プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぼうの城 通常版 [DVD]のぼうの城 通常版 [DVD]
(2013/05/02)
野村萬斎、佐藤浩市 他

商品詳細を見る

歴史が苦手な人でも面白い時代ものの記事でも紹介した、野村萬斎主演の映画。
予想できた事とはいえ、とにかくひたすら野村萬斎が素晴らしく、ちょっとそれに頼りすぎたかな、という感じもする映画でした。
のぼう(でくのぼう)様こと、忍城城主の成田長親。馬鹿を装っているが実は切れ者なのか。やっぱり本当に何も考えていないのか。
城を水攻めされて、そこに浮かべた舟の上で面白おかしく田楽踊りをするのぼう様。敵味方の軍勢を笑いの渦に巻き込む、この映画一番の見どころですが、下品で野卑な踊りなのに、やはり野村萬斎が踊ると、品があるのよ~。芸があるのよ~。野村萬斎だからこそできた場面、できた映画、という気がします。
でも、それだけに、この場面に力が入りすぎて、他の合戦の場面が少し物足りないような・・・。
原作を読んだ時は、「漆黒の魔神」こと丹波の活躍や、若造の靱負が次々に繰り出す奇策の楽しさなどなど、戦、合戦そのものの面白さがメインだと思っていたのに、そのへんサラッとしか描かれていなくて残念。

上地雄介演じる石田三成、夢見がちというか男のロマン馬鹿みたいな一面が良く出ていてなかなかハマリ役。それを、現実的というか散文的というか、「そんな事言ってる場合か! 現実を見ろ」とばかりに諌める、山田孝之演じる大谷吉継。いい感じでしたね~この二人の友情話、大好き!

三成も忍城の武将たちも、戦がやりたくてたまらない、というのが面白い。
戦国時代のことは全然知らないのですが、やはり、戦というものは基本、男の人的には楽しいものなのかも知れない。
そこに、いろいろ計算やら権謀術策やらがからんで、「勝てばよかろうなのだ」あるいは「戦わずして勝つのが最善」みたいな流れになってしまって、ワクワクするような面白さは薄れてしまったのかも知れない。
そりゃもちろん、下手したら死ぬんですから命がけの遊びなんですけどね?
でも、この忍城と三成軍のかけひきには、そんな「ワクワクするような戦やろうぜ!」という子供っぽい遊び心が感じられて、(戦というものの持つ、「楽しい」って側面、無視できないな)と思いました。
籠城戦にそなえて城の見取り図を囲んで作戦を練る忍城の面々が、まるで文化祭の計画を練る男子高校生のようなワクワク感を出していて可愛いですww

戦で迷惑をこうむるとすれば農民ですが、「のぼうの城」では農民たちが皆、のぼう様に親愛の情を持ちのぼう様を応援する気持ちを持っているため、農民たちまでちょっと楽しそうなのも面白い。考えようによっては、デカくて危険な祭りのようなものなのかも知れない。
近代の世界大戦の、市街戦や殲滅戦の悲惨さから、戦争というともう反射的に「ダメ。絶対」と思いがちですが、やはりこういう面白さがあるから戦国時代にロマンを感じる人が多いんだろうなあ。
(戦いばっかりやってる時代の、何が面白いんだろう?)と、ずっと思ってきたけど。

P.S.
靱負役の成宮寛貴が若々しく可愛くって、鎧兜を着ている時などもう「五月人形か!」と突っ込んでしまいましたよwww
やはり月代は、いい男を更に良く見せる髪型ですねwww
スポンサーサイト

毎月22日はショートケーキの日。
なぜだか分かりますか?
ヒント:カレンダーを良く見てください。

・・・引っ張っても仕方ないので種明ししますと、カレンダーは一週間単位で数字が並んでいるので、で「22」の上には常に「15」(イチゴ)が乗っているから、というわけ。
良く考えると、イチゴの下だからショートケーキってずいぶん乱暴だけど、なかなか可愛い謎解きです。

本屋さんに行って「ヒーロービジョン VO48」の表紙にドキドキ。
HERO VISION Vol.48 (TOKYO NEWS MOOK 365号)HERO VISION Vol.48 (TOKYO NEWS MOOK 365号)
(2013/05/23)
不明

商品詳細を見る

何でしょうかこのソラ×ハル感の強さは(笑)
良く見ると、ハルトこと白石君が微妙~に眉を寄せて困ったような顔をしているのがイイですよwww
白石君と前川君(ソラ)の対談も載っていますが、二人は同い年なんですね。気を許しあっている感じがほの見えて嬉しい。

そして更に本屋でこんなモノを発見。
MOOMIN DVD BOOK 【劇場版『ムーミン谷の彗星』収録・78分】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)MOOMIN DVD BOOK 【劇場版『ムーミン谷の彗星』収録・78分】 (宝島社DVD BOOKシリーズ)
(2013/05/25)
不明

商品詳細を見る

平成版ムーミンがとにかく大好きなのです!
絵にも音楽にも、北欧の短い春の詩情といったものがあって良いのですが、何といっても子安武人様が声を演じるスナフキンのカッコ可愛さ。子安といえば最近、ジョジョアニメのディオ様役でも達者なところを見せていて、役柄によっていろんな声を使い分ける方ですが、やはりこのスナフキンの声が最高です~!
落ち着いていて大人びていて、でも少年っぽくもあり・・・。
この「ムーミン谷の彗星」は、劇場公開の映画版で、彗星が落ちてきて世界が滅亡しかかる、といういかにもムーミン的というか北欧的な暗い世界観の話で、明るく楽しいだけではないムーミンの、皮一枚めくると滅亡の淵、みたいな底冷えのする空気が良くでています。
990円でこのDVDが入手できるのはお買い得!!
ムーミンブームの今こそ、ぜひぜひ平成版ムーミンの素晴らしさを一人でも多くの方に味わっていただきたい。

話はまた飛びますが、アニメ「惡の華」がどんどん面白くなってて、第8話が凄くて感動しました。
仲村さんと春日くんが無言で手をつないで、しらじらと明けて行く町をゆっくりゆっくり歩いていくシーンの美しさ。
破滅や破壊と表裏一体だからこその美しさなんでしょうか。
少なくとも個人的には、アニメ史に残った名シーンでした。エヴァの、カオル君を握ったままで動かない初号機のシーンとか思い出しちゃった。

おめでとう大砂嵐


ちょっと前の記事で書いたエジプト出身の力士、大砂嵐金太郎が見事幕下優勝を果たし、来場所の十両昇進を決めたとの事。おめでとうございます。
小錦や把瑠都と並ぶスピード昇進だそうで、今後も楽しみです。

そして今場所は、稀勢の里の頑張りのおかげで優勝争いも盛り上がりましたね~!
まあ、白鵬様の敵ではなかったわけですが。あーっはっはっは!!!
白鵬様がここに来てまた調子を上げておられて嬉しい限りです。


もう20年以上も毎週ジャンプを読んでいますが、今週号を読んでつくづく、「おもしろさって何だろう・・・」って考えてしまいました。今週の新連載、文句なく面白い。先週の新連載は駄目だった(スミマセン)。どこが違うのだろうか・・・。

「スモーキー B.B.」
新連載、タイトルもパキッとシンプルで良いですね。
前に「花咲一休」のマンガを連載していた、原作・小宮山健太、作画・河田悠治のコンビです。
一休の時はあまり魅力を感じなかったけど、今回はぐっと、一回り大きくなって帰ってきましたね。
主人公の煙爾郎をはじめ、キャラが立っているというよりは会話文がしゃれててカッコいい。
「ママにさすってもらえばいいじゃん」
「三塁踏んで故郷(ホーム)に帰れよ・・・」
などなど、セリフがいちいち立ってる。「この世は金と知恵」じゃないですが、金のために動く主人公(純粋には、金のためだけではない)というのも面白いです。
ハッピーセットのおまけみたいな影の薄い相棒が、煙爾郎のことを深く理解しているのも、定石ながらとてもいい。
主人公が寝ながら登場とか、力の片鱗をチラッと見せて次週へ、とか、「連載第一回」のパターンそのものという気がするのですが、面白いと感じるのは本当にどうしてなのか不思議です。

「磯部磯兵衛物語」
こういう感じってなんだか、昔「ガロ」に載ってた漫画みたい・・・
載せた編集の人も凄いと思う。

「食戟のソーマ」
あははは、今週は表紙を含め決め絵が4枚もあって実に濃厚ですww
でも、後ろ手に肩肉をよこして「筋も全部取っておいた」と言うソーマ君がカッコ良くて、主人公としての魅力にあふれていて、またまた(面白いって何だろう?)って考えてしまいました。ハイキューっぽく言えば、(来て欲しいところに来る)って感じですかね。本当に面白い時は、想像もしなかったところに来ますけどね。

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
鳥束クン、久々に出たと思ったらますますゲスっぷりに磨きがかかっちゃって(笑)
表紙絵もキメ顔ですが、さりげなく「いちごオレ」のパックが置いてあるしw
(自供したな)
(これが法で裁けない悪か)
楠雄のツッコミもいちいち可笑しいですww
しかし後半の展開、強引⇒ヘタレ、の変化は女子的にアリかもしれない(笑)
(恋太郎が凄いのか依子がチョロいのか・・・)
正面から「お前スッゲー可愛いな・・・」って言われたら、ほとんどの女子は意識しちゃうよ? でも、強引すぎるのは嫌だしね? フッと懐に飛び込んでくる感じ、依子もチョロいけど恋太郎が凄いと思いますw

「ハイキュー!!」
日向クンが活躍するとやっぱり話がどんどん盛り上がる~!
見開きを多用したコマ割りも迫力満点。この漫画、くねくね悩まずに身体を動かしている時の方が断然面白い。
ラストページの日向クンの濡れた瞳と唇が色っぽすぎるのは見なかったことにします(笑)

「恋するエジソン」
大きい掃除機が小さい掃除機を吸い込んだー!
文字で書くと大した事ないけど、絵面だと「進撃の巨人」なみの迫力なんだなこれが(←比べられたくないよねw)
それにしても、スピカちゃん弟と仲良すぎ。そして弟カワイイww 

るろうに剣心 通常版 [DVD]るろうに剣心 通常版 [DVD]
(2012/12/26)
佐藤健

商品詳細を見る

(↑この画像を出そう思って、「るろうに剣心」でアマゾンで検索したら、2番目に「緋村剣心 コスプレ用衣装」というのが出てきてちょっと可笑しかった)

去年、この映画が公開になったとき、いち早く映画館で見た腐女子友達の二人が、
「佐藤健、すごい動けてカッコいいんだけどね、見終わってお互いに第一声が、『あの歯は何~!?』なんだよ」
と言っていましたが、まったくもってその通り(笑)
香川照幸扮する武田観柳の、下アゴ、っていうか歯がすごいんだ(笑)
香川照幸は、本当に、どこに出てきても映画全体をビシッと占める名優だと思いますが、この映画の怪演っぷりも凄かった。横分けのボブヘアみたいな髪型がまた似合っていてねー。この人くらいになると、「香川照幸が変な恰好をしている」じゃなくて、「変な恰好をしている人が香川照幸だ」なんですよー。分かりにくくてスミマセン。つまり、香川照幸という人のことを全く知らなくても、この映画の中での武田観柳の存在感が圧倒的で、印象に残るっていうこと。ますます分かりにくい?(笑)

佐藤健はその点、あまりに動きが凄すぎてむしろ損してしまったかも。
とにかく身体能力が高いというのか、映画が始まって5分くらいで「信じられねー!!!」レベルの動きをバリバリ見せるので、その後、物凄いアクションシーンが次々に出てきても、だんだん見てるほうも慣れてしまって、
「ふんふん。ホントこの子凄いね」
くらいになってしまって感動がむしろ薄れてしまい、ほんと気の毒でした(笑)
「仮面ライダー電王」の時から、彼の凄玉っぷりはあらわでしたが、まだ若くてカワイイうちにこの映画に出てくれて、良かった、良かった。
色が白くって、首筋とか驚くほど細くって、ほんとにあらためて「キレイな子だなあ・・・」と感心しましたよー。
しかもあのアクロバティックな動き。全盛期の窪塚洋介が、映画「ピンポン」でペコの役を演じた時を思い出しました。
この映画、続編の話もあるようですが、乗っている今のうちに、ジャンジャン作って欲しいです。
それにしてもラスト近く、死闘を終え傷ついた身体で、意識を失った薫の身体を抱いて石段を登る剣心はちょっと可哀想に思ったよw だって、佐藤健の身体があまりに細すぎて、薫役の武井咲がどう見てもすごく重そうなんだもんww

あと良かったのはやはり高荷恵役の蒼井優。
蒼井優だと言われなければ、誰だか分からなかったかも知れない。それほど、役になりきっている、というか恵としての存在感が強い。やはりこの人も香川照幸と同じで、役を演じるというよりは、そういう人物を作り出してしまうような役者です。美人じゃないけど魅力的なのも好き好き。

斉藤一は原作の時から好きだったんですが、江口洋介がオイシイ所をさらっていくカッコ良さを見せてましたね~。
あと、戌亥番神がやたら良いと思ったら、須藤元気だった。この人、「元格闘家で今はユニットでダンスと音楽やってる人」くらいのイメージしか無かったんですが、やはり動きがキレキレで体つきや顔つきもカッコいい。今、ネットで調べたら、映画版・仮面ライダーW「運命のガイアメモリ」にも出演していたとの事。ああ、見ていたはずなのに思い出せない・・・! 借りてみなければッ!!

ストーリーがどうこうという映画ではないですが、とにかくいい役者に恵まれた幸運な映画。
誰かと一緒に、いろいろコメントやツッコミを入れながら見るともっと楽しいかも。(その場合、原作のコミックスを読んだ人同士だと更に楽しいと思う)
観柳の屋敷にいる白服の男たちとか戌亥番神の仮面とか、画面上の演出というか派手さ、外連味というべきものもほどよく加味されていて、コミックス原作らしい、見て楽しい娯楽作に仕上がっています。

今日は10:00から、ガス器具の点検の人が来ることになっていたので、ウィザードを見終わってすぐに台所の清掃にとりかかったのですよ。
ただでさえ家事能力の無いこのイザクが、しかも毎日仕事に出ているのをいいことに放りっぱなしにしてある台所、ええ、自分で言うのも何ですが目も当てられません。
ですがまあ、ガス屋が見るのは湯沸かし器とガスコンロ、あとはせいぜい換気扇。となれば、その3点を中心に集中してやれば、1時間半でも表面上はそこそこのレベルに見せかけることは可能。と計算し、実際、散らかったモノは隣室へ移し、ゴミゴミしたものはすべて断捨離してゴミ袋に放り込み、油汚れ用のスプレーでコンロ周辺を磨いて真っ黒になったコンロカバーや換気扇カバーは取り替え、足元マットも取り替えて、すべてのゴミと汚れ物は台所側からは見えない浴室側に移動させ、余裕すら見せてガスの職員が来るのを待ちました。
やがてやってきたメガネのお兄さん、開口一番、
「じゃ、ますお風呂場を点検します」
・・・!!!
そうでしたガスといえばまずお風呂場でしたぁあああ!!!
「どうぞこちらです・・・」
動揺を見せないためには鉄の自制心が必要でした。
カビ取りしてなくて黒くなってしまっている風呂場の壁と、その前に固めてあるドス黒いゴミの山を見てお兄さんが何を思ったかは分かりません。
何事も無かったように点検はすぐに終わり、お兄さんは爽やかな笑顔を残して帰っていきました。

日常生活で、こんなにダメージを喰らったのは久々です(T.T)

今週も、見所いっぱい夢いっぱい。ママもこれなら満足さ!
コーハルの仲良しっぷりが際立った回でもある。何なんだろうあのウインクは。自分の目が信じられず、何度も再生して見てしまった・・・。

加賀サンって、結局人だったんですか鳥だったんですか。ハルトが「鳥じゃない!」と断言してたから基本は人なのかな。でも唇が黄色だったし、ファントムになってからも動きが鳥っぽくてかわいかったです。

廃車置き場に逃げ込むリンコさんと瞬平、根本。それを探しに行くハルト。
鳥の餌の大袋を持って嬉しそうにやってくるコースケ。
これでキュー太をおびきよせようというのだが・・・
「マンマなだけに、まんまとな」
「おおー! さすが仁藤。じゃねーよマヨネーズ!!」
うわー、仲良し全開のボケツッコミ! ハルトという控えめな男が、コースケ相手だとここまで遠慮なく罵倒することができる、っていう、なんかほんと、嬉しくなるような応酬です。
コースケ、ハルトはお前に安心しきってるんだよ。これからもハルトの事をよろしく頼むよ・・・。
さらに、画面を半分に分割しての二人の言い合い。
「ファントム! 鳥じゃない」
そういって、念押しの為(?)チカッとウインクまでして見せるハルト。とどまる所を知らない仲良しっぷり。( ゚Д゚)・∵. グハッ!! 

そして更に、カラスに襲われるコースケ。どうしてハルトは襲われないんでしょうね。「何やってんだ」「・・・・(ヤレヤレ)」と、至ってクール。コースケの「ばーちゃーん!」が可笑しい。この画面、実写で見たかったけど色々ハードルが高すぎたのかしらん。(笑)
東映のウィザード公式HPに、この場面の直後、カメラを向けられて羽根まみれのままポーズを取ってしまう永瀬クンの写真がアップされていてチョーカッコイイですww

その後、土手でファントムに出会い、魔力の足りないハルトをかばって
「皆まで言うな。おれ一人で十分だ」
と言いながら変身するコースケ、やはり羽根付きながらチョーカッコイイ。
更に、変身が解けたあともまだ羽根がついてるww
二人の警官に、根本を逮捕したら怪物になっちまう、だからそーじゃねえって!、と力説して、ハルトに
「何ややこしくしてんだお前」
と、引っ張っていかれてしまいますw
(今週の仲良しっぷりは、まだまだ続くよ!)

さて、廃車置き場の3人はマンホールを通って逃げようとするものの、水に押し流され(マジ怖い~!)、浅い川にようやく出られました。
ここでもまだ、どうして僕ばかりこんな目に、と嘆く根本に、ついにリンコさんの怒りが爆発。
「いいかげんにしろ!」
と怒鳴るシーン、カッコ良くて感動した。足元の水までビリビリ震えるような迫力。
リンコ役の高山さん、黙っていれば普通に綺麗な人なのに、何か月もウィザードやってるうちにどっかで何かが吹っ切れたらしく、最近すごく表情が生き生きしているというか動きに勢いがあるというか、なかなかのコメディエンヌっぷりを披露してくれています。パンツスーツ姿も板についてきた感じ。

警備室に侵入して、放火現場の映像を入手するリンコさんと瞬平。戻ってきたキュー太の姿を見て、二人して「えっ・・・!?」と絶句する表情で切れる所、上手い編集だと思いました。

一夜明けて。
警察に出頭するリンコさんと瞬平、根本とキュー太。
駆けつけるハルトとコースケ。
「まずは! 放火犯を差し出します!」
証拠の画像を見せ、キュー太を差し出すリンコさん。
顔を見合わせるハルトとコースケ(仲良し)。
ファントムに変身したキュー太を前に、
「さあ、こっからはオレたちの出番だ」
並んで変身! タイミングもぴったり!(仲良し)
ハルト「今日は魔力もたっぷりあるから覚悟しろ」
・・・魔力って、一晩寝れば回復するものなの? 気になるけどスルー。
「ショータイムだ」
「ランチタイムだ」(仲良し)
キュー太、弱くてあっさりビーストに食われる。

自分が無実であったことを確認し、安心する根本。
根本「でも。キュー太が怪物だったなんて・・・絶望だー!」ピキピキピキ・・・
リンコ・瞬平「えーーーーーっ!!!」
to be cotinued・・・

この、意表をつくラストはギャグなのか次週への引きなのか?(笑)
予告を見るかぎり、次週は全く関係なさそうな話なので、ギャグなんでしょう多分・・・
最後にひとこと、「いい加減にしろ!」とか「やってらんないわよ!」とか入れて、ちゃんと落として欲しかったかな? 予告見るまで、本当に引きなのかと思ってたのでww

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。