズ』・・・お客さんの話が、壊れた系の純文学みたいな不条理ギャグっぽくて怖可笑しい。
「また神経切れちゃった」の顔とかマジ怖かった(けど笑った)
『作文コンクール』・・・「縄の切れ端なのか蛇なのか確かめよう」とか、無駄に知的(笑)
「深入りしたらこうなったー!」「先生の知りたかった真実って、これ?」
右の人も左の人も、病んでて突如シュールになるのがかなり好きw

【バイきんぐ】
下積み16年、週5で害虫駆除のバイトをやってます、という苦労人コンビ。でも、今回、一番風が吹いていたのはこの人たちでしたね。
『懐かしの教習所』・・・「石焼き~イモ~♪」「オレ何言えばいいの!?」このギャグで会場の空気を一気に掴んだあとは、何を言ってもドッカンドッカンと会場を沸かせていました。ネタの面白さよりも、乗ってるコントの勢いの面白さ。
『親子の再開』・・・十数年ぶりに帰ってきた娘が、性転換して男になっていた、というシチュエーション自体が面白い設定なので、もうあとは飛ばすだけ、です。
「ケイコとマナブか。こいつぁいいや!」には大爆笑。
波に乗っている時のお笑い芸人のオーラをギンギンに出していました。
ダントツの点数をたたき出しての優勝も、納得です。

あと【しずる】の一回目の超能力者のコント、すれ違いざまの、
「わかってるよ。君も能力者なんだろ?」にも感動! カッコ良すぎるぜよw

土曜日の朝に、「おはコロ」っていう番組あるの知ってます?
小学生男子相手のバラエティと短いアニメの番組なんですが、私、心は小学生男子なもので、土曜日時間がある日は必ず見てるんですよw
なんか、あの無駄に熱くてしかもクッダラナイ感じがたまらない。
で、こないだまで番組内で「ハイパーヨーヨーバーニング」という特撮ドラマみたいなのやってて、そこに登場する「マスターテイラー」という白いサイバーっぽいスーツに黒いサングラスの男(ヨーヨー名人)がえらいカッコ良くて、もう自分の中ではメテオと並ぶくらいのヒーローだった(笑)んですね。
で、今日見てたら、いつの間にか(笑)そのドラマは終わってて、代わりに「ハイパーヨーヨーミュージアム」というコーナーが出来ていたんですが、その司会者が2700だったんですよ~!
2700って、身体で笑い取るし、子供番組にはお似合いだな、って思いましたw
で、マスターテイラー(白服)と、タイガ(赤)、シュン(青)、ゼロ(黒)という4人のヨーヨーマスターが技を競うのですが、その色見てまた「戦隊いけるじゃん」って思った(笑)
「ヨーヨー戦隊・スピンマン!」ああいかん、また仕事中に戦隊名を考えないと。

で、今日の放映では4人で「ロング・スリーパー」という技(ヨーヨーを動かさずに長時間回転させ続ける技)を披露したのですが、やはりテイラー様が1分30秒というぶっちぎりのタイムでトップ。
そしたら2700がからんできて、
「一緒に勝利の踊りを踊ってください」
みたいな事を言われて、
「そういうのは、ちょっと・・・」
と困惑しながらもついついツネさん(2700の踊り担当)に合わせて踊ってしまうテイラー様がもう素敵すぎて、また一つ新しい恋をしてしまいましたw
土曜朝、暇だったら見てみて。暇だったらでいいからw

更につい先ほど、テレビ見てたら「IPPONグランプリ」という、大喜利みたいなお笑い番組をやっていて、そこに2700と同じくらい好きなピースの又吉さんが出ていて、その回答がまた神かと思ったw
「犬の写真にセリフをつける」
というお題で、
「お兄ちゃん、薬効いてきたみたい・・・」
「これはこれは、南中のエースが試合前にデートですか?」
・・・まあ、見てた人にしか意味わかんないけどね。なんか、短いセリフにドラマを感じさせる、やはり天才肌のひらめきだなあ。
バカリズムの
「死後3日たってます」
も可笑しかったw

今日は久々に何の用事もなかったので、けっこうテレビ見たりビデオ見たりしてたのですが、昼にはこれまた大好きな「元祖! 大食い選手権」の予選やってて嬉しかった。
三宅さん、相変わらず細くて美しいのにいつの間にか芸能プロダクション社長になってたんですね。ギャル曽根ちゃんといい、あの番組で開運する人は多い気がする。
ロシアンちゃんやゆうかちゃんもお元気そうで、明日の決勝が楽しみです。

ふとTVをつけたら、お笑い番組「イロモネア」をやってたので見るともなく見ていたら、私のお気に入り、2700が出てるじゃあーりませんか!
いやー、相変わらず可笑しいですよこの人たち。
♪ジャケットチャチャチャ♪ と、緊張をほぐす動きがすでに可笑しい。
「上前上前右前・・・!」
のギャグが可笑しい。あと、ジャンルを選ぶ時の音楽で踊りだすとこが可笑しい。
惜しくも100万円は獲れなかったけど、笑わせてもらいました。

平成ノブシコブシが、セカンドステージで敗退したとき、ピースの綾部さんが立ち上がって、
「最低だお前ら。何で諦めるんだ!」
って言ってたのが青春くさくて萌えたw
何たって、「ビバリとルイ」のコンビだもんなw

番組を途中から見たので、ピースを見損なったのは残念でした。
綾部さんって整った顔じゃないけど、独特の色気ありますよね。そして又吉さんの天才肌のギャグも好き。
(前にレッドカーペットでやってた、ジョン・レノンのイマジンのネタ好きでした。「想像してごらん・・・味噌もなく、具もなく、ダシもない味噌汁を・・・」「ただのお湯です」)
2700と並んで現在お気に入りのお笑い芸人です。
あとはガタイが良くて男気を感じるサンドイッチマンと、仲が良さそうなトータルテンボスが好きw

M-1はなくなってしまいましたが、年末年始といえばやはりお笑い番組が多くていいですね。
全部はとても見切れませんが、私が見た中で、受けたネタをご紹介。
誰か見た人いますかね? 
「ああ、あれね、面白かった!」
と思ってもらえれば、嬉しいこと限りなし。

1)【バイトリーダー】
まだ結成して3年という「ウーマンラッシュアワー」という新しいコンビの、「THE MANNZAI」でやっていたネタ。
「この職場で一番偉い奴、それは力を持っているやつでも勉強ができるやつでもない。土日祝日入れる奴。バイトリーダー」
「俺がひそかに企んでいること。それは世界征服でもなければ大統領暗殺でもない。週末にアルバイト仲間を集めてやるボウリング大会。バイトリーダー」
まあ、こんな風に文字にしても何の可笑しさもありませんけどね。しかもうろ覚え(苦笑)
子供の学校でも、翌日はバイトリーダーの話題で持ちきりだったそうです。
新年に見た、「ムラセン」のネタも面白かったです。
ウーマンラッシュアワーは今年の注目株ですぞ!

2)【これがウチのイチジクや】
「笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ」で友近とピースの綾部さんが組んでやっていたネタ。
「ビバリとルイ」で見せていた、綾部さんの受けオーラはやはり本物だった!
友近がやりたい放題。っていうか、綾部さんって別に整った顔じゃないと思うけど、眉根を寄せるとなんであんなに色っぽいんですかね?(笑)
友近じゃなくても、綾部を責めるネタをやってみたい気持ちはよく分かります(笑)

3)【3点つつみ込み~】
同じく「ザ・ドリームマッチ」にて、サバンナの八木と2700がやっていたネタ。
指三本で作る「小さい三点つつみ込み」は、我が家でも子供とよくやっています。

本でも漫画でもそうなんですが、とにかく私は「新しい!」と感じるものが好きなので、お笑い界の大御所にはどうしても点が辛くなってしまいます。
でも、トータルテンボスとかサンドイッチマンとかも大好きですけどね。
(特にサンドイッチマンは二人とも身体つきがガッチリしててタイプです^^)

やはり芸人さんは、バラエティやクイズ番組などで見るより、コントなり漫才なりを見たいものです。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE