プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ここにツチノコが来るとは・・・!

終わってしまいました・・・。
ゆうべから、「ああ、明日最終回だ・・・リアタイしなきゃ・・・」とソワソワしていたのですが、見終わってしまったいま、早くもモブロスが酷い。明日から何を楽しみに生きていけば・・・?
とはいうものの、続編作る気まんまんの映画みたいな、思いっきり引きを作ったラストだったので、条件さえあえばセカンドシーズン作る気持ちはあるんだろうな、と、無理やり心を落ち着かせていますよ~!

さて、先週あれだけ緊迫した爪第七支部の戦いでしたが、霊幻師匠が乱入することで、一気に子供っぽく見えてしまいましたね!
「チャンバラ遊びにつきあえるほど、社会人は暇じゃねーんだよ!」
「ゆるキャラかテメーは!」
このへんのセリフの痛快さ、見ていて気持ちがいいです。
師匠が無双をかましているとき、あの怪しげ(笑)な「霊幻のテーマ」が倍速で流れるのもいい。マリオがスターを取って無敵状態になってるみたいで。
そしてモブの力を1000%もらっても、「うぉおお何だこれは~! ち、力が暴走する~!」みたいにならず、サラッと自分の力のように使いこなしている師匠の底知れぬ器のデカさにもただただ敬服。本当に、超能力というものを筋力の一種くらいにしか捉えてなさそう。
同じ力でも、モブが持っていても役に立たない(というか破壊的にしか使えない)のに、師匠が持っていると有効活用されるわけです。
「力の使い方を教えてやる」って、そういうことなんだなあ・・・。
とても勝てそうにない相手でも、見方というか角度を変えて言葉で攻めていけば、案外もろいものなんだ、と。
モブ、先週あれだけ苦しんでいたのに、師匠に丸投げできてホント良かった。
師匠がそばにいてくれてホント良かった。
師匠が立派な大人で、モブの気持ちを全部受け止めてくれて、ホント良かった。

っていうか師匠が「傷」の二人を説得するときの顔芸が凄すぎるw
師匠ってやはり、子供相手だと必死になるというか、相手が子供だと思うと先輩としての義務感みたいの感じちゃうみたい。
(遺志黒支部長みたいにあまりに年齢が行ってるくせに、こじらせちゃってると投げやりになるみたいですが。)
いつもモブに言っている、「超能力があるからって特別な存在じゃない」というメッセージを、顔芸まで使って強引に伝えきる師匠・・・やっぱカッコイイよ師匠・・・。
テル君も感動して震えていましたが、「さすがモブの師匠」としか言いようがありません。超能力の助けがあったことももちろんですが、やはり師匠の論破力というか言説の力が凄い。これに近いキャラは、小説ですが京極夏彦の京極堂にくらいしか思いつきません。

それにしても、モブのセリフ「超能力持っててもモテないですよ」コレに尽きますね、ホントこれが全て。
原作を先の方まで読んでいても、超能力があるから幸せ、人生上手く行ってる、という人は出てこないものね。
リアルに考えても、学生時代に「オレ、スプーン曲げられるんだぜ」という男の子がいても「だから何?」としか感じなかっただろうと思います。まあ宴会芸としては良いよね。
「魅力の本質は人間味だ。いい奴になれ。以上!」
ホント、これに尽きますね。

さて、素顔をさらされて暴走しはじめた遺志黒を、力を失った霊幻の代わりにあっさりショウ君が倒してしまうわけだが・・・!
原作でも、このへんのアンチクライマックス感は気になったのですが、それもこれも、ずっと先の爪本部との戦いのための布石だからなあ・・・。セカンドシーズン作ってくださいとしか言えないんだよなあ・・・。
ショウ君てこのへんだけ見てると面倒くさい子であまり好きになれないんですけど、この先を読んでいくと、やっぱ良い子なのよね。

後半は、後日譚として、今まで登場した人たちの「その後」をサラッと触れていきます。
やはり生徒会長の神室が改心するところが好き。っていうか神室さんのこと、ここで一気に好きになりました。目の下のクマも消えて、ヨカッタヨカッタ。
テルさんが覚醒ラボの子供達に会いにいくのも好きだし、律がモブの曲げたスプーンをまっすぐに直してくれて、モブがちょっと嬉しそうに「まあいいか」って思う場面も好き。「子供達の変な癖」程度にしか思っていないご両親も、いい人たちです。
でも何といっても良いのはエクボと師匠の会話ねww
会話をするのは初めてなのに、数年越しの悪友同志のような距離の近さw
エクボを使いっパシリ扱いする師匠が、モブとの時とはまた違った感じでくだけた口調なのがもうたまりません。
(原作だと、このあとエクボが悪霊をムシャムシャ食べて、師匠に「気持ち悪い」と言われる場面があるんだけどねw 見たかったw)

そして、すべてが終わったかと思いきや、モブと師匠のマツタケ狩りですよ・・・!
律の闇落ちから始まった、長くシリアスな爪第七支部編が終わり、最終回の最後がツチノコ探しですよ。
(しかもこの部分、one先生ご自身の原画らしい)
このアニメが始まったばかりの頃の、ホンワカした空気に戻って終わりになったというか、うまくまとめたな、という感じです。
ただ、この大団円感があまりに強くて、かえって「2期やらなくても綺麗にまとまったのでは?」と不安になってしまいました。
もう私、DVDも買う予定でいますので、何とかセカンドシーズン作ってください!

あと、原作を読んでいると、モブが一つ一つの経験を経て、巻を追うごとに一歩一歩成長しているのが良く分かるのですが、そういう見方で言うと、このマツタケ狩りの頃のモブは、もっと初期のモブ、という気がするんですよね。師匠への気持ちが純粋というか。
第七支部での戦いのあと、自分の力への思いとか師匠との関係性とか、うまく言えないけど微妙に変わってきている気がするので、マツタケの話はちょっと「せっかく一回り大きくなったのに、元に戻っちゃった?」という印象も受けました。
モブが師匠を尊敬していないというのではなく、尊敬の質が変わってきているはずなのに・・・という感じ。うまく言えなくてごめんなさい。
まあ、もともとギャグっぽくスタートしていますので、もとに戻ったことでようやくメデタシメデタシかな、とも思います。
そしてマツタケを焼く図に描きこまれているエクボが可愛いww

それにしても、この歳になってこんなにアニメにハマれるとは思わなかった。
スタッフ、キャストの皆さま、お疲れさまでした、そしてありがとうございました!
スポンサーサイト

「サイコー! 生きている。だから5分休憩!」

この場面の学生服タケルの笑顔の可愛さは反則。
そうなのよ。生きていると休憩欲しくなるのよ(笑)

次回エグゼイドへの引継ぎ回でしたが、それぞれの登場人物の後日譚をしっかり描いていて、最終回にふさわしい内容になっていました。前は引継ぎ回ってもっと、本筋と関係ないスピンオフ的な話だったような気がするけど、前回「ドライブ」も今回「ゴースト」も、「ここまで見なければ作品世界が完結しない」という内容になっています。
その中で、謎の少年と謎のライダーをうまく話にからめているあたり、30分をうまく使ったいい脚本だなあ、と感心しました。

ジャベルさん、ついに出家か(笑)
あの人こそ、いろいろあった人だからなあ・・・。
そしてシブヤとナリタがあっさりジャベルさんの側に付くのが可笑しいです。

そしてアラン様の絵がうますぎることに最後の衝撃。
さすがフミばあの弟子。
あっちの世界でもタコ焼き食べて頑張ってね。

エグゼイド、やはり蛍光色を多用したカラフルなガワがなかなか綺麗でいい感じです。繰り返すようですが、あの「目」さえなければ(泣)
最後にエグゼイドのアイコンを置いていってくれるとか、なかなか気がきいてますね。
「ドクターでゲーマーのライダー」っていうのが、「ダンサーで戦国武将のライダー」みたいでなