プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


セウォル号沈没事故関係の記事ばっかり探して読んでいる日々なのですが、「親日国タイの反応」というサイトで、
「いや、何も言わないよ。文句言う人が出るからね」
という言い回しが大流行しているのを見て思わず笑ってしまいましたww
予言する、この言葉は日本でも流行ると!
韓国および韓流ファンに何か突っ込みたくても、あとあとネチネチ文句を言われるのが嫌なので黙っていよう、というような意味なのですが・・・
正しい用法と意味は「いや、何も言わないよ タイの反応」で検索してみてね~w コメント欄まで読んでね~ww 
流行るよコレは~ww
タイ人の知性とユーモアを尊敬しますww

連日新しい情報がプラスされている韓国セウォル号沈没事故。

私がこのニュースの第一報を会社のラジオで聞いた時は、
「100名程が救助され残り200名程も救助を待っている」
という報道でした。それが数時間のうちに、救助された人数が数え間違いだった、まだほとんどはフェリーから脱出できていない、というニュースに変わり、せめてその時点で速やかに救出作業が行われていたなら、かなりの人数が助かったと思われるのですが、とにかく政府も海洋警察も無能としか言いようがなく、いたずらに犠牲者を増やしてしまったのは皆さんご存知の通り。

しかも、途中で発表されるニュースが嘘ばかり。
政府発表で「368人を救出」というのも嘘、「ダイバー500人、航空機29機、船舶171隻を投入して捜索中」という発表も嘘、「ダイバーが船内に入った」も嘘、「酸素を船内に注入開始」も嘘・・・。
日本からの支援の申し出を断ったあげく、そのことを報道していなかったという話もありました。そこで韓国のネットが「日本は冷たい」と炎上したり。
その後も遺族への詐欺が横行したり、現場に届いた救援物資(そもそも地震や台風で無いのに救援物資が届くのが可笑しいのですが)を盗む奴が大勢出てきたり、現場で遺族のふりをしてマイクを持って大声で叫んでいた人が実は政治家(事故現場で遺族の声を代弁するパフォーマンス? ようわからん)だったり、遺族たちのまわりが日に日に大混乱。

そして肝心の救出作業のほうは一向に進まず。
大型クレーンで沈んだ船を釣り上げるというのですが、どこから手を付けて良いのか分からずに右往左往しているようにしか見えません。そういえば韓国の船って、よく日本近海でも沈没してるけど、クレーンで釣り上げたりしてる事って無いし、そのまま沈みっぱなしでやがて魚の棲みかになっていくのでしょうか。

政府、警察、マスコミ、遺族、誰もが大騒ぎしていて誰かを悪者にしようとしているばかりで、とにかく真っ先にすべきこと、つまり不明者(もう御遺体になってしまったのだと思うけれど)の捜索、を、どうすれば、効率的に出来るのか、を考えている気配がない。
何かもう、最初はただのフェリー転覆事故だったのに、あれよあれよという間に、韓国という国の脆弱さ、杜撰さ、行動力・決断力の無さ、そして国民の無責任さ、などなどを国際社会に広く晒す事件となってしまいました。
(日本を含め諸外国がこのニュースに注目するのは、「もし自国だったらこんな大惨事にはならなかったのに」「自国の海難救助隊だったらもっと救助できたのに」という気持ちが強いから、イライラするんだと思います)
私もここ1年以上、ネットでも本でも嫌韓ものをだいぶ読んで来ましたが、それでも今回の事故の酷さには呆れるというか驚くというか・・・。

諸外国も今回の事故には呆れていると思いますが、韓国人自身も自国の無能さに愛想が尽きる思いなのでは・・・。
インドネシアの製鉄所の爆発のニュースもありますし、サムソン敗訴など経済面でも悪いニュースばかりですし、今まで表面的に何とか先進国のふりをしてきた、無理をしてきたツケが表に出てきてしまったのかもしれません。
何というか、嫌韓の人なら分かると思うんだけど、あの国って都合が悪くなると大声で他人の悪口を言ってごまかすような所があるじゃないですかー。
今まで、そうやって自分の責任をとらずに逃げ回ってきたツケが、とうとう出始めたのかと。今回の事故は、その始まりに過ぎないんじゃないかと・・・。
戦争でもないのに一つの国が滅びる時って、こうやって国民も経済も政治も、一緒にグズグズになって崩れていくのかと・・・。

そんなことを考えると、不謹慎ながらちょっと面白いなと感じてしまいます。
でも日本は地理的に近いので、巻き込まれないよう注意しないといけないですけどね。

「暗殺教室」
<エロと殺しとモノ作り>
「復帰させてくる」-高機動復元士-
って、ただ転んだ戦車を直してくるだけじゃんw
いやーしかし、一つの目標に向かってモノ作りをするときの男子集団というのは、こんなにもイキイキするものなのか。この年になって、また一つ勉強しました。楽しそうで実にいいです。
やっぱり生まれ変わったら男の子になって料理担当でいいから参加したい。

「あばれ猿」
新人さんの読み切りですが、一言で言って「場違い」かな・・・
何ていうか、今のジャンプの読者では受け付けないのでは。
マガジンとかチャンピオンに行った方がいいのでは。
今のジャンプって、「斉木楠雄のΨ難」の海藤みたいな厨坊が主流読者だと思うのよ。イメージだけど。
こういうガチ格闘モノってどうかと思うのよ。しかも、鳩を惨殺(?)したり前歯を全部取ったり、割とやることエグいし、ハードトレーニングしただけで根拠もなくやたら強くなってるしね?
格闘モノ自体が悪いって言っているのではないです、念のため。

「斉木楠雄のΨ難」
寺生まれのTとチワワ、そんなに面識なかったっけ?
もうすでに仲良しなイメージだったのは薄い本の読み過ぎでしょうか(T.T)
海藤キュンと夢ちよのカプは、以前から「応援します!」的な事を言っていたけど、まさか公式にこんなラブコメ展開来るとは思わなんだ。しかも斉木がそれを後押しとはww 
いい傾向だと思いますよーw 
そしてアリスちゃん、前髪があるとめっちゃ可愛いですねw 
鳥束が相手では可哀想だがww

今週からはじまったエンディング画面がとても良いですね~!
軽やかでポップで。OPよりむしろ好きかもしれない。
あと、5部の連中がやってるウルジャンのCMが5月号バージョンに変わっていましたww あいつら、毎号ずっとあの調子で冷や汗ダラダラかき続けるつもりなのか?(大笑)

アブドゥルが、おかしな気配を感じて屋敷の中を歩いていくと台所で倒れたホリイを見つけてしまうあのゴゴゴゴ・・・という独特のサスペンス感、いかにも荒木先生というかいかにもジョジョっぽい。
次週はいよいよ3部のお笑い担当(ですよね?)、ポルナレフのご登場ですねワクワク
3部ってだんだんギャグっぽくなってく感じが好きなんですが、ポルナレフは特にトイレネタが多いよねw

毎週、このアニメをとても楽しみにしてはいるんですが、どうも1部2部に比べると感動が薄い・・・
何となく、「守りに入っている」という気がするんです。冒険してないというか大人しいというか。
3部は特に人気が高いので、ファンの期待を壊したくないから慎重になっているんだろうけど。
旅にでてかたは、もっとハジけて欲しいなあと思います。とりあえず花京院(様)のレロレロで大ハジケを見せてくれ!

【韓国船セウォル号沈没事故】
・もともと日本から買った中古の船舶に、客室を跡から増築してバランスが悪くなっていた。
・16日当日、濃霧のため出港時間が2時間遅れたため、ショートカットをして航路をはずれた場所を航行していた。
・船を運航していたのは入社4か月目の新人女性。漁船と競争していたという説も・・・。
・急激な進路変更をして、固定されていなかった積荷が船の片側に寄りバランスを崩した。(ドーンという音がしたのはこの時積荷が戦体に穴をあけたため?)
・浸水しはじめたがしばらくそのまま航行。
・船が傾き始めたが船員は乗客に「そのまま船室から動かないように」と船内放送。自分たちだけ救助される。
・救助された船長が病室で濡れた紙幣を乾かしていて、しかもそれを他の船員と取り合っていたことがバレて大炎上。
・救命ボートを使おうとした形跡がない。
・最初、ほぼ全員が無事に救助された(される)と報道されていたが、数時間後、まだ300人近くが行方不明という話になった。
・日本をはじめ、各国の海難救助隊が救援を申し出たが(おそらくは韓国のメンツのため)、政府が断った。
・韓国のマスコミがこの件を記事にしたが、日本からの救助の申し出の事をを書かなかった為、反日感情にまたも火が付き大炎上。
・船内の様子を探る為のダイバーがその場で募集された。その後、ダイバー3名が溺れて救助された。
・船を釣り上げるためのクレーンを動かすのが、支払いをどこがするかでモメて12時間遅れた。
・刻々と沈む船内から、「まだ生きている。助けて」というメールが届いたが関係ない人間のイタズラだったらしい。(らしい、というのは、家族のアドレスを他人が知っているのはおかしい、と思えるから。つまり、対策本部としては、もう船内には生存者はいない、という事にしたいんではないか、と・・・)
・「船内に酸素を吸入した」と発表があったが嘘だった。
・救助された高校の教頭先生が自殺した。
・韓国国内では、「もう修学旅行は廃止にしろ」という声が高まっている。
・今日になって、乗客はもっと多かったという話が出てきている。つまり、しっかりした乗客名簿がなく、誰も正確な乗員数を把握していないらしい。乗客名簿にない遺体が発見されているという・・・。
・・・

このブログでも何回か書いていますが、私は嫌韓派なんです。
しかしさすがに嫌いな国の人だからと言って「死ねばいい」などと思っているわけではなく、今回の事故でも最初は普通に「みんな助かるといいなー」と思っていたのです。
そして今は・・・。
「一人でも多く生きていてくれる事を願う」とか、そういう綺麗な気持ちを持てればいいんですけど、この事故に関してはもう、何かドス黒い怒りのようなものしか感じられなくなってしまいました。
他人事ながらあまりに判断は遅く、あまりに不手際、そしてあまりに醜い。

だって、これ、1から10まで人災で、最初に事故が起きた時に普通に避難や救助が出来ていれば負傷者が数人出た程度で、全員助かったんじゃないの・・・?
もう、行方不明の高校生たちが可哀想で可哀想で・・・。
今まで嫌韓の記事を読み、「韓国の人たちって馬鹿じゃなかろうか」と何度も思ってはきましたが、こんな、数百人の命が目の前で刻々と失われていく場面で、馬鹿を打ちつづけられるものなの? 
おとといからこのニュースが気になってたまらず、(会社の仕事中でも)ちょいちょいネットを開いて新しい情報を見ていたのですが、時間がたつにつれてどんどん酷い情報ばかりが増えていく・・・。
日頃、嫌韓サイトをぐるぐるしてる人たちもこのニュースがすごく気になっているようで、コメントの付き方も早いです。だってねえ、ほんと、日本の目の前で、日本だったら多分助かった人命が、なすすべもなく失われていくんだよ、平静ではいられないよ・・・。

なんだかねえ・・・。
陰謀論で、「もうすぐ北朝鮮主導で南北朝鮮が統一される」っていうのがあるんだけど、真実味を感じちゃうよ・・・。
国として、もうすでに滅びつつある姿なのかと、そう思ってしまうほどの酷さだよ・・・。
リアルタイムで韓国の駄目さを世界に発信しつづけているよコレ・・・。経済ももう立ち行かないし、各国でトラブルを起こしてるし、もうマジで終りの始まりだと思う。

最後になりましたが、亡くなった乗客の方々のご冥福をお祈りいたします。

メガネ王子(スマイル)と中華王子(チャイナ)が揃ってカッコ良すぎ!
もうこのアニメ、個人的に今季の覇王アニメに決定ですわ。原作の段階で大好きだったし、それを更に面白くしてくれているんだからもう文句ナシ。画面の表現や演出も斬新です。
ジョジョ第3部も面白いんですけど、何か、1部2部に比べると「守りに入った」という感じを受けるんですよね・・・。

チャイナは出番少なかったけど、相変わらず魅力的な中国語を聞かせてくれました。
この声優さん気になりますね~! 声ももちろん良いし、上手だし。
中国でアニメを見て声優に憧れて日本に来た人なのかなあ。日本で仕事してるってことは、もちろん日本語も堪能なんだろうしなあ。
あの、独特の抑揚の強いイントネーションや、語尾に「ラ~」とつく感じ、ちょっとニヒルで人を小馬鹿にしたチャイナの喋りに特にマッチしていてほんとに良い。原作コミックのチャイナもそれなりに好きだったんだけどアニメの方が何倍も好き。
ジョジョアニメのスピードワゴンと同じく、声優がキャラに命を吹き込んだ好例だと思います。

そしてメガネ王子ことスマイルが早くも覚醒ww
「犬になれ」と言われ苛められまくったあげく鬼畜として目覚めちゃうって素敵ですよねwwwオホホホホ 
「君の性能を見せてくれ」と言われた直後の、ゴーッと左に走っていく絵が何気ないのに凄い迫力で痺れました。
あと、乙女座の小泉先生の純情が可愛いww

「僕の血は鉄の味がする」って、そういう意味だったのね・・・。原作読んだ時は意味がわかんなかったんだけど、「僕の身体は鉄でできている、僕は強い」っていう意味だったのね。
この部分に限らず、アニメのほうが原作を整理してより分かりやすく、伝わりやすくなっているのも素晴らしいです。

ペコとスマイルが、橋を渡って江の島にぶらりと歩いていくのも楽しいですね。タコをまるまる一匹、プレスして焼く名物「たこせんべい」も登場していました。
あと、女の子がとんびに食べ物を攫われていましたが、本当にあの辺のとんびは人の食べてるものを攫っていくんです。私もよくやられました。特に鎌倉市の市営プールのとんびがヒドイ(笑)
あの辺は私の地元に近く、高校時代のホームグラウンド的な地域なので非常に懐かしいです。

「食戟のソーマ」
プチプチドロドロした海苔って想像しただけで気持ち悪いんですけど・・・w
しかし弁当とはいえホカホカ暖かいほうがいい&ビックリさせてくれると楽しいのは、まさしくその通りなのでアリスちゃんが全裸になってしまったのも頷けます。
107pで爺さんがいつの間にか「おはだけ」になっているのが可笑しい。アクション書道(かなりの達筆)といい、元気な爺さんだよ(笑)

「黒き妖のゴゴゴ」
「magico」の岩本先生の読切り。
「magico」は何となく絵柄が読みづらくて、ほとんど読んでいなかった(ゴメン)のですが、今回は何かスッキリして読みやすくなりました。
妖を操って妖を倒していく男、という、ありがちといえばありがちな話なんですが、岩本先生の場合よくある話でもどこか普通と違うひねり方がしてあります。あと、なんかちょっとエグい(笑)。
でも今回の読切りではそのエグさがいい方向に出ていた気がします。ゴゴゴのデザインにも、エヴァンゲリオンに通じるエグさがある、と言ったら褒めすぎか。
「ゴゴゴ2/5」の見開きのコマの迫力も凄いです。

「斉木楠雄のΨ難」
p247「・・・言わされてる? 何を言っている これは僕の本心だ」
p255「キャラクターの思想であり作者の思想を反映したものではありません」
等々、メタなギャグが可笑しいですw
他人の家で座れず、立ったままのアレン君が愛おしいww
「孤高・才能・圧勝」の少年コニャックって、中二男子が案外好きかも・・・(笑) 
そして海藤キュンとアレンタンが仲良しすぎてもう鼻血レベル! いい友達が出来て良かったよね二人とも。
楠雄の家にコントローラがちゃんと4個あるのにも地味に注目です。誰と遊ぼうと思ってたんだよ!
4人(斉木含む)とも、楽しそうに遊んでて微笑ましいですw

「こちら亀有公園前派出所」
いろんな話題を集めただけという気もするがけっこう興味深かったです。
アオキの実では遊んだ覚えがあるなあ。ヤツデの実の飛ばし方は初めて知りました。今度見つけたらやってみますw
早矢と纏が、「魔法少女」と言われて
「いません」「何言ってるんだお前?」
と答えるのも可笑しい。
あと、「群馬県四万温泉」に行ってみたくなりました。署長さんとレモンちゃんのオススメなら、絶対いい温泉だと思う。

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE