プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ここにツチノコが来るとは・・・!

終わってしまいました・・・。
ゆうべから、「ああ、明日最終回だ・・・リアタイしなきゃ・・・」とソワソワしていたのですが、見終わってしまったいま、早くもモブロスが酷い。明日から何を楽しみに生きていけば・・・?
とはいうものの、続編作る気まんまんの映画みたいな、思いっきり引きを作ったラストだったので、条件さえあえばセカンドシーズン作る気持ちはあるんだろうな、と、無理やり心を落ち着かせていますよ~!

さて、先週あれだけ緊迫した爪第七支部の戦いでしたが、霊幻師匠が乱入することで、一気に子供っぽく見えてしまいましたね!
「チャンバラ遊びにつきあえるほど、社会人は暇じゃねーんだよ!」
「ゆるキャラかテメーは!」
このへんのセリフの痛快さ、見ていて気持ちがいいです。
師匠が無双をかましているとき、あの怪しげ(笑)な「霊幻のテーマ」が倍速で流れるのもいい。マリオがスターを取って無敵状態になってるみたいで。
そしてモブの力を1000%もらっても、「うぉおお何だこれは~! ち、力が暴走する~!」みたいにならず、サラッと自分の力のように使いこなしている師匠の底知れぬ器のデカさにもただただ敬服。本当に、超能力というものを筋力の一種くらいにしか捉えてなさそう。
同じ力でも、モブが持っていても役に立たない(というか破壊的にしか使えない)のに、師匠が持っていると有効活用されるわけです。
「力の使い方を教えてやる」って、そういうことなんだなあ・・・。
とても勝てそうにない相手でも、見方というか角度を変えて言葉で攻めていけば、案外もろいものなんだ、と。
モブ、先週あれだけ苦しんでいたのに、師匠に丸投げできてホント良かった。
師匠がそばにいてくれてホント良かった。
師匠が立派な大人で、モブの気持ちを全部受け止めてくれて、ホント良かった。

っていうか師匠が「傷」の二人を説得するときの顔芸が凄すぎるw
師匠ってやはり、子供相手だと必死になるというか、相手が子供だと思うと先輩としての義務感みたいの感じちゃうみたい。
(遺志黒支部長みたいにあまりに年齢が行ってるくせに、こじらせちゃってると投げやりになるみたいですが。)
いつもモブに言っている、「超能力があるからって特別な存在じゃない」というメッセージを、顔芸まで使って強引に伝えきる師匠・・・やっぱカッコイイよ師匠・・・。
テル君も感動して震えていましたが、「さすがモブの師匠」としか言いようがありません。超能力の助けがあったことももちろんですが、やはり師匠の論破力というか言説の力が凄い。これに近いキャラは、小説ですが京極夏彦の京極堂にくらいしか思いつきません。

それにしても、モブのセリフ「超能力持っててもモテないですよ」コレに尽きますね、ホントこれが全て。
原作を先の方まで読んでいても、超能力があるから幸せ、人生上手く行ってる、という人は出てこないものね。
リアルに考えても、学生時代に「オレ、スプーン曲げられるんだぜ」という男の子がいても「だから何?」としか感じなかっただろうと思います。まあ宴会芸としては良いよね。
「魅力の本質は人間味だ。いい奴になれ。以上!」
ホント、これに尽きますね。

さて、素顔をさらされて暴走しはじめた遺志黒を、力を失った霊幻の代わりにあっさりショウ君が倒してしまうわけだが・・・!
原作でも、このへんのアンチクライマックス感は気になったのですが、それもこれも、ずっと先の爪本部との戦いのための布石だからなあ・・・。セカンドシーズン作ってくださいとしか言えないんだよなあ・・・。
ショウ君てこのへんだけ見てると面倒くさい子であまり好きになれないんですけど、この先を読んでいくと、やっぱ良い子なのよね。

後半は、後日譚として、今まで登場した人たちの「その後」をサラッと触れていきます。
やはり生徒会長の神室が改心するところが好き。っていうか神室さんのこと、ここで一気に好きになりました。目の下のクマも消えて、ヨカッタヨカッタ。
テルさんが覚醒ラボの子供達に会いにいくのも好きだし、律がモブの曲げたスプーンをまっすぐに直してくれて、モブがちょっと嬉しそうに「まあいいか」って思う場面も好き。「子供達の変な癖」程度にしか思っていないご両親も、いい人たちです。
でも何といっても良いのはエクボと師匠の会話ねww
会話をするのは初めてなのに、数年越しの悪友同志のような距離の近さw
エクボを使いっパシリ扱いする師匠が、モブとの時とはまた違った感じでくだけた口調なのがもうたまりません。
(原作だと、このあとエクボが悪霊をムシャムシャ食べて、師匠に「気持ち悪い」と言われる場面があるんだけどねw 見たかったw)

そして、すべてが終わったかと思いきや、モブと師匠のマツタケ狩りですよ・・・!
律の闇落ちから始まった、長くシリアスな爪第七支部編が終わり、最終回の最後がツチノコ探しですよ。
(しかもこの部分、one先生ご自身の原画らしい)
このアニメが始まったばかりの頃の、ホンワカした空気に戻って終わりになったというか、うまくまとめたな、という感じです。
ただ、この大団円感があまりに強くて、かえって「2期やらなくても綺麗にまとまったのでは?」と不安になってしまいました。
もう私、DVDも買う予定でいますので、何とかセカンドシーズン作ってください!

あと、原作を読んでいると、モブが一つ一つの経験を経て、巻を追うごとに一歩一歩成長しているのが良く分かるのですが、そういう見方で言うと、このマツタケ狩りの頃のモブは、もっと初期のモブ、という気がするんですよね。師匠への気持ちが純粋というか。
第七支部での戦いのあと、自分の力への思いとか師匠との関係性とか、うまく言えないけど微妙に変わってきている気がするので、マツタケの話はちょっと「せっかく一回り大きくなったのに、元に戻っちゃった?」という印象も受けました。
モブが師匠を尊敬していないというのではなく、尊敬の質が変わってきているはずなのに・・・という感じ。うまく言えなくてごめんなさい。
まあ、もともとギャグっぽくスタートしていますので、もとに戻ったことでようやくメデタシメデタシかな、とも思います。
そしてマツタケを焼く図に描きこまれているエクボが可愛いww

それにしても、この歳になってこんなにアニメにハマれるとは思わなかった。
スタッフ、キャストの皆さま、お疲れさまでした、そしてありがとうございました!
スポンサーサイト
霊験3
「わかってるよ。君も能力者なんだろ」

凄い適当になったけど、このネタで描いてみたかったのでついついやってしまいました。
眠い。明日から仕事だし明日の夜はリアタイで12話を見なければいけないのでもう寝ます。
それにしてもモブは可愛いなあ。
最近、師匠だけでなくモブも(外見的に)かなり好きになってきちゃいました。
薄い本の世界まで、あと一歩です。


「サイコー! 生きている。だから5分休憩!」

この場面の学生服タケルの笑顔の可愛さは反則。
そうなのよ。生きていると休憩欲しくなるのよ(笑)

次回エグゼイドへの引継ぎ回でしたが、それぞれの登場人物の後日譚をしっかり描いていて、最終回にふさわしい内容になっていました。前は引継ぎ回ってもっと、本筋と関係ないスピンオフ的な話だったような気がするけど、前回「ドライブ」も今回「ゴースト」も、「ここまで見なければ作品世界が完結しない」という内容になっています。
その中で、謎の少年と謎のライダーをうまく話にからめているあたり、30分をうまく使ったいい脚本だなあ、と感心しました。

ジャベルさん、ついに出家か(笑)
あの人こそ、いろいろあった人だからなあ・・・。
そしてシブヤとナリタがあっさりジャベルさんの側に付くのが可笑しいです。

そしてアラン様の絵がうますぎることに最後の衝撃。
さすがフミばあの弟子。
あっちの世界でもタコ焼き食べて頑張ってね。

エグゼイド、やはり蛍光色を多用したカラフルなガワがなかなか綺麗でいい感じです。繰り返すようですが、あの「目」さえなければ(泣)
最後にエグゼイドのアイコンを置いていってくれるとか、なかなか気がきいてますね。
「ドクターでゲーマーのライダー」っていうのが、「ダンサーで戦国武将のライダー」みたいでなんかポリシーが感じられないのがちょっと嫌(笑)ですが、新しいライダーとの出会いは毎年ワクワクしますね。
とりあえず来週も録画予約&リアタイ視聴だー!



ジニスが立った! ジニスが立ったよ!
巨獣じゃなくてジニス様が立つ方が驚き(笑)
前にミサオの洗脳部屋で歩いている姿は見たことがあったが、あの椅子から立ちあがるのは初めて見たような気がするので、なんかジニス様の本気を見たようで「おおっ!」と思いました。

さて3週続いたキューブホエール編、シリアスな展開なのでちょっとジュウオウジャーっぽい明るいノリが無くて寂しい感じもありますが、ヤマトの「キューブホエールが守れなくて、この星が守れるか!」は気迫のこもった名セリフでしたね!
あと、セラちゃんがミサオにシンパシーを感じているというのも、なんか分かる。
セラちゃんも、今の自分に(多分、永遠に)満足できない、コンプレックスを抱えるタイプで、その分他人に攻撃的だったりするので、不器用でも努力と試行錯誤を重ねるミサオの、気持ちは多少分かるのでしょうね。うーん、このへんもう少し丁寧にやって欲しかったかも。
「オレがめざす、オレになるために」
「その調子。行くよミサオ!」
そしてセラも、アムちゃんと違う方向でミサオを操っていることに変わりはない(笑)

ナリア様がギフトに搭乗なさっているのも素敵でした~!
クラタスみたいに、ナリア様の笑顔を感知したらガトリング砲が自動発射される仕様になっていればいいのにw
最後、爆発するギフトの中になおもとどまろうとするナリア様に、ジニス様から(大人しくいう事を聞きなさい)という思い入れで「ナリア」と名を呼ばれる場面はちょっと萌えw
ジニ×ナリの薄い本読みたい。ナリ×ジニも有りだと思う。

あと、キューブホエールの水柱の部分が新しい武器(銛)になっていたけど、あまりに巨大でスーツアクターさんが明らかに扱いかねているのにそれでも恰好良く振り回しているのに感動しました。やっぱアクターさんって凄い・・・! なんでも恰好よく演じてしまうんだものね。

そして次週予告の、タスクの「ミサオはすごくめんどくさい!」の一本調子ぶり、タスク節が全開で早くも期待大!
裏の声が出てしまうという、戦隊あるあるネタですが楽しいのよねー、こういうの。
最近シリアス気味だったので、次週が楽しみです。
名称未設定-1
「噂になってもいいんですけどォ~」

駄目だ師匠で遊ぶのが楽しすぎる。
「#RedrawReigen」を見て毎日笑っています。
それにしても、なぜ霊幻師匠はアメリカ人にこんなに人気があるんだろう・・・と考えてしまうのですが、いくつか腑に落ちる点もある。

まず、見た目が20世紀中ごろのアメリカのコメディ映画やマンガに出てきた「若造サラリーマン」に近い点。
安物でペラッとしてそうな背広とかバサバサした金髪とか。
そのくせ口が上手く、妙に要領の良い感じとか。
「アパートの鍵貸します」のジャック・レモンみたいな・・・って言っても分かんないかな。白黒映画だけど超面白いから見てね。
私が子供の頃にはまだ残っていた、古き良きアメリカの匂いがするんですね。

あと、師匠の性格が、普段は頭の回転の速いただの詐欺師なんだけど、ここぞという時にはブレない正義感を持っていて、度胸のあるアニキであること。
いつも思うんだけど、アメリカ人ってやたらシャイですよね。いつもまっすぐな正義のヒーローってあまり好かれず、どこか斜にかまえた、ちょいワルでお調子者のヒーローのほうが人気が出る感じ。「アイアンマン」のトニー・スタークみたいな。
師匠は、そういうアメリカ人のタイプにピッタリ嵌まってるんじゃないかと。

更に思うのは、師匠はモブという強大な弟子を従わせている点。
師匠がアメリカだとしたら、強い力を持っているくせに一見ひ弱で、普段大人しくて真面目で目立つことが嫌いで、でも怒らせると怖いモブって(黒髪に黒ランという外見的にも)日本なんじゃないかな、と。
しかもそのモブは、霊幻の正体を見透かしながらも、その人間性を慕って黙って霊幻についていくのですから、これ、アメリカ人から見たら気持ちがいいんじゃないかな?
そこまで考えてはいないだろうけど、アメリカ人が師匠を好きな気持ちの中には、無意識のうちにそういうイメージが流れていそうな気もします。
霊験2
「ん。なんだお前ら、色違いの兄弟か?」

いかん。
霊幻師匠を描くのが楽しすぎる。
言ってはナンだけど、原作者のONEさんの絵が荒いので、お絵かきもハードルが低いというか、気楽。
目鼻立ちもシンプルで余計な線が無いので、一度覚えるといつでも描けるようになるのも楽しい。
つかもう師匠のことを考えてるだけで楽しい!
霊験

「モブサイコ100」の霊幻師匠が好きすぎて久々にペンタブを引っ張りだしてお絵かきをしてみました。
海外の方々にも師匠は大人気らしく、「#RedrawReigen」というタグで皆が遊んでいるのが実に楽しい。
いろんな変な写真のポーズを勝手に霊幻師匠で描く、という趣旨なのですが、師匠って実に自由度が高いですね。
前髪の色と形、あとグレーの背広さえあれば、あとは適当(ヒドイ)でも師匠に見えるという・・・w
動きや表情がコミカルな事も、アメリカ人のトゥーン魂というか琴線に触れた模様。

さて、前回アニメ11話の師匠のセリフ、
「嫌な時はなあ、逃げたっていいんだよ!」
について色々と考えています。
あそこで「逃げろ」というのは、むしろ無責任ではないかと。
映画「スパイダーマン」の名言、「大いなる力には大いなる責任がともなう」ではないですが、11話のあの場面では、唯一、モブだけが敵を倒す力を持っているわけです。
それを、「僕は本当は戦いたくないんだあぁ!」みたいなことを言って逃げてもいいのか、と。
11話の感想まとめを読んでいると、そういう意見の人もチラチラ見受けられるし、言ってることも分かる。

・・・でも、なんだかあの場面での「逃げたっていい」は名言だと感じるんですよね・・・。
この時師匠の言っている「嫌な時」というのは、「相手と殺意を持って戦う」、という以前に、「重要な責任を負わされる」という事でもあるのかなあ、と。

自分が本気になれば、相手を殺してでも仲間を救う事ができる。
でももちろん、人殺しにはなりたくない。逃げ出したいけど、無事に逃げきれるかどうかも分からないし、テルも律もモブを頼ってくる。
(もし、二人の言葉にしたがって敵を殺してしまった場合、モブはもちろん、律も「兄さんに人を殺させてしまった」と深く後悔することも容易に想像できる)
迷っている時間もない。自分が判断しなければならない。

そんな、重すぎる決断から逃げたかったのではないかと。
これ以上言うと次週のネタバレになりますので言いませんが、とにかく、モブの近くに霊幻師匠がいてくれて本当に良かった。
本当に、このまま小中学校の道徳の授業で使って欲しい(笑)

そういえばこないだ電車乗ってたら、小学生の男の子が母親からスマホ借りて、
「ねー、モブサイコ見ていい?」って言ってました。
思わず「ヨシヨシ! ええ子や!」と暖かい目で見てしまいましたが、母親は「充電が切れかかってるから駄目」とあっさり断っていましたw

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE