プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「『ワンピース世代』の反乱、『ガンダム世代』の憂鬱」(鈴木貴博・著 朝日新聞出版)という興味深いタイトルの本を読んだのですが、一言でいうと、
「ガンダム世代は組織を守り、ワンピース世代は仲間を守る」
という事が書いてあります。
もっと簡単に言うと、タテ社会とヨコ社会、です。
これ、誰もがウッスラ感じていることなので格別目新しさはないのですが、自分、ガンダム世代(上限ギリギリ)なのにガンダムってずっと見てなくて、先日ある人の勧めでようやく劇場版三部作をみたばかりなので、なるほどなあと思わせられる所が多々ありました。
こんなに大人になってから見てしまうと、主人公のアムロよりホワイトベースのブライトさん(文字通り、沈みゆく船を守ろうと孤軍奮闘)に感情移入してしまうのですよ。
くだんの本によると、自分の属している組織が腐っていても(そして、組織というのは大抵腐っている)、その場に踏みとどまって最善を尽くそうとするのが「ガンダム世代」なのだそうで・・・。
沈みゆく船、泥船であっても乗り込んでいる以上はそこで頑張ろうとするわけですね。
自分も、会社に若い子が入ってはどんどん辞めていくのを見つつ、
「自分はどうしてこの会社で働き続けているんだろう」
と思う事がしばしばありますので、納得できました。
日本的といえば、非常に日本的です。
ある種の美学が、あると言えばあります。

・・・でも、それでは現実を変えていく力は持ちようがないですね。
ワンピース世代に期待すべきなのか。
安心院さん(西尾先生)も、
「巨匠を老害と呼べるアホだけがいつだって地球を回してきた」
と言っているし。
まあせめて、新しい動きが出てきた時には邪魔をしないようにしたいもんです。

スポンサーサイト

Wiiのゲーム「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」を始めました。
ようやく最初のダンジョンにたどり着いた程度ですが、序盤からも伝わってくる傑作オーラが物凄いです。
Wiiリモコンの操作性がとても良くなってて、それはつまり、縦横斜め、自由自在に剣を操れる、ってこと。自分で体感してみないと分からないでしょうが、これ、すんごい気持ちいいんです。
だから、別に倒す必要のないザコ敵でも、
「ちょっくら相手してやっか」
みたいに気分良く戦えるし、もちろん戦わなくてもいい。
つまり、ゲームをクリアするための「やらされてる感」がまったくない!
「あ、あそこ面白そう。行ってみようかな」
そんな好奇心だけでゲームが進んで行っちゃう。
自分、ゲームは基本的に苦手で、例えばポケモンとかでも道を歩いているだけで「野生の××があらわれた!」みたいに強制的にテンポの悪い戦いに巻き込まれるのが不愉快だし、レベルを上げるためにバトルの回数を重ねないといけないのも面倒で仕方ないんです。
でもゼル伝は違うんですよお☆
フィールドを、ただぐるぐる動き回っているだけでも楽しいし、目についたものにはすべてトライする価値がある。
ベッドがあるから「ここで寝てみたいな」と思ったら本当にそこで寝ることができるし、椅子があるから「ここに座りたいな」と思ったら本当に座ることもできる。
どんだけきめ細かく作りこんであるのでしょうか。

映画「アバター」のように、鳥の背にのって天空を自由に飛び回る世界観も気持ちいいです。
スカイダイビングみたいに空中に身を躍らせる快感たるやアナタ・・・!

「ギラヒム様」という、任天堂ゲームにはちょっと珍しい耽美悪役(?)が出てくるのも面白いです。
全身白タイツでしかも露出度が高いという、キモキャラですがキモすぎてBLな展開にはあんましなりそうもないな、っていう、任天堂の良識(!?)が感じられるのも◎。
美形ヤンデレは見飽きたよ・・・。
っていうかギラヒム、普通に剣士として強いよお怖いよお勝てないよお。

当分の間、このゲームで楽しもうと思っていますんで、更新が滞っても見逃してやってつかぁさい。


「あんまり痛くしないでね☆」
 ↓
「ちょっと靴を食べただけでこの仕打ちですよ」ゴフッ
 ↓
「この子、仲間いないほうが強いみたい」
相変わらずいい味出してますよ鶴喰君。

「巨匠を老害と呼べるアホだけがいつだって地球を回してきた」
こっちも強気、安心院さん。

西尾先生は話が進められない時はこういった箴言(?)に頼る傾向がありますが、それもまた好きなので自分には、もうつける薬がありません。
球磨川君主役の番外編読み切りも、ネクストジャンプに描くみたいですね。た、楽しそう・・・!
それにしても一日に何時間仕事してんですか西尾先生。
ジャンプ最終ページの作家さん達の自画像、西尾先生はセルフイメージが「デジタル腕時計」なのですが、それって西尾先生の偽らざる実感なのかもしんない・・・

見た!
ついに見た、ケンゴとゲンちゃんの「グーでトントン握手」!
「今度お前と会ったらこれをしようと決めていた」
ってねえ、ケンゴ君、デレるにもほどがあるだろー!!
イヤでもオバサンは嬉しいよ。
ありがとう、みんなありがとう。

仲間集め界のラスボス(?)、ケンゴはさすがに手ごわかった。
彼には、今まで何年もフォーゼの研究を一人で続けてきた、自負もあった。
そこに調子のいい男が割り込んできて、変人を次々に引き込んで自分の城に入れてしまった。
友達友達とうるさいくせに、いざという時頼りにならないじゃないかーっ!!
怖い、死にたくないーっ!!
大荒れのケンゴ君を救うのは、今までフォーゼに救われてきた部員たちのそれぞれの、懸命の行動だった・・・!
ケンゴの事が心配だけど、ゾディアーツをほっとく訳にも行かないゲンちゃん、ケンゴの事をユウキに
「頼んだぞ」
と言うシーン、先週に続いてカッコいい決め顔です。
時々こういう顔をするからなあ、この子はーっ!!
そしてバイクで走りながらの変身!! シビレます。

1)ゾディアーツと戦うフォーゼ、
2)暴走バスの中の部長、
3)ケンゴを説得するユウキ、
4)ロッカーを見つめるトモコ、
4つのシーンが次々に入れ替わり、そのどれもが先が見えないその時!
またも出ました、お役立ち男・キング&パワーダイザー!!
部長も惚れ直しちゃったよ!?
「シュン!」
「間にあったな、ミユ」キラーン☆
キング恰好良すぎです。
ゲンちゃんが3枚目路線だから、かぶらなくていいですね。このままとことん正統派二枚目気障野郎になって欲しい。
JKの情報収取力も相変わらず凄いぞ!?
短い時間に、よくぞバスまでたどり着いた!
相変わらず「未来日記」のイラストが素敵すぎます。未来日記、良くみると装丁も可愛いです。
ホワイトボードの裏の美女星座も力作でした。牧瀬くん、先週に引き続き最高の熱演です。
そしてトモコがロッカーの裏に描いていたイラストも可愛いです(笑)

「父さん見えるかい? オレにも仲間が出来たよ」
・・・このセリフが出てくるまで、長い道のりでした。全員の力を結集して立てた旗でした。泣けました。
ケンゴ君のお父さんは、事情はともあれ一人で月で死んだわけですが、ケンゴには仲間が出来た。それを父に報告する、というのがいいです。キングほどじゃないけど、この子も「父親の呪縛」に絡み取られた人生を今まで送ってきているので、このセリフでそれを乗り越える、というか少なくとも、「父さんとは違う道を行くよ」という宣言のようにも聞こえます。

正式発足した仮面ライダー部の部活動、これからも見逃せません!!
とすると、顧問はやはりアンガールズ田中さんでしょうか?
そして、気になる園田先生。実は悪役?

あと、娘が、パワーダイザーがロケット台座に変身するのを見て、
「だからパワーダイザーっていうんだー」
って言ってましたけど、そ、そ、そうだったんですかー!!
気付かなかったの、自分だけですかー!!
そんな安易な名前の付け方されてたんですかー!!


草食系の罠


数日前、職場のラジオで面白い話を聞きました。
仕事中なので誰が話しているかは分からなかったのですが、女性二人の会話です。

「草食系男子って、女の子でいうとぶりっ子ですよね」
「あ、分かります~。コンパなんかで、『僕、草食系だから・・・』っていうとモテますからね~」
「で、二人きりになると『実はオレ、肉食なんだよ』とか言い出して」
「タチ悪いですね~」
「自称・草食系には気を付けろ、って事ですよ」

もう、これ聞いてすごい納得!
「僕、草食系だから」っていうのは、
「オレ、ガツガツしてないからどんどん話しかけてよ」
という、異性に対するアピールですよね。
本当の草食系な人は、自分をそんな風に分類して他人に言ったりしない。
「僕、喋るの苦手なんで・・・」
くらいは言うでしょうが。
(「自分、オタクですから」という言い方はアリですけど、これ、異性へのアピールじゃないから!・笑)

それに自称・草食系には、「無理してその場を盛り上げなくてもいい」という姑息な計算が感じられる。
話題を探して、ウケを狙って、その場にいるみんなに楽しんでもらおうという心配りを、
「しなくてもいいでしょ、だってオレそういうの苦手な草食系だもん」
という、都合のいい自己解釈というか・・・。

前に映画「モテキ」を見たとき、
「草食系って嫌だな」
と感じたのですが、今になって納得しました。
そういう事だったのか~!

「ぶりっ子」は当然、女子の間では嫌われますが、草食系ってやっぱり男同士の間では好かれないのかな?
「なんであんな奴がモテんのかな~女って見る目ないよな~」
みたいに?

まあしかし、ぶりっ子も草食系もある意味、相手のニーズに合わせて努力している、とも言えるわけで、その手の努力を一切おこたった自分にとやかく言う資格はないです、はい。


京極夏彦の「魍魎の匣」(講談社 文庫・単行本)という本が大好きで、京極先生の最高傑作だと思いますが皆さんそう思っているらしく、私の知る限りでも実写映画(原田眞人監督)・深夜アニメ(キャラクターデザインがCLAMPだった!)・コミックス(志水アキ作画・角川書店 ①~⑤完結)化されています。
未読の人は即読んで! 一緒に彼岸に行きませう。

さて、この映画版というのが出来が悪くて困ったものなのです。
そもそも京極先生の作品を映画化する、という事自体ハードルが高いのです。
なぜなら京極シリーズは西尾先生の「化物語」シリーズ並みにキャラクター小説としての側面が濃くて、読む人それぞれが「この人はこんなイメージ」というのを強烈に持っていると思うのですよ。
だから映画も、映画としての面白さ以前に「それはミスキャストだろー!」というのが多くて、原作好きな人ほど世界に入っていけないんですよね。
(志水先生のコミックスはその点、イメージ違いがほとんどなくて、むしろ「おお、確かにこの人はこんな顔してるに違いない!」と思わされる事も多く、原作への愛が尋常じゃない事をうかがわせます。京極ワールド入門編としてもオススメ!)

なので、もし自分がこの作品をキャスティングしたら、というドリーム企画を前々から考えているのですが、これがまた難しい。顔はピッタリなのにキャラが合わない人とか、この人は長身じゃなきゃダメ、とか、この人とこの人は同級生だから、とか、この人は美しすぎるからダメ、とか(笑)

とりあえず今考えているのは以下の通り。
これ、もっといい人を思いついたらどんどん書き換えて、いつか決定版を作ろうと思っていますので、「この役はぜひこの人に!」というご意見があればコメントしていただきたく、よろしくお願いします!


