プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


白鵬様、32回目の優勝おめでとうございます!

昭和の大横綱、大鵬の記録に並ぶ32回の優勝。
白鵬様にとっても、この大記録を自分の相撲人生の大きな目標としていたようで、いつもの優勝よりも更に気持ちがたかぶっていたのが伝わってきて、こちらまで熱い気持ちになりました。

表彰式前の「君が代斉唱」の時、伏せた両目から涙が・・・。ってかボロ泣きですw
そして優勝インタビューでは、「テレビを見てくれている両親と、モンゴルの人たちに、この場を借りて」異例のモンゴル語での挨拶。会場からはやんやの喝采が。

更に、「日本にやってきた62キロの少年がここまでなれたのは、この国の魂と相撲の神様が認めてくださったおかげ」「大久保利通が明治天皇とこの伝統文化を守ってくれた」「天皇陛下に感謝したいと思います」と、なにか日本人の魂を震わせるような発言を重ねていました。会場はもちろん大喝采です。
「大記録おめでとう」インタビューに対する答えじゃなかったです。インタビューをしているアナウンサーの人も、「師と仰ぎ、また目標としていた大鵬関に並んだその気持ちは」というような当たりさわりのない方向で話をまとめようとしていたのに収集がつかなくなって(笑)、ちょっとあたふたしていました。
解説の舞の海さんだけが、白鵬様の熱い魂に呼応していました。

前にも白鵬様は、天皇陛下から「お祝いとねぎらい」のお手紙をいただいて感激のあまり泣いたことがあり、純情かつ陛下に寄せる思いの強さは並々ならぬものがあります。
くしくも今日は勤労感謝の日、すなわち新嘗祭。
伊勢神宮にて天皇陛下が今年の作物を神々にお供えする、大切な祭事の日です。
(早朝から始まり夜通し続く祭事で、陛下はご高齢で体力が続かないため、祭事は掌典長が代理で勤められているのだとか)
そんな、この国にとって大事な日にこの発言。
相撲の横綱というのは、皇室の方々以外では日本の神にもっとも近い存在なんじゃないかと前々から思っていましたが、今日の白鵬様はまた一歩、日本の国を愛し日本の国を護る、神に近づいたと感じました。
相撲放送の最後に、白鵬様の優勝の歴史をまとめた映像を流していましたが、32回の優勝を決めた相撲を連続して見ていて、その「鬼神の如き」としか言いようのない強さに、改めて感じ入りました。
ほとんど裸に近い姿でその強さを競う相撲、その世界で半世紀に1度しか出てこないレベルの横綱の力強さはもはや神話の世界・・・。

内閣総理大臣杯、今場所は麻生元総理紋付き袴姿が土俵に上り、場内からは大喝采。先場所は菅官房長官でした。豪華です。
政治家たちは非力なので、一人では総理大臣杯を持ち上げられないのですよ。
総理大臣杯を担いで「うわー、重すぎる!」みたいに苦笑いするのを見るのが、毎場所の私のひそかな楽しみでもありますww
遠藤もようやく調子を戻してきたし、イッチーは場所前に体調を崩しながらも新関脇勝越しの快挙。
若手の追い上げが厳しい中、白鵬様は優勝回数をどこまで伸ばすのか?
来年も大相撲が楽しみでなりません。
そして、ありがとう白鵬様!
この国を、そして相撲を、そんなにも愛してくれて!
スポンサーサイト

「好き」というより「面白い」。ドライブはとにかく面白い!

特撮ヒーローに対しては往々にして前のめりに「大好き~!」と騒ぎ立てるミーハーオタクの自分ですが、ドライブは今のところ、「好き(萌え)」という気持ちがあんまり湧いてこないんです。カワやマスクもかっこいいし進ノ介もい感じなんですけど。
何なんだろうこの感じは・・・。
でも、愛はあるのよ。
「これは絶対にこの先どんどん良くなるから見守らなきゃ」みたいな、若駒の誕生に目を細める馬主みたいな(笑)
つきつめていうと設定も脚本も素晴らしい、けどキャラが立ってない?
「この人いいな、好きだな(萌えるな)」という人物がいない。もっとも、キリコちゃんをはじめ、まだ隠している過去や側面が多いようなので、キャラの肉付けという面ではこれからの話なのでしょうけれど。
「ウィザード」の時も、最初の半年くらいは「キャラが好きじゃない」思っていたのに最後は登場人物全員を愛していたので、こっから先は役者さんの力が大きいのかな、とも思うんです。
前回の話は、ロイミュードの安田大サーカスの怪演が素晴らしく、そのへんを補ってくれていましたが、今回のゲストキャラは地味というか普通の人たちなので。

・・・とまあ、ドライブに関しては今のところ、そんな風にちょっと醒めた目で見ているのよ、という事を記したうえで。
面白いなあドライブ!(笑)
今週の話も、元・相棒だった新聞記者コンビとその元・上司、誰が犯人であってもおかしくないし、そもそも殺人事件とかではないので、「犯人」っていうかロイミュード、その正体を暴けば終わり、という単純な話でもなさそう。
でも、伏線をちゃんと貼って、最後にパズルのピースをはめるみたいに一気に真相を明かす、ミステリの手法はきっちり守っているので、一瞬たりとも目が離せません。「W」もこんな感じだったけど、Wよりも扱う事件が人間的というかリアリティのある話(Wは第1話から翔太郎とフィリップ君に萌えっ萌えだったけどねww)。

進ノ介がベルトだと思って掴んだのがヘルメットだったり、ドライブに変身直後、タイヤが飛んできて胸にはまって、その勢いが良すぎて進ノ介がゴホゴホむせていた小芝居がおもしろい。ドライブって変身後のキャラもまだイマイチ立ってないけど、基本「ドジっ子俺様」かな?(笑)

あと、キリコちゃんが最初にお見舞いの花束を用意していたのも気になりますね~。
進ノ介の元相棒って、もしかしてキリコちゃんの・・・?
今週のラストシーン、キリコちゃんが両手を広げて進ノ介を攻撃からかばうシーンでは、思わず「このまま変身か?」と期待してしまいましたw 「デカレン」のスワンさん以来、意外な人が意外な変身、というのをつい期待してしまうのよw


チェイサーが相変わらず劣化ブドウみたいで残念。
映画「イン・ザ・ヒーロー」の中での福士蒼汰くんのダークヒーローぶりのカッコ良さをみて研究して欲しい。「ウルトラマンガイア」の藤宮君でもいいぞ(笑)
「ドライブ」で一番オイシイ役なんじゃないかと思えるだけに実にもったいない。

「3年Y組ニャンパチ先生」
4コマ漫画みたいな、軽くてキレのあるシリーズ。
夏のマクドナルドでカードを配っていた、スイカニャンが出てきたのにはちょっと驚いた。

「風邪とともにトゲニャン」
くっだらねー! 意味ねー!(笑)
ただひたすら、映画「マトリックス」のスローモーション弾丸よけのパクリをやってみたかったという、それだけの話なんだが笑えるんだこれがwww
特に玄関先でトゲニャンが初めてクシャミするシーンでのケータくんの身体のひねり方、視点(カメラ位置)がぐるんと上に動く感じ、無駄にかっこよくて大笑いww
あとは、ウィスパーにトゲが刺さりまくって終わりという、シュールとさえ呼べる話じゃった。

「妖怪砂男」
最後は珍しく「いい話」でした。
いつも仕事で忙しいカンチの両親、そしてそんな両親に気を使って聞き分けのよい子供で居続けたカンチ。
心の中の、開かない扉の奥にいるカンチの姿を見た時にはマジで泣いてしまった。
コマさんをウォッチで召喚する所を初めて見ました。珍しいですよね。
もんげープリチーだったよ~!
あと、コマじろうと一緒に特大ソフトクリーム食べてるとこも可愛いすぎズラ~!

今週驚いたのは何といっても、3DSソフトの「妖怪ウォッチ2・真打」のCM。
香川照之が「妖怪ウオッチ」好きな上司役で登場するのですが、短い時間にすさまじく濃い演技を見せてくれるのです。演技というよりもはや顔芸(笑)
4バージョンもあってどれも可笑しいんですが、
「何が欲しいんだ言ってみろ! しゅらコマ? 大きく出たなオイ!」には笑ってしまった。

ちなみに「しゅらコマ」は修羅の心を持つコマさんで、レジェンド妖怪らしい。つい調べちゃいました。
必殺技は「しゅらシュシュシュ」(笑)
こんな妖怪です↓
274961d5.jpg 

半年くらい前に放送大学で、どこの大学の教授だったか忘れましたが、日本のコミックスやアニメの海外進出やら二次創作やらの話をしていたので、面白いなーと思ってボーッと見ていたのです。その教授、「トライガン」の外国語版を10種類くらい(ドイツ語、タイ語、中国語などなど)持っていたり「これはいわゆる同人誌です」という薄い本を何冊も持ってきていたりしてかなりディープな学者でした。

更に、江戸時代からの日本の庶民文化、特に印刷ものの研究者だったらしく、古い絵本や絵草子をスタジオに数十冊も広げて展示してあったのですが、それらを解説していく中に、サラリと「これは『東海道中膝栗毛』の女体化エロです」というセリフがあって、今でも思い出すと笑ってしまうwww

常々、江戸時代の同人誌文化はかなり進んでいたに違いないと思っていましたが、弥二さん喜多さん女体化ってwww先鋭的だなwww
っていうか、江戸時代って本ってほとんど自費出版で、しかも著作権というものがないから文字通り薄い本が生まれては消え生まれては消える状態だったわけで、妄想全開のクズ本みたいのが山のようにあったのであろうことは想像できます。そんな内容のない本は、すぐに捨てられるしたまたま後世に残っても、価値がないから研究する人もいなくって、目立たないままに歴史に埋もれていくのであろうとw
現代の同人誌文化もそうだけど、いわゆる二次同作は新たな創作ではなく、コピーの大量生産品と同じだから、後世には残らないですよね。でも、その時代時代の庶民にとっては大いなる娯楽であるというw

教授の絵草子の中には、何冊も「絵手本」があったのもまた興味深かった。
「絵手本」ってようするに、漫画家やイラストレーターがよく使う「ポーズ集」や「カット集」みたいなものなんですよ。美人画集とか風景とか猫のいろんなポーズとか(笑)
そんな「絵手本」が売れて、何種類も出版されてるってことは、江戸時代の人たちが自分でイラスト描くのが大好きで、イラスト上手くなりたいって思ってた、ってことだと思うんです。
そのイラストや、妄想小説の元ネタが、古くは源氏物語であり、江戸時代には八犬伝が王道でヤジキタが茨道、って事なんですよね。これ、印刷技術の問題以外は今とほとんど変わらない状況だと思うのw

この放送、ボンヤリ見ていたので教授の名前も覚えていないのですが、ちゃんと覚えておけばよかったと後悔しています。
自分は学者じゃないけどね、このへんの、同人誌文化への日本人の執着ってDNAレベルで存在すると思うんです。創作意欲のDNAというか。とにかく、マンガ家志望者がこれだけ多くて、絵の上手い素人もやたら多い、こんな国は他にはない。
古文が読めれば、そのへんの研究をしたらきっと面白いと思うんですよ。「萌え」にあたる言葉って何だったんだろうな、とか(笑)

ブログをはじめてから、インターネットに触れる機会が格段に多くなり、まとめサイトとか2ちゃんねるをほぼ毎日のように覗いています。個人的にお気に入りのところばかり見ているので最初から偏っているとは思うのですが、新着記事のスレタイなどを眺めていると、数か月単位でネット全体に一定の傾向が出てくるのを感じます。
で、今は例の嫌韓ブームがすっかり定着してもはやブームではなく日本人の基礎知識になってるのね。
そして嫌韓を極めていく過程で、教科書や新聞には書いていなかったことを色々知っていくのね。日本の近代史、特に戦後のアメリカや中国・朝鮮とのかかわりとか。
そのへん知れば知るほど、「日本は間違っていない。気付いてよかった。日本に生まれて良かった」という健全なナショナリズムが生まれて来ますよね。

結局、戦後のGHQによる日本人への洗脳(日本は駄目だ。日本が悪い)が、さすがに戦後70年ともなると薄れて解けてきているのでしょう。
美意識だけを考えても、私の若いころは、「やっぱり本物はヨーロッパにある。日本のものは古臭い」といった価値観がありました。しかしここ10年くらい、若い人の間で和服(浴衣含む)とか和柄がずっとブームだし、本屋さんに行くと古事記の解説書が何種類も平積みされていたりするし、時代小説も大売れ、神社仏閣は若い女性で大にぎわい、昔だったら「年寄りの趣味」と思われていたような日本趣味がごく普通に根付いている。
というかもうこれは「日本趣味」ではなくてご飯とお味噌汁みたいなもの、基本です。基本が戻ってきた、という感じ。
上の娘などは、ヨーロッパ旅行に行ってパリやローマの街を見てきたのですが、とにかく町並みが汚い(建物は素晴らしいのに掃除ができていない)といって幻滅して帰ってきました。若い人はそうやって、自分の目で先入観なく外国を見るので、「日本のほうがいい」と素直に感じるのでしょう。

日本のアニメや漫画をきっかけに世界中の人が日本を好きになってくれたこともあり、東北大震災で被災者たちがとった、節度ある態度が誇らしいということもあり、今や日本人なら「日本が好きだ」というのが当たり前の時代に。
(そんなの当たり前でしょうが、とお思いかもしれませんが私の子供のころは決してそうではなかった・・・。少なくとも「良心的」「進歩的」な人は「だから日本は駄目なんだ」という言い方をよくしていました)

こうして、目の前の雲が一枚一枚と晴れて明るくなっていくような、実に気持ちのいい空気が流れているのをネットをつらつら見ながら感じているのですが、洗脳が解けたといえば、最近目につくのが皇室関係。
皇太子妃の雅子さん(敬意が持てないので「様」付けはナシ)に関しては、以前は興味がなく「まあ気の毒にな」程度しか思っていありませんでした。しかし嫌韓ネタを読んでいると、どうも雅子さんとその実家には韓国とのつながりがありそうなのよね・・・。
そして雅子さんの言動が今やあまりに酷すぎて、マスコミもかばいきれなくなってきている。国際的にも、今や皇太子夫妻よりも秋篠宮夫妻のほうが重く迎えられており、次期天皇にふさわしい扱いを受けている。
日本人全体の気分も、もう雅子さんに対してはすっかり突き放した気分でしょう。雅子さんは皇后にはなれない、無理、と、ほとんどの人が思っているはず。
近いうちに、雅子さん関係で何か失態が起きて、東宮位が秋篠宮様に移るだろうと思っています。(2ちゃんねるオカルト板によると214年11月、という説もあるw 2015年末説が有力ですが、まあ近いうちなのは確か)
戦後の洗脳が解けるのとほぼ時を同じくして、日本が世界に誇ることのできる新しい東宮が立たれるとすれば、こんなにありがたいことはありません。

何か、日本の国が長い暗いトンネルを抜けて、輝く日の出を迎えようとしているようなイメージを、最近、持っているひと増えている気がします。
安倍政権の外交も素晴らしいし、心配があるとすれば経済面? でもオバマが失脚したからTPPはしばらく進まないよね?

私は基本、陰謀脳なので、「世界の黒幕が方針を変えて日本を上げはじめた」と思っているんですけど(笑)

「卓上のアゲハ」
表紙のコピーに、「スポーツ×エロ×ミステリ」って書いてあります。
スポーツとエロはわかるとして、ミステリ・・・? この先、どう展開する気なの?
斬新さはないけれども、テンポが良くて読ませます。ヒロインの女の子が性格悪くてツンデレなのは、「火の丸相撲」と同じパターンなので少し損をしてしまいましたね。「火の丸」のレイナちゃんとあと「斉木楠雄」の照橋さんにも似ていると思う。
実は許嫁、というのも目新しくはないのだが、セリフ回しとか構図とかに、センスの良さも感じるのでしばらく注目します。
47p「出た! リリカの小悪魔奥義 その初手!『運命の悪戯』!!」にはウケましたw

「火の丸相撲」
表紙の左下に、大相撲九州場所の懸賞幕のことが書いてあります。
私、これ、大相撲放送見ていて気になってたんですよね~! 白鵬様の取り組みの時に一本だけ、火の丸相撲の絵の懸賞幕が回ってるんですよ。集英社も、大相撲を応援してるんだと思うと嬉しいですね!
でも、白鵬様の取り組みにしか懸賞を出してないのは、ちょっとケチ(笑)。せめてイッチー(逸の城)には出そうよww
漫画の方は、草介くんが普通に国宝すぎて、読んでいる私までが「こんなところで負けてほしくないとさえ思わせる・・・」状態に。これで火の丸が勝ったらマジでがっかりすると思う(笑)

「斉木楠雄のΨ難」
230pの右上のカップル、そういや確かにこんなファッションの時代、あったな・・・。眉毛も確かに、太かった。
たかだか20年ほどでこんなオシャレって変わってしまうもんなんですね。
そしてその中での若き日の楠雄パパのイケメンぶりが凄い。下手をしたら楠雄よりもイケメンかも知れぬ。ママも超カワイイし燃堂パパも息子同様カッコ可愛いですww 最後のコマの「ラーメン行こうぜ」には笑ったww

うーむ、確かに、誰のために戦ってんだろうか・・・w

さて、好調の安田大サーカス編、後篇。
団長が抜けたのは寂しいが、やはりヒロちゃんクロちゃんの存在感が凄い。特にヒロちゃん、戦闘時の雄叫びというか咆哮というか、セリフ以外の発声がすごく上手い。もう、声優になったほうがいいんじゃないか?
戦闘シーンがCG使いまくりで凄かったです。お金かかってそう・・・。

公安部のエリート桐原さんとフォントアール社の癒着、そして誠実そうに見えた社長の裏の顔。
今週の「タネあかし」は普通の刑事ものっぽすぎて(しかも、ありがちすぎて)やや残念か。ドライブはリアリティのある世界観だけに、ウィザードの「空の向こう側」みたいな人間心理を恐ろしい方向にえぐっていくドラマを期待しちゃうんです。
でもまあ、ウィザードはそれが売りだったんで、無いものねだりなのかな。それに代わるドライブの良さがあるはずで、まだどんなものか見えてこないけどおそらく、フォーゼの時みたいな特捜課のチームワークの小気味よさ、じゃないかな。

りんか姉さんが実はベルトさんの一味(?)で、メカニックも担当していたのは良いですね。
「デカレンジャー」のスワンさんみたいに「自分用も作ったの」って言いながらベルト装着して変身してくれないかなww
特捜課の他のメンバーも、お互い知らされていないだけで、実は個々にベルトさんとつながりがあるとかだと面白い。知らなかったのは進ノ介とキリコちゃんだけだったり。
で、あの秘密の部屋がホームになるのがいいなあ。
署長の鶴太郎も、個人的に好きじゃない俳優だったのですが、ドライブ見ていると好きになっちゃいますね。今週もいい味出していたし、色々知っていそうな含みも感じさせて、さりげない大物感がやはりとても良いです。小さな神社で柏手を打つしぐさもキチンとしてて良いなあ。

新しいガワ、タイプワイルドは色が地味なのがやや寂しい。メカで黒とシルバーって華がないよね、二人目としてはいいけど。ブルーだったらもっと良かった。暗いところで目が光るのは相変わらずカッコイイ。
あと「マッドドクター」の治療が恐ろしすぎてgkbr・・・名前からして怖すぎるだろー!

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE