プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「3年Y組ニャン八先生」
またも古典ドラマのパロディ路線。しかも珍しく、ジバニャンが金八先生のコスプレをして主役を務め、コマさんが補佐役。
うーん、この組み合わせは微妙か・・・。
どちらもボケキャラ(ジバニャンはウィスパーやケータくん相手だと冷静なツッコミもする)なんで、締まりがなくなってる気がします。コマさんを抑えに使うのはもったいない。若くてイケメンで如歳ない、教育実習生のコマじろうにツッコませた方がおもしろいんじゃないかな? 「ニャン八先生、今時の学生にはこれくらい常識ズラ」とか言わせて。
グレるりんの黒い詰襟姿にちょっと萌えw バクロばあのセーラー服も案外可愛いぞww

「妖怪ものマネキン」
ふみちゃんが可哀想すぎてドン引き。
ふみちゃんってさー、このアニメ内では「マドンナ」ポジションだけど、女の子扱いされてないよね・・・。
ケータくんが主役だけど主人公扱いされてないのと同じなのか・・・。
いかに妖怪のしわざとはいえ、女の子にここまでさせるのはどうかと。私、女芸人も身体を張ったギャグは笑えないんですよ。友近とか椿鬼奴とかは大好きなんだけど。
男女差別というより男女区別主義、会社でお茶くみすることにも全然抵抗はないですよ~。
しかし、そんなふみちゃんに想いを捧げ続けるケータくんも、折れない心の持ち主だなあ。漢だ。
ロボニャンの機能すごすぎ。あの、液体金属みたいになるのは「ターミネーター3」の悪役でしたっけ? 好きそうだなあターミネーターシリーズww

「妖怪ハナホ人」
いつもダラダラしているジバニャンだが、やるときはやる、実は男気があって熱血なキャラ。そんなジバニャンの心意気が、いい話になるのかと思いきや、まさかの悲劇に(大笑)
風船を追いかけて足元が危なっかしい女の子を見ていられなくて、ニャーKB握手会の行列を飛び出してしまったジバニャン。結局、握手会のほうは人数制限で締め切られ、失意のどん底にあったがニャーKBのフササちゃんが、その少女の姉だったという偶然から、お礼のキスをしてもらえることに・・・。
もう、この、「もしかしてキス・・・?」のあたりから、爆笑して見ていましたよ。だって今までの経験から、「妖怪ウォッチ」においてはこういう時に絶対妨害が入るのが分かっていたから。良いことなんて起きないから、妖怪ウォッチの世界(笑)
しっかしまさか、ハナホ人とわ・・・ここまでクダラナイ妖怪がいたとわ・・・
しかも、ケータくんのハナホジに関する薀蓄が超ウザイwww
これはもう「ふざけんなー!!!」ですよ。ジバニャン可哀想すぎ(そして大笑)
ハナホ人、メダルすら取れなかったけど、あいつ妖怪にカウントされているのか?

おひとり様、ここに極まれり!
チェルカトラベルという旅行会社でやってる「ソロウェディング」という企画がものすごい。
女性向け京都一泊二日旅行なのですが、とにかく最高のロケーションで憧れのウェディングドレスが着たい! という女性のための企画。
最初にコーディネーターと打ち合わせをし、100着からあるというドレスの中から好きなだけ時間をかけて1着を選び出し、専門のメイクさんが1時間かけてメーキャップをして、貸し切りロケ地にて専門カメラマンが写真を撮ってくれる、という、本当にただ最高のウェディングドレス写真を残すためだけのツアーなのです。
費用は30万円から。ドヒャー! と思ったがよく考えてみると、案外お値ごろなのでは・・・。
少なくとも、ドレスを着たいがために結婚式を挙げるよりは安いよね(笑)
お客様の反応ですが「驚くほどの満足度」なのだとか。
年齢は20代から60代までと幅広く、多いのは30代後半の、結婚適齢期を微妙に過ぎて、一人で生きていく決意を固めた女たち、らしいです(落涙)。

婚家の要望で式を和服で挙げた人とか、若い時お金がなくて式を挙げられなかった人、出来ちゃった婚でスマートなドレスが着られなかった人などなど、結婚はしているけど改めてウィディングドレスを着たいという人も多いのだとか。
そういう妻に、夫が結婚30周年記念でこのツアーをプレゼントするケースもあるそうです。これは奥さんが喜ぶと思うわーww
まあ、納得するまでドレスが選べる、ヘアやメイクのスタッフがゆっくり手間暇かけてメイクしてくれる、という満足が大きいのでしょうね。一生に一度くらいは、自分だけが主役、お姫様になりたい、と・・・。
しかも、美しい写真が手元に残るのだから一生の宝物になるし、見るたびにその時の満足を思い出してシアワセな気持ちになれそう。
それが30万で買えるなら、高くはない・・・のか?
まあとにかくユニークなことを考えるものです。このチェルカトラベルという旅行会社、他にも「京都失恋タクシー」とか面白い企画がいっぱいあって、さっきHP見てて一人でつい笑ってしまいました。

怪盗ジョーカー(1) てんとう虫コミックス怪盗ジョーカー(1) てんとう虫コミックス
(2013/06/04)
たかはしひでやす

商品詳細を見る

小学生向けマンガ月刊誌「コロコロコミック」誌上にて不動の人気を誇る「怪盗ジョーカー」。
コロコロ自体が、一般的に知名度が低いので、子供さんがいるご家庭以外ではこのマンガもあまり有名じゃないと思うけど、長年続いている人気作で、月刊誌でありながらコミックスももう18巻まで出てるんです。
私は小学生向け漫画のノリが好きで、コロコロも時々買っているのですが、ジョーカーは毎回楽しみにしていました。
(あとゴクオーくんとケシカスくん、最近では妖怪ウォッチもはずせない!)
表紙絵を見てもらったらわかると思いますが、絵柄に子供マンガらしい簡略化されたパワーがあって実にいいんですよ~! 
いわゆる「画力がある」というのとは違うのですが、主役のジョーカーをはじめ、脇役悪役ゲストキャラに至るまで、コスチュームや髪型、デザインが「いかにも!」って感じでカッコ可愛いんです。
ストーリーは毎回ちょっと無理やりな気もしますが、謎解きや化学実験みたいなトリックがあって子供なら夢中になりそうです。ルパン3世と名探偵コナンと怪傑ゾロリを足して3で割ったような感じ。
以前から、「ジョーカー、アニメ化しないかな」と思っていたのですが・・・。
10/6よりTOKYO MXにて、月曜夜7:00~7:30、放送開始!
すいません、好きだと言ってるわりに始まったのに気が付いてなくて、昨日第5話をやっと見ました。
key_201410l.png
(これがアニメの絵。「輝く夜」というのは、怪盗であるジョーカーが活躍するのが夜間であるという意味です)

原作の雰囲気を壊さないキャラ設定に、まず満足!
全体の色もキレイで、変に凝った所がなく良い意味で昭和のアニメのよう。無駄にオシャレな演出もなく、直球ど真ん中でしかも軽快なテンポ。音楽の入り方もいい!
ジョーカーの過去話、子供時代の話でしたが、展開が早くてしかも予想外の方向にどんどん進んでいってしまうので、30分間目が画面にクギ付けでした。
ちゃんとナゾ解きがあるのも嬉しい(難しすぎて全然わかんなかったけど)。
「妖怪ウォッチ」は、子供には分からないネタでも平気でブチ込んでくるし、基本的に「いい話」よりもナンセンスギャグを目指していて、ある意味とても大人っぽいけれど、ジョーカーは徹頭徹尾子供目線。そこがいいです。

いやー、コロコロ、本気出してきましたね嬉しいです!
コロコロのアニメって、日曜朝の「おはコロ」で安いCGアニメになっちゃう印象があったからね・・・。
そして次週、第6話のタイトルが「影(シャドウ)は舞い降りた」www
シャドウというのはジョーカーの偽者。この、「いかにも!」なネーミング、タイトル、たまりません~!

販売されるようなグッズもないし(トランプカードくらい?)、妖怪ウォッチのようなブームになるとも思えませんが、子供心に戻って素直にワクワクできる正攻法のアニメ、長く続いてほしいです!

「NARUTO」
完結おめでとうございます。

すいませんここ数年ほとんど読んでなかったので、どういう話だったのか漠然としか知らないのですが、サスケが悪者になって里のみんなを殺したりしてなかったっけ? 
いいのか、その件に関しては・・・?
「ウルトラマンガイア」の最終回で、藤宮君(「人類の存在自体が悪だ」という考えのもと、破壊活動を行っていたが最終回近くに改心した)が旅に出たのを思い出すなあ・・・。あの時も、「彼は『贖罪』ということをどう考えているのだろう」って思ったんですよね。
殺すとこまで行ってないのかな、ただ大暴れしただけなのかな、だったらいいんだけど。
まあでも、綺麗に終わっていました、良かった良かった。

そしてオールカラーのエピローグ、気合い入ってましたね!
あの狭い人間関係の中でそれぞれ結婚相手が見つかったみたいで、
「フィーリングカップル5対5か!?」
と思わずツッコミ。
まあ、読んでいなかったので何も言えないですけどサスケってサクラが好きだっていうフラグ、ちょっとでも立てていたことあったっけ? サクラに押し切られたという事なのか? ベジータとブルマのパターンか?
それを言ったらナルトとヒナタも女の子主導っぽいしね。悟空とチチのパターンか?(笑)
それはともかく、大人になった我愛羅が、髪型といい衣装といい、美しすぎカッコ良すぎなんですけどー!
最終回で我愛羅萌えキター!
誰か冬コミであの我愛羅のコスプレやってくれー!

表紙じゃなかったのは意外でしたが、「ONE PIECE」の尾田先生とのエールの交換は微笑ましい。
ストーリーは追っていなかったけど、カラー絵の素晴らしさには毎回驚嘆していました。画集(10年くらい前に出たやつ)持ってますよ~。また最近の絵を集めた画集出してほしいです。
何はともあれ、お疲れ様でした。

「GARDEN」
線に独特の味があって個性的な絵柄なのは良いんですが、なんか無駄にグロい気がする・・・。冒頭の水着の女の子(のなれの果て)の殺し方とかね・・・?
ゾンビ映画みたいなバイオハザードものはジャンプでは新鮮ですが、どうやっても無駄にグロくなりそうです。

「磯野磯兵衛物語」
答えは「とかげ(戸の陰)」ではないだろうか?

安田大サーカスさいこうだ~!
ヒロちゃんを「兄貴!」とたたえる団長とクロちゃんの絵面と掛け合いが可愛すぎてその時点でもうメロメロ(笑)
更に、ロイミュードに変身したヒロちゃん(ロイミュードのガワが、ウエスト細すぎるのがやや残念。もっとコロコロ太ったガワが良かったな。まあ、動きにくいので却下なんでしょうけどw)の、悪役ボイスにほれぼれ。
すごく太くて貫禄があって、プロの声優さんみたいに上手でした!
更に更に、ロイミュードに変身したクロちゃんの声が可愛くてもう爆笑。「気持ち悪くないもんっ!」とか、ほとんどアドリブらしいしww そしてクロちゃんミュードのガワに入っているアクターさんのオカマっぽい動き、演技がもう素晴らしくって、クロちゃん本人が入っているとしか思えません! 
ライダーを見てこんなに大笑いしたのは久々ですww
あと、どうでもいいことだけど、ヒロちゃんの持ってるお菓子のドラム、上のほうがぎっしりキャラメルポップコーンで、いくら食べてもポップコーンしか食べられないのは地味に気の毒ですw

そんな安田大サーカスの好演にも助けられ、今日のドライブは何かようやく、エンジンが暖まってきた感じ。
事件の起き方や伏線の貼られ方、ギャグの入れ方など、「ドライブ色」とでもいうべきものが出てきました。
進ノ介(ドライブ)の個性も、少しずつはっきりしてきた気がします(特に高岩さんの動きにそう感じました)。
今のところキリコちゃんが今一つ掴めないキャラだけど、この調子なら心配はいらなそう。

チェイスは相変わらず劣化ブドウに見えるのですが、今週すごいバイオーグ・トリニティみたいなカッコイイ(←中二的な意味で)武器を出してましたね~!
この人、プリキュアの紫みたいに、悪の心が無くなったらあのマスクの包帯みたいのや眼帯みたいのがバラバラッって砕けて落ちて、ヒーローっぽい外観に生まれ変わると予測しています。そうなった時、妙に明るくてテンション高めだったら面白いかもww

ところで最初に出てきて、ドライブに助けられていたトラック運転手、山本康平さんだったんですね~!
そう、「忍風戦隊ハリケンジャー」の尾藤吼太ことハリケンイエローです。
東映の公式サイト見るまで気付かなかったわ・・・。大好きだったのになー、年月って残酷・・・。

いや~っ、大変なことになりましたフィギュアスケートグランプリシリーズ!
世界が認めた美しさを誇るハニュータンこと羽生弓弦19才、ソチ冬季五輪の金メダリスト。その滑りのあまりの華麗さに、私は彼のことをひそかに「冬の妖精」と呼んでいたのでした。
その冬の妖精が! 
フリー演技前の自由練習で中国選手(エンカン君18才。初めて見たが、この子も可愛い子や!)と激突し7針縫う大けがを負う。しかもその直後、棄権せずにフリーのプログラムを滑りきり、2位入賞。

・・・。
私、これちょうど羽生の演技の直前あたりからTV見ていたんですけど、頭は包帯と絆創膏だらけで左目も黒っぽく痣になってるし、何が起きたのかとびっくりしたんですよ。
演技も、ジャンプは全部飛んでるみたいだけど着地で5回も転倒してしまって。最初は転んでもすぐ立ち上がっていたのに、4回目はもう、立つのも大変そうで・・・。素人なのでよくわからないけど、回転不足とかもあったみたいだし、彼本来のスピードや高さではなかった。
痛々しいというよりはもう、凄愴というか、鬼気迫る演技でした。
でも終盤のステップやスピンは相変わらずキレイだったし、独特の身体の表現力というか華やかさもあったし、最後まで滑りきったので、そこまで大怪我じゃないのかなー、って思っていたんですが・・・。

その後で激突した時の映像や、担架で運ばれていく映像を見てまたびっくり・・・。
すごい勢いでぶつかってて、しばらく立ち上がれなくなってる。これ、棄権しなきゃいけないレベルでしょーが!
しかし、ハニュータンは見かけによらず武士みたいな男子だからなあ。根性も責任感も持ってるからなあ。
今後のスケーター人生がどうこうではなく、今、目の前の戦いを避けるという事は考えられなかったんだろうなあ。
止められるとしたら、コーチかスケート協会の人が強引に力づくで止めるしかなかったのだろうなあ。
すごいスポ根マンガみたいな熱血展開、熱血野郎。
状況は違うが、ソチでフリーを完璧に滑り切った浅田真央のことも思い出すなあ・・・。
また一つ、リンクの上に伝説が・・・。
(エンカン君も怪我をしていたようだが滑り切った。彼のメンタルも凄い!)

今日になってニュースなど見ると、顎と耳の上の怪我(ホチキスで止めておいたらしい)の他に、左足の肉離れもあったとの事。サムライすぎるよハニュータン! 強すぎるよ冬の妖精!
早くきちんとした治療を受けてほしいですね~!
頭を打っているのも心配だし、肉離れって、今シーズンはもう無理なのかしら?

ネットで見ると、エンカン君がわざとぶつかったんじゃないか、という書き込みもあるんだけど、自分自身がメダルを狙う一流選手が、地元のリンクでわざわざそんな事をやらかすはずがない。それに、演技の直前に二人で「お互い頑張ろう」って握手して励ましあっているとこもTVでやってたしね、もともと二人は仲良しだったらしいし、こんな事故でもし仲が悪くなったら寂しいな。
あと、あれだけ転んでフリー154.60点は八百長じゃないか、という書き込みも目立ったんだけど、むしろあれだけ転んでも154点なのよね・・・。普通に滑れば200点以上なのだから。
あと、ロシアのコフトゥン19才が羽生の直後に滑ったんだけど、会場の異様な雰囲気(羽生の演技と点数のせいで、沸騰していた)に呑まれたのか、委縮したような滑りだったのも気の毒でした。
全体に、この上海大会はジャンプでの転倒が多く、リンクの氷んの状態が良くなかったと言われているようですね。
まあ、シーズンも始まったばかりだし、他の選手の調子もまだあまり良くなかったからこその羽生の二位入賞だな、とも思いますが。
(それにしてもこのコフトゥンという人は、ハンサムなのに滑り終わったあとの「疲れた~」というポーズがじじむさいww あと、ショートの最後のポーズはパクりすぎではww)

そして・・・ここからがオカルトなんだけど、「法則」って言葉がどうしても頭をよぎるのよね・・・。
東宮家の愛子さまが羽生のファンだというのは聞いていましたが、朝青竜、琴光喜など彼女がファンだった力士はみな、不幸になったり悪事が露呈したりして引退に追い込まれる、という法則・・・。
本当は愛子さまだけじゃなくて、皇太子夫婦にも関わったものが不幸になるという「法則」があって、その被害者リストは膨大な量があるので、興味あるかたは「皇太子夫妻 怖い話」で検索してみてください。まあ、「こじつけだろー!」って話もあるけど、無視するにはあまりに膨大すぎる。
あと、羽生はいまロッテのCMに出ていて、今回の大会でも着ているジャージにLOTTEのロゴが入っていますが、ロッテといえば嫌韓の間では有名な韓国企業。「K(韓国)の法則」というものもあって、ですね、「韓国とかかわると不幸になる」という法則なのね。これまた、世界史上でも政治経済ニュース上でも、膨大な量の先例があるので、一概に迷信ともいえないのよね・・・。

そんな、皇太子家の法則とKの法則、二つながらに身に受けてしまったハニュータンの今後やいかに。
冬の妖精から、荒ぶる神へと特進するのか、ケガレを一身に受けてしまうのか。
(↑言霊が発動したら困るので、消去線を引いておきました)
まあとにかく、今は脳の検査をきっちりやって、後遺症とか出ないようにして欲しいです。ホント世界の損失だからね。頼むね。

レベルファイブがやりたい放題(大笑)

レイトン教授と不思議な町(特典無し)レイトン教授と不思議な町(特典無し)
(2007/02/15)
Nintendo DS

商品詳細を見る
「レイトン教授シリーズ」は、ゲーム苦手な私が自力クリアした、数少ないゲームなんですよ。
一時期ハマリました。大泉洋の声が良くってね。「英国紳士としてはね」とか、我が家で流行してました。
ルークの声は堀北真希。贅沢ですね。ナゾ時も面白く、キャラクターデザインも音楽も良かった。レベルファイブの出世作であり、ゲーム史に残る名作と言っていいと思う。

その名作を、こう使うかよレベルファイブww
レンコン教授の隣のルークっぽい少年が、目つきが冷たくてすごくいい(笑)
(原作では考え付かなかったが、これならレンコン受けで薄い本ができますw)
そして、犯人たちのキャラデザインや背景、音楽に至るまでの「それっぽさ」。原作をプレイした人ならもう、それだけで大受けですww

案外しんみりさせる終わり方・・・? と思いきや、「妖怪ウォッチ」特有のクダラナサ(褒め言葉)で、ラスト全員花が咲いて踊りだすのがまた可笑しい。
このアニメ、作っている人たちが「泣かせるよりも笑わせるほうが難しい」と考えているフシがあって、私も常々そう思っているので、本当にこういうところ、「意地でも『いい話』で終わらせないぞ」というところが大好きですww

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE