プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう何十年も前ですが、バリントン・ベイリーという人の書いた「時間衝突」というSFを読みました。
時間衝突 (創元推理文庫)時間衝突 (創元推理文庫)
(1989/12)
バリントン・J・ベイリー

商品詳細を見る

奇想ワイドスクリーンバロック作家・ベイリーの代表作ともいえる作品で評価も高い本ですが、すみませんストーリーは忘れてしまいました(T.T)
ただ、この作品に出てくる、未来の中国人が作った砂時計型の人工天体が忘れがたいのです。
惑星ほどの大きさのある、砂時計型の天体。上層部には貴族階級が暮らし、下層部には労働者階級が暮らしている。労働者はどんなに働いても金持ちにはなれず、貴族の贅沢な生活を一生支え続けなければいけない。逆に貴族は、一生の間何の心配もなく、遊んで暮らせる。

なんと酷い搾取構造かとお思いでしょうが、ここからが凄いところ。
この砂時計型の星では階級が世代交代する、つまり、労働者の子供は自動的に上層部に登って貴族となり、貴族の子供は自動的に下層部に降りて労働者となって、それぞれの一生を送るのです。さらにその子供たちはまた、逆の階層へと送られてそこで一生を終える運命・・・。
貴族で遊びほうけていても、自分の子供には過酷な人生が待っているのが分かっている。かたや、毎日報われぬ思いで働き続けても、子供は豊かな人生を送れることが分かっている。

・・・どっちの人生が幸せだと思いますか?
初めて読んだ時も、「うーん・・・貴族がいいけど子供が落ちぶれるっていうか奴隷みたいになるのは嫌だし。自分が働いても子供に贅沢させてやれるならそれでもいいかな。とはいえ貯金もできないのはやっぱ嫌だし・・・」と悩みました。20年以上たちますが、いまだに人生の局面で、この砂時計型の星のことを思い出します。
結局、幸せって何だろう、という事なんですよね。自分だけ満ち足りていても幸せは感じ取れない。家族や周囲の人間が不幸であったならもう、自分も幸せになれない。やはり親になってみると、子供には幸せな人生を歩んでもらいたいものだし・・・。
かと言って自分本人が、前途に夢も希望もなく働き続けて、そこに果たして幸せを見いだせるのか。

ベイリーのSFは別に深い内容や社会批判的な観点を含んでいるわけではなく、この砂時計天体も、ただ単純にSF的アイデアが次々と繰り出される中のひとつにすぎないのですが、「幸せって何だろう」と考える時に必ず思い出す一冊です。
スポンサーサイト

SFが読みたい! 2014年版SFが読みたい! 2014年版
(2014/02/07)
SFマガジン編集部

商品詳細を見る

えーとそのー、本屋に行ったら「SFが読みたい! 2014年度という本があったので、手にとって覗いてみたのですよ。
そしたら、国内編の一位が酉島伝法の『皆勤の徒』、海外編の一位がクリストファー・プリーストの『夢幻諸島から』でした。
これ、両方とも面白そうだと思って去年読んでたんですけど、話について行けなくて「頭悪くてスミマセンねえ」的な、どっちも低い評価でこのブログで記事書いてたんですよね・・・
(「皆勤の徒」感想はこちら)
(「夢幻諸島から」感想はこちら)
どっちも、一度読んだだけじゃ分からないような作りになっていて、多分再読三読すれば面白さが十分に味わえるんだろうけどそれも面倒くさくて、両方とも装丁だけ褒めているんですけどそれが一位とは。
普段「SFが好き」「読書が趣味」と言っている自分にとって、けっこう地味に応える順位でしたねコレ・・・。もう「SFが好き」と言うのもやめようかと思うくらい(T.T)
一般的なSFファンの人たちって、やっぱ知的なんだなあ、と圏外からしみじみと眺めやってみたり・・・。

あ、でもね、この記事を書くために2013年の「SFが読みたい」を見たら、国内一位が円状塔の『屍者の帝国』だったんで一気に元気が戻ってきたんですけどねw 
ヤーハー! 円状塔はやはりSFの王道なんですね! 早く新刊出してください!
ちなみに2013年の海外一位はミエヴェルの『都市と都市』、二位がバチガルビの『第六ポンプ』。このへんなら私でも面白いと思ったので、安心、安心。あ、でも6位がソローキンの『青い脂』だ・・・。私コレ、100pくらいまで頑張って読んだんだけどどうしても付いて行けず挫折したんだっけ・・・\(^o^)/

(2013年版と2014年版にランクインされていた作品で、このブログで取り上げていた本が他にもいくつかありましたのでご参考までにリンクを貼っておきます。年度と順位は確認できないものもあるので順不同とします)
「カラマーゾフの妹」
「ジーン・マッパー」
「聖痕」
「盤上の敵」
「第四の館」
「ホーンズ 角」
「道化師の蝶」

「ステルス交境曲」
あらためてこう書くと、意味不明なタイトルだな・・・。
リボーンの天野先生が作画の新連載。
凝った設定、予想外の展開、練りに練った原作ですね。意外性があって楽しめました・・・でも、なんか面白くない。
ありきたりのパターンの裏を狙ってもそれはネガでしかなく、ありきたりである事に変わりはない、とでもいいましょうか・・・。
しょっちゅう考えることなんだけど、漫画の面白さって何なんだろう。奇抜な設定は必ずしも必要じゃない、とは思う。「デスノート」なんて基本アイデアは「殺したい人の名前を書くと本当にその人が死ぬノートがあればいいのに」という、小学生がよく考えるアイデアですもんね。
「弱虫ペダル」みたいに単純な話でも、キャラクターが強いと面白いしねー。
まあ、そんなわけでこの新連載もちょっとどうかな? って感じです。
主人公とかお面とか、外見に魅力を感じられないのも残念。

「暗殺教室」
巨大プリンとはまた、楽しい暗殺アイデア。得意のお菓子作りで才能を発揮するE組女子の、いつもと同じく「いい話」ですが、151p下のコマで呆れている烏間先生と165p下のコマで悔しがってる竹林君がかっこいいので満足w

「食戟のソーマ」
214pのタイトルページに描かれたオムライスが、何か別のものに見えてしまったのってワタシだけかな? ねえワタシだけかなっ!? 
別の・・・そう、アワビとかねっ! ゲフンゲフン
んでもって、216~217pのソーマに殴られる審査員たちのコマの迫力にワロタ~! しかし何でしょうねこの絵の上手さ。並みのボクシング漫画より迫力があるよww
次のページで、にくみちゃんが「しゃあっ」って言ってるのも可愛い。この子はほんとにソーマ君のことが好きなのね。

なんか最近、ジャンプちょっと下降線気味かも・・・目が留まるマンガが少なくなって来ている・・・。
とりあえずギャグ枠を充実させて欲しいです。「ボボボーボ・ボーボボ」や「太臓もて王サーガ」くらいの大玉を投入してほしー!!
そもそも私が20年ほど前にジャンプを毎週買い始めたのも、「とっても! ラッキーマン」の指レンジャー戦の続きが読みたかったからなんだー!(勝利兄さん大好きww)
コチトラ中学生時代に「ブラックジャック」が読みたくて毎週少年チャンピオン買って、毎週「がきデカ」と「マカロニほうれん荘」と「熱血! 花沢高校」と「らんぽう」と「ふたりと五人」読んでた筋金入りでぇい!
ギャグ漫画なめんなー!!!

フィギュアスケートエキシビション、皆様もう見ましたか?
私は録画で、日本選手のところ中心に見たんですけどすごい楽しかった。エキシビションはいいですねみんな笑顔で。

町田くんのメガネ男子&エアギターは凄かったwww 
オリンピックが始まる前はこの人、インタビューの言葉が中二哲学少年みたいでちょっと「どうなの・・・?」って思ってたんですけど、素顔の映像など見るにつけ、どんどん好きになってしまったわw 
高橋大輔の踊りもチョーカッコイイ! 
この人の過剰なセクシーさが、やはり今まで好きになれなかったんですが今日の滑りを見たらやっぱり素敵すぎてあわあわしてしまいましたよ! 特に、氷上に倒れ伏すところとそこから糸に引かれるようにして起き上がるところ、ラストのジョジョっぽい立ちポーズ。男の色気にあふれていました。

さて、そんな目でみていくと羽生くんって、色気はあるんだけど男性的じゃないし、かといって女っぽいわけでもない。
真央ちゃんも同じ。あんな、身体の線が出る肌色のドレス、しかも両肩は素肌のコスチュームを着ていながら、女のお色気が全然ない。かといって男の子っぽいわけでも、子供っぽいわけでもない。真央ちゃん独特の色気としか言いようがない。
二人とも、中性的な、日常のエロスと違う次元のエロスを持っているとしかいいようがない・・・

そこで仏像が出てくるわけです(笑)
百済観音という、ヒョロリと長身の仏像が私は大好きで、真央ちゃんはそれに良く似ていると思うのですが・・・。
百済
↑この、しなる青竹のような美しい身体のライン・・・。
でもって顔は、中宮寺の弥勒菩薩に似ている。
中宮寺~1
↑穏やかな微笑み、まさにスマイルw
エキシビションの衣装は肌色に近い色で、しかも胸元にドレープが入っていたからますます仏像っぽかったですww
百済観音も弥勒菩薩も菩薩様だから、真央ちゃんは菩薩系ってことでw

さて、では羽生クンはどんな仏像なのかというと・・・
アシュラ
♪Oh~阿修羅~ Oh~阿修羅~ 何を思う~♪(by高見沢俊彦作詞の仏像ソング「愛の偶像」より)

ズバリ、これっきゃないでしょう!
細長い手足、思いつめた表情、緊迫の中に垣間見える少年の素顔。戦いつづける運命の修羅の道をいく悲壮感は、案外羽生クンに似合っている気がします。彼のモチベーションの底には、東北大震災からの再生、という悲願があるわけだし。
なんかこう、彼は華やかに軽やかに舞うけれども、芯には清冽なサムライ気質みたいなものを感じます。

いやー、すっかりこの数日、フィギュア漬けでついつい仏像まで出してしまいましたわww
それにしても、エキシビションの最後、男女ペアになって踊る場面の高橋大輔と浅田真央のカップルは可愛かったですね!! 普段から仲良しという話も聞くし、もうそのまま一緒になっちゃえよ! 
繊細そうでいて芯の強い真央ちゃんと、気配りと包容力のある高橋大輔、お似合いのカップルだと思います。もう全力応援ですよ!? 
そして、リプニツカヤちゃんが、大好きと公言している羽生クンと笑顔でペアで踊っている映像。ハハハ、シンジ君とアスカにしか見えないが微笑ましい。

それと、エキシビションで「イマジン」を踊ったキムヨナ。
♪想像してみよう、国なんてないと・・・♪
どんな気持ちで滑っていたのか。
最後の演出でも一人にさせられて(っていうか避けられて)いたのはちょっと気の毒ではありました。
でも同情はしないけどね! 


今の所、快調なペースで飛ばしていますね!
列車の上の決闘、よくハリウッド映画などで見るやつだけど、もっと派手にもっとなんでもアリでやってくれちゃうとことか楽しい楽しい。ロボット同士の対決も、敵が卑怯なだまし撃ちをするのを間一髪の機転で避けるところとか、昔の罪のない西部劇みたいですごく良かったです。
ピンクの子は、「私は強い」って自己暗示かけるときはもしかして毎週コスプレするの?(笑)
社内販売の女の子ロボット(?)も可愛いです。
エンデイングは毎回「え~っ!?」で次回に引いて行くんでしょうかね? それも面白い演出です。

あと好きなのが、巨大ロボットに乗り込むときスイカみたいなカードで改札を抜けるところ。これ、ぜったいオモチャのカードでJRの改札を抜けようとする子供が続出だと思われ(笑)
JRも遊び心を出して、トッキュウジャーデザインの子供用スイカを限定販売してくれないかしら。「白線の内側まで下がってお待ちください」とか、乗車ルールを教えてくれる教育的番組なんだしね。それにエンディングでは全国の路線を紹介もしているのが、子供心及び鉄オタ心をくすぐってくれますよね。これ、全国から紹介して欲しい列車の画像を募集してますが、ローカル私鉄なども次々出て来たら楽しいだろうなあ。とりあえず、今日の放送を見て九州の「ななつぼし」には是非乗りたいと思いました。

ただ、今の所電車カラーは電王、人々を絶望させる攻撃の仕方はウィザードに近くてイマイチ新鮮さがないです。こっから先、どう個性を出していくのか。あと、小林靖子さんっぽいダークな裏面が早くも見えてきているのも気になる・・・もう実はみんな死んでてデータだけ残ってるとかのサイバーパンク系に行かないといいけどなあ・・・。

役者さんはブルーは好きですが(変身決めポーズが90度のお辞儀というのも可笑しい)、レッドがどうも優男すぎてどうなんだろ・・・っていうか、最近のレッドはみんなジャニーズ系すぎる気がする。まあ、見ているうちに好きになってくるのかな・・・。

真央ちゃんのフリーの演技が素晴らしすぎて、心が浄化されてしまったイザクです。
メダルがとか順位がとか、そういうものに関係なく、ただもうおめでとうと言いたいです。
そりゃ本人にしてみたら悔しいだろうけど、でも、
「勝負に負けて運命に勝った」というか、
「審査員に嫌われて世界に愛された」というか、
「他人に負けて自分に勝った」というか、とにかく、オリンピックの舞台でメダルの色さえ褪せて見えるほどの、次元の違う滑りを、強さを、美しさを見せてくれたことがありがたい。日本人として誇らしい。
男子の羽生くんのSPといい、今回の真央ちゃんのフリーといい、世界中に「下手すると、一番美しいのは日本人なんじゃないか?」という疑問を植え付けたのでは(笑)

あれだけの技術的にも美的にも完成度の高い演技に対して、点数が低すぎるのでは、といったような疑問すらもうどうでもいい(何しろ浄化されまくって白イザクになっているのでw ぶっちゃけ金と銀は点数が盛られ過ぎだと思う)。
そんな、国同士の威信をかけた争いから別の次元での滑りでしたね。SPで失敗して、メダルを意識しなくなったからこそできた滑り、という気もします。世俗の欲を捨ててこそ到達しえた高み、というか。

昨日の記事で、運の悪い人だと思う、と書きましたけどそんな事はなかった。というか、メダル争いという次元で言うとやはり運の悪い人なんだけど、最高の舞台で最高の演技ができて、世界中から賞賛の声をもらう、という、競技者としての栄光を手にすることができた。競技者として最後までこだわり、挑戦しつづけたトリプルアクセルを、見事に決めることができた。
フィギュアの神様がいるのならば、今回は真央ちゃんに微笑んでくれたように思います。
(メダル争いを回避したおかげで、〇国に妨害や粘着されることなく伸び伸び滑れたのもラッキーだったよね、・・・って、全然浄化されてないや。 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ )

それにしてもこのフリーの構成は何度見ても鬼だなあ・・・。息つく間もなくジャンプジャンプジャンプ、後半に入って気が狂ったように踊り始めるステップシークエンス。最初見た時は鳥肌が立ちました。完璧な形で世界の人に見てもらうことができて、全然関係のない私までがなぜか大満足(笑)。

ソチオリンピックSP16位の浅田真央ちゃん。
彼女に対する〇国の悪意はこの際、脇に置いておいて、もう今となってはフリーで自分に納得の行く演技をして、笑顔で終わってもらいたい。ただそれだけ。
「真央ちゃん可哀想」という人が多いけれど、本当に色々なものに翻弄されたスケーターとしての半生だったと思います。でも、調子の良い時の彼女の滑りは本当に、風にそよぐ梢のように、人間の力の及ばない所にしか生まれない美しさだったと思う。美しさを求めすぎてむしろ、単純な滑る事の楽しさを忘れていったようにも見え、悲しいです。
あと、4年に一度のオリンピック、年齢的に最盛期と重ならなかった感じもするし、何しろキムヨナと同い年というのが不運でしたね。残念ながら、運は持っていない人のようです。
でもそれだけに、本当に、最後は満足して笑ってもらいたい・・・(T.T)

SP、主要な人達を見た限りでは、ロシアのソトニコワが一番良かったです。生き生きハツラツとしていて勢いがあって。噂のリプニツカヤちゃんも、スピンとかすげー!
キムヨナはねえ・・・確かにミスなく堂々と滑ってるんだけど、面白みがないっていうか「スゲー!」って感じを受けないんです。少年ジャンプで10年以上続いてるマンガみたいだよ(笑)。
でも、トリノで金メダルを取った荒川静香さんも、難しい技は入れず、無理をしないで、堂々とノーミスで滑って金メダルだからねえ・・・。女子はそういう傾向なのかねえ・・・。(正直、キムヨナを見ていたら荒川静香さんの事が少し嫌いになってきてしまいました)
難しい技に挑戦する人が評価されない競技なら、もういっそエキシビションだけやってりゃいいんじゃないかとすら・・・。

しかし、こうやって運と実力と、あと何か良く分からないものを全部味方に付けた者、ただ一人だけが手にすることのできる金メダル、だからこそ価値があるのだし、だからこそフィギュアはオリンピックの華なんでしょうねえ。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。