京極堂・・・佐々木蔵之介(ハンサム過ぎない所がいい。和服似合いそう。映画版では堤真一でしたが、これもいい配役でした)

榎木津・・・谷原章介(美しさだけならもっと上の人もいるのですが、エノさんはノリのいい人じゃないと無理)

木場 ・・・中村獅童(重量感がある俳優はなかなかいないのですが、「ピンポン」のドラゴン怖かったです)

関口 ・・・妻夫木聡(思い切りオドオドと演じてもらったら、案外行けそうな気が。若すぎるかな? だったら浅野忠信でも可)

久保 ・・・中村七之助(伊勢谷友介もいいかなと思ったのですが、浮世離れした感じが欲しいので)

陽子 ・・・黒木瞳(映画版で、唯一「ピッタリだ!」と思った配役)

敦子 ・・・堀北真希(レイトン教授のルークの声のせいで、なんかニッカポッカとハンチングの印象が・・・)

鳥口 ・・・瑛太(思い切り剽軽に演じてもらったら、案外行けそう。やっぱり、ニッカポッカとハンチングが似合いそうな気がします)

美馬坂教授 ・・・田中泯(カッコ良く枯れた人といえば、この人か姜尚中くらいしか思いつきません・・・)

雨宮 ・・・香川照幸(狂気を出すのは一瞬にして、あとは淡々と優しそうに演じてもらえたら最高だな)

青木 ・・・うーん思いつかない・・・

加菜子と頼子はAKB48あたりから適当に連れてきてもらえばOK。映画全体に華を加えるパートだから、若くて可愛い子ならそれでいいです。頼子はちょっと難しいから大島優子が良さそう。
うむ、我ながら隙のないキャスティングですぞ。

「めだかボックス」を「めだボ」って略すと「メタボ」みたいですね(笑)
さて、アニメは来年春スタート。更に、西尾先生ご自身による小説も出版されるとか。めだボファンには嬉しい企画がいっぱいです。

さて本編のほうも毎週予想できない展開ですよ!
「女子を好きになるとき上履きから好きになる」って、キモいけどなんか分かるような気がする・・・
分かったら人間失格だとも思う・・・
そしてめだかちゃん、世の中にこれほどパンチラが有難くない女の子っていますかね?(笑)
「新撰組って由緒も伝統もない負け犬の卑怯者軍団だから・・・」
これって、私もひそかに思っていることで・・・口に出すと殴られそうだから言わなかったけど、やっぱそういう意見の人、いたんだー。世の中ってどうしてあんなに新撰組の人気高いんでしょうか? 司馬先生のおかげ?
「珍しく純粋に好き」だった球磨川くんが落ち込む姿が可愛い。
鶴喰くん、コマを使って戦うのねー! トランプを武器に戦うような顔でしたが(笑)
ファン急増してるのかな? 確かに、私もかなり最近キてる気がする・・・。
「私、ネットやらない人だから」も好きでしたが、やはり靴を食べる時の顔がイイ(笑)

あと今週は、
「あと一打 そんなチャンスに超能力」の斉木楠雄の災難が面白いです。私このシリーズ、すごい好きかも(笑)
斉木くん、実は友達思いのいい奴だよね!

さらにこち亀の両さんが南極から帰れなくなって、迎えに行った中川に言うセリフ、
「最終的には中川が捜しに来ると思ってたからな」
にはちょっとドキッとしました。
この、やたら濃い信頼関係は何事?
「こち亀とタイバニの意外な接点」の時はまだ冗談半分だったけど、この二人、マジやばい気がしてきました。
だって、いかにも虎徹さんがいいそうなセリフじゃない?
「よう、ここだぜ。遅かったな」
「なんでこんな所でくつろいでるんですか、オジサン」
「俺が帰らなきゃ、お前が捜しに来ると思ってたからな」
「もう、人をあてにしないで下さいよ。一人で帰りますか?」
みたいな会話が聞こえてくるようだ・・・。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE