プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


連休の合間の出勤。
少しはマッタリしてるかなー、と期待していたのですが、相変わらずのテンパり具合で、せっかく3日間かけて醸し出していた心の余裕がたった一日で跡形もなく吹き飛びました(T.T)。私の安息の日はいつ来るのだろう・・・。

さて、そんな中でも例の職場のラジオで面白そうな話をしてるとしっかりチェックはしています。
今日は男性コメンテイターの方が、話題のテレビシリーズ、「SHERLOCK (シャーロック)」の主人公のを評して、
「ドSのツンデレ」
とおっしゃっていましたw
ああ、素晴らしきかな日本語!
この短いフレーズで、線が細くて神経質で他人には容易に心を開かず、なのにワトソンに対しては悪口雑言、でもそれも、お前に心を許しているからなのさ、みたいなシャーロック像がクッキリと浮かんでくるじゃあーりませんか!
(ちなみに、この「ドSのツンデレ」という表現、私が今2次元3次元を問わず最も愛している男、「バイオーグ・トリニティ」のホサ君にもピッタリですww)
そんなシャーロックは女性ファンに大人気、だとのこと。
ストーリーは原作通りですが舞台は現代に置き換えられていて、シャーロックがスマホを持っていたりするらしいです。とにかくもう、「ドSのツンデレ」っぷりが見たくてたまらないので、GW後半に鑑賞してみようと思ってますw

SHERLOCK / シャーロック [DVD]SHERLOCK / シャーロック [DVD]
(2012/07/06)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る

↑イギリスBBC製作。
BBCと言えば、前に見たドラマシリース「ゴーメンガースト」も面白かったなあ。そしてイギリス人の若い俳優は日本人の目から見て、「イケメン様だー!」と思う確率が、ハリウッドの俳優より格段に高いと思うのですがどうでしょう?
スポンサーサイト

久々に・・・


例の場所に、何か隠してきましたよ・・・。
現在自分の中で一番アツい舞城原作のコミックス、「バイオーグ・トリニティ」の友情を勝手に補完しているらしいです・・・。
例の場所、と言われてピンと来ない方は、左側の「カテゴリ」の一番下、「未分類」をクリック、または
↓ ↓ ↓
こちらからどうぞ。

田舎に帰ったはずのツッチー。
金の匂いにつられて、東京へ舞い戻ってしまう。
そこに襲い掛かる(?)幸運の数々・・・
ガッポリ抽選会で100万、賞金首で300万、宝くじで10億!
そのたびに「チャリンチャリン♪」と、景気のいいお金の音がします。そしてだんだん成金くさいファッションになるツッチー・・・。
ついには、心配してくれるコースケに
「誰が手放すかこの幸運を!」
「この幸運はオレだけのものなんだよ!」
と暴言を吐く。それどころか、チンピラを雇ってコースケを襲わせる・・・!
なんかもう、コイツ助けなくても、いいんじゃね?
でも、地面に這いつくばったまま友情のピックを握りしめるコースケが恰好良いので許す(苦笑)

さてその頃、ハルトが大変なことになっていた(大笑)
まさかのバナナの皮で転倒、まさかの台車で転倒、まさかのカートで暴走、まさかのゴミバケツ頭から突っ込み!
青いバケツをかぶったまま立ち上がり構えるウィザードが普通にカッコ良くて惚れ直したw
更に・・・、
犬の〇〇を踏む!(ヒーローもので、まさかの捨身ギャグ!)
「世の中ついてない時もあるんじゃね?」と書かれた看板をブチ抜く!
紐がかからまる!
手が届かない!
アンラッキーの時は「ブーッ!」という音が鳴るのが、また・・・(T.T)
ヒーローとしてのプライド(?)で何とかボギーに勝利したものの、
「アンタ今までで一番手ごわい相手だったけどな」
の言葉にも実感が(笑)。

さて、車で事故ったツッチーを間一髪で救うことができたコースケ。
さすがに反省したツッチー、潔くコースケに背中を向けて、
「取ってくれ、ファントムを!」
ボギーを倒したビーストが「ごちそうさまでした!」と言って十字を切るのが可笑しい。幽霊らしく成仏しな、って事ですね。

すっかり心を入れ替えたツッチー、
「お金で買えないものがある、それは友情だ!」
と叫ぶ。
「お前ホントに分かってんのか?」
疑うコースケ。わかってる、と答えるツッチー。
「これからもすっと親友でいてくれ」
と言われ、照れてツッチーをドツくコースケのはにかんだ笑顔が可愛いのでつい許してしまいそうになるが・・・

視聴者はコースケほど甘くないぞッ!
こういう奴は、その場では心底反省しているように見えて、実際自分でも心底反省しているつもりなのだが、またしばらく経つと同じような失敗を繰り返す、アル中やDV夫と同じようなトラブルメーカーだッ!
一度、すべてを失って完全にどん底まで落ちないと、この病気は治らないゾッ!
でもなあ・・・コースケみたいな馬鹿な友達が、「今度だけだぞ」って言いながら、そのつど助けでしまうので結局いつまでもこのまんま、っていうある意味不幸な奴だと思う。
でも、裏切られても裏切られても、けっきょく情にほだされてしまうような馬鹿っぽさも、コースケという男の、細かい計算や目先の利益を嫌う、おおらかで骨太な魅力の一面だと思うので、まあ、それはそれで良しとするか・・・。
ツッチーとコースケの、高校時代の友情エピソードがもう一つくらいあると良かったですね。
結局最後まで見ても、「コースケほどの男が、なぜこんなしょうもない奴に・・・」という気分が消えなかったのが残念です。 
自分は友情マニアなので、友情ものには評価が厳しいのだった・・・。

さて来週は!
先週、死亡フラグ立てていたソラの過去バナ、キター!
ヘラヘラ笑ってるだけの奴じゃなかったんですね。なにか、やむにやまれぬ、切羽つまった彼なりの事情があったのですね。予告で見せた、いつになく真剣な表情にグッと来ました。
そういえば彼は貪欲に権力を得ようとしていたものね。愛は力、愛は祈り、そういう事だったのか!?
ヘラヘラを装ったドシリアス野郎。
ソラ役の前山くんも、この台本もらった時、
「え? オレってそういう奴だったの?」って驚いたんじゃないかな。台本もらうまで、先の展開は知らされない、って聞くし。
どっちにしても、次週も楽しみでなりません!


「めだかボックス」
堂々の完結!
おめでとうございます&お疲れ様でした。
やりたい事を全部やって、気持ちよく終わっていった感じが心地よいです。
大人になって、登場人物たちの大半がその能力を喪失した、というのもなにか納得ですね。確かに、後から振り返ってみると誰でも10代の時には凶暴なまでの力を秘めているような気がする。表にはなかなか出てこないだけで。そして「苦労しなければ手に入らないものがあるように 満たされることで失うものもある」というのも本当のことだなあ、と。
幸せになるというのは、容赦なく何かを失っていくことでもあるのだなあ、と・・・。
巻末コメントを読むと、西尾先生も暁月先生も満足して最終回を迎えられたようなので、読んでいるこちらまで嬉しいです。
長い間、ありがとうございました。

「食戟のソーマ」
料理という、地味なジャンルでどうしてここまで王道バトルっぽく熱血ヒーローっぽく話を作れるのか!?
しかも毎週、テンポが良くてヤマがある。多分、始めてジャンプを読み始めた人でも、どの号からでも面白く話に入っていけるでしょうね。凄い凄い。
今週は特に熱かったスね! 女の子を泣かせる意地悪男は許せない、っていう所も少年マンガっぽくて実にいい。

「ハイキュー!!」
きゃー! 今週はツッキー祭りだ~!!
「今のトスはどうでしたかコラ」
「『黙ってこのトスを打て庶民』って言われてるみたいで腹立つ」
いいですねー、影山くんとツッキー、下手に出る事を知らない者同士の不器用な歩み寄り!
ツッキー大好きなんです。スパイク強打してる時のコマもカッコいいw

「てとくち」
河下水希先生の時代もの、相変わらず流麗な絵柄です~。
ただ、原作付きなので河下先生のキュンキュンの心理描写が見られないのはやや残念。そして、この終わり方には他誌の広告という側面が強すぎてちょっとムッとしたのは私だけでしょうか?
なんか今週、そういうの多くてイラッとしたww

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
くーちゃんって、猫になってもモテモテなんですね・・・。
サイは白猫なのか? 気になる所。あと、サイの眼鏡はどうなっているのかとかサイの首輪をはずすとどうなるのか、とか・・・。
それにしても何で楠雄は他人(他猫)の恋の手助けなんてしようと思うんだ? ったく、お人よしにもほどがあるぜ。
今週はあと、くーちゃんのパパが可愛かったですw 
この父にしてこの子あり。ったく、親子そろってお人よしだぜ。

発売中の「ウルトラジャンプ5月号」を買ってしまいました・・・。
ウルトラジャンプ 2013年 05月号 [雑誌]ウルトラジャンプ 2013年 05月号 [雑誌]
(2013/04/19)
不明

商品詳細を見る

4/23の記事でコミックス1巻の感想を書きましたが、読んだ人なら分かると思いますが、あのラストの引きの強さは反則ですよ! しかも腰帯に、「この続きはウルトラジャンプ5月号で読めます」って書いてあるし。くっそうこの商売上手! とつぶやきながらフラフラと本屋へ。そしてこの黒い表紙を見た瞬間、迷いは断ち切られ私の片手は本を掴みもう片方の手はバッグの中から財布をとりだしつつレジへ直行。
ヤバい、マジでホサのことが好き過ぎて俺死ぬ
はい、この、顔が半分しか描かれていない、「シザーハンズ」みたいな恰好をした男の子が穂坂(ホサ)くんです。
なんかもうこの表紙、絵的にもデザイン的にも恰好良過ぎて俺死ぬ。
(「~~過ぎて俺死ぬ」というフレーズも口癖になりつつありますw)
そしてこの表紙、ピンクの字で「愛は、力」って大きく書いてあるんですよー!
舞城だー!!! またしても、やりたい放題だー!!
コミックス(第6話)の内容でも「愛は祈り」という事が語られていて、「好き好き大好き超愛してる」の冒頭の文章、「愛は祈りだ。僕は祈る」を思い出しましたッ!!
「好き好き~」を読んだ時はその意味がわからなかったけど、この第6話を読んでようやく納得。
それにしても、こんなスタイリッシュで最先端っぽいSFコミックスでありながら、自分じゅうぶんの形に持ってくる舞城王太郎の剛腕には改めて感服します。
「ジョージ・ジョースター」の時も、舞城先生はジョジョのコミックスを端から端まで研究しつくして、そのうえで自分の世界を作って行った感じがするのだけど、今回の「バイオーグ・トリニティ」も、少年マンガってどういうものか、王道ってどういうものか、SFアクションもラブコメも、パターンとその魅力を研究しぬいた上で自分の味を出してきている、そんな気がします。

っていうかもう、ここ数日、常に「バイオーグ~」で頭がいっぱいの、バイオーグ廃人に成り下がっているのですが・・・
あー、語りてえ誰かと思うぞんぶん「バイオーグ~」について語りてえ。

(この先ちょっとネタばれ気味)
それにしても、ホサフジの能力のチートっぷりには笑いましたなww
もう、カーズ先輩並みじゃないですか?(笑)
弾丸は生命体っぽくなるわ、腕はもう1本生えるわ(笑)
パーティに集まった女の子たちの会話も面白い。

あと、ジョジョリオンは3巻から話がどうなったのか分からないのだけど、定助と常秀が友達になりかかってて、なんか和む~♪ トランジスタグラマーの女の子の刺青を見た時の反応も可愛いかったですねw 
こちらも4巻が5/17発売♪ あー、楽しみ楽しみ。
それにしても、ホサといい常秀といい、自分的には「おかっぱ頭の男の子」が来てる気がする・・・!

ネットでニュースを読む方ならうすうすお分かりでしょうが、例の、ボストンマラソンのテロ事件、やはり自作自演だったようです。
両足がもげてしまった男性の、あまりに酸鼻な写真が出回り、「酷い事件だ」という印象を強めていたのですが、あの写真も偽造だったようです。
おかしいとは思ってたんですよね・・・。事件発生から容疑者特定、射殺までがあまりに早すぎて。まだ確たる証拠も出てなかったのに。そして、くだんの写真も、怖がりなのでちゃんと見てなかったのですが、視界の隅でチラッと見た印象では、「今まで大災害や戦争を取った写真でも、ここまで凄惨な怪我を大写しにしたものが公開される事はなかったのに、何かの間違いか? それに、怪我の様子がクリアに見えすぎる気がするんだけど普通もっと出血がひどくて細部は分かんないものじゃないのか?」と、ますます疑惑を深めるものだったのですが、やはりあちらこちらのサイトに偽造の証拠が上がってきています。
じゃあ、「8歳の子供が死んだ」というニュースは何だったんだろう・・・本当に爆発で死んでしまったのか、それとも、そう発表されているだけなのか。

そして、この事件の裏に隠れてあまりニュースにならなかった、テキサスの肥料工場爆発事件。数百人の死傷者が出ており、爆発の振動は隣の州まで伝わったというから恐ろしい。そして爆発のあとの煙の写真が、どう見てもキノコ雲・・・。
「肥料工場には小型核爆弾が撃ち込まれた」とする説はネット上で目にしていたのですが、この工場、どうやらモンサント社を相手に訴訟を起こしていたらしいのです。
「モンサントなら、それくらいやるかも」
と思ってしまった自分がいました。
そしてボストンテロ事件は、この肥料工場の爆発から大衆の目をそらすための、カモフラージュという一面も持っていたのではないかと・・・。

最近つくづく思うのですが、例えば、ケネディ大統領の暗殺とかアポロの月着陸とか、この手の怪しい事件は昔からあったのですが、何十年も大衆(自分含む)は騙されつづけてきた、というのは、昔の人の手口が巧妙だったのかはたまた今はネットがあるから騙しが通用しないのでしょうか。
「どうしてこんな、パッと見ておかしいと思うような、すぐバレるようなウソをつくんだろう」
と感じることが激増しました。
やっぱり2012年の12月に人類はアセンションしていて、ダークサイドの悪あがきはもう通用しない世界になったのでしょうか。

更に、世界各地で頻発する地震も気になります。日本も、何が起きるかわからない。
でも、富士山が噴火しようと地震が起きようと、多分、会社が潰れなかったら会社に仕事しに行くだろうし、ありあわせのもので家族の食事を作るだろうし、ようは、自分のやるべき事を淡々とやっていくしかないですよね。天災はいつ、どんな形で来るのかわからないし。

でも、食糧危機が来ると困るので、今年は大家さんに借りてる畑の家庭菜園を、すこし本気でやってみようと思ってますw とりあえず今度の休みには種イモを植える予定w
ちなみに、家庭菜園で私のオススメは、レタスや白菜などの球になる葉物野菜。気候や育て方の条件が合わないと、なかなか球状になりませんが、広がった葉を外側から数枚ずつむしって、サラダにしたり味噌汁に入れたりして、長期間食べつづけられるスグレモノ。あまり場所を取らないのでマンションのベランダでもプランター栽培できるし、トマトやキュウリみたいに、支柱を立ててやらなくてもいい点もお手軽ですよ~。

告知が遅くなりましたが5/3、東京ビッグサイトの「SUPER COMIC CITY22」にサークル参加します!
サークル名は冬コミと同じ「限りなく透明に近い青の角」、ジャンルも引き続き「斉木楠雄のΨ難」です。
スペースNO,は「東3 ヨ25a」です。
お暇な方、ついでがある方はどうぞ覗いてやってください。ジョジョアニメ、仮面ライダーウィザード、「ウソツキ! ゴクオーくん」「バイオーグ・トリニティ」等について熱く語ってくれる方も歓迎いたしますw
冬コミで少しだけ余った、無料配布のスピードワゴンのコピー本も持っていきますのでよろしければ持っていってやって下さい。どうぞよろしくお願いします。

↓新刊の表紙はコチラ
サイケデリック 表1

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE