プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


さあ乱入しておいで、ザ・ワールド・・・

↑ジニス様のこの口調が大好き♪
ジニス様、ザ・ワールドのことが可愛くて可愛くて仕方がない、というご様子。今週もわざわざ歩いて(!)ザ・ワールドの定位置っていうか洗脳部屋まで行って顎に指をかけて顔を持ち上げるとか、もういちいち攻めオーラが強すぎてそんじょそこらのBLどころの比ではないのですが・・・。
いまだかつてこんなに「色悪」という言葉が似合うラスボスがいただろうか。
(でも、私の推しカプはナリア様×ジニス様だけどねw)

さて、そんな敵方に愛されまくりのザ・ワールドですが、早くも洗脳が解けてしまいましたね。史上最速!?
いやしかし、このパターンでこのまますんなり味方になるとも思えない・・・。多分、この先もナリア様やジニス様が遠隔洗脳ビームみたいのを浴びせてきて、そのたびに「ウォオオーッ! お、おれは一体・・・?」みたいになると予想(笑)
そして素顔も明らかになりましたが、うーん、先週も言いましたがどうも私、彼のボディラインが嫌いすぎて(体脂肪率が異常に低そうで肉付きが悪いくせに筋肉質なのがイヤ)、顔立ちよりも身体に目がいってしまうので今のところ、彼じたいも嫌いです。変身後のガワは大好きなんだけどね・・・。

東映公式によると、素顔のザ・ワールドこと操くんはかなり「ぶっとんだ」キャラクターらしいので、ガワのあの気だるそうなニヒルっぽい感じの対局の、ハイテンションお笑いキャラなんじゃないかな、と予想しています。
いや、なんか顔立ちが今田耕司さんとかモンチッチとか、お笑い芸人に似てる気がしてね(笑)、多分、うるさいほどに喋りまくるキャラなんじゃないかと。で、変身後は無口でクールなキャラという、ギャップのある奴じゃないかな・・・?
どっちにしても、現在のジュウオウジャーの5人がバランス取れてて仲良しなので、そこに後から入っていくのは大変そうだな、と思います。
早く仲良くなれるといいな!
あと、早く服を着てくれるといいな!

そして今週も、ヤマト君の、せつせつと語りかける泣きの演技がイイ・・・!
なんかこう、リアルなんですよね、ヤマト君の言動は。
前回の「(ザ・ワーリドのことが)怖いけど、でも、みんなを守りたい」という発言といい、今週の「彼だって悩んで苦しんでいるはず」という信念といい、なにかこう、ヒーロー以前の普通の優しい青年の、気取りのない素直な言葉だなあ、という感じがします。
熱血ヒーローもいいんだけどね、熱血であることに甘えていると言葉にも行動にも重みがないというか、納得できなくなってしまうものね。
ヤマト君は見るたびに、「分かる・・・」って思えるんですよね。

そして今週、なぜか突如進化した「金のパンダ」とは一体?(笑)
クマが気合い入れるとパンダになるのか?
オモチャ売るのも大変なんだろうな(T.T)

スポンサーサイト

「ライトハンド奏法」に大笑い!

原作で読んだときより、演奏の音が入っているぶん、音石のキャラが立ってていちいち可笑しかったです~!
折られた小指で「レフトハンド奏法」って、ギャグなのかそれとも教育テレビ的な親切な解説なのか?(笑)
音楽に疎い私は思わず、「レフトハンド奏法」の意味を調べてしまいましたよ!
左手の指を酷使する奏法らしい。うーん、音石、頑張ったなあ。アッパレ!

海外のジョジョファンの感想を集めたサイトを読んでみたのですが、「ジョゼフがヨボヨボになっていてがっかり・・・」という声が多かった。
うーん、分かってないなあ皆さん。確かに2部のジョゼフは恰好よかった。
だがしかし、ヨボヨボになっても恰好いいのもまたジョゼフだけですぞ! 
ボケてもいい味だしてる承太郎さんとか、想像できないでしょうが!(仗助はいい老人になれそうな気がする)
次週が「やばいものを拾ったッス!」ということは、老ジョゼフの名セリフ「色をつけておるんじゃよ・・・」が聞けるというわけですよ。
あのセリフを聞いてもまだ「ジョゼフがヨボヨボでがっかり」なんて言う奴は「カッコいい」の意味をわかってない奴ッスよ!

今週の、父親に初めて手を貸す仗助がうっすらと赤面しているのも可愛かったですね~。
ボケたジョゼフに仗助が何かと振り回されるエピソードの数々も、微笑ましくって大好き。年の離れた、しっくり行ってない親子ですが、基本的に二人とも優しくってね、お互いがお互いの魂を少しずつ認め合っていく感じも好きだし、なんか男同士の秘密(母親の朋子に、結局会いにいかずに帰るところなど)を共有していくうちに無言の友情みたいのが生まれていくのも好きだし、なんだかんだ言って仗助が老ジョゼフに甘えている(最終回、別れ際のお財布のエピソードなど)も好き。
個人的には、ジョゼフは4部のおいぼれジョゼフが一番好き!
縁もゆかりもない透明な赤ちゃんをいつも優しく抱いていて、ついにはアメリカに連れ帰って養子にしてしまうのも、そのせいでスージーQと喧嘩して少しボケが直った、というエピソードも好き。

そして康一くんの、ハイテンション解説が実にサマになってきていて、もうこれは1部のSPW以来といってもいいのでは。
「ハイスピードもぐら叩き」から「直さないから、いいんじゃないかあ・・・」まで、今週は康一くんの話術も冴えまくりでしたね!
億蓁のしゃべりもイイんだけど、何しろ彼は「馬鹿」なので語彙が少ねえっつーかヨォオ~。
でも、ゲームのCMの「なんつーか手の中でバクハツしてるっつーカンジでチョーカッコイイぜェエ~!」のセリフには笑った。可愛いすぎか!

4部では、敵らしい敵は音石のあとしばらく登場せず、このあとしばらく重ちーだの宇宙人だのマンガ家の露伴先生だの、杜王町の変人たちとの楽しいエピソードが続くはずなので、もう楽しみでなりません。
あと、最近どうも仗助より億蓁のほうがカッコよく見えてきたんですが・・・。
仗助って、長ランのせいでスカートはいてるみたいに見えちゃって、目元も睫毛が長くてパチクリしてるし、なんか女の子みたいなんッスよ!
少なくとも学ランに関しては、億蓁の方が腰がキュッと締まって見えて恰好いいと思うの・・・。あと、緑の革靴もなにげにファッショナブルで好きです。
4部はみんなの学生服もカワイイんですよね~!
あと、裕ちゃんと未起隆がどんなスタイルで登場するのかも期待大。裕ちゃんのリボンはピンクがいいなあ~ww
51aVjfmMOuL__SS400_.jpg

アメリカ人って、もしかしてものすごーくシャイなのかな・・・?


「面白いけど、エグい」と評判のヒーロー映画「デッドプール」を見てきましたよ~!
見ていただければわかるけど、とにかくガワ(マスク)がめっちゃカッコ可愛いです。
CG処理されているらしく(当然か)、目もとの表情が実に豊かで、ニンジャっぽく背中に×字型に背負った二本のソードも決まってます。赤と黒の色もいい感じです。
個人的に、ヒーローものでは外見が非常に大事ですのでね! 「ウルヴァリン」とか、外見でもう落第ですからね(ファンの人、すみません)。
デッドプールは外見だけなら今までのヒーローものでもかなり上位です。(コスチュームの基本色が赤なのは「出血しても目立たないから」という渋い理由付けもあるw)

そして、とにかく画面に凝ってます。
オープニングのタイトルロールには笑ったなあ。まあ、見てやってください(笑)
アクションもいちいちポーズが決まっていて、見ていて快感があります。「12発の弾丸」のアクションはめっちゃカッコいい!
あと、登場人物のキャラも立ち具合もいいです!
特に女性陣がすばらしくて、ヒロインのヴァネッサ役モリーナ・バッカリン、初めて見る女優さんですが、少々化粧が濃いものの気の強そうな顔立ちが魅力的。
怪力女エンジェルの、くわえタバコならぬくわえマッチの小粋さ(おっぱいポロリが見えそうで見えないのもナイスww)、X-MENの火の玉小僧、五分刈り少女ネガソニックの不機嫌そうな顔つきもめっちゃカワイイ。
さらに、主人公ウェイドの同居人、サングラスの黒人老女は靴下に小型拳銃を隠し持っているハードボイルドおばあちゃん。
男性陣では、ウェイドの通う酒場のマスター、ウィーゼル役のT・J・ミラーの、ジョニー・デップ似の顔立ちや、小心者ながら男気も持ち合わせている感じもイイです。
(「デッドプール」とは、この酒場で行われている「次に死ぬのは誰か」の賭けゲームのこと)

・・・と、まあ、ここまで褒めてきましたが、正直、この映画はどうにも無駄にグロいというかえげつないというか、後味が悪いんですよね・・・。
「キック・アス」という映画に似ていて、なにか、ヒーロー譚を作りたかったのに、過剰なシャイネスが邪魔をしてしまった感じ。
ストレートに理想を語るには少々すれっからしになりすぎてしまった感じ。
アメリカの映画で、時折この手の過剰なシャイネスを感じることがあるのですが、なにかもう、若い人の間で「熱くなるなんてダセエ。正義感なんてダセエ。ヒーロー魂なんてダセエ。ダメダメなヒーローの方がクールじゃん? 正義感なんかより、自分の欲望で動くほうがオシャレじゃん? カッコ悪いほうがカッコいいじゃん?」みたいな、露悪的といっていいような価値観が蔓延している気がします。
まあ、そういう気持ちもわかんないでもないんだけどね・・・。
ただ、そういう「とことん駄目なヒーロー」を追い求めるあまり、無駄にドジを踏んだり無駄に人死にを増やしたり、なにか見ていて痛快じゃないんですよね・・・。「馬鹿」と「痛快」は矛盾しないと思うんだけどね・・・。

まあそもそも、このデッドプールはヒーローではないんですよね。
コスチュームを着ているのも、悪役フランシスによる拷問で肌が崩れてしまったのを隠すためだし、戦う理由も個人的な復讐と、フランシスしか知らない、崩れた肌を元にもどす方法を教えてもらうため。ウェイドは顔が元に戻らないと、婚約者のヴァネッサのもとに帰れないと思っているのです。
なので映画全体を見ると、勧善懲悪のヒーローストーリーというより「恋人のもとに帰りたいと命掛けで悪戦苦闘する男の物語」というストーリーがメインになっていて、そんなピュアな男の純情を隠すために、ここまでゲスに露悪的に「クール」になっているのかとすら思ってしまいます。
なんかもう、アメリカ人のシャイさ加減が痛い・・・

あと、この映画で個人的に残念だったのが悪役フランシス役のエド・スクレインが普通のハンサムだったこと。
このエグい映画にふさわしい狂気を帯びた悪役だったら、ヤラレっぷりにももっと華があって映画全体がビシッと締まったのではと思います。なんかもう、普通っぽすぎて、デッドプールの復讐劇もスカッとしないんですよね・・・。
悪役って大事だわー。ハァ~。

B級映画マニアの心をくすぐるネタがいっぱいあるらしいのですが、私にはあまり良くわかりませんでした。
まあ、「宇宙人ポール」や「テッド」などと同じく、少々ヒネクレてしまった映画好きにはたまらない映画であるという気はします。
雑誌「映画秘宝」が好きそうっていうかね(笑)
一応アメコミヒーローの扱いですが、熱いヒーロー魂という意味では、「第9地区」などの方がよほどヒーローっぽいと思います。
面白いことは面白いけど、私の趣味からは外れている、という感じでした。

来週はお休み。。。( ´゚Д゚)・;’.、ゴフッ

オーマイガー!
このタイミングでお休みって何なのー!
たかがTV視聴でこんなにもハードなダメージを受けるとは思わなかったわー!
ジュウオウジャーはもはや私の生活の一部、というか生きる糧になっていたのでした・・・。

さーて、気を取り直して今週のジュウオウジャーだよっ☆
ザ・ワールドが早くも弱くなりかかっててワロタよねっ☆

ジュウオウジャーのいい所の一つは、敵サイドの充実っぷりですよね。
特にボスのジニス様の、ゲーム感覚が良いです。単純なゲームには倦み疲れてしまった連戦連勝のゲームプレイヤーとして、自陣に不利なハンデを負ってでも、ゲームが均衡して面白いものになることを望んでいる。
だから、今週も「もっと時間をかけて楽しみたいから」という理由で、ジュウオウジャーを倒す直前のタイミングでザ・ワールドを退却させてしまったりする。
特撮を見ていて、悪役の不自然な退却のたびに、「なんで今、とどめを刺さなかったんだー!(ここでヒーローが死んだら番組が終わってしまうから。ええ、分かってんですけどね!)」とTVの前で何年もツッコミを入れ続けてきたのですが、ジュウオウジャーに限ってはそんなツッコミを入れる隙さえない。
うーん、素晴らしい。

