プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事はしばらくトップにあります。
新しいブログ「第Qの封印」を作りました。
基本的に、私の好きな陰謀論ネタとかオカルトっぽい話題を書いています。
(この「第Q地区」に書いても良いのですが、ここは明るく楽しい趣味のサイトを目指しているので、雰囲気が合わない記事は別ブログに書くことにしたのです)
まだ記事も少ないですが、このブログの右上、リンクのコーナーにもリンクが貼ってありますので、興味のあるかたは覗いてみてください。
スポンサーサイト

ジュウオウジャーのメイン脚本家は私の大好きな香村純子さん。
今週の「リングに吼えろ」は、短い時間の中にも香村さんならではの心理描写というか、男のロマンが感じられてとっても良かったです。

デスガリアンの怪人に捉えられたレオとセラは、リングの上で戦わさせられるのだが、レオは女であるセラを本気で攻撃することができない。一方セラは、レオが本気を出さないことに対して、「女である自分を舐めている」と怒りを抱いている。
セラの「女としてのプライド」にも共感できるし、レオの「女に本気出して勝っても恰好わるいだけ」という言葉にも共感できる。
セラにはプライドを貫くことで華を持たせ、レオには「理屈じゃねえんだよ。オレ馬鹿だし」というような、駄目な男の恰好良さを出して華を持たせ、見終わったあと、どちらも好きになれる良い話でした。
レオの男くさくて馬鹿っぽい感じは「ウィザード」の時のコースケ(ビースト)に似ていて、私の好きなタイプです。さすが香村さん、男の可愛さみたいのを出すのも上手です!

ただ今週でいうと、タスクが靴下の匂いを嗅ぐ話、ちょっと引っ張りすぎじゃないですか?(笑)
「セラの靴下はさすがにマズイ」って、私、言われてもしばらく何がマズイのか分からなかったし(笑)
子供と一緒にTVを見ているパパやママ、子供に「どうしてマズイの?」って聞かれて動揺しちゃってたんじゃないかと心配ですw

キュビちゃん、まさかのレギュラー化。

「キュビちゃん」って、キュビズムから来てるっぽいけどなかなかアカデミックな命名じゃありませんか?
岡本太郎と山下清を足して2で割ったような面白いキャラクターですが、敵方の怪人が仲間、しかもレギュラー化というのも珍しい。
こういう所もゴーストの、地味に掟破りというか、予測できない斬新さだと思います。
まあ、キュビ波の需要が無くなったら消してもいいわけだが(黒)

眼魔の世界の様子が少しずつ明らかになってきていますが、明らかになるにつれて逆に世界が狭くなるといいますか、「結局、この一家しか人間はいないの?」という疑が出てきてしまうのが残念なところです。
しかも「父親に愛される息子と愛されない息子」とか、「エデンの東」ばりの家庭内ドラマというかお家騒動というか、そんな展開になりそう。予告などを見るに、次週はアデルが父親を倒して眼魔の世界の支配者になろうとするみたいだけど、アデルってちょっとまだ大物感というか、貫禄が無くて心配。やはりここは、お姉さんの暗黒面落ちに期待したい。

アラン様が人間の世界を無駄にウロウロと歩き回っていて「ゲームの中の『町の人』みたい」と先週書きましたが、今週の父親との会話によると、どうやら彼は人間界を視察する目的で眼魔の世界から派遣されてきていたらしい。無駄に歩いていたわけじゃなかったのね(笑)
「空が青いです」というのは美しい言葉だし、それを口にするときのアラン様の柔らかい表情もいい。
しかし、だとすると初期の、あの旅人みたいなファッションは人間界になじむためのカモフラージュだったのか?
西園寺さんといつも一緒にいたのは何だったのか?
このへん、うまい具合に回収してほしいですね~!

それにしても、魔法陣(?)の中に立って呪文を唱えている父親にいきなり話しかけるアデル兄さん、ちょっと非常識というかKY(空気読めない奴。懐かしいw)じゃないですか? そtれを注意されて逆ギレって、器が小さくないですか? 
眼魔の世界の支配者として、役不足じゃないですか?
やはり最後、お姉さんがあの白いコートを脱ぎ捨てて「家族みんなで潰しあいなさい。私はこの時をずっと待っていたのよオーホホホ!」って高笑いしてほしいですw

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。