プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

(先週に引き続き)
アラン様かっこ良すぎか!

なんかもうね、磯村くんがノリノリだよね、今までの鬱憤を晴らすがごとく・・・!
変身して初めてわかる、彼の声の、意外な低さと大物臭。
「デストローイ」と応える点眼ブレスも相変わらずカッコいいです。
ただ、ネクロム(白も黒も)の、顔が丸く前に突き出しているのにどうしても違和感がぬぐえません(T.T)
アクターの人も、視界が狭くて大変そう・・・

マコト兄ちゃんの暗黒面落ち、そしてアランの世界(単なる「死後の世界」とはまた、ちょっと異なる模様・・・)の深まる謎、タケルの心の揺らぎ、などなど、先の見えないドラマがますます読みづらい展開になってきました。

新キャライゴールさん、あざといまでのキャラ設定(ドライブで言うと仁良課長的な?)がなかなかいい感じなのですが、どうもジャベルさんと同じく噛ませ犬の匂いしかしない・・・(T.T)
そして東映公式サイトによると、次週、いよいよアランたち兄弟のお姉さまが登場らしい!
ゴージャスな悪役美女がいないのが、前々から寂しく物足りなく思っていたのでこれは大歓迎です。

あと、卑弥呼アイコンの時の高岩さんの、ゲームキャラみたいな無双女子の動きもイイです!
卑弥呼アイコン、これからも便利にたびたび登場しそう。ってか、今回登場の彼女が「卑弥呼研究会」の副会長だったって事は、「会長」を名乗る人物とはいったい・・・?
ほんと、ゴーストは毎週、予想を超える展開を見せるので目が離せません!

職場のラジオで朝一番に、「アースウィンド&ファイアー」のモーリス・ホワイト死去のニュースが。
ついこのあいだ、デヴィッド・ボウイの訃報に接したばかりだというのに・・・。
なんかもう、ひとつの時代が終わった、というより寿命を迎えたのだなあ、と思わずにはいられません。

私が学生だった頃、世の中あんがいSFブームでした。
アースウィンド&ファイヤーも代表曲は「宇宙のファンタジー」ですしね。
ちょうど、シンセサイザーが一般的になってきた頃で、ヒュンヒュンピコピコした音が音楽にも普通に使われるようになってきた時代です。小泉今日子もこのころ、「迷宮のアンドローラ」というSFっぽい曲を歌っていたなあw
喫茶店には普通に「インベーダーゲーム」がありました。デジタル文化の萌芽期ですね。

YMO(イエロー・マジック・オーケストラが電撃のように登場し、音楽界のみならずサブカル界に衝撃を与えました
が、その音楽もさることながら、彼らのファッションや髪型の中国趣味(当時は人民服)がオシャレだったのですよ。
そう、当時は中国趣味がオシャレだった。「ドラゴンボール」の舞台が中国っぽいのは、その時代に連載がスタートしたからですよ。
なんで中国趣味がブームだったかというと、当時の中国はまだ天安門も白猫黒猫もない時代で、「なんか今は貧乏で純朴っぽいけど実は歴史すごくて独自の文化と伝統のあるミステリアスな国」というイメージだったからです。
サントリーのCM(確か、ウーロン茶だったと思いますが)の、中国を表したキャッチコピー「大きな力は、ゆっくり動くんだな」が流行りました。
それに、NHKの「シルクロード」の放映もこの頃でしたね・・・あの頃の、いいイメージの中国が懐かしい。

話がそれましたがアースウィンド&ファイヤーね。
私は若い頃からSFオタクだったので、当時のリア充たちの集うクラブなどには行ったことがないのですが、まあ、あのころのディスコブーム、ダンスミュージックの代表がEW&Fでした。「宇宙のダンタジー」もいいけど「セプテンバー」も好き。今でも9月になると必ずラジオから流れてきます。

こうしてみると、「あの時代」ってSFとダンスと中国とピコピコでできていたんだなあ(笑)
この少しあとにマイケル・ジャクソンの「スリラー」が登場し、また違う時代が始まるわけです。

ところで先日亡くなったデヴィッド・ボウイが星座になったというニュースを読んだのでご紹介。
「In Deep 」という、私が良く覗いているサイトの記事なのですが、転載は自由と書いてあるのでお言葉に甘えさせてもらいます。
「すべての新たなるもののためのすべての終わりに向かって」:空には十字や北のミサイル、地表には血とメタン。それらがすべて33度線の予兆の下に集約する今 というタイトルの記事に書かれていた話題です。
(この記事もその他の記事もとても面白いので、ぜひ読んでみてください!)

なんと、新たな星座、その名も「デヴィッド・ボウイ」が誕生!
aladdin-sane-constellation-02.jpg

今まで他の星座の一部だった7つの星をただつなげただけなのですが、ベルギーの公共天文台が星座として登録しているそうです。
ふざけてんのかベルギー?(笑)
まあ、面白いからいいか(笑)
そもそも「デヴィッド・ボウイ」というより、ただの稲妻型だし。
以下の7つの星なのですが、スピカが明るいので割と見つけやすいのではないかな。春の夜空で探してみたいです。

・てんびん座シグマ
・おとめ座スピカ
・おとめ座アルファ
・ケンタウルス座ゼータ
・SAA 204 132
・みなみのさんかく座ベータ
・SAO 241641

アニメ「おそ松さん」のDVD第一巻が1月末に発売になり、初回だけで8万本売れたそうで、ネットのあちこちで話題になっていました。
そこで男性陣が理由として挙げているのが「腐女子狙い」の言葉。
もう、腐女子狙いなら何万本売れようと仕方かない、キモいんだよ、あざといんだよ、と思考停止しておられますな。

まあ、今までの腐女子ウケ作品、例えば「弱虫ペダル」とか「ハイキュー!」とかのアニメのDVDがどのくらい売れたのかあまり知らないので、以下、乱暴な発言になってしまうのですが、「おそ松さん」は腐女子アニメの中でもおそらく断トツの売り上げでしょう。
その理由はズバリ、「キレイで可愛い」からですよ!
「おそ松さん」の第一印象が、「ずいぶんキレイな絵だなあ」でしたもん。
青や緑の描線、紫の影。
カラフルな背景とキュートなキャラクターデザイン。
やっぱ女の子は、自分の手元にはキレイで可愛いものを揃えておきたいのですよ。化粧品なんかだって、ほとんどパッケージのデザインで選んでるんだから。自分の爪だってデコっちゃうんですよ? 乙女心なめんな。
しかも「おそ松さん」は長編ではなくて、短い話が何話も集まった作りになっているではないですか。
コレにまた、女の子は弱いですよ。色とりどりの宝石箱やお菓子の詰め合わせのようなものですよ。
その上、ギャグなので何度も見ても重くない。「進撃の巨人」とか、いくら好きでも何度も見てたら暗い気持ちになっちゃうものね。

・・・以上、見てきたように、「おそ松さん」には女の子が好きな要素が揃っていて、まあ売れるのも分かるな、という気がします。
「腐女子狙いだから」というのもまあ、はずれてはいないと思うのだけど、「おそ松さん」は腐女子文化、BL要素をむしろ笑いのネタにしているじゃないですか。F6の出てくる回(第一話、クリスマス回、松戸松楠)は完全にBLをギャグとして扱っていますよね。
ただ、腐女子というのはことのほか自覚的で自分を客観視している人が多いので、ストレートな腐女子狙い(「「コー〇ギアス」とか「うたのプ〇ンスさま」とか?)よりもむしろ、こういうお笑いネタのほうが好感度が高いのでは。

あと、「声優が豪華だから」というのも良く聞く理由なのですが、私は声優のことは全然分からないので、そこには言及できません。
個人的には、声だけで選んだら、トッティが好きかなw
ごひいき声優に惹かれて「おそ松さん」を見始めて、そのままハマってしまった女の子も多いんだろうなあ・・・。

「おそ松さん」の大成功を受けて、おそらくアニメ会社では過去のアニメ作品のリメイク企画が多数持ち上がっていると想像されますが、まあ、女の子に買ってもらおうと思ったらとにかく絵がキレイで可愛くないとダメだと思うよ、というお話でした。

アラン様かっこよすぎか!

最初見たときはエスニック調の手越君にしか見えなかったアラン、ここ数週でめきめきと表情や言動にメリハリが出て、どんどん好きになってきていたのですが、今週はもうあまりのカッコ良さにもはや「アラン様と呼ばせてください」状態でございます。

最初の頃は仮面ライダーの悪役にありがちな、ピアスとか付けちゃってて服が派手で言動がニヒルな美形悪役かと思っていましたが(正直、ドライブのハート様も最初そう思っていたのだが、途中からあのお心の広さに惚れてしまった)、いやー、まさかこんなカッコ良い3番手ライダーになるとはね。
ジャベルさんやお兄さんと同じような、黒い詰襟軍服もお似合いで、一気に凛々しさが増しました。(いやまあ、今までの貧乏な旅人みたいなファッションがアレだったんだけどね・・・)あらやだ、こんなに美形だったのねこの子ったら・・・キャーw
また、ネクロムになっている時のクールな口調も良い。声だけの時のほうが、キャラを作りやすいのかしら? それとも、スーツアクターさんの動きとの相性が良いの?
アラン役の磯村くんの、「うわ、この役カッコいい! このキャラ演じるの面白くて楽しい!」という心の弾みが感じられるような気さえします。いい感じにノリがよくなってる。

それに、ネクロムのデザインも配色がメロンみたいで高級感があって(笑)、好きですねー。
変身するためのアイテムがベルトでなくてブレスレットタイプなのもイイ。
そして変身時の声「イエッサー」がイイ! 王家のヒーローに仕える有能な執事みたいなアイテムなのね(笑)
ちなみにあのブレスレット、「メガウルオウダー(目が潤うだ)」という名称らしい!
このようなオモチャが出ているということはやはりこの緑のライダー、ゴルドドライブみたいな悪役ではなく、子供たちの人気者、正義のヒーローなのでしょうね。
「ネクロム」という名前もなんか屍者の帝国みたい(?)でカッコイイ!
ただまあ、顔が丸く前に出ているのがマヨネーズか何かのキャップみたいなのが「???」ですけど。

東映の公式サイトの記事を読むと、磯村くんは仮面ライダーとしての登場を「クランクインしてから約半年、今か今かと待ちわびていた」と書かれていますから、アラン役が決まったとき、仮面ライダーに変身する役である(つまり最終的に悪役ではなくヒーローサイド)ことは知らされていたのでしょう。そりゃあ、テンションも上がるしノリも良くなるでしょうね。
今まであまりドラマに絡んでこなかっただけに、ここからアランがどういった動きを見せ、どういった展開になるのか非常に楽しみです。

PREV PAGE «  BLOG TOP