プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJポリス再臨


7/23は葛飾の花火大会だったのですが、残念ながら開始時間間近になってとうとう、強い雨が降り出し、花火大会は中止になってしまったのです。
そこに登場したのが、我らがDJポリス(笑)
晴れているうちは、
「付近には、花火に負けず劣らずのきれいな浴衣姿の女性の方もたくさん見受けられます。どうか男性の皆さん、女性の方が転ばないように会場までしっかりとエスコートしてあげて下さい。この花火を機に、2人の愛をしっかりと育んで下さい」
などと例の名調子で、会場の混雑を誘導していたのですが豪雨になり、観客が我先にと帰り始めると今度は、ずぶ濡れになりながらマイクを片手に、
「おうちに帰りましたら、風邪を引かないように、温かいお風呂に入るなど、風邪の予防にも努めて下さい。おうちに帰るまでが花火大会です」
「カップルの男性は、女性をしっかり駅までエスコートしてください。ピンチをチャンスに変えて愛をはぐくみましょう」
などと臨機応変に対応していたようです。朝のTVニュースで見たのですが、傘をさした浴衣のお姉さん達もDJポリスの話術に笑っていました。
イザク的にはピンチをチャンスに、という言葉にはグッと来ました。

だって花火大会にカップルで来ている女の子は、(浴衣を自分では着れない為に)何日も前から美容院と着付けの予約をし、履きなれない下駄のせいで人魚姫のように足の痛い思いをしながら、ドキドキしてやってくるわけですよ。
で、相手の男の子がいつも着てるのと同じ服だったり浴衣をあまり褒めてくれなかったりすると、軽い失望を覚えながらも、それでも「今日は特別な日」という期待にワクワクしてるわけですよ。ところが大雨が降って中止になって、その男の子が「あーあ。最悪」なんて言ったらもう、胸が潰れるような、泣きたくなるような思いをするわけですよ。彼女が悪いわけじゃないのに・・・。
だからこんな時こそ、男性は女性に優しい言葉をかけてあげて欲しい。
「せっかくの浴衣なのに濡れちゃったね。寒くない?」
とか、
「せっかく浴衣を着てきてくれたのに。残念だったね」
それだけでもいい。ここで優しい気遣いを見せられたら、女の子的には嬉しいですよ~! まさに、ピンチをチャンスに変えて、という感じです。
逆にここで「オレらチョー運悪くね?」「混雑ひどくて苛々する」などの、否定的な言葉を口にされると、多分100年の恋も冷めてしまいます。
ガッカリしてるのは皆同じ。ここで、ピンチをチャンスに変えて愛を育みましょう、とはさすがDJポリス、粋な事を言うもんだと感心いたしました。

先月、会社帰りにスーパで買い物をしていて、冷しゃぶ用の薄切り肉のパックに貼ってあるシールに「ミョウガ、オクラ、シソ、しょうがのみじん切りとポン酢をかけて!」と書いてあったので美味しそうと思い、その通りに作ってみたところ激ウマで、その日以来2日に一度はミョウガを食べています(笑)
オクラとシソは家庭菜園の畑で収穫できるのでとても便利。来年はミョウガも植えるぞー!!

とにかく、冷しゃぶも冷や奴も蒸しナスも、ミョウガ+オクラのみじん切りとポン酢をかけるとみんな美味しくなる!(私は料理で気に入ったものがあると、しばらくそれを作りつづける傾向があります・・・主婦には向かない傾向ですが・笑)
夏休みの昼食の定番・そうめんの薬味ももちろんミョウガです。
今年はそうめんより冷やしウドンにハマッてます。稲庭うどんみたいな、やや細めの喉越しのいいやつが好き。それに、薬味を何種類も用意するとなかなかの満足感。ミョウガとオクラはもちろん、シソ、小ねぎ、それからひき割り納豆を入れると美味しいんですよー!
あ、そこの君。怖がらずに試してみたまえよ、マジでイケるから!

ミョウガは夏バテに効く野菜だそうですし、生理痛や生理不順を改善する効用もあると言われていますから、ことに女性には嬉しいですね。
あの香りだけでも食欲増進効果があるそうです。
でも、子供の頃はあの匂いが嫌でミョウガが嫌いだったけなあ・・・。
まあ、トマトもシイタケもセロリもナスも、みーんな嫌いだったんだけどねww

選挙から一夜明けて。
いろいろ思うことはあるのですが、それはさておき、今週のジャンプ。

まず、28pのジャンプLIVE(スマホアプリ)の広告ページ、「荒木飛呂彦パスタを作る」って何だよ!
「荒木飛呂彦が腕によりをかけて松井優征にパスタを振る舞う一部始終を動画で配信!!」って、それが売りになるのかよ!?(いや、正直見たい人はいっぱいいるだろうとは思いますが)
分からない! ジャンプの考えてることが分からないぜジョースターさぁん!!!

「銀河パトロール ジャコ」
連載第二回、快調です。
ってかもう、最終回はジャコの粋なはからいでオーモリが若き日の妻に会う、という予定調和的なラスト(それもまたヨシ)しか想像できず、着々とそこに向かって進行しているような・・・。
政府警察の固茹サン、背広のボタンを一つはずした着こなしといい、隙がありません。仕立ての良さそうなスーツに、反らした胸や肩の線、ああもうこんなシンプルな線でどうしてそこまで表現できるのか・・・。
固茹サン、眼鏡だし、申し分なくイケメンなのですが腐女子的には、馬鹿すぎてジャコのお相手には役不足、かな(笑)。攻めキャラ、特に鬼畜系には知性が必要不可欠なのですよ(笑)
今の所、カプ候補はタイムスリップして若返ったオーモリ爺さんが最有力(笑)


「食戟のソーマ」
先週はこの先、どう乗り切るつもりなのか、まったく分からなかったのですが、うーむ確かに!
目の前で手際よく調理されたら、目は惹きつけられるしお皿にも手が出てしまいますね。タコ焼き屋さんやクレープ屋さん、ケバブ屋さんやはたまた寿司職人などなど、熟練した料理の職人はお客を目でも楽しませてくれます。
残り時間が少ないからこそ、その手速さ、スピードさえもアピールする要素となる、というまさに起死回生の一手だったわけで・・・。
ただ、お菓子作りを多少たしなみ、卵白の泡立ての苦労を知っている自分としては、焼くのは何とかなっても泡立てはあの時間内には不可能なんじゃないかと・・・。

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
「おっと間違えた 常夏の楽園ベイベーさん♪」Sunshine Crazy
夢ちよったらもう~! どう勘違すれば、斉木がそんな言葉を口にすると思えるのですか。そもそも、斉木はまだ漫画の中で一度も声を出していませんよ?(笑)
てかもう夢ちよが可愛い&可哀想すぎ。もう夢ちよは俺の嫁でもいい。
でも、私が前々から密かにプッシュしていた、海藤×夢原、にフラグがバリバリ立って、嬉しいことこの上なしwww
「この野郎!! 夢原に謝れよ!!」
ってもう、それだけで必要十分にカッコいいですよ! 惚れてまうやろー!
夢ちよの場合、恋に落ちても醒めるのも早く、海藤もやがては見捨てられるのかとも思うのですが、タケルと違って海藤は残念ポイントがほとんど無いし。知れば知るほど、ホントいい奴だし。
もう、この漫画全体で海藤×夢原の恋をプッシュする、ラブコメ路線にしちゃっていいと思うww
ジャンプを読んでる男の子の読者が一番身近に感じるのって、海藤くんなんじゃないですかね?
海藤と夢ちよに幸せになって欲しいと思う読者は多いはず。

「恋するエジソン」
浴衣姿のスピカちゃんと秤ちゃんの表紙が、例によってめっちゃ可愛い!
秤ちゃんが出てきたおかげでこの漫画、美少女ハーレム的な楽しさも加味されて、すごくいい感じだと思いますww
源内先生の発明した、カップルの様子を教えてくれるロボットが可笑しい。源内先生って、ゲスさエロさが寸止めですごく好き(笑)
しかし、ラストの引きは何だろう・・・。
まさか、次週最終回とか言わないよね!?

「磯部磯兵衛物語 ~スマホがほしいよ~」
予期せずに 突然載ってる 磯部磯兵衛 (字余り)
ってかこれはスマホアプリ「ジャンプLIVE」の広告なんですかね?(笑)
磯兵衛のダメニートっぷりが相変わらずで可笑しい。
しかも「36号で再登場」って書いてあるし。
もはやすっかり、ジャンプの顔ですね(笑)

今週は、ハイ、新登場のセイレーンこと静音お姉さまの脚線美に全部もってかれましたねwww

先週から引き続き一人で悩んでいるハルトを自殺するのかと勘違いして声をかけて来る、元教師の熱血オヤジ、熊谷さん。真っ赤なジャケット姿で一瞬水木のアニキかと思いましたww
押しの強さというか喋りの勢いが凄くて、ハルトも珍しく白い歯を見せて笑っていましたね。山崎銀之丞さんという役者さんですが、ドーナツ屋での会話など、かなりアドリブ入ってたような感じ(笑)
ハルトこと白石くんも、素で笑っちゃってたような気配www

そこにやってきた脚線美お姉さん。
「綺麗なお姉さんは好きですか?」
「きらいなやつがいるのかよ」
↑これは西尾維新先生の零崎シリーズに出てくる名言(笑)ですが、まったくもってその通りですよね。
みんな大好き、綺麗なお姉さん。メドゥーサちゃんがゾロッと長い衣装なだけに、ストレートなお色気路線が新鮮です。
でもセイレーン、ファントムになったら美しくないな。メドゥーサちゃんの方が可愛いと思います(ガワにもこだわる女・イザク)
さっそくウィザードに変身するハルト。
最近、変身したあと振り向く時に、手で裾をざっと捌くような動きを見せるのがカッコイイ。

そのころコースケはユズルの両親に謝りに行こうとして、ばったり凜子と出会う。
コースケの気持ちもわかりますが、確かに凜子さんの言う通り、ここは警察が対応した方がご両親も安心でしょう。自称魔法使いの怪しげな男が「オレのせいで・・・」とかって頭下げに来ても、心配が増えるだけ。
「魔法使いって案外無力なんだな・・・」
と思わずつぶやくコースケに凜子さんは、
「仁藤くん、変わった」
と言ってフフッと笑う。

更にその後、綺麗なお姉さんが今度は面影堂で輪島サンを籠絡!
さっきと違う服ですね~サービスなんでしょうか~?
毎回ミニスカなのは変わらず。夏場で良かったですww
そのシーンを目撃してしまった瞬平の、驚愕する表情の顔芸(?)がまた凄かったですww

熊谷さんに、またも一人で悩みを抱え込んでいることをあっさり見抜かれるハルト。
「一人で抱え込んでるとそのうち自分の中の大事なものもみんな腐らしちまう」
うーん、これは名言です。確かに、悩むのもいいけど度がすぎると、心の他の部分まで腐ってきてしまうと思いました。
そして先生を連れて、形見の飛行機を買った男・山本の家を訪ねるハルト。さりげなくいい家だなあ。お金持ちかなあ。
そこにもすでにやってきていた綺麗なお姉さん!(笑)
青いワンピースもお似合いです。
そこからバトルにもつれ込むのですが、ハルト/白石くんが素顔のままでセイレーンと戦っていて、いきなり平手打ちされたのにはちょっとワロタww平手打ちされるのが似合う男っているんだねwww
更に、セイレーンが飛行機を破壊しようとしますが、間一髪、オモチャもといグリフォンによって難を逃れます。
そこに到着するコースケ。
「グリフォンちゃんに呼ばれて着てみれば、超ナイスタイミングだったな」
と、自慢げに言うのに対して
「お前じゃなくてグリフォンちゃんがな」
といかにも仲の良さげなコメントを返すハルト。嗚呼、仲良き事は美しき哉。

しかし、そうこうしている間にも、コヨミの具合はどんどん悪くなっていき、ついに手に赤い亀裂が・・・。コヨミを作った魔法が、切れかかっているのか?

44話という大詰め近い回なのに、話が実質進まず、ちょっともどかしい。
でも、先週立てた予想の路線で間違ってないような気がします。
あとは、ワイズマンを裏切りそうなソラがどのような動きを見せるのか・・・。
本当にもう、何回もないと思うと寂しいです。ハルトとコースケは普通の青年っぽさがとにかく好きでした。ナチュラルに仲良しな感じも好きだなあ。最終回の後の世界でも、さりげなく仲良しでいてくれたらいいなあ。

明日は選挙です


今回は私の上の娘も含め、期日前投票した人がいつになく周囲に多い気がします。明日も投票率は高いのでしょう。
勤務先の小父さん達の会話を聞いていると、アベノミクスで景気が動き出した、国会がねじれていては政治が進まない、と言う理由で自民党支持の人が多いみたいですが・・・。
TPPも原発も、あっさり前言をくつがえした自民を、私はもう信用できません。
ただ、前回の選挙以来、もしかしてこの国の選挙って以前から票を操作されていたのでは、という疑問をぬぐいさる事が出来ず、それだと今回も自民圧勝の結果になりそうです。なぜそう思うかというと、TVもラジオも、なんだかんだで「景気は上向いている。アベノミクスのおかげ」という印象を与えようとしているように感じられるからです。好景気感を出すために、株式市場に資金を投入して株価を上げる操作をしていると聞いてますが・・・?
池上彰さんも「女性セブン」の記事で、「アベノミクスの効果がまだよくわからない時は、小泉改革の時の事を考えてもらえばいい。あの時は結果的に、格差が広がった」という意味の発言をしています。これ、かなりギリギリの発言なのでは?
私も何となくですが、ここで自民が圧勝すると、アメリカのように、ますます格差の大きい社会になるのではと思っています。更に、アメリカのように国家による監視が強化されそうで怖いです。

あと、東京選挙区の犬丸勝子さんという方が政権放送で、昨年12/16の選挙は不正選挙だった、と発言していますがこれも凄い。他の人に票を入れるつもりだったのですが、この人にも票を入れたい。そして、この件を徹底究明してもらいたい。明日まで迷う事にしますww

私は口先だけで実行力が無いので、「不正選挙では?」と思いながらも何の活動もしていないのですが、せめて明日はボールペン持参で投票所に行こうと思っています。私がよく読むサイトでは、ボールペンまたは油性のマジックで書く、というものが多いです。投票所に備え付けの鉛筆だと、消されて書き換えられてしまうから、という事なのでしょうか? そんな面倒なこと、するの? マジで?(笑)
でも、ボールペンで書いた投票用紙が増えれば、開票作業をする人への「こっちだって、操作されないように用心してるんだよ」という無言のプレッシャーくらいにはなると思います。

ロシアの開票作業はすべて、監視カメラ付きで100%透明、という記事をしばらく前にネットのどこかで読んだのですが・・・。羨ましいなあ、って思ってよく考えたら、それって超・超当たり前のことじゃないですかー!!!
でも前回よりは明らかに、不正選挙への目が厳しくなっているので、少しずつでも変わっていってくれればいいなと思います。

盤上の夜 (創元日本SF叢書)盤上の夜 (創元日本SF叢書)
(2012/03/22)
宮内 悠介

商品詳細を見る

第一回創元SF短編賞で山田正紀賞を受賞短編をもとにした連作集。
SFらしいSFが読みたかったので読んでみました~!

表題作「盤上の夜」は、四肢を失った若い女性が、囲碁盤を感覚器とするようになり、狂気と紙一重の天才ぶりを発揮して囲碁の世界を短くも激しく駆け抜けていくさまが描かれています。とても面白かったです。
ただ、あんまりSFっぽくないんですよね・・・。「囲碁盤を感覚器とする」っていうアイデア、なつかしのサイバーパンクみたいで、私の印象で言うとギブスンの「冬のマーケット」とかティプトリィの「接続された女」とか、はたまた冲方丁の「マルドゥク・スクランブル」とかみたいな「何らかの欠損を抱えた少女が外部ハードウエアの助けを借りて最強となる」という一連のジャンルみたいな匂いがしたのですが。
正直、このアイデアが生かされていない、というか、別に囲碁盤が感覚器じゃなくても、四肢の欠損という大きなハンデを抱えた若き天才女流棋士、という設定だけで十分面白いし、無理にSF仕立てにしないほうがむしろ、棋士たちの鬼気迫る勝負への執念が際立って、普通に小説として面白いのでは、と思います。
「ヒカルの碁」という漫画がありましたが、棋士たちのプライドのぶつかり合いなどはこれにかなり近いです。SFというよりスポ根漫画に近い、熱血なものまで感じます。

表題作以外の短編も、チェッカー、麻雀、将棋などなど、対局ゲームに憑りつかれた人物たちの、神の領域あるいは狂気の世界に踏み込んでいくさまが描かれ、迫力満点でどれも面白かったです。特に「千年の虚空」では、隔離された家に暮らす三人姉弟の、爛れ切った愛憎渦巻く関係が描かれ、ちょっと舞城王太郎の「九十九十九」みたいな、文学青年がやりたがるような「ザ・純文学」の香りが素敵でした。
どの短編も、参考図書がとても多いのですが、作者が丁寧に資料を漁り、ゲーム対局の歴史をも詳しく語ってくれるおかげで、読み終わるといっぱしの通になった気分になれるのもお得な感じですww
囲碁や将棋の奥深さ(の片鱗)に触れるだけでもエキサイティングというか知的興奮を覚えます。
文章もキチッとしてて、特に囲碁や将棋などの専門用語が頻出するところなど非常にカッコいいです。
SFと思って読むとやや拍子抜けするのが、やはり一番の欠点ですかね・・・。

2020年のオリンピックがマドリッドに決まりそう、という記事をネットで読んだのですが・・・。
東京優位か? と思われていたのにそういう話が出てくるというのは要するに、東京が福島に近いから、ということらしいです。確かに外国から見れば東京も福島もほとんどご近所ですよね。
まあ、自分はオリンピックが東京に来るのは嫌だったので、マドリッドに決まればラッキー、という気持ちですが、そうなると前回も含め8年越しの、あの都知事の必死の誘致活動は何だったのか・・・。一体いくら都民の税金を使ったのか・・・。特に猪瀬都知事になってからは、「招致活動をしている」という印象しかありません(笑)
そもそも前回の時から、東京都民はオリンピックに乗り気じゃなかったのに。福岡(その時国内で候補にあがっていた)にやらせてあげればいいのに、と思っていたのに。

ロンドンオリンピック開会式での不可解な日本人選手団退場事件といい、最近の「レスリングを競技種目からはずす」問題といい、なんだか最近のオリンピックは理不尽な動きが多いというか、日本を目のかたきにしているようにも思います。そんな所に、頭下げてお願いしに行かなくたっていいじゃん? 
しつこいようですが、東京に決まって欲しい、という人は私の周りにはほとんどいませんよ?

ロンドンオリンピックのマスコットキャラが一つ目だったので、イルミナティの息がかかっているのでは、と、当時、良くネットで騒がれましたが、そういう事を考えてみたくなるほど、どうも最近、オリンピック委員会というのがなんだか変。組織というものは巨大な利権がからむと、どうしても不透明になってしまうから、という事なのでしょうか?
(「モンスターズ・インク」のマイクがやはり一つ目なので、あれもイルミナティ映画だ、とする説もよく目にするのですが・・・「ゲゲゲの鬼太郎」の目玉おやじにはどうして誰も言及しないんだろう?www)

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。