ザ・ワールドのあまりの無敵ぶりに衝撃を受け、意気消沈してしまうジュウオウジャー。
ここで皆の気持ちを明るくしようと、動物コスで乱入するマリオおじさんの優しさが沁みる・・・。
マリおじさんって、敵方の秘密を知っているわけでもなく、新アイテムを開発してくれる科学者でもなく、古来から伝わる秘術の伝承者でもなく、ハイテク担当の管制室でもない。それどころか、レオたちジューマンの目的も、本当の姿すら知らない。
でも、ジューマンたちが帰る「我が家」「安全地帯」の主として、いつも包み込むように優しくそして明るい。
最初は「味方のリーダーがこんな人(何もできない・何も知らない人)でいいのか?」って疑問だったんですが、だんだん、この人で良かった、この人だから良かったと思うようになりました。
なんかね、番組を見て冒険心をいっぱいに持った子供達にとって、保護者がこんな大人であったらどんなにか心強いだろう、子供が少しずつ大人になっいくときに、こういう人がずっとそばにいてくれたら、どんなにか勇気がでるだろう、って思えます。
基本、ジュウオウジャーは、ヒーローというより悩みながら成長していく若者たちの話なのだろうな・・・。そしてそれは、子供たちへの応援のメッセージなのだろうな・・・。
メイン脚本が香村先生だから、余計にそう思えるのかもしれませんが。

それにしてもサイのコスプレを見てビビッてしまったあまり、ジューマンの姿に戻ってしまったタスクにはワロタww
タスクって最近、「おそ松さん」のチョロ松にしか見えないんですww

そして早くもヘタレ気味のザ・ワールド、次週19話のタイトルが「信じるのは誰」なんですが?
早くもヒーローサイドに転向?
いや、もうちょっと悩んでもいいからね?
1ヶ月くらいは、「おれは・・・おれは一体なにがしたいんだ? ウォオオーッ!」とか騒いでいてもいいからね?
ジニス様に新たに洗脳を強化されて鎖で縛られて電撃加えられて「うわあぁああーっ!」とか悲鳴あげてくれててもいいからね?
もっとだ・・・。もっとわたしを楽しませてくれ・・・。

ザ・ワールドの人間体、ほとんど上半身裸の背中しか見てないんですけど、なんか体脂肪率が低すぎる気がしてやや心配。
変にストイックな武術オタクとかじゃないだろうな・・・。個人の趣味として、もう少しふっくら柔らかい感じの肉付きが好き。
とりあえず、味方になったザ・ワールドがどんなキャラとして定着するのかを妄想して、この先2週間を乗り切りたいと思います(T.T)

・・・ってか、シアターGロッソのショーがザ・ワールド登場のバージョンに新しくなったようだね・・・。
行くっきゃないか・・・。

ジョーカーファミリー大集合~♪

いやあ楽しい楽しい。
ロコさんの声を聴くのも久しぶりだし、シルバーハート様まで普通に乱入してました♪
(しかもスペードに「師匠は誰にしゃべってるんだ?」とかツッコミを入れられていましたねw)

クイーンのシャワーシーンという、特大サービスシーンが拝めるのかと思いましたが、さすがコロコロコミック、そんなお安いことはしないのねw
そしてクイーンの絹を裂くような悲鳴の原因が、体重3kg増というのも実にほのぼのしてて良いです(あの年で、普通にしてて3kgはけっこう大事だとは思うのだが・・・)

そして今週も、やってくれたねダークアイ/アイちゃん。
顔だけアイちゃんのダークアイに色仕掛けで迫られて、いいのかハチ、お前はそれでいいのか?
ダークアイとアイちゃんの身長とか体形の差は、今まで何とか見て見ぬふりをしてきたのにあんなシーンを見せられて、この先どうすればいいのか・・・。しかも、色仕掛けが終わったらしれっとダークアイに戻ってるし、もう何が何だか・・・。
さらにハチの「モンスターカレー」が、予告状まで出すほどのえげつなさなのにも驚くし、嵐の中でひたすらジョーカーを待つ鬼山警部の純愛もとい執念も泣けますね。

いやあ楽しい楽しい。
最近、プレジデントDやアクビ野郎など可愛い新キャラの活躍が目立っていましたが、やっぱりジョーカーファミりーは仲良しでいいですね。
「こち亀」やジョジョ4部のような安定感に癒されまくりでした~♪
まさに迷走・・・

最近、ゴースト見るのが辛い・・・。
序盤は快調だったのに、ここ数ヶ月は方向を見失っているとしか言えません。
アイコンを集めて生き返る、という目標を、カノンちゃんを取り戻すことでいったんチャラにしてしまったあたりから、急に流れが悪くなってしまったというか。
せめて、アデルにもっと悪役としての貫禄というか、狂気すれすれの、不条理なまでの強い意志とか迫力があれば、何とかドラマを引っ張っていけたのかもしれないけど。正直、アデルが何をどうしたいのかよく分かりません。
地上の世界を制圧したいらしいけど、ちゃんとした計画やビジョンもなくて行き当たりばったりだし。
お絵かき眼魔のキュビちゃんなども、何のために皆と一緒に暮らしていたのか意味不明のままに消されてしまったし。
何ていうか、誰が何のために戦っているのかよく分かんなくなっちゃてる。

そのせいで、以前はあんなに光っていた役者さんたちも最近は冴えが無くなってしまい、見ていて気の毒。
仙人役の竹中直人なども、せっかくあれだけの個性派大物俳優を出しておきながら、使いこなせていなくて勿体ないです。

しかも最近、無駄にコミカル路線なのがまた、見ていて痛い・・・。
今週の夢のシーン、マコト兄ちゃんの夢がカノンちゃん七変化とかアラン様の夢がタコ焼き食べ放題とか、ギャグにしても痛すぎじゃないですか?
二次創作でオタクやfu女子が喜々としてやるようなことを、公式でやっちゃっていいんですか?
(それにしてもマコト役の山本くん、素でめっちゃ嬉しそうなんですけどw)
更に、御成サンが寝ているアラン様の顔に落書きするとか。いや御成サンはそういう人じゃないでしょうが!
個人的に恨みを抱いていて、復讐の機会を待っていたとか、そんな伏線も無かったでしょうが!
あの緊迫した場面で御成サンがそういう悪戯をする心理がまったくわからず、ようするに全体として誰が何を考えているのかよく分かんなくなっちゃってる。
(目覚めたアラン様がシリアスな顔を崩さないまま戦闘に入るシーンは、先日の「タコ焼きアクション」に続く、なかなかの名シーンではありましたが・・・。アラン様も今やすっかりヨゴレキャラなのね・・・)

そろそろ、ドラマとしても終盤に入ってくる時期ですが、この先どうやって盛り上げていくのか、ちょっと心配しながらもなんとか見て行こうと思っています。

レベルが違うんだよ!

キター!
いいですね、いただきましたこのセリフ。
明日、全国の幼稚園・保育園で男の子たちの間で「レベルがちがうんだよ!」のセリフが大流行しそうww

新キャラ、ザ・ワールド。
なぜ「ザ・ワールド」?
ジョジョの影響を感じるのは私だけではありますまい。
金銀黒のガワもカッコイイし、狼モードになったときの「あしたのジョー」を思い出させるような無防備っぽいユラッと立った構えのポーズもいい感じです。足癖が悪いっていうか、ちょいちょい足を使ったアクションもカッコ可愛い。
んでもって、武器が釣り竿とかね! 新しいね(笑)
今はこんなに強いのに、味方になったとたん犬コロみたいに弱くなってしまう未来が見えているだけに、これでもかの強さアピールに見ているほうも「キタキタキター!」と興奮もひとしおです(笑)
サイ・狼・ワニの野生解放モードで、左手がワニの尻尾って、どうなのよ? とかね、もう楽しくツッコミながら見させていただきました。

さて、今回の敵はトランプカードを操るトランパス。
貼りつけられたカードをはがそうと水やら洗剤やらを試すヤマト君の濡れ髪にちょっと萌えw
タスクも濡れ髪なのですが、彼はしょっちゅうズブ濡れになっているので今更ときめかない・・・ヨゴレ役が定着しちゃってるって事なのね(笑)
でも、もっとヨゴレが定着しちゃってるのがサラちゃんなのねw
今週も顔まで赤線を引っ張っちゃって鼻血出たみたいになっているのですが、そこをまったく意に介さず堂々と戦闘シーンに向かう凛々しさが素敵でしたw
タスクと同じく、なんかちょっと、不器用というかドジッ子みたいな面もあるのよねw
あー可愛いジュウオウジャーのキャラは全員可愛い!

ザ・ワールドの彼も、この仲良し5人組に途中から入っていくのは難しいだろうけど早く仲良くなって欲しいですね~♪
この5人の中に今の所ところ「ニヒルでクール」な男がいないので(タスクが当初、クール担当だったっぽいのだが今の彼はとうてい「クールガイ」とは言えないw)、そういうポジションになるのかな?
でも喋り方を聞いていると、そのうちジョジョの億蓁みたいな「不良系お馬鹿キャラ」に落ち着きそうで期待半分、不安半分♪

そして今週から、みんなの衣装が夏バージョンになりましたね!
あんまり涼しそうでもないけど、アムちゃんの毛皮が無くなったのは良かった。最近見るたびに、「この子、夏場は大変そうだな・・・」とひそかに気をもんでいたのです。夏毛に生え変わったって事で納得しましょう。
でも、タスクの夏服、なんだかパジャマみたいじゃないですか?(笑)

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE