プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


悪の教典 上悪の教典 上
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る

悪の教典 下悪の教典 下
(2010/07/29)
貴志 祐介

商品詳細を見る


2010年の「このミステリーがすごい」国内編で1位だった小説。
ようやく図書館の棚に並ぶようになったので読んでみました。

えー、まず、謝っておかなければいけませんが私は基本的にこの作者の貴志祐介があまり好きではありません。
なぜかというと、舞城王太郎の一世一代の傑作「ディスコ探偵水曜日」を読んだ時、私は感動して(これで今年の日本SF大賞は決まりだな)と思ったのですが、その年のSF大賞はこの貴志祐介の「新世界より」が取ってしまったのです。なので、この作者には逆恨みに近い感情を抱いているのでした。
読んだ本は「黒い家」「青い炎」「新世界より」そしてこの「悪の経典」ですが、面白いかと言われたら、どれも面白いです。特にこの「悪の経典」は、さすがこのミス1位だけあって、分厚い上下本ですが読み始めたら止まらず、一気に読んでしまいました。
だけど、なんかやっぱり、この人の本、好きになれない・・・舞城の恨みだけじゃないような気がする・・・(笑)
何というか、登場人物に感情移入できないんですよね。何となく、書き割りの中の人物が動いているのを眺めているみたいで。人物に、共感はできなくても、(そういう考え方、アリかあ!)と、読んでる側が納得できればいいんですが。存在感とか手触りが希薄、とでもいうのかな。ストーリーを進めるために出てきているキャラ、という感じで。

・・・のっけから文句タラタラですみません。でもこの本は、ほんとに面白く読んだのです。それだけに、勿体ないなあ、という気持ちで・・・。

私立晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実はルックスもよく頭脳明晰、熱心で授業も上手い、学園一の人気教師。
モンスターペアレントや集団カンニング、不良生徒に不良教師、問題が山積みの高校で、蓮実は精力的に生徒のために頑張っているのだが、実は、他人への共感能力を欠き、人を殺すことをためらわないサイコパスだった。
問題が大きくなりそうな時や、蓮実の正体に気付きかけた者を、蓮実は事故や自殺にみせかけて一人ずつ殺していく。だが、蓮実を疑うものは少しずつ増えていき、そして・・・。

最初、蓮実が本当にいい先生っぽく登場して、少しずつ、(あれっ?)と思う箇所が出てきて、気が付くとすっかりサイコパスとしての内実を備えた人物として描かれているのがまず、面白いです。読者も、最初ちょっと騙される、っていうか。
そして前半は、その蓮実の視点で読み進むのですが、途中から、あまりに蓮実の思考が単純というか冷徹というか、(邪魔だな。消そう。じゃ、こういう計画で)くらいの感じでポンポン進んでいくことについていけなくなり、むしろ蓮実に狙われる生徒たちの視線で読むことになります。後半は、蓮実が完全にモンスターで、ホラー映画のように(いつ来るか、いつ来るか)という緊張感あふれる展開です。
蓮実はサイコパスなので、読者がその思考について行けないのは、むしろ当然なのですが・・・

いくら常人とは思考が違うとはいえ、ちょっと蓮実が簡単に人を殺しすぎるのがどうも納得できず・・・いえ、良心の呵責が、とかそういう事を言っているんではなく、こんなにも関係者がバタバタ死んだら、いかに証拠の残らない完璧な計画だったとはいえ、怪しまれるに決まってるじゃないですかー! 蓮実は頭脳明晰なはずなのに、そういう所は馬鹿なのか? 殺人計画自体も、けっこう人目につくような杜撰(?)な計画が多く、バレなかったのはラッキーだっただけでは? と、つい言いたくなるものが多いです。
まあ、何て言うか、勢いで読み飛ばして「あー、面白かった!」で読み終わればそれでいい本、という気もしますので、難癖をつけるのもどうかと思いますが、やはり舞城の恨みは深かった、ということでしょうか・・・。

(以下はネタバレ感想なので「続きを読む」で)

続きを読む »


ジョジョシリーズの同人誌即売オンリーイベントは、「ゴールデンブラッド」といい、回を重ねてこの7月に第10回をむかえる、なかなかに伝統のあるイベントです。
コスプレ参加率がかなり高く、ただ遊びにいくだけでもとても楽しいイベントでもあります。
毎回、300スペースくらいの、まあ中堅のオンリーだったのですが、今回(第10回)の参加サークルはなんと300の募集に対して最終的に900スペースの参加があるとのこと!
参加だけで900ですからね、当日のお客の事も考えると、ジョジョシの数の膨大さにあきれるばかりでございます。
アニメ見て、ジョゼシーだかシージョゼだかにハマった人が多いみたいなんだけどね・・・。

なんだか最近、アニメをきっかけにドーッと大量発生する腐女子、多くないですか?(笑)
彼女らが通りぬけた後は、イナゴの大群に襲われた村のようにペンペン草も生えないという・・・。
「進撃の巨人」ですら、アニメをきっかけに腐女子が急増しているというから恐ろしい(笑)
ジョジョはまだしも、巨人はどこに萌えたらいいのか、さすがの私にも分からんよ(笑)

「ゴールデンブラッド 第10部」は、7/28(日)、東京流通センターにて開催です。
興味のあるかたは覗いてみると楽しいですよ。柱の男以外、ほとんどのキャラがいます(笑)
ちなみに、私が今までで一番カッコイイと思ったジョジョコスは、背の高い男性がやっていた第3部のジョゼフです。最初、ただの帽子をかぶったオジサンかと思いましたが、手に茨を巻いていたので分かりましたww

頑張れ大砂嵐


大砂嵐金太郎、本名アブデルラフマン・シャーラン、愛称ブーディー。
今場所注目の、大獄部屋の幕下力士。
エジプトはカイロ出身の、初のイスラム教力士。

少年時代より格闘技が大好きだったブーディー少年、知人に教えられ相撲の面白さに開眼し、大学で会計学を学んだものの相撲への情熱を捨てきれず、来日して大獄部屋の力士となることが出来ました。
アマチュア時代も数々の国際大会で入賞を果たした実力派で、来日以来着々と白星を重ね、今場所も好成績なので来場所の十両昇進が見込まれています。

「大砂嵐」っていうしこ名がいいですよね。エジプトの、雄大な砂漠の光景が広がるみたいで。ワムウの「神砂嵐」にも似てるし(笑)
趣味は、水泳、乗馬、パソコン。うわ、なんだかインテリハイソっぽい(笑)
こんな彼ですが大極部屋では新入りなので、毎日トイレ掃除をし、食事も一番あとなんだとか。今や、部屋でも一番の出世頭なのに。
理不尽に感じるかも知れないけど、長い目で見たらここで辛抱してこその男の花道なので、頑張って欲しい。こういう理屈に合わない苦労を経験することで、人間、器が大きくなると思うのですよ。

更に彼にとって大変なのは、イスラム教徒であるため、豚肉が食べられないことと、一日5回の礼拝、そして断食月の日中断食。
実際、去年の名古屋場所中に断食月になり、日没後に豚肉抜きのちゃんこを食べて乗り切ったんだとか。力士にとっては食べるのも稽古のうちなのに、これは大変そう。

いろんな意味で頑張って欲しい大砂嵐。
力士がどんどん国際色豊かになっていくのは嬉しいですね。でも、相撲じたいはグローバル化することなく、頑なに今までの伝統を守って欲しいです。外国から来た新弟子も、じゃんじゃん日本人化させて良いと思う。私は、日本語がペラペラな人はもう日本人にカウントしちゃいますけどねw


Gに苦しむ方へ!


暑くなってきました。
そろそろ、アイツの季節です。そう、黒光りする背中のG。
我が家の台所では、大型Gこそ出ないものの、小さなGがなぜかわらわらと発生し、毒エサを置いても毒霧を焚いても根絶し切れず、見つけたら即、殺スプレーで対応していたのですが、終わりなき戦いの日々に、進撃の巨人を前にした人類のような虚無感さえただよっていたのでした。
ところがこの夏、救世主のような新商品が我が家に降臨したのです。

ゴキブリ凍止ジェット 250mL 【HTRC2.1】ゴキブリ凍止ジェット 250mL 【HTRC2.1】
(2013/03/13)
ゴキブリフマキラー

商品詳細を見る


殺スプレーを使用する場所は主に台所なので、今までのスプレーだと、壁や床に毒の成分が残る感じが嫌だったんですよね。匂いも、殺虫剤独特のにおいがして、それが脳内でGの姿と結びついているので、使うたびにイヤ~な気分になっていたのです。
が。
この、凍止ジェットは殺虫成分ゼロ、スプレーの気化熱(?)を利用した、マイナス75℃の冷気でGを凍らせるという新発想。す、すばらしい発想の転換じゃないですかコレ!?
その場で凍りつくので、殺虫スプレーのようにGがもがき苦しんでジタバタとそこらじゅうを歩き回らないのもイイ。殺虫成分がないので、フライパンなどにたかっているのを見つけても、気にせずスプレーできる所もイイ。
スプレーのにおいが無いので、換気扇を回してにおいが薄れるのを待たなくてイイ。
とにかく、今までの対G商品の中でダントツにイイ。

殺戮の喜びに味をしめた私は、この新商品を常にすぐに手の届く所に置き、視界の隅に動く黒点を捉えたら次元大介のような早業で仕留めています。徐々に、個体数も減ってきた模様。
毒の成分がないので環境にも多少は良いのではと思われます。
主婦でもあるイザクのおすすめ情報でした~!

すいんませんこの所、ジャンプって低調じゃないですか?
新連載に見所がない(ほんと、スミマセン・・・)し、キルコさんはベタな展開のまま終わってしまうし、続きが気になると言っていいのが「食戟のソーマ」しかない!!
まあ今の自分、マンガ雑誌といえばウルジャンで「バイオーグ・トリニティ」を読みコロコロコミックでゴクオーくんとジョーカーとケシカスくんを読むのが生きがいですので、ジャンプへの期待度が思い切り低いのも確かなんですが・・・。
「めだかボックス」が終わってしまったのも、後からジワジワ来てます。ストーリーは???の連続でしたが、絵柄に強さがあったのと、毎週必ずあっと思うような意表を突く箇所があって、今さらながら西尾先生ってやっぱスゲー! と思います。
「クロスマネジ」や「スケット・ダンス」などももうすぐ終わってしまいそうで、ますます心配。そろそろ小畑健先生の投入とか、来ないかな? 

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
海藤は育ちが良さそうだとは前々から思っていましたが、予想を上回る豪邸住まいでしかも真魔は教育ママだった!
海藤のマジなノートに「薔薇」って書いてあるのが可笑しいw はい、確かに「薔薇」っていう字、無駄に書きたくなりますよねww
298p下のコマ、(これでもう付きまとわれないで済む)からの、
「あの二人は大事な・・・友達なんだ・・・! だから一緒にいたい・・・です・・・」
(そんな上手くいったら苦労してないよな)
この熱く濃い友情展開は一体何事!? 楠雄が眉を寄せながらもうっすらと笑みを浮かべているのがイイ。


はい、一つ前の記事に書いた通り、今日はウィザードショーを見に朝から出かけていたんですよ。
帰宅して風呂に入り、録画してあったウィザードを見る贅沢・・・!

さて、今週はリンコさんと瞬平のドタバタコメディの回。
こういうの案外難しいと思うのですが、けっこう二人ともぶつかり方とか倒れ方が上手いです。
でも一番受けたのはやはり、ハルトが二人にぶつかってはじき飛ばされて倒れた場面。
まったく、こんな軽くて非力なヒーローがかつていただろうか(笑)

森の中で道に迷うハルト。「これでも使ってみるか」とインフィニティに変身すると、結界が晴れ、ワイズマンの住む(?)洞窟が。ワイズマンのシルエットが輪島さんっぽいんだけど気のせいか?
「教えてくれないか サバトのこと コヨミのこと 賢者の石のこと・・・」
うーむ、だんだん最終回が近づいてきている気配がしてきましたね・・・。

さて、ドーナツ屋でも喧嘩が止まらないリンコさんと瞬平。
「逮捕です!」「保護です!」お互いのセリフが、途中で入れ替わってましたねww
コーラをズズズとストローからすすり、「勝手にやってろ」と言い置いて去っていくハルト。

道端でゴロゴロしているコースケ。
うーん、確かにこの男、大型猫科動物に似ている。このゴロゴロ感が。
「今、ゲート探してんだ。手伝うか」
とハルトに言われ、
「まかせろ。まかせろって」
と言いながら素直について来る。この辺は大型犬的でもある(笑)
永遠のライバルにしちゃ、行動がやけに軽いがそこがまたヨシww

そして、ハルトとコースケはファントムに遭遇・・・!
九官鳥がファントム、って新しいな! と思ったけど、向こう側の男・ソラいわく、「加賀サンは九官鳥じゃないよ」
「あーも、なんだかよくわかんねーけど、変ー身!」
コースケって変身する時、「よく分かんない」って言ってる率、やたら高くないですか?(笑)
そして、ウィザードの魔力はワイズマンに奪われていた・・・! 魔力が尽き、変身が解除され倒れるハルト。
一枚布みたいに平べったく倒れていて、つくづく身体の薄い男だなあと感心しました。でも、それがまたヨシww

その頃、九官鳥の飼い主・根本にようやく追いつくリンコさんと瞬平。
根本の無実を信じる瞬平は、何とパトカーを奪って逃走という暴挙に!
リンコさんになじられてブチ切れてからの、今週の瞬平のテンションの高さは異常でしたが、あの異常さあればこそ、この行動も納得できようというもの。なるほどねえ・・・。

九官鳥のキューちゃんが可愛いですw
でも、いくら溺愛していても鳥籠を持って歩く人ってあまりいないんじゃないですかね・・・。
九官鳥の口癖が「ゼツボウダー!」だなんて・・・「絶望先生」か!?(笑)

埼玉県の東武動物公園で、日曜日にやってるウィザードショーを見に、上の娘と特撮友達のKさんと、3人で行ってまいりました~!
天候にも恵まれ、絶好の特撮日和。
東武動物公園は動物園と遊園地が合体した広い敷地の公園で、緑も多く、入園料だけなら大人1,500円で一日楽しめる所です。屋根つきの大きな屋外ステージがあり、特撮のショーはここで見られますが特別料金はいらないので非常にお得な気分。
スーツのみのショーなので家族連れが多かったですが、私たちみたいな特撮オタ系の大きいお友達もけっこういました(笑)

さて、10:30に入園してうらうらとステージに向かって歩いていくと、池のほとりに人垣と、その中心に黒と赤に光る人影が。
いた~!!
ウィザードとビーストがツーショットで、写真撮影会やってたー!!!
私たちのテンションは一気に上がり、
「チョーカッコイイ!!」
を連発しながら彼らのもとに走りました。
先着60名に配られる整理券をゲットすると、800円でウィザードとビーストに囲まれて写真を撮ってもらうことができます。
撮影会は、1回目10:30~/2回目12:50~/3回目15:15~で、整理券配布は各回の30分前から。
2回目と3回目はインフィニティとビーストハイパーなので、ノーマルスタイルと写真が撮りたければ第一回を狙うしかありませんのでこれから行こうという方はご注意。

ウィザードもビーストもチョーカッコイイうえにフレンドリーで、被写体の身長や人数に合わせて、二人でいろんなポーズを取ってくれます。小さい子供が相手だとひざまずいて目線を合わせてくれるウィザード。イヤーン素敵すぎるぅ!!
もう、この撮影会の様子を眺めているだけで私たち3人のテンションはMAXになってしまいました。
特にウィザードのスーツを着ている人のウエストが細くて体型がキレイ~!!
テレビ版の、高岩ウィザードを見慣れていたので、若々しい体型の細マッチョなウィザードとビースト(のアクター)に、この時点ですでにハアハアしてしまいました。

更にそのまま、奥のステージに座席を確保してショーが始まるのを待ちます。
ショーは11:30と14:00の2回。前もって並んだりする必要もなく、良い席にこだわらなければ、ギリギリに来ても大丈夫。

ショーの内容は、「この会場にいるはずのゲートを、ファントムが狙っている」というスタンダードなものですが、ウィザードとビーストが仲良しでボケツッコミみたいな会話をずーっと交わしていて、見ていて思わずニヤケてしまいます。
W「そしてこいつが、いにしえのマヨネーズ・・・いにしえの魔法使いビーストだ」
B「古いマヨネーズじゃ腹こわすだろ!」
には笑ったww

アクションがチョーカッコイイことは言うまでもありません。
ウィザードの、基本スッと立っている静の動きとビーストの、身体を揺らすようなワイルドな動の動きの対比も面白かったです。
そして、卑怯にも司会のお姉さん(特撮ショーには必ずいる、重要人物)を人質に取り、ウィザードとビーストの武器を捨てさせるファントム。抵抗もできずやられっぱなしになり、舞台に倒れる二人のヒーロー・・・ッ!!!
ここで、会場を埋めた子供たちから「がんばれー!!!」の大声援が。これにはちょっと感動して泣きそうでした。
なんて素直で、良い子たちなんだろう・・・! やっぱヒーローショーは、子供たちの声援と共に見ることで完成する、と思いました。
しかし、そんな声援を聞きながら私は、倒れたウィザードの、あのスリットの入った裾が大きくはだけて、普段は見えないウィザードのお尻と太腿があらわになっていることに衝撃を受け、鼻血を抑えるのに必死でした。
普段隠されているものがチラッと見えるのって、なんでこんなにエロいんですかねー!! ビーストのお尻見たって別に何とも思わないのにねー!!

そして、子供たちの声援に力を得たウィザードとビーストは、インフィニティとハイパーに進化。
♪ヒースィーフードーボーサバビュードゴーン♪が聞こえてくるだけで、「おおっ! 来る! インフィニティ来るーっ!!」と興奮もまたMAXへ。
インフィニティ、キラキラしすぎてちょっと軽いんですがなんか態度が偉そうでやっぱカッコイイ。「光りすぎてハレーションを起こしてうまく撮れなかった」とは、特撮ヒーローの写真を撮るのが上手なKさんの弁。
見事ファンントムを倒し、ショーが終わったあとは、子供たちとの握手会。

ウィザードもビーストも、黒いノーマルスタイルに戻っていて、やっぱ外見的にはその方がカッコいいです。
ここでもまた、子供たちと握手を交わす二人の様子を間近で堪能したあと、外へ出て2回目の撮影会の整理券をゲット。上の娘(社会人)がぜひ二人と写真を撮りたい、ということで。
娘は写真を撮る時のために、ステージ脇のお土産物屋さんでウィザードリングを買っていました。気合が入っています(笑) 

ここで軽く昼食を食べ、再び撮影会の場所へ戻ると、インフィニティとビーストハイパーがやってきました。
日の光のもとで更にキラキラしているインフィニティww
娘はコスプレ経験者なので、撮影時にポーズを取ることにあまり抵抗がないようです。手の甲をこちらに向け、指輪を見せる例のポーズを決め、両側でインフィニティとビーストハイパーがそれぞれポーズを取ってくれて、すごいカッコいい写真が取れました。
プロの人が撮影してくれて、ウィザードのサイン(マジックで書いてあるぅ~!)入りのフォトフレームに入れて渡してくれます。これで800円は安いと思いました。自分の持っているカメラやスマホ等も、スタッフの方に渡してお願いするとシャッターを押してくれるのですが、こちらでもいい写真が撮れていました。

そんなこんなですっかりウィザードを満喫した私たちは、動物園コーナーに足を伸ばし、今一番人気のホワイトタイガーの赤ちゃんを見て満足して園を出て、北千住までもどってきてそこでビールで軽く乾杯をし、更にウィザードについて熱く語ったあと、解散して帰路についたのでした。

実に充実した休日を過ごせて大満足。
東武動物公園のウィザードショー、HPで見ると、あと5/26(日)しか開催日がないのですが6月にはやらないのでしょうか?
後楽園のヒーローショーが屋内のシアターGロッソになってしまい、予約制で以前のような開放的な空気がなくなってしまい残念に思っていたのですが、東武動物公園の屋外ステージは雰囲気がとても良かったです。
もし、ショーの内容がこの先変わるようなら、また見に行きたいです。
そしてその時は、「恐怖のレジーナ(木製水上ジェットコースター)」にもぜひ乗りたい。
東口ゲートの近くに、その木製の巨大なコースの建造物が見えるのですが、なんだかスチームパンクのなれの果てみたいな、SFチックでシュールな光景で、これまたチョーカッコ良かったです。

【追記】
後日、Kさんに当日の写真をいただいたので何枚かアップしました。
こちらでごらんください。

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE