プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ見て感動のあまりマジ泣きしたのって何年ぶりだろうか・・・

ヒーローとは何か、正義とは何か、勇気とは何か。人が人を守るとはどういうことなのか。
そして、真の友情とは何か、人と人とがお互い認め合うとはどういうことなのか。
そんな、まっすぐすぎて今更恥ずかしいような問いかけに逃げずに答えて、原作でも最高潮に盛り上がる深海王編。
見る前から期待でワクワクしていたのですが、想像以上の素晴らしいアニメ化で、特に無免ライダーの正義の雄叫びがすごかった。
「がんばれ自転車のお兄ちゃん!」精一杯の子供の声援も胸に刺さります。応援の声って、思った以上に励みに、力になるものだなあと思いました。でも、みんなの熱い応援を受けても圧倒的な実力の差はいかんともしがたく、無免ライダーは一瞬で深海王に倒されてしまうわけですが・・・。

片腕を失いながらも全力で戦い、勝機はあったのに少女をかばって溶解液を浴びてしまい、戦闘不能に陥るジェノス。
己の信じる正義にしたがって、勝ち目のない戦いに挑み人々の希望を守った無免ライダー。
そして、傷ついたヒーローたちの名誉を守るためにあえて憎まれ役になるサイタマ。
今週は、3人3様のヒーロー魂が熱く描かれ、見終わったあとも胸の中に昂揚感が残ります。
サイタマの場合はヒーロー魂というより、人間としての器の大きさ、という気もしますが。
また、作画がいつにもまして更に素晴らしい。
冒頭のジェノスの戦闘シーンの迫力、暗い影に彩られる深海王の邪悪な顔、雨の中でのけぞって叫ぶ無免ライダー、サイタマのワンパンの威力が凄すぎて雨まで晴れあがってしまう描写、悪役を買って出たサイタマのことを心配するジェノスの顔に雨上がりの日が差す描写、などなど忘れられない場面がたくさんありました。
また、途中のCMの前後に入るカットで、無免ライダーの渾身の一撃の直後に「ONE PUNCH MAN」のロゴが入るのを見て、「無免ライダーもまた、ワンパンマンなのだな」という感慨を持ちました。強いか弱いかに関係なく、己の信じる善や正義にしたがって一撃入魂のパンチを放つことこそがヒーローの役割なのだな、と。

戦いが終わったあとの後日譚がまたホンワカしてて良いのですね。
心無い奴からの、誹謗中傷の手紙を読んで「ヒマな奴がいるな」とつぶやくサイタマ。あまり気に病む様子もない(こういう点も器の大きさだと思う)のに引き換え、眼を黄色く光らせ本気モードになって怒るジェノス。まさに、「大好きな人が強くて心配」ですねw
無免ライダーの手紙を広げるサイタマの背後で、こっそり焼却砲を準備しているのが可笑しいww

そして原作でも大好きだった、おでん屋さんのシーン。
ヘルメットを脱いだ無免さんの地味なイケメンっぷりも素敵です(イケメンといえば、アマイマスクの髪が1週でロンゲに戻っていたのが不思議・・・)。
サイタマが、無免さんの誠実さと心意気を認め、微笑みを見せているのもいい。サイタマって、笑っていることはあっても、心からの満足とともに微笑みを見せることってあまり無いんですよね。
微笑みといえば、深海王との戦闘で溶けてボロボロになってアスファルトにはいつくばったジェノスが、サイタマの圧倒的な強さに人々が驚きと称賛の声を上げるときに少しだけ微笑んでいるのも好き。ジェノスはもうね、自分が褒められることよりサイタマ先生が褒められることの方が、何倍も嬉しいヒトだからね(笑)

あと、入院中のスティンガーとイナズマックスが案外元気なのも嬉しかった。さすがヒーロー、体力も常人離れしてるんですねw
そしてプリズナーが割と真面目にS級ヒーローとしてのプライドと責任感を持っていることがわかる、新聞を読んでうなだれる短い描写もいい。
今週こんなに盛り上がっちゃうと、次週からのボロス編が逆に心配になります。

何はともあれ、スタッフやキャストの皆さまには「こんなに素晴らしい回にしてくれてありがとうございます」と言っておきたいです!

P.S.
サイタマは器が大きいと書いたけど、より正確に言うと他者からの非難に対して鈍感で気にかけていないのではなく、内面は傷ついているのにそれを表に出さないんですよね。「喝采なんて欲しくはない」というストイックさ加減ですから。
でも、普通の人と同じように心は傷ついている・・・それに気づいているのがジェノスと無免ライダー(あと、シルバーファングも)。
だからおでん屋さんのシーンでサイタマは微笑んでいる。言葉にしなくても通じる親友が一人増えたから。
英雄は英雄を知るといいますが、この1点だけをとっても、無免ライダーが真のヒーローであることが証明されていると思います。
スポンサーサイト
518-9zClTnL__SX344_BO1,204,203,200_「プロローグ」円城塔・著 文芸春秋社・刊
2015年秋、円城、無双。

「シャッフル航法」
「エピローグ」
「雨月物語 現代語訳 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集11)」
そしてこの「プロローグ」

この秋、円城塔が次々と新刊を発表しています。しかもその内容が、攻めてるっていうか、常に挑戦的というか実験的というか・・・。
一言で言うと「怖いもの無し」、無双状態です。
この感じ、私が若い頃の筒井康隆、「虚構船団」とかを書いてた頃の筒井康隆を思い出すなあ・・・。当たるを幸い、なぎ倒しちゃってるよなあ・・・。

「プロローグ」は作家である「わたし」が、作品の背景となる地「カナン(川南または河南)」と、登場人物となる13の部族を最初に決めて、その登場人物たちの設定、行動を書き継いでいくのと同時に、物語を生成していくプログラムや日本語の表記のことを考察する。13人の登場人物たちは自分の置かれている設定を意識しつつ、物語のはじまりの謎に迫っていく。

大まかに作品を説明すると、こんな感じなのですが、この作品から受ける印象はやはり「私小説」というか、「円城塔のひとりごと」。
円城塔が文章を書くとき、こんなことを考えてるのか、なるほどな、ワッケわからんわ、という感じです。
先日、「シャッフル航法」出版記念サイン会に行ったとき、円城さんが「小説を自動生成するプログラム」の話や、「なぜまだ紙の本があるのか。すべてデジタルデータにすればいいのに」とか、「自分が小説で使う形容詞をプログラムでカウントしてみたら・・・」とか、物語ること、言葉、についてのいかにも理系な発言の数々に驚いたものでした。
しかしあの時の発言の数々は、実はこの「プロローグ」で「わたし」がつぶやいていた言葉の数々と同じだったのね。
そのあたりが、私がこの「プロローグ」対して感じる私小説というか楽屋落ち小説っぽい感じ、やりたい事やっちゃってる感じ、無双っぽい感じのもとになっています。
作品中に作者が出てきて創作裏話を語りだす、こういう事はやはり全盛期の筒井康隆がよくやってた記憶があります(「虚構船団」も第二部が確かそんなパートだった)。

しかし、この「プロローグ」に出てくる13の部族の苗字、というのがなんと、朝戸(アサド)であったり榎室(エムロ)であったり蔵人(クラビト)であったり英多(アガタ)であったりするのです。そう、先月早川書房より発行された「エピローグ」の登場人物たちの名前。
しかも英多は「船長」であったり、榎室は「イザナミ・システム」の開発者であったり、設定までも共通しています。
と、いうことは・・・?
「プロローグ」で名前とともに生み出された部族たちが、架空の地で繁栄し、やがてOTCの侵攻を受けて現実から撤退していく姿を描いたのが「エピローグ」ということなのか?
「プロローグ」と「エピローグ」があるなら、本編もやがて何らかの形で書かれうるものなのか?
作中で語られる、古い地層から出てくる巨人の骨の謎や、駅の地下に広がる空間の謎、などなど、この先に続くと思われる話もありますしね?

内容は私小説っぽいひとりごとの他に、登場人物たちの細かいエピソードの積み重ねですが、中でも妙に日本の遺跡や伝承に詳しい「ペドロ」の薀蓄が面白い。円城塔が理系ひとすじの人ではなく、民俗学的なものも大好きなのがよく分かります。
「日本語」に対する探究心、「日本史」についての興味。
ああ本当に、円城塔はこの先、どんな方向へ向かっていくのだろう・・・。

そしてこの小説が私小説であるならば、「わたし」の周囲に起こることは円城塔の周囲に起こっていることだということになります。
作中で「わたし」の家に赤ちゃんが生まれ、「わたし」はその子の写真をとるためにそれまで興味のなかったカメラを買いあさり、やたらカメラに詳しくなってしまうという、微笑ましいエピソードがあるのですが・・・?
これって、もしかして・・・おめでとうございます?
(ファンだと言っているわりに、円城塔のことを良く知らない)

何はともあれ、もはやひとりごとさえもが文学になる、無双な状態の作家の最新作、ケチくさい日常から離れて頭を柔らかくしたい人にはうってつけです。

スペクターの声が割れるのまたヨシw


いいですねーマコト君!
変身ポーズも低い姿勢で気合い入ってるし、感情的になって声が割れまくりなのも好ましいww
もともとモデルである山本くんが、役者としてどうなのかとか、ゴーストが終わったあとに普通の役が演じられるのかとか、そんな事はこの際どうでも良く(本人的には良くないと思いますがw)、ただ、2番手ライダー役者として見たとき、必要なものを全部そろえて持っている、という気がします。
この先チェイスみたいに、変なキャラがどんどん立っていくだろうと思うと、楽しみ~♪

さて、待ちどおしくてたまらないドライブ&ゴーストの冬映画ですが、今週の東映公式サイトによると、ゴーストサイドの悪役がダヴィンチ・ミケランジェロ・ラファエロの眼魔。その3体のガワが・・・ダサすぎる・・・ガクガクブルブル
ゴースト面白いんだけどね、眼魔のガワがチャチなのはどうにかならないですかね?
平成ライダーを見続けてきましたが、こんなに安っぽいガワは正直初めて見たような気が・・・。
ベルトを捨てて生身のままで悪と対峙していく道を選んだ進ノ介が、復活したベルトさんと共に迎え撃つ「最大の敵」として登場するのがあのダヴィンチかと思うと・・・(T.T)
ハート様・ブレン・メディックの3人組は真っ黒い衣装でご登場、こちらは相変わらずのカッコ可愛さ。彼らに再会できると思うだけでも、冬映画が楽しみです。

TVを見ていたら、岡山県倉敷市で毎年秋に開催されている「コスプレイベント 1000人の金田一耕助」の様子が紹介されていたのですがコレが滅法面白い!
倉敷市の岡田村(現在は真備町)は戦時中に横溝正史が疎開していた地。金田一シリーズの作者にゆかりの深いこの地で、町おこしの一環として始まったらしきこのイベント、毎年参加者も増え今年で7回目。
当初は「金田一耕助の恰好をして町を練り歩く」という、地味なイベントだったのが、徐々に全国の金田一マニアが集結しはじめ、また、ここ最近のコスプレ文化のあおりを受けて、かなりマニアックなコスプレイベントに成長しているようです。

イベント参加者も、金田一スタイルはもはや少数派で、白い仮面の助清(犬神家の一族)や鉢巻に蝋燭を何本も立てた田治見要蔵(八墓村)、果ては「木」というのもありました(着物姿の若い女の死体が逆さ吊りになっている木。「獄門島」に登場)。
いやー、コレ、イベントとしてすっごく楽しくないですか?
「スターウォーズ」や「パシフィック・リム」「マッドマックス」などのカルトムービーの上映会にこぞってコスプレ参加するあの感じ。
しかも対象が横溝正史なので、良い年をした上品なおじいちゃんでも金田一スタイルなら難なく参加できるという正統派っぽさと、重箱の隅をつくような零細キャラの仮装にトライして、「そう来たか!」という賞賛の声を浴びるマニアックさ、両方が楽しめる間口の広さ。
(去年は「獄門島」の釣鐘、という仮装もあったらしいww)
更に、昭和の出版界を彩った大物作家ゆかりの場所、関係者もまだご存命の地を練り歩くという学術的(?)な興味も満たされ、また、参加者全員が濃い横溝マニアであるという一体感も味わえるという、ファンにとっては本当に美味しいイベント。

私もこのニュースを見て大いに興味をそそられ、自分がコスプレするんなら何がいいか考えたのですが、やはり見た目のインパクトから言っても「八墓村」に登場する双子の老婆、小梅・小竹、コレしかない! 
しかしその為には、もう一人、同じような背格好の横溝ファンを探さねば・・・。
どうです?
誰か私と一緒に来年、小梅・小竹で倉敷行きませんか?
若い男性だったら、普通のシャツとズボンで手袋してフルート持っているのが簡単でさりげなく恰好いいと思います(「悪魔が来たりて笛を吹く」より)。
若い女性は派手に振袖を着て、髪が黒髪のおかっぱで、手毬を持っていて欲しいかな(「悪魔の手毬唄」)。
全身に菊の花をくっつけて、菊人形というのも良いかも(「犬神家の一族」)。

あと笑ったのが、ニュースでは更衣室(コスプレイベントの必需品!)の看板も映していたのですが、「男性用更衣室」の図案がなんと、「犬神家」のあの湖に逆さに突き出た二本の足の図なのよ。
開催者側の遊び心も相当なものですwww

毎週録画して楽しみに見ているアニメ「ワンパンマン」もいよいよ8話、待望の深海王編。
個人的には、前回の隕石落下とこの深海王の話が一番好きなのです。ヒーローとは何か、正義とは何か、そんな重いテーマをこれだけ真正面から扱った作品は他にないと思います。
なのに堅苦しくならず、基本ギャグってところも素敵w

さて今週は、スティンガーとイナズマックスという二枚目ヒーロー人気者コンビ、見たら早く帰りたくなるぷりぷりプリズナー、蛇狡拳スネックほか弱小ヒーローの皆さま、短い髪型もお似合いのアマイマスク様、ついに脱いだ! 変質のソニック、そして個人的に最もヒーローらしいヒーローだと思っている無免ライダー、と、キャラが立ち過ぎな奴らが勢ぞろい。
しかも敵は、ワンパンマンの怪人の中でも怖さ最高峰の深海王。
(もっと強い敵はいることはいるのですが、深海王は一般人が批難しているシェルターを破って侵入してくるとか、表情の邪悪さとか、ジワジワ来る怖さがあります)
そして我らがジェノスとサイタマ。
うーん、こうして登場人物を並べてみるだけで、何て豪華なんでしょう。
(あと、サーフボードを抱えて悲鳴を上げてる金髪美女もぜひカウントしたい!)

特に、無免ライダーのアニメ版追加エピソードが良かった。
家でインターネットを見ながらサイタマの事を知り、
「同じC級として自分も頑張らなきゃ」とつぶやく場面。無責任なネット掲示板の書き込みを見ても「凄いなあ、自分も頑張ろう」って思えるその心の素直さ。住んでる部屋が貧乏くさいのもナイスです。
「くそ、こんな時に赤信号か!」にも笑いました。あー、ほんとにますます無免ライダーが好きになっていくわーww

あと実は、イナズマックスも割と好きなんです。弱いけど、外見とか決め技とか、絵に描いたようなヒーローじゃない?
その彼の「くぁwせdrftgyふじこlp!」という叫び声に声優さんが苦労してるのが感じられてまたちょっと笑ってしまった。
次週予告の、スティンガーとイナズマックスの掛け合いも「いかにも」って感じでしたね。スティンガーの奴が元気すぎww
タケノコソードは、最初は茶色い皮をかぶっていたのに、戦いの最中にすべて剥がれてしまったらしく、最後のほうではむき身になっているのも細かくて好きw

いよいよ次週は山場、無免ライダーの見せ場でもあり、サイタマの見せ場でもあり、ジェノスもまあ見せ場っちゃあ見せ場(T.T)。
原作をすでに読んでいる私ですが、このアニメ版は原作とは違う良さがあるので次週の盛り上がりには大いに期待しています。
殺伐とした話なのですが、ラストのおでん屋さんのシーンで胸が温まるというか熱くなるのよね・・・。
そしてCMの前後に登場するヒーローのシルエットは、無免ライダーで決まりだね! やはりジャスティス号立ち漕ぎモードだろうか(笑)
あー、早く次週が見たい!

昨日は連休の中日、会社の同僚と紅葉を楽しみに高尾山に行ってきました。
・・・が!
紅葉ではなく人混みを見て帰ってまいりました・・・(T.T)

そもそも今年は11月になっても気温が高いせいか、あまり紅葉が綺麗ではありません。
他の地域のことはわかりませんが東京近辺では、もみじの葉も、まだ青いままに先の方から茶色く枯れてしまっている木も多いです。
でも、高尾山なら一応山だから、紅葉も見られるかな、と思い行ってみたのですが。

京王線の高尾山口の駅に着いたのがAM10:00ころだったのですが、駅の構内がすでにコミケ状態!
改札を抜けるも大変です。駅構内の女子トイレなどもすでに大行列。
高尾山では毎年、この時期に「もみじ祭り」なるものを開催していて、年間を通して一番の人気シーズンだったのです。
まあ、私のようなインドア派が重い腰を上げて観光に行くくらいですから、人が集まるのも道理なのですが・・・・
山道もとにかく、人の流れに乗って登っていくような感じで、花火大会の会場に歩いていく感覚に近かった。
外国人観光客も多く、一見日本人でも近くに寄ったら中国語をしゃべっている人たちもかなりの割合でした。

ふもとから山の中腹まで登れるケーブルカーも2時間待ちの行列でした。
私は高尾山に登るのは初めてだったのですが、正直、高尾山を舐めていました(T.T)
山登りが趣味、というご老人たちを尊敬します(T.T)
疲れるというより、いつも使わない筋肉を使い過ぎたせいか、足の付け根が痛くてたまらなくなってきました。
途中、休憩できるようなベンチもありますが人で埋まっていて、腰を下ろす場所がありません(T.T)
お団子屋さんでおいしそうなお団子も売っているし、ホットドッグと冷たいビールを食べられるお店もあるのですが、すべてが行列。マジでコミケ状態。
コミケなら最初から覚悟と準備を固めていくのでどうってことはないのですが、「朝ごはんは軽めでいいや。途中でとろろそばでも食べようっと♪」と軽い気持ちで登り始めた自分にとっては、もはや死の行進状態に・・・。
子供連れの人とか大変だったと思います。途中であきらめて下山しても、ふもとのお店もすべて超満員で休む場所もないのですから。
そしてコミケより大変なのが、トイレ事情。
多くは語りますまい。高尾山だって、あんな、花火大会やコミケ並みの混雑を想定しているわけではないのですから、仕方のないことではあります。

私たちは運よく、登山の途中で「権現茶屋」というお店に入ることができ、トイレも無事に済ませ(笑)、名物の「八王子ラーメン」を食べることができました。
(八王子ラーメンは地元八王子の野菜を使ったラーメン。おろした玉ねぎがトッピングされていて、それが甘くておいしかったです)
このお店は景色を見ながら食事できるベランダ席もあって、オススメです!

さて、そんなこんなで苦労しいしい上った山頂、残念ながら曇り空だったので見晴らしは良くなかったのですが、それでも「やりとげた!」感が半端なく、いい空気を吸って満足しました。
ただ、ここももちろん人混みが凄くて、まっすぐ歩けないし腰を下ろす場所もないのよ(T.T)
そして残念ながら、山頂まで来てもやはり紅葉はイマイチだった・・・(T.T)

そして下山したのですが、登りも大変だったけど、ずっと下り坂、それも急坂というのがまた、足に来まして、もう本当に大変でした。
途中、ケーブルカーやロープーウェイの駅もあったのですがもちろん長い列ができていて、乗る気にはとてもなれません。
(外国人がその光景を見て「オーマイガー!」と言っていたのが可笑しかった)
ふだんから体を動かしていないオタクが「紅葉が見たい~♪」などと軽々しく登山などを計画してはいけないな、と。たとえそれが高尾山であっても(T.T)
ふもとで(20分くらい待って)甘味屋さんに入り、あんみつを食べトイレを借り(笑)、ようやく帰路につきました。

そして今日、まだ疲れが抜けない上にそろそろ筋肉痛が始まりかけています(T.T)
まあ、いい経験といえばいい経験でした。

とりあえず今回の教訓は、

①紅葉の季節に高尾山には行くな

コレに尽きる気がします(T.T)
まあ、平日なら良いのかな・・・。
休日にどうしても行きたいのなら始発で行け、と。
あと、
②朝からあまり水分を取るな(トイレで困る)
③弁当持参で行け(運がよくないと食堂に入れない)
④帰りは夜になると思え(とにかく人が多いので、ただ歩くだけでも時間がかかるし、お店に入るのもトイレに入るのも時間を使う)
⑤子供と老人には気を使え(途中、泣いている子供や絶望した顔になっているお年寄りがいて見るのが辛かった)
などなど。

以上、高尾山に行こうとしている人にとって、何かの参考になれば幸いです。

スペクターの正体キター! ってか気付けよ!

10年前まで仲良く遊んでいた幼馴染のお兄ちゃん、多少髪型とか表情が変わっていても気付くだろ。
ってか気付いてやれよ(T.T)

・・・まあ、そんな揚げ足を取るような箇所に難癖をつけてもねw
今週は珍しく引きのある回だったので感想があまり浮かばないのですよ。
それより、CMタイムに挟まれる冬映画の予告影像ばかりが気になって気になって・・・。
東映公式を見ると、なんと今年の冬映画は最初からドライブパートとゴーストパートに分かれておらず、一つの世界でストーリーが進むらしい。うわあ嬉しい。
予告影像を見ても、進ノ介たちがお寺の中でタケルたちと差し向いで会話していたり、剛がバイクで境内に乗り入れたり、ごく自然に、ゴーストの世界にドライブの人物たちが存在しているのが分かります。最終回後の進ノ介はじめ、ドライブの登場人物たちが日々の暮らしをゴーストのドラマの裏で送っているのかと思うと、それだけで嬉しい。
映画では進ノ介の霧子への求愛がちょっとだけ進展するらしく、それも見ものですww
あと、ドライブ・マッハ・ゴースト・スペクターの4人が並んで一度に振り向く影像があったけど、映画公開までにスペクターは仲間になるのかな? 彼はおそらく、味方になってからの方が面白い味のでるキャラ(ハリケンジャーの雷兄弟みたいにww)なので、これも楽しみです。

最初、ちょっとへなへな気味かな? と思っていた西銘くんですが、今週あたり見るともうすっかり立居振る舞いや動作にヒーローとしての貫禄が出ていますね。
変身ポーズも決まってます!
やはり西銘くん、なかなかの大物という気がします。正直、はやく仮面ライダー以外の役をやってる所が見たいです。


 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。