プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


以前に「仏像戦隊ボーサンダー」っていいんじゃないか、とここに書きましたが、あの後、水面下でひそかに仏教や仏像の本を資料として読んでいるのですよ(笑)
難しい本は頭が受付けないので、ほんと初心者向けの入門書みたいなのを拾い読みしてるだけなのですが、この本は面白かった。
カッコいいほとけカッコいいほとけ
(2011/09/08)
早川 いくを

商品詳細を見る

如来や菩薩、明王などの来歴をくだけた文章で語って、そこにリアルタッチの仏たちのイラスト(寺西晃・画)が入っているのですが、楽しく読めて、いつの間にか仏教がそもそもインドで生まれて、ヒンズーの神々をどのように取り込んでいったかが良くわかる、とても親切な本です。
この人の本は初めて読みましたが、文章がうまいと思いました。この本はギャグ文体なんですが、品があって、崩れたところがないです。見習いたいです。

ところで、仏教のほとけになったインド出身の神々の、インド時代のことを一部業界では「インディーズ時代」と呼ぶらしい(笑)
便利な言葉だなあ。

私が「萌え設定だ~!」と騒いでいた、帝釈天と阿修羅のインディーズの因縁も書かれています。帝釈天はそもそも、古代インド宗教バラモン教の神、インドラ。そして阿修羅はゾロアスター教に起源をもつ古代インドの神、アスラ。事の発端は、アスラの美しい娘を女好きのインドラが攫って、力づくで~~~してしまったこと。
ここから二人の戦いの歴史が始まるのですが、これはちょっと泣ける話。

確かに、非はインドラの方にあり、アスラは「正義は必ず勝つ!」と信じて、軍神インドラを相手に希望のない戦いを続けるのですが、やがてアスラは修羅道に落ちてしまうんですね。「自分が絶対に正しい」「正しいのだから何をやってもいいはずだ」という、我執にとらわれてしまったからなのですと。
かたやインドラは、酒好き女好き、戦にだけはめっぽう強いが粗暴な奴。なのに、戦いの最中に、アスラ軍に押されて後退するとき、
「これ以上後退すると鳥の巣を踏み潰してひな鳥を殺してしまう。兵を戻らせろ!」
と言ったという、どこかやはり、大人の余裕というか器の大きさを感じさせるんですね。
うーん・・・確かに、どっちが悪いと言えばインドラなんですけど、問題は善悪じゃなく、固執する心そのものなんだ、という、納得はできないけど何となく分かる話。

まあ、インドラ(帝釈天)もアスラ(阿修羅)も、今や日本で1,2を争うイケメン仏像。
戦国バサラから入って歴女になるみたいに、イケメン仏から入って仏女になるのもいいんじゃないかと。
スポンサーサイト

ちょっと前の記事で書いた、野生動物ハクビシン、あれをまた見てしまった。しかも二匹同時。しかも家の前の駐輪場で。
夜だったので、
「塀の上に、(まど☆マギの)キュウべえみたいな胴の長い猫がいるなあ」
と思って良く見たらハクビシンだった(笑)
いやほんと・・・あのシルエット、キュウべえにソックリだったよ・・・禍々しさも。
野良ハクビシン、可愛いけどうっかり触ると凶暴だし、屋根裏とかすぐ入り込むし、そこらにフンをするし、いろいろ病気を媒介するし、害獣なんですよね。
家の前で見たらさすがに、「きゃー見ちゃった! カワイイ~!」とは言えなくなってしまったよ?
これが人間のエゴって奴なのか・・・。

しかし、いかに小岩が田舎っぽいとはいえ、東京23区内で野生のハクビシンの恐怖におびえることになろうとは。
ネットでチラチラ調べてみると、けっこう東京の住宅街でもハクビシンやタヌキが出没しているみたいですね。

今週のトップ感想は・・・「斉木楠雄の災難」で!
海藤くんカッコヨスw
惚れてまうやろ~!
なんだかんだ言って、このマンガ、友情度が何気に高いw 斉木君、クールなふりして熱血野郎です。美味しすぎるでしょ~!
そして「すぐにわかる!! 中二病チェックシート」、あなたは何点取れましたか? 自分は3点でした~。中二病への道は長く険しいようです。ってか自分、「小5病」なんじゃないかと思ってますww

「スケット・ダンス」
こしあん論議に熱が入るタクト君がまさかの大デレ(笑)
チェリーボーイと同じく、外見的にやたら可愛いだけに、このギャップには萌えた~!(苦笑)

「ハイキュー!!」
普通のスポーツ漫画みたいになってて、むしろびっくり(笑)
日向くん、普通にカッコいいですぞ!?
でも及川君の攻めオーラが強すぎて、ツッキーが受けに回されてるのがまたビックリだ!
ってかツッキーは徐々に総受けになりつつあるね(笑)
↑ 小5病の書く感想じゃないですねスミマセン・・・

「こち亀」
SFでは数年前からよく目にしていた「宇宙エレベーター」、こんなにも実用段階に入っていたんですね。
自分が生きてるうちに完成するだろうか。
自分が生きてるうちに月や宇宙ステーションに行けるようになるんだろうか。
いや行ける! 中川財閥が頑張れば行ける!(笑)

「めだかボックス」
叶野ちゃんの京言葉が雅でよろしおすなあ。
そして、彼女の能力がもはや最近のジョジョのスタンド能力ばりに、まったく理解不可能でおじゃる(笑)
でも感じやすいくじ姉が素敵なので許す。

「いぬまるだしっ!!」
なんかいい話になって最終回を迎えようとしている!?
たまこ先生せつねー!

次週、もし「いぬまるだしっ!!」が終わってしまったら、ジャンプのギャグ漫画は「斉木楠雄」だけになってしまうぞ!? そんな事が許されるのか!?
これはもしかして、あの先生が帰ってくる予兆なのか!?
そう、私が二次元の世界で最も愛する男、「食パンちゃん」を生み出した、「ボボボーボ・ボーボボ」の作者、澤井啓夫先生が・・・!?

「食パンちゃん」について知りたい方は「続きを読む」で。
フフフフ、ついに食パンちゃんについて熱く語る日が訪れたようだな・・・!

続きを読む »


宇宙への道、キビシー!

「チューしてよ!」
美少女転入生、エリーヌにいきなりそう言われて、照れながらもニヤケてしまうゲンちゃん、なんか反応がリアル高校生男子っぽくて可愛いなw
はい、「注意してよ」でしたね、世の中そんなラノベみたいな事は起こりません。
意気投合する二人ですが、参入するユウキの神頼みが痛すぎて、さっそくエリーヌの怒りを買ってしまいました。
そして天ノ川高校。
校長が、久々に校長らしい職務を果たしていてちょっと新鮮(笑)
「今年もこの日が来たね・・・」
宇宙飛行士選抜試験、こんなのがあるなんて、やっぱ素敵な高校です。しょっちゅうゾディアーツが出るけど、通う価値アリ。
でも、天高、生徒に端末くらい支給してやんなさいよ。
そして最初の学力試験・・・問題用紙を見ただけで眩暈を起こすゲンちゃん、サービス問題を見て、頭の中のスイッチが入ったところで、オープニング。
今週も、洒落た始まり方ですね。

続きを読む »


ネタばれありの感想です。

今、何かと話題のインド映画、「ロボット」。
インド映画界のスーパースター、ラジニカーントが一人二役をこなしています。
映画王国インドで巨額の製作費で作られメガヒットとなった作品らしいのですが、

とにかく並の映画5本分くらいのボリウムがあります(笑)

お腹一杯、満願全席状態。
SF、ラブコメ、カーチェイスに電車アクション、「マトリックス」っぽい特撮、ギャグ、そして歌と踊り。
そのどれもが、普通の映画なら山場になるくらいの分量です。
しかも、これでもダンスシーンとか、日本で上映される時はだいぶカットされてるらしいのね(笑)
「感情を持ったロボットの権利を認めるか否か」
といった、手塚治虫先生の好きそうな重く大きなテーマさえ扱っているのですが、深く掘り下げることもなく、次々に消化されていくのが凄いww
そもそも「ロボット3原則」とかまったく気にしてないしw
ヒロイン(サナ。アイシャワリヤ・ライ)の美女オーラが凄くて踊りも上手いし画面もキレイ、音楽もいい感じ。
なんかこれは、もしかしてインド人にとっては日本の「歌舞伎」みたいなものかもしんない(笑)
劇場という空間で、荒唐無稽なお話を綺麗な役者さんの芸とともにユターッとした時間の中で楽しむ、という・・・。
何ていうか・・・普通に、「映画を見る」というのとはちょっと違った感覚ですw

あらすじ。
ロボット工学の博士、ヴァセガーラン(ラジニカーント)は自分にそっくりで、知力体力その他の能力がケタはずれの人間型ロボット、チティを作る。博士の恋人、サナは、何でもできるチティに夢中になる。博士によって感情を与えられたチティはサナに恋をしてしまい、あげくに悪者博士に悪の心のチップを組み込まれて悪のロボットになってしまう。サナを拉致するチティ。ガーラン博士は何とかチティの暴走を止めようとするが・・・。
蚊と会話するシーンとか、最期のほう、CG画面のロボット組体操みたいのにはマジ笑った。
最期は、それしかないだろう的なラストですが、せつねー! 純真なロボットが人間のエゴに振り回されたあげく・・・という、定番のラストではあるのですが。

サングラスをかけたチティは「ターミネーター」みたいだし、最後の特撮シーンは「マトリックス」みたい。
その他にも、いろんな映画の美味しい所を寄せ集めて無理やりひとまとめにした、「力づくでも満足させるぜ!」的な気概がむしろスガスガしい。

インド映画といえばその昔「ムトゥ 踊るマハラジャ」を見て以来なのですが(これも主役は「スーパースター・ラジニカーン」でした。いつまでも元気だなあこのオジサン。ってか、「ロボット」撮影時には61歳だったって、マジっすか!?)、その時もラブコメやらアクションやらミュージカルやら、いろんな要素がテンコ盛りだなあ、って思ったんですよね。
インド人には「引き算の美学」という発想はないのか? オシャレとかスタイリッシュとかっていう言葉はないのか?
お金がかかってる割に、脚本が荒かったり編集が雑だったりもしますが、とにかくこの馬力というかパワーは物凄いです。みんなにオススメできる映画、というわけでもないのですが、映画ってそもそも庶民の娯楽なんだし、こういうのが本来の映画の王道なんじゃないか? って思ったりもします。
特に、CGにばかり頼っているハリウッド映画、こぢんまりした小賢しいやつばかり作っている日本映画などには、悔しかったらコレ作ってみろ! と言いたい。
これだけ動けて歌って踊れる男優女優を探すのがまず大変です。

それにしても、踊りのある映画はいいなあ。
ダンスシーンが入るだけで「元を取った!」っていう気分になるし、荒唐無稽な話でもダンスが良けりゃ、
「ああ、そういう世界のオハナシなのよね」
って納得できるもんなあ。(音楽もいいなあと思ってたら道理、「スラムドッグ$ミリオネア」で米アカデミー賞作曲賞と歌曲賞をインド人で初めて受賞したA・R・ラフマーンという人が作ってるとの事。白眉ともいうべきダンスシーン、チティがサナに恋する場面の曲は、ロボットの恋心を歌った歌詞もカワイイw)

この映画、私が見たのは2時間19分の日本公開用特別編集版でしたが、6月1日からなんと2時間57の完全版も渋谷の映画館で上映されるらしい(笑)
私の趣味としては、ダンスシーンがもっと多い方がバランスがいいと思っていたので、多分、この長い完全版を途中休憩をはさんでゆったり見た方が、インド映画の空気を堪能できると思う。
ってか、早くももう一度見たい・・・!
マチュピチュを舞台に踊り狂うシーンも入ってるとの事、すごい気になる・・・ww
濃すぎるぞインド映画・・・!

玄関前の狭いスペースに、プランタや植木鉢を並べてささやかなガーデニング気分を味わっています。
さて、寄せ植え用の大鉢に、去年ラベンダーを植えたのですが、これが多年草なので、冬場も茎の部分が枯れることなく、古くなったサボテンみたいに灰色がかった緑色のまま、春になっても固く干からびたままで、
「本当にこいつ、今年も花が咲くのかなあ」
ってちょっと疑問だったんですよ。
ところが、今朝見てみたら、2日ほどの間に、いきなり新しい茎と葉が10センチ位伸びて、大鉢いっぱい、我が物顔に葉をひろげ、寄せ植えのパンジーやロベリアが鉢のへりから外に押しやられているじゃありませんか!
もう、今年も咲く気マンマンです(笑)
それにしても、ついこないだまで枯草のようだったのに・・・日照時間10時間以上、とか最高気温25度以上、とか、何かしらのスイッチが入ってしまった模様。

これを見て、なんか「SFに出てくる生命体のようだ・・・」
って思っちゃいましたね、はい。
砂漠の植物で、普段は固い石ころみたいな姿をして水分の蒸発を防ぎ、雨が降るととたんに葉を伸ばし花を咲かせ、たった一日で交配まで済ませて、次の雨まで乾燥に強い種子の形で過ごしたりするやつ、いるじゃないですか。
SFに出てくる生命体でも、長い冬の間は幼生体で過ごし、短い春になると成人して子孫を残し、また次世代の幼生体が長い冬にそなえる、みたいなセミみたいな一生を送るやつの話とか出てきますよね。
(萩尾望都の名作「11人いる!」にもそんなエピソードありました)
そこまで派手じゃないけど、我が家のラベンダーの、この突然の「オレの時代来たぜ・・・!」的な暴走ぶりには、つい笑ってしまいました。
まぎれもなく野生の花だぜ、お前は。

そしてもう一株、我が家の玄関先の主といえば、なんとかセージ(買ったのが何年も前なんで忘れましたww)
四季咲きで小さな赤と白の花をいっぱいに咲かせる元気な奴なんですが、元気にもほどがあるというか、とにかく成長が早いのはまあいいとして、不気味なのは水をやってもやらなくても元気だという点(笑)
私はズボラなので水やりを忘れ、花を枯らしてしまうことが多いのですが、このなんとかセージだけは、枯れるどころかしおれている所も見たことがない。
はじめは「雨が降るから大丈夫なんだ~」と思って水をやらずにいましたが、良くみると屋根のひさしの下で雨に濡れない場所だった(笑)
なのに、数か月に一回は半分に刈り込まなければいけないほど成長する・・・!
一度プランターを動かしたら、下から太い根っこが何本も、コンクリートの隙間から下水の方に伸びていて、それを見て「お前の異様な元気さの原因はコレだったのか!」と、その生命力の強さに戦慄し、ついでに根っこを切ってしまったんですよね。これで少しは、刈り込みのペースが落ちるんじゃないかと思って。
だが、その荒療治の後もヤツは何事もなかったかのようにたくましく成長を続けている・・・。
奴の根は異次元空間につながっているに違いない。

まあ私も、思い出したように奴にも水をやっているんですが、正直、奴のことは畏怖しているので、庭付きの一軒家に引っ越しして奴を地面に植えてやりたいです。

あと、怖かったのは斑入りアイビーですねw
壁に張り付いて成長を続け、借家(長屋)なので、壁いちめんに茂ってしまったら困ると思い、茎の下の方を切ったんですよ。あとは放っておけば自然に枯れるだろうと。
ところが、壁に張り付いた葉が、何か月たってもまったく元気。
根もないのに、なぜ!? 空気中の水分を取り込んでいたのか?
怖くなって、全部引きはがしました・・・。

ガーデニング用植物、あなどりがたし。

北風や 国語の教師 くしゃみする
(第十六回 中学生の部大賞 倉島昌那)

あまり熱心にチェックしているわけではないんですが、「おーいお茶」の新俳句、時々、好きだなあと思う句に出会いますね。
今回の「北風や」には、何とも言えないユーモアというか諧謔味を感じます。
北風が印象的なのだから、冬の初めでしょうね。12月前半?
すっかり寒さに慣れた、2月とかじゃなさそう。
教室で、暖房が入ってて、でも空気を入れ替えるために窓を少し開けたんでしょうか。
そしたら、外は思いのほか、北風が強くて、それがびゅうっと教室に入ってきて、先生がくしゃみをした、と。
ただそれだけなんですが、「国語の教師」ってとこが効いてます。
「数学教師くしゃみする」「美術の教師くしゃみする」ではどうもピンと来ない。
「国語の教師」と並べると、「北風」はなんだか宮沢賢治の「風の又三郎」を連想させるし、「くしゃみ」は夏目漱石の「吾輩は猫である」の苦沙弥(くしゃみ)先生を連想させます。だから、簡単な言葉しか使われていないのに、時代と奥行きが感じられる、といいますか・・・。
更に、「くしゃみする」で一句作って来るからには、この時のくしゃみ、おそらくクラス全体がどっと受けるくらいの、盛大な「ブアックショイ!」みたいなくしゃみだったんじゃないかと。
更に更に、そんなくしゃみを笑ってもらえるような、生徒に愛されている味のあるオジサン(老人?)教師なんじゃないかと。
怖い体育教師や、線の細い音楽の女教師などではありえない、ほのぼのした情景を感じます。

前回の「国語辞典」の句もそうだったんですが、中学生くらいの子が、おそらく授業中に「君たちも俳句を作ってみましょう」的なノリで作らされたんじゃないかと(笑)
どちらの句も、ひねったところのない素直な句ですが、情景が目に浮かぶ、いい句だなー、と思います。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE