プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


現代SFの到達点にして、世界水準の傑作。
↑カバーの見返しにそう書いてあります。東京創元社、大きく出ましたねw

皆勤の徒 (創元日本SF叢書)皆勤の徒 (創元日本SF叢書)
(2013/08/29)
酉島 伝法

商品詳細を見る


第二回創元SF短編賞受賞作をもとにした、連作短編集。全体を通して読むと、大きな物語が見えてくる作りになっています。
創元SF短編賞といえば、第一回の受賞作がやはり傑作と誉れの高かった「盤上の敵」。二冊並べるとこの賞の水準の高さというか、異能を発掘する審査員の眼の確かさがよくわかります。

しっかし、この本は・・・。
「読む人を選ぶ」といえば聞こえはいいですが、「一握りの人にしかわからない」と言ったほうが正確では(笑)
とにかく、作者の言語感覚がキモい半端ない。
異形の進化を遂げた未来を、独自の言語感覚で描いたSFといえばまずオールディスの「地球の長い午後」や椎名誠の「アド・バード」(←大好き!!)が思い浮かぶのですが、この「皆勤の徒」はそれらの作品が普通の小説に思えてくるほど、作者が勝手に作った造語ばかりで文章がつづられていきます。フツーの人には分かんないって(笑)。
冒頭の「序章」をちょっと引用してみますと・・・

 銀河深淵に凝った膠着円盤の安定周期軌道上に、巨(おお)しく透曇(とうどん)な球體(きゅうたい)をなす千万(ちよろず)の胞人(ほうじん)が密集し、群都(ぐんと)をなしていた。その犇(ひし)めきのなか、直径一万株を超える瓢(ひさご)型の連結胞人、<禦>(ぎょ)と<闍>(じゃ)の威容があった。

・・・以下、ずっとこの調子で続きます(笑)。
知らない言葉で知らないものを描写しないで(涙目)。
しかし、慣れとは恐ろしいもので、こんな文章でもずっと読んでいると何となく意味が少しずつ分かってきて、何が起きているのかウッスラと見えてはきます。でも、巻末に乗っている大森望さんの親切なネタばれ解説を読んでみたところ、私はこの本の内容の1/10も把握していなかったことが判明(笑)
この解説を読んでから再読すると、多分かなり風通しが良くなりそうな気がするのですが、どうも文体と作品世界全体が粘着質というがドロドロというかグロいので、再読を躊躇してしまいます。

全体は大きく4つのパートに分かれています。
何となく途中から(これはもしかして円状塔の「Self-Reference ENGINE」みたいな話なのかな?)という気配はしてきます。ある意味、近いです。
ただ、円状塔の作品世界が澄みきったサイダーだとすると、この本はドロドロに煮詰めたとんこつスープなんだよなあ・・・(T.T)
何らかの事件か事故があって、遠未来、人類は異形の進化をとげたあげく、かつての人類としての記憶をかすかに宿したまま、多くの惑星にそれぞれに適応しながら暮らしているのだな、という所までは何となくわかります。
四つの短編は、そんな世界の中で懸命に暮らす四人の物語なのですが、意外とそこにユーモアが感じられるのが面白いところ。

表題作「皆勤の徒」は、主人公が劣悪な労働条件で休むこともできす働きつづける、ブラック企業に勤めるネットカフェ難民みたいな話。それでタイトルが「皆勤の徒」だから笑わせます。かくいう私も年休を取ったことがない、皆勤の徒ですが(T.T)

「洞(うつお)の街」はうってかわって、爽やか(と言ってもいいと思う)な学園もの青春物語。友人と夜の見張りの最中に「きっと僕には見つからないよ。ふさわしい相手なんて(中略)物理的に、なんというか、性交方法が異なるんだよ」などという悩みを友人から打ち明けられたり、血餅(けっぺい)屋さんでクラスの女の子(?)と待ち合わせしたり、と、用語が異様すぎるのを除けば、けっこうやってることは今時のラノベとそう変わらない気もします(笑)

「泥海(なずみ)の浮き城」は、またまた趣きを変えて、ハードボイルド探偵もの。昆虫っぽく進化した、ヤク中アル中の主人公が消えた死体の謎を追う、ミステリ仕立て。主人公がやたらタフだったり、女に弱かったり(雌の昆虫の排卵活動時のフェロモンにひっかかって、フラフラとついていってしまったりw)、探偵もののお約束を、こんな異形の世界の中でも展開してくれているのが楽しい。

「百々似(ももじ)隊商」
最後のこの中編でようやく、世界がこうなってしまったそもそもの始まりが語られますが、やはり造語が多くて正直何が何やら(笑)
最後に大森望さんの解説を読んでようやく「そういう事だったのかー!」と納得しました。これ、SFに慣れた人でも一度で理解するのは無理なんじゃないかな・・・。
それと並行して、砂漠の只中を旅する隊商として生きることを決意する少女の、ジュブナイル異世界ファンタジーものっぽいエピソードが語られます。

・・・と、いうわけで、最後まで読むと少しずつSFらしい骨組みが感じられてくるのですが、でも本としてのタイトルがやはり「皆勤の徒」であったりするあたりにそれとないユーモアを感じてしまいますw
どんなに異形の進化を遂げても、日本人ってつい働き過ぎちゃうのネ、というかw

感想を一言でいうと、個人的には文章がキモくて好きになれず、あまり評価できませんが、こういうみっしりねっとりした世界観が好きな人には堪えられないのでは、と思います。徐々に世界の裏側が見えてくる構造も、読んでいてスリリングです。
作者自身の手による細密な挿絵も、病的な雰囲気があってキモい作品に良く合っています。
カバーの表紙絵は、何と加藤直之。暗ったい色使いで作品の雰囲気を壊さず、なおかつSFっぽいワンダーがある。さすがでございます~!
スポンサーサイト

去年あたりから、いきなり大々的に一般人もやりだしたハロウィン仮装。
「日本人はシャイだからハロウィンの仮装の習慣は根付かないだろう」と言われていたのも何のその、駅前を平気でコスプレ姿で闊歩しておる。
「コスプレ」という言葉を一般に浸透させたのはオタクやコスプレイヤーの功績(罪?)だとは思うのですが、一般人がここまで良識と羞恥心を持たないものだとは思ってなかったよね。コミケのスタッフ達が、家から会場までコスプレ姿で来る事を禁じ、更衣室を用意しているのは、そこらの道や電車の中でコスプレ姿がどれだけ異様に映るかを知り尽くしているからでしょ。一般人から異様な目で見られて、ひいてはイベントに対しての社会的な圧力(あいつら変態の集まりじゃねえの?的な)すら懸念されるから、でしょ。
オタクもコスプレイヤーもそのへんの良識はこころえていて、コスプレはあくまで仲間内の遊び、と割り切ってTPOをわきまえて楽しんでいるのに・・・。

職場のラジオで、「渋谷の駅前にゾンビの群れがいます。本物のゾンビが来たらどうするんでしょうね」って言ってましたけど、ほんとに今のハロウィン仮装は何の規制もないので、例えばコミケで禁じられている銃剣類を持ち歩く人もでてくると思うのですよ。あと、ハロウィンだけに血まみれコス(今年の流行は「血まみれナース」なんだとか・・・。いいけどね、ただそれで外を出歩かないで欲しいだけ)率が高いと思うのですが、そんな姿で歩き回られたら事件やテロがあったかと思うでしょ。警備保安上も問題になりそう。

なんか、ここ数年のハロウィン仮装のハシャギっぷりは傍目から見て苛っとします。
パーティ会場の中でなら、いくらでもケバい仮装もグロい仮装もやりたい放題なんだけど、とにかく路上に出てくるのはマズイって。他人は、アンタ達の仮装を楽しんで見ているわけではなく、「痛い・・・」としか思ってないんだって。
あと何年か経つと、もう少し落ち着いてきて、例えば渋谷の道玄坂と秋葉原の中央通りと六本木ヒルズの前と、という風に、都内でも数か所の仮装のメッカみたいのが出来て、場所を限定してのお祭り騒ぎになっていくかもしれません。
若い頃は「ハロウィンの仮装、日本でも流行ればいいのに」って思ってましたけど、コレは私が思ってたのと違うよ。
ただし、子供が仮装するのはまったくOK。路上でも電車でも好きにしてください。

今、NHKで「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」でおなじみ、クラーク博士の番組をやっているのですが、冒頭に映った、北海道大学に残るクラーク博士の銅像がかっこいい。
imageskura.jpg
伸ばした指先の表情といい、風をはらむ裾といい、右足に体重を乗せた立ち姿といい、実に優雅かつ完成度が高く、ウィザードのフィギュアにも見まがうスタイリッシュさ。ジョジョ立ちレベルの隙のなさ。
造形師さん、いい仕事してますね~。

番組で今やってますが、クラーク先生すごい熱血教師だったんですね。
生徒が酒を飲んで喧嘩ばかりしているので、アメリカから持ってきた上等なワインを床に投げつけて割り、「私は今後一切酒を飲まない。だから君たちも酒をやめなさい」と言ったり、いきなり校則の冊子を破り捨てて「校則はただひとつ、『紳士であること』だ」と言ってみたり。札幌のシンボル、時計台もクラーク博士が建設を命じたものだとか。大河ドラマ「八重の桜」でおなじみ新島襄も、クラークの教え子なんだとか。しかも北海道の農業・畜産に今も多大な影響を残し続けるクラーク博士、わずか8ケ月しか北海道で教えていないんですね。どんだけ密度の濃い8ケ月なんだ。
うーむ、クラーク博士はやはり偉大だ・・・。北海道に行ったらぜひこのカッコいい銅像を見に行ってみたいです。

そして、カッコいい銅像といえばやはり、仙台の伊達正宗像。
63136_2.jpg
戦国BASARAなどの歴女ゲームの主役が伊達正宗なのも、この像がカッコいいからなんじゃないかと私は思っていますw 

あと銅像で思いつくのが高知のこの人。
01.jpg
日本の夜明けぜよ。

どれも見たことがないので、実物を見に行ってみたいです。っていうか旅行行きたい~!

愛子さまの未来


天皇家皇太子殿下のご息女であらせられまする愛子さま。
なんと成績がほとんどオール5で、偏差値が72の天才児であらせられるそうな。
うーむ・・・。学校側も、皇族に悪い成績は付けられないだろうし、オール5というのも少し下駄をはかせているのであれば、その成績をもとに偏差値を割り出しても無意味なのでは・・・という気がしないでもありません。
しかし、火の無い所に煙は立たず。やはりそれなりに成績は良いと思われます。内向的なタイプの聡明なお方でしたか・・・。

私、愛子さまほど生まれながらの運命に翻弄されちゃう人っていないんじゃないかと思うのですよね。
東宮の子として生まれながら、女の子であるがゆえに将来像すら定かには見えないし、このお立場では普通に結婚相手を探すことも難しそうだし。
でも、そんな聡明な女性であれば、思春期を迎えて自分の立場を熟慮なさって、なにか大胆な決断をなさるかもしれないです。私は基本的に女性の天皇には反対意見ですけれど、もし愛子さまが大人になって、それなりの覚悟とともに「私はこの国の天皇になりたいのです」とおっしゃるのであれば、即位していただいてかまわないと思います。ただその場合、ますます結婚相手を捜すのが難しくなりそうですが・・・。

あと、最近のお写真を見ると、すっきりと無駄のない面差しにおなりで、なかなかのアジアンビューティーに成長されられるような気もします。でも、あの一族はメイクやファッションに制約が多そうだから難しいかな・・・。

第48号ですかあ・・・。
今年ももうすぐ終わるで候。

「食戟のソーマ」
ドジっ子眼鏡(オバサン)の汐見ちゃんと地黒ロンゲの葉山くん、なんかいいNL(ノーマル・ラブ。BLの反対語)が書けそうな楽しい関係で候。

「磯部磯兵衛物語」
絶好調にて御座候。
88p、団子屋の看板娘に対し[さあ 後は お前次第で候!]「お前も がんばれ・・・っと」って言いだすのが怖いで候。ストーカーとか、喪男と言われちゃうような本気でキモいオタとかの頭の中って、こうなってたのか・・・。勉強になったで候。
444p、「夏草や・・・ 兵どもが 夢の あどあ!!! 無念!!」
にも笑ったで候。
446pの、「先生 こいつ・・・!!!」「本性あらわしやがったな!!」このセリフもどこかすっとぼけてて可笑しいで候。
450p[外出ようかな][でも外出たら敗けな気がする]・・・マジでグダグダのクズ野郎で御座候(大笑)

「隣の席の珍子ちゃん」
そんな磯兵衛に比べて・・・いや、比べるものじゃないのは分かってるんだけど、何ていうかこの漫画、品格がない。
たたみかけてくるクダラナイ(褒め言葉)ギャグもテンポ良くて、私好みの小学生男子の好きそうな内容なんだけど、なんかこう・・・綺麗さがない? いや、絵柄じゃなくて。
うまく言えませんが、「ピューと吹くジャガー」にも「ボボボーボ・ボーボボ」にもパッキーにもスピカちゃんにも、どこかすがすがしい光が差しているような気がするのですがこの漫画にはそういう部分がない、そんな印象です。
っていうか単に、女の子を笑いの対象にしてるのが苦手なのかもしれない。女お笑い芸人も、椿鬼奴と友近以外はあまり好きでないし、女性の喜劇役者を見てもあまり笑えないんですよね・・・。男女差別ならぬ男女区別主義者だもんで。
馬鹿な男が馬鹿な事をして笑いを取るのを、「ほんっと男ってバカよねえ」って言いながらゲラゲラ笑って暮らしていきたい。(その点でもやはり磯兵衛はど真ん中ストライクで候)

「SOUL CATSHER(S)」
ブラバン漫画なのに熱血スポ根みたいに熱いで候!
伊調のじーちゃんの褒め方が怖い~! そして伊調(孫)が可哀想・・・あれは落ち込むよ・・・。
でも、落ち込んだだけじゃなくて暗黒面に行っちゃいましたね(笑)
ブラバン漫画で黒キャラって、どういう言動に出るのだろうか。お手並み拝見で御座候。
中学時代ブラスバンド部だった下の娘によると「エル・クンバンチェロ」は絶対盛り上がるし各パートに見せ場があるので、ブラバン部員がみんな大好きな曲らしいで候。

「恋のキューピッド 焼野原塵」
なんかイケメンライバルみたいのが出てきて、「メルヘン王子グリム」や「烈!! 伊達先パイ」を思い出しちゃったで候www

そして次週、なんと「遊戯王」の高橋先生が読み切りでご登場~!
「遊戯王」大好きなんで、楽しみです!
その次の週は、村田先生×ONE先生の「ワンパンマン」の出張読切りだそうで、これも楽しみでなりません。
(昨日スパークで「ワンパンマン」の薄い本を買っちゃった事はナイショです!)

東京ビッグサイトのオールジャンル同人誌即売イベント、スパークに行ってまいりました~!
今回はこの時期のイベントとしては大規模で(東と西、全部のホールを使っていたし、友人もギリギリに参加申込みをしようとしたら、満席で受付終了してしまっていたとの事)、会場全体すごい熱気でした。
まず、パンフレットをさらさらっと見ると、「進撃の〇人」が大きくスペースを占有しているのはまあ分かるとして、「弱ペダ」と書いてあるジャンルが大人気。うーむ、これ、本屋さんで最近よく平積みになってる「弱虫〇ダル」という漫画のことかなあ。自転車ものらしいけど。俄然、気になってきましたよ?
・・・という具合に、このパンフを見ているだけで最近のfu女子界の動向が分かるのも楽しいのです。

さて、今回はプチオンリーが充実してて良かったです。
特に驚愕したのが、「カメラマンとランプマン」でプチオンリーやってたこと。そう、あの、東宝シネマズの映画館に行くと上映前に登場する、あの細身の黒いスーツに白手袋の盗撮カメラマンですよ(笑)
赤いランプの男に後ろから羽交い絞めにされてもがく姿が、確かに萌えなんですけど・・・もうやだこの国・・・と言いながら、薄い本を3冊も買ってしまう自分。
あと、「秋の清盛祭り」(大河ドラマ『平清盛』のこと)も充実してましたねw
その他、サブマスとかボーボボとか、目移りするラインナップでしたがとりあえず今回のお目当てはウィザード関係だったのでその辺でいろいろ買い物しましたww大漁大漁ホクホク

久々にイベントで散財をし、更にfu女子友達と新橋で飲み会。新橋はイベント後の打ち上げのfu女子グループが多くて、隣の席から「フルーツが何たら・・・」という会話が聞こえてきて(ああ、ガイムの話してるなあ)なんて思っちゃったりなんかするのがまた楽しい。
飲み会のメンバーはだいたい決まっていて、もう10年以上の付き合いですが、みんな年をとらないというかfu女子マインドって衰えないものですね(笑)
いつも面白い話題や目新しい話題を提供してくれて、それにけっこう家庭内のお悩みまで聞いてくれるメンバーの皆さんには感謝しています。自分は、あまり友達を作るのが上手くない(というか、基本的に「一人でいるのが好き」とか言っちゃうタイプなんで)ので、こうやっていつ会ってもスッと中に入っていける友人がいるというのは本当にありがたく、それだけでもオタクとか腐女子とかやってて良かったな、と思っています。割とマジで。

見逃してもさほど残念とも思わず「ま、いっか」とアッサリ思ってしまうあたりに、現時点でのガイムへの愛のなさが如実に現れてるわけでして・・・。
っていうかフォーゼやウィザードの時は、完全に一週間が日曜朝を中心に回ってたから、寝坊とかありえなかったんですけどね(笑)

今日はスパーク(東京ビッグサイトでの大規模な同人イベント)に行って、その後fu女子友達と飲み会をやってきたのですが、そこで会った友人たちも口ぐちに「ガイム乗れないよねー」と言っていました。

ウィザードの薄い本を求めて特撮コーナーに行くと、何年か前に同ジャンルでお話しさせていただいたことのある、某大手さんが、忙しくなさそうにしていたので声をかけさせてもらい、ガイムの話になりました。
「ガイムのおかげで子供たちがオレンジジュース大好きになってるらしいよ。でも、原作者の虚淵玄さんは、『最終話まで見るときっと、オレンジジュースが飲めなくなりますよ(笑)』って言ってるんだって」
という、興味深い話を聞かせてもらいました。
いやー、どんなに暗いラストになるんでしょうね(笑)巨大ジューサーで体液を搾り取られるくらいの光景は、簡単に想像できちゃうんですけどw

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE