プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


いよいよ今年もあと一日、「この一年を振り返って」的な記事を書こうかとも思いましたが、震災のことしか思い浮かばないしそれは個人個人がそれぞれの形で向き合っていることだと思うので、なんかこう年末をパーッと飾る自分の趣味全開的な記事にしようと思ってつけたのがこのタイトル(笑)

「お耽美映画」でも「カルトムービー」でもない、「ゲテモノ映画」としか言いようのないカテゴリ。
じつわそーゆー映画が一番好きだったりする。
あんまし人には勧められない、そんな悪趣味な3本、「お正月くらい、怖いもん見たさで」という蛮勇をお持ちの方の為に紹介しちゃいます!


1)「コニー&カーラ」(マイケル・レンベック監督)
はい、ゲテモノといえばドラッグ・クィーン(衣装や化粧がグロテスクなほどにケバケバしい女装)ですね! 
私はDQ(ドラッグ・クィーン)の出てくる映画が大好きで、けっこうマメに見ているのですが、中でも一番のお気に入りがコレ。
主役の二人は女性シンガー。それが、わけあってDQのショービジネスの世界へ。つまり、男ばかりの世界へ、自分たちも男だと偽って入ってしまったわけで、ある意味イケメンパラダイス(笑)。
この映画のいい所は、主役の二人(ニア・ヴァルダロス、トニ・コレット)が歌手という設定なので、とにかく古今のミュージカルの名曲を歌いまくること。しかも、めっちゃ歌がうまい! 最初の、空港の待合所で服を次々に脱ぎながら(ストリップをしてるのではありませんよ。衣装を重ね着していたんです)歌うミュージカル・メドレーにまず感動。
私はミュージカル仕立ても大好きなので、ああ、あの歌も、この歌も! という感じで全編楽しいったらありません。(「ロッキー・ホラー・ショー」のナンバーまで出てきますよ。しかも、あの衣装で!)
女なのに男として暮らしていることから持ち上がるラブコメ騒動やら、DQとして生きているゲイの男性たちの苦悩とか、いろんな要素がギュッと詰まった映画で、最後の大団円も最高にハッピー。
DQ映画入門編としてもオススメ。

DQ関係では他に日本映画の「メゾン・ド・ヒミコ」が傑作です。田中泯さん美しい。オダジョー色っぽい。ルビーちゃんカワイイ。
ジョニデ好きなら「夜になる前に」の、ジョニデの爆笑DQあで姿をぜひ見てやって!
「プリシラ」ではヴィゴ・モーテンセン(「指輪物語」のアラゴルン様)の案外お似合いのDQっぷりが見られるよ!


2)「パーティー・モンスター」(フォントン・ベイリー&ランディ・バルバート監督)
80年代から90年代はじめにかけてニューヨークを席巻したという、クラブカルチャー界の実話をもとにした映画。ウォーホールやバスキアの時代、だそうです。でもね、この映画で見ると、そのカルチャーというのが結局は仮装パーティーなんですよ(笑)。まあ、ドラッグは入ってるんですけど。
しかもその仮装っぷりが物凄くて、衣装を見ているだけでも十分にトリップ出来る映画。全身包帯、なんて序の口、全身羽毛、とか下着ナース、とかどう見てもジョジョのスタンド、とか(笑)・・・。
そしてそれらの衣装を軽々と、というか嬉々として着こなす主役のマコーレ・カルキンの妖しくもなまっちろい、半ズボンの裾からニョキニョキのびる二本の生足。そう、「ホーム・アローン」の名子役だった、彼ですよー。こんな危ない大人になっていたとは。いやでも彼、マイケル・ジャクソンとも付き合ってたのよね。ああー、なんか分かんないけど怖い怖い。
とにかく彼の生足とか襟足とかがいろんな意味で怪しい怖いヤバイ。彼、ずーっと半ズボン履いてるし。男なのに、あんなにスネ毛の一本もないつるんつるんの生足見たの初めてだし。
ストーリー的には、クラブの世界で一世を風靡したマイケル(マコーレ・カルキン)がやがてドラッグに溺れ没落していく姿を幻覚シーンまじりに描いています。
「グロテスクと耽美の境目」というのは巷によくあるけど(そして「陳腐だな」と私は思うのだけれど)、これは何なんでしょうね・・・。グロテスクではあるんだけど醜悪ではなく、美しいというよりは・・・「変態っぽい」ですかね(笑)?
とにかく「ゲテモノ映画」としか言いようがないのですが、こういう世界が好きなんだからしょうがありません。映画の作りも、なんか全体にキラキラしてて可愛いです。音楽も、当時の音楽を使っているのだと思いますがとてもいい感じです。
見る人を選ぶとは思うけど、こういう映画がある事を知らないのはもったいない・・・。

ドラッグがらみでスターの没落を描いた映画と言えば、「シドアンドナンシー」。シド・ヴィシャス役の若きゲイリー・オールドマンの黒いパンツに包まれた割り箸のように細い足が忘れられません(自分、足しか見てないな・笑)。


3)「サテリコン」(フェデリコ・フェリーニ監督)
最後がいきなり古くなってしまいすみません。
でもこの映画を高校生の時に見て感動したことが、その後の人生のあちこちに影響を及ぼしてる気がします。
・・・いや、そんな大げさな事じゃないな、「ゲテモノが好き」という事を初めて自覚してしまった映画、ってことですね(笑)。
古代ローマを舞台にした、美青年美少年入り混じっての旅行記的なもの、なんですがストーリーは夢の中のようにあいまいで、美青年とか美少年とか言ってもやたらくどい顔立ちでむしろグロテスクであり、しかも衣装も化粧も古代ローマっぽくちょっとエロくなおかつケバケバしく、どこが好きなのか、といわれると答えに窮するのですが・・・フェリーニ作品にしかない毒にヤラレた、としかいいようがありません。
サラッと描いた水彩画ではなく、絵具が盛リ上がるほど重ね塗りをした油絵を初めて見た衝撃、とでも言いましょうか。
もしこの映画のストーリーが分かりやすくて面白く、なおかつ役者がみな美形だったら、私は見た次の週には忘れていたと思うのです。
フェリーニの場合、「悪趣味」がそのまま美しさになっているのですよ。耽美とどう違うのか・・・ナルシスティックな視点の無いこと、ですかね?
この映画をにきっかけにフェリーニが好きになり、そこから私の映画好きが始まりました。
古い映画ですが、未だにこれを超えるゲテモノにお目にかかれていない気がします。

あ、書いてるうちに大晦日になってしまった。
もう年内の更新は最後になると思います。
皆さま、良いお年を!
スポンサーサイト

コメント欄に書いた話題なのですが知らない人がいるともったいないので記事にしちゃいます。
テレビ朝日の公式サイトの「仮面ライダーフォーゼ」のトップ画面がすごい凝ってて、なんとベルトのスイッチを押せるようになってるんです。
(どうやって押すかは、行ってみてのお楽しみ!)
「W」に至っては、なんとベルトに差し込むガイアメモリが毎回違ってて、そのたびに違うWが登場します!
(「オーズ」はメダルを選んでベルトに差し込むと、いろんなフォームで出現します・・・の、はずだと思うんだけど、私はなぜかメダルをうまく差せないんですが何かやり方が悪いんでしょうか?)

フォーゼの記事を書くときに参考にするため、東映さんの公式サイトは以前からチラチラ見てたんですが(撮影時のこぼれ話などが実に微笑ましい)、テレ朝のサイトがこんなにカッコいいのはつい最近知ってテンションが超上がりました。
「テレ朝 ヒーロー」で探すとすぐ出てくるので、まだの方はぜひ行ってみて!
フォーゼの画面も、多分もう少ししたら、スイッチによってファイヤステイツやエレキステイツを選べるようになると思います。
製作者さんの愛と遊び心とこだわりが熱いぜ! 痺れるぜ!


きさくにイザク様って呼んでいいよ。
そう言いたくなる確率95%。
言わないでおくことを推奨。

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をようやくクリアしました。
いえ自分が、じゃなくて高校生の娘がやってるのを後ろから見て、
「そこ隙間から矢で撃てんじゃね?」
とか言ってただけなんだけどね。

【以下、大したことは書いてないけどネタバレが気になる人は読まないで!】
ギラヒム様最後まで素敵だったわーあの変な踊りとか。
最初、丁寧な言葉使いで、追いつめられるとだんだん口調が荒れてくる感じも、「ドラゴンボール」のフリーザ様みたいで良かったですね。
そしてバドがどうしてもロバートの秋山さんに見えて仕方ありません(笑)
今回のゼルダは濃密と言われていて、確かにダンジョン楽しいしボリュームもあるのですが、「ムジュラの仮面」みたいな町の人たちのわらしべイベントみたいのがもっとあったら楽しかった、とは子供の弁。ミニゲームも少ないような気が・・・。
クリアするのが精一杯で気づかなかった所もあるとは思うのですが。

でも、ゼル伝やるたびに思うのですが、リンクって偉いよね。
他のゲームだと難しいアクションでも、「こんな事させられて可哀想」という気持ちにはあまりならないのですが、リンクだとなぜか感情移入してしまうのです。
「溶岩の上で玉乗り」とかね。勇者とはいえ、こんな事までして頑張っちゃって・・・。
ちょっと走らせると、すぐ息が切れてゼーゼーしてしまうのも「頑張りすぎて可哀想」ポイント。
あと、椅子に座らせておくと寝入って椅子から落ちそうになるのもポイント髙し。
以前、「時オカ」とかやってた時に「ベッドで寝れたらいいのに」と思ってたら、ほんとに寝られるようになったのには感動ですね。お風呂も、せっかく入れるのなら、自動的に服を脱いだらよかったな(笑)
お風呂でハート全回復!!

またまた職場のラジオで耳にしたネタ。
秋葉原には、今や「女装男子メイド喫茶」があるそうですね。
新宿二丁目とどう違うのか(笑)
いやでも多分、秋葉原の男子たちは若くてカワイイんだろうな。
そういうカワイイ男の子を「女女男子(メメ男子)」とか「男の娘」とか言うらしい・・・。
だから何なんだ、という話ですが。
時代だねえ・・・。

メリークリスマス!

とは言っても、もう私の枕元に靴下はありません。それどころか、子供たちも大きくなってしまい、夜中にこっそりプレゼントを置く楽しみもツリーを飾る楽しみもなくなってしまいました。
今夜、チキンとケーキを食べるのだけがそれっぽい行動です。

だがしかーし!
そんな、夢を失った大人にも、プレゼントはやってきた!
そう、新ライダー「メテオ」ご登場~!!
マスクも可愛いけど、ボディがキラキラにデコられてて女子高生のケイタイみたい。
こりゃあ可愛いですよ。ベルトも可愛いです。
ただ、マスクを後ろから見ると、頭部が白くて水色のお面をかぶってるように見えるのがなあ・・・「流星仮面」ってことか?
後ろから見ても流星型だったらもっと良かったなあ。

さて今週は。
筆のスイッチとはこれまた斬新な。
それで「バカ」と大書してしまうゲンちゃん、・・・あんたほんとに小学生男子から成長してないな。

元山くんに絵画対決を迫るゲンちゃん。
「これがオレの限界点、リミットブレイクだ!」
難しい言葉も知ってるじゃないゲンちゃん。
でもこの富士山の絵は力強くて色も綺麗で、お世辞抜きですごくいいですよ?
元山くんの絵より断然好きですよ。
テクニック的に幼稚園児から成長してない、ってだけで。

さてそんな力作に、
「これでロケットのつもりか?」
ナイスコメント元山くん。
そして、変身したあと「宇宙キター!」のポーズで、動かない左手を右手を使って上に持ち上げるフォーゼの動作が可笑しい。

さて、合唱部の「はやぶさクン」は幼稚園で大受け!
元山くん、もともと邪悪な心のない人だっただけに、
「オレは自分の満足にばかりこだわって・・・」
と、あっさり折れてしまいました。
「応援するぜ、ダチとして!」グーでトントン握手。
また一人、友達を増やしたゲンちゃん。
「グーでトントン」はそのあと、元山くんと安部くんの間でも繰り返されていました。
この調子で、天高の全生徒に流行るといいな!

仮面ライダー部のクリスマスパーティーも楽しそう。
部長の家のパティシエの作ったケーキも食べるのがもったいない出来です。
トナカイの着ぐるみを着たJK、ツノでつつく動作を見せるのがヤバ可愛い。
トモコの黒いサンタ服は特注ですかね?
今までの仮面ライダー、主人公が帰る場所というのが「今時こんな店はどこにもないだろー」というような、繁盛してない喫茶店だったりするのが納得がいかず(主人公がたいがい無職の兄さんなのもリアリティが無く)、「まあ、仮面ライダーの世界観ってこういうものなんだから仕方ないよね」という醒めた目で見ていたのですが、フォーゼに限っては「部室」という、絶好のホームが用意されているのもいいですよね!
学生にとって、部室は教室よりずっと居心地のいい場所。しかもそこは秘密基地でもあり、いつも仲間がいる場所。
最初から絵空事ではあるのですが、こういう細かい部分のリアリティって案外大事だと思うのですけど?

さて問題のメテオですが、
「ホァッチャアー!!」
とか言っちゃうキャラなんですかねー?
予告で見ると、驚くほどの正統派イケメン君。
ライダー部の男子は全員イケメンですが、メテオ君はモデルかジャニーズか? っていうくらいのど真ん中。
うーーん・・・見た目的に好きになれないけど、まあ次回に期待だ!
それと彼、滑舌が悪くて少ないセリフも正直よく聞き取れなかったけど、
「もそもそ喋るキャラ」だったらどうしよう・・・。
まあ何にせよ、来年も楽しみができましたねフォーゼファンの皆さん!

テレビでフィギュアスケート見てたんだけど、浅田真央ちゃんのショートプログラム「シェヘラザード」が凄かった。
不幸を乗り越える彼女のスケーティングももちろん感動的だったけど、アラビアンナイト風の青いハーレムパンツの衣装がとても似合っている。
で、こういう衣装だと、彼女の体型の綺麗さが改めて良くわかります。
中性的、というのか少年のよう、というのか、ダイナマイトバディの真逆を行く、スレンダーな身体と棒のように長く伸びる手足。
衣装もある意味仏像っぽいし、見ていて思わず「百済観音のようだ」と思ってしまいました。
そう、私は相撲取りお坊さんも好きだけど、仏像も好きなんですよ~!
真央ちゃんの手の表情は阿修羅像にも似ていました。
女の子を見て「仏像萌え」を発動したのは初めてです。もう自分、見境なさすぎです。

 あんた先週の話、知ってる?

 じゃ分かるだろ、オレが今どんな窮地に立たされてるのか。
 あいつらにウーロン茶なんて飲まされちゃって、しばらくは天に帰ることも出来ないし、それが上の方にバレてオレ、半年間の免停くらったんだよ。そもそも、無許可で地上に降りちゃったのがいけなかったんだけどね。でも本当にサクッと終わらせるつもりだったし、ちょっとした降下はいつもなら黙認されてるんだ。天使だって退屈するのさ。
 だけど地上の飲み物を飲んでしまってはそうも言ってらんないもんなあ。オレが戻れなきゃ、誰が小岩の空を守るんだ、って話になるだろ。
 幸い、オレの後輩が良く出来たやつで、仕事もばっちりこなしてくれるし、先輩、休暇だと思ってのんびりしてきてくださいよ、なんて空から声かけてきてくれるんで、まあそっちの方は安心なんだけどね。
 半年、ったって人間ベースの半年だから、オレたちにとってはまばたきする程度の時間だし。
 けど今、オレ、人間の身体だからね。
 これで半年ったら長いよ。その間、ちゃんと食事も休息もとらないと、人間のままで死んじゃうし。
 最低限、それなりに人間の世界で通用する、お金と寝場所を確保しないとなあ。

続きを読む »

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE