プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


蕃東国年代記蕃東国年代記
(2010/12)
西崎 憲

商品詳細を見る

西崎憲という人が今、すごく気になっていて、まだこれで2冊目なのにカテゴリも作っちゃいましたw
この「蕃東国物語」は第十四回日本ファンタジーノベル大賞受賞後、第一作です。そのせいか、王道ファンタジー色がやたら濃いです。
「蕃東国」というのは平安時代の日本に良く似た、歴史上の架空の国ですが、「年代記」と呼べるほど歴史が動いていく感じはしません。むしろ、夢枕獏の「陰陽師」シリーズに近い、時代も登場人物も限られた連作集です。
もっと言えば、世間に山ほどある「平安ファンタジイ」とほぼ同じです。
正直、なぜこれを普通に平安ものとしなかったのか、理解に苦しみます。
架空の国を作ったからには、その国の歴史から言語、文化、風俗まであらゆる細部を作りこんで欲しいし、またそれ作るのが架空の国の年代記の楽しさなのではないかと思っていたので。
この本では、蕃東の文化はほとんど平安貴族の文化と同じで、それがどうも物足りないです。だったら普通に平安ファンタジイでいいじゃん! って思ってしまいます。
(表紙絵からしていかにも女子供向けなんですけど?w)

しかし、そんな欠点を抱えながらも、一見普通の王道ファンタジーに見えながらも、やはりこの西崎憲さんという人、ただ者ではない、というか、どこか定石を踏み外していくような所があり、読んでいてスリリングなんですよね。文章も、凝った感じはなく淡々としているのですが、無駄がなくどこか張りつめたような文体でありながら、行間に色彩や香りを感じさせるとでもいいますか、愛想も化粧っ気もない美女みたいな感じです。

後半、どんどん異界に踏み込むように幻想味が強くなっていく、漂流する4人の男女の物語「霧と煙」、あと、美少女に求婚するために伝説の三つの珠を探しに行く、という王道中の王道のストーリーでありながら、現実味と幻想味のバランスがすごく良く、時折深い穴を覗き込むような心地のする「気獣と宝玉」が特に好きです。
でも、その他の短編も、どれもウッスラと幻想味があって、どこか夢の中の話のようです。

津原泰水がもっとひんやりと地味になったような感じ、ですかね・・・。

最近新刊が出ないせいで円城塔の血中濃度が低下し、禁断症状が出始めたため、ネットの中をクルクル歩いていたら、
【祝芥川賞】円城塔6【道化師の蝶】
というスレッドの610の書きこみが凄かったので、引用させてくださいッ。

610 :
友幸友幸は、友との幸せと友と行くことを兼ねての言葉
円城と伊藤のことなんだよ
翻訳しあう物語や着想を追うとかヒントはたくさんあっただろ
友逝きとも掛けている、逝った友と共に、幸を共有する
二人は追いあうし探り合うが決して追いつけない
理由は友はすでに逝ってしまっているから


(*゚Д゚)・:∴ブハッ(吐血)
す、すげえ・・・! 
ぜ、全国の腐女子の皆サン、コレ、スゴクナイデスカ・・・!!??
「友幸友幸」というネーミングにそんな秘密があったとは。
追いかけても追いかけても捕まらない着想の物語はらせんのようにズレた円環構造であらわされる恋の(←違うw)フーガ。「着想を追う」事は、「屍者の帝国」を引き継いだ円城さんにとって重要なテーマだったはず。
どんなに近づこうとしても指の間からすり抜けていくものを、自分の中に見出していこうとする決意の物語が「松ノ枝ノ記」。
あわあわ。
「屍者の帝国」を執筆しているときの円城さんの精神世界が、そのまんまこの2篇の中編に投影されているじゃありませんか。
それにしても、「二人は追いあうし探り合うが決して追いつけない」って、美しくも切ない表現だなあ。
610の人、ありがとうございました。美味しくいただきました!

誰かマジで、この美しい円×伊を書いてくれないだろうか・・・

職場のラジオで、「女子力って何だと思いますか?」というテーマでいろんな人の意見を聞いていて、いろんな考え方があって面白かったです。

よくあるイメージとして、「飲み会の時、大皿の料理を取り分けてくれる」「小型のソーイングセットを携帯していて、ボタンが取れたときにすぐ付けてくれる」などの、女らしい心使いを感じさせる系。
狭い意味では、巻き髪・ミニスカート・つけマツゲ・デコ小物と言った、カワイイけど男受けを狙った感じもするファッション。
当初はおそらく狭い意味だったのでしょうが、今はむしろ外見より内面を語る言葉として使われることが多いのでは、という事でしたが・・・。

私が面白いと思った意見は、
「女の子が女の子であることを意識して繰り出すワザ」
というものw
「例えば、誰かに物を渡す時に小さなメモが付いていて、『お疲れ様v』って書いてある、とか」
と、言うのですが・・・。
これ聞いて、もう青痣になるくらいバンバン膝を打ちましたよ!
確かに、「女子力」という言葉について回る、男の眼を意識してるんじゃね?感は、男を意識するというよりも自分が女(しかも女の子)である事を意識している所から来ているんですね。
完全に女同士の集まりの出かけて行くときも、流行りの髪型にしてみたり、ちょっとカワイイ小物を持ったりアクセサリをつけたりして、互いに見せ合って自慢しあったりして、「女子力高~い!」って言いますもんね。
「ワタシって素敵な女の子でしょ?」
というアピールを、あからさまに、あるいはさりげなーく、見せつけるのが女子力なんですねー。

だって例えば、親戚の集まりで中華料理店に行ったとして、普段から世話焼きの伯母さんが料理を取り分けてくれても「女子力高い」とは言いませんものね。
普段キャピキャピした女の子が、宴席で意外な気遣いを見せて取り分けてくれるからこそ「ワザ」でありアピールなわけで。

「女子力が高すぎる人は、女の子同士では人気がない」
という通説もありますが、やはり女同士で「女子力高~い!」という時は、その裏に(どうしちゃったの? やる気じゃん)というニュアンスが含まれていますからねw
男に媚びているから、というより、演出過多というか、「可愛い自分・素敵な自分」を意識しすぎた気配が鼻につくのではないでしょうか。
ちなみに、「おしゃれな人」と「女子力が高い人」はまったく似て非なるモノですよ?
おしゃれが上手いからといって、女の子同士で嫌われるという事は別にありません。

あと、女子力と関係ないけど面白かった意見に、
「女の子は恥じらいを忘れたらオバサンになる。男の子は馬鹿っぽさをなくしたらオジサンになる」
というのがありました。素晴らしい。もはや箴言ですw

ところで自分、イザクは現在、このブロクのプロフィールの所に荒木先生のイラストを流用させてもらっていますが、あのイラストを貼る前、何の画像も無かったころはよくブログに来てくださった方から、「イザクさんって男性だと思ってましたーw」と言われました。理由はわかりません。分かったら、もっと別の人生が送れていたんじゃないかと思います・・・(T.T)

面白くてタマラナイ(と言っては不謹慎だがまあ死者が出ていないので許してください)、ロシアのメテオ騒動。
ついに、トンデモ仮説の領域に入ってきましたww

1)隕石爆発はUFOのしわざ?
新たに公開された隕石落下の画像によると、何らかの物体がUFOを追跡しており、隕石を貫通した後急速に離れていっているのが確認できるという。動きから言って、対ミサイル防衛システムのミサイルではなさそうなので、UFOによる撃墜説が出ているとか。

2)アメリカによる攻撃?
ロシア自由民主党のウラジーミル・ジリノフスキー党首は「これは隕石の落下ではない。米国による新兵器実験だ」
と語っているという。まあ、この人は普段から飛んだ発言が多い人らしいので、あまり相手にはされてないみたいですけどね。
しかしネットを漁ると、アメリカの宇宙兵器というものが凄いことになっているみたいです。
おなじみのTR-3BとHAARPをはじめ、「ファルコンHTV-2」(時速2万921キロメートルという想像絶する速さで飛行し、通常5時間以上かかるニューヨーク~ロサンゼルス間を12分以内で移動することができる)とか、宇宙からロケットを撃ち落す「神の杖(別名・ロンギヌスの槍)」という防御不能のシステムとか・・・。
フハハハハ! 
「ロンギヌスの槍」が出てきてしまってはもう笑うしかありません。

「ハイキュー!」
一周年おめでとう! 巻頭カラーの色使いが美しい。
負けず嫌いな影山君、ラスト2ページカッコ良すぎ。

「暗殺教室」
イトナ君、早くもただの校内暴力問題児扱い!?(笑)
やっぱ殺せんせーを殺れるとしたらカルマ君だよね・・・。

「ワールドトリガー」
余裕綽々というか、焦らないペースで着々と進めてますね。
相手の言葉を逆手にとって悪人を成敗(?)するユーマ君には「ゴクオーくん」に近いものを感じるw
相変わらず、カラー表紙の配色も洒落てます。

「恋するエジソン」
1)透明スプレー、ペット以外にもいろいろ便利に使えそうww
2)逆に、トイレットペーパーメーカー、超使えねー!!!(笑)

「めだかボックス」
そうかあ、半袖を救えるのは善吉だけなのかあ。
いよいよ大団円が近くなってきた気配。安心院さんにまで言葉をかけられた善吉、このマンガのヒーローである事を証明する時がついにやってくるのか!?

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
もうすぐ重大(!?)発表する予定、だとォオオ~!!??
それってもしかしてアニメ化・・・あわわわわ、いかんいかん。ヤワな女子中高生のファンが激増しちまうッ!!
で、なければもしかして、麻生先生ご成婚? 
いずれにしても気になるアオリです。そして、麻生先生の名前のところに「炭酸卒業」と書いてあったのには笑いました。

「めっちゃデケエ穴」って、ちょっと見てみたいですね私だったらw
2ページ目、あまりのショックに一瞬中に浮いてから背後に倒れる斉木君ww 斉木をここまで混乱させるとは、さすが燃堂父。偉大ですww
でも彼が「相棒」と言うのは鳥束に対してしか許されないのでは(笑)
そして燃父が鳥束のことを「霊太」よばわりするのにちょっと萌えw
そして、寺でエロ本トーナメントに熱中する鳥束。「キルコさん」に出てきたエロ本ジジイと話が合いそうですw
「オレが死んでも守護霊は消えないッスよ!!」(消えるけど・・・)
『正直者だな』
という会話(?)が可笑しいです。

でもどうして斉木は、燃父の霊だけ見えるんだろう・・・やはり無意識のうちにいつも、燃堂(息子)の姿を目で追っているからでわ・・・キャッ *≧∇≦)

今日新たに知った隕石ネタ3つ。

1)航空機に接触していたかも・・・!
隕石が爆発したとき、近くを飛んでいた航空機の機長が「熱を感じた」と証言していると言う・・・。
それって、ものすごく近くを飛んでたって事じゃん! 隕石の破片が直撃してたかも知れないし。
無事で良かった、良かった。

2)秘密都市・チェリャビンクス
この町は第二次世界大戦中に戦車やロケットランチャーを製造して発展をとげ、「戦車町」と呼ばれるようになったという。また、強制収容所などもあったという。軍事施設もたくさんあるらしい。
また、1957年にはチェリャビンクス65と呼ばれる秘密閉鎖都市で核兵器工場で事故が起き、今でもその後遺症が残っているという・・・(現在のチェリャビンクス市とは別の、オルジョルスク市という場所でのできごとらしいが・・・)
なんか、現代ロシア史の暗黒面のような歴史を持つ町なのだった・・・。
正直、ロシア当局は諸外国にこの町にあまり踏み込まれたくないのではないかと思う・・・。

3)実はUFO!?
チェリャビンスク州のムロク副知事は16日、分裂して地表に到達した可能性が指摘されていた隕石が見つからず、当局が捜索を中止したことを明らかにした、という・・・。
ネットの物好き掲示板では、さっそく、「隠蔽工作に入った」「見つけてはいけないものを見つけてしまった」「宇宙から来たヤバいウイルスで感染?」「第二のロズウェル事件か!?」と大変なハシャギっぷり。
でも、全世界の隕石研究者が今、血眼になって現地に殺到しようとしているだろう事を考えると、何か隠していると勘ぐられても仕方ないのでは・・・

うっひょーい、面白くなってきましたぞ!!!

隕石の話の続き


今朝見ていたテレビのニュース解説番組では、「日本スペースガード協会」という所から解説の人が来ていました。「日本スペースガード協会」とは、「地球に衝突する可能性のある天体を発見、監視することを目的とした団体」であるとの事。
そんな組織が地味に存在してたって事自体がオドロキですw
そしてさすがにいろいろと詳しく、隕石についての薀蓄を語っていたのですが、面白かったのは「鉄隕石」と呼ばれる、鉄とニッケルが主成分の、見かけよりずっしりと重い隕石。鉄の割合が大きいので、けっこう昔から刀剣に加工されることが多かったらしい。有名なのは、明治時代に榎本武揚が作った「流星刀」。名前からして超カッコイイ!

隕石で作られた剣はロシア皇帝やムガール皇帝も持っていたといいます。隕石で作った剣は魔力を持つ(すなわち魔剣!)と思われていたからだとか。なんだか、ゲームの中の世界みたいw

今回の隕石騒ぎ、亡くなった方がいないのでこうやって好奇心にまかせて記事を書いていても心が軽くていいですね。けが人は増えて、1200人になってしまいましたが、いろいろ話を聞くとその程度で済んだのはかなりのラッキーだったみたいです。

そしてフォーゼの時、あんなにメテオメテオと騒いでいたのですが、いざ落ちてくるとこんなに怖いものもないな、と思ってしまいましたw

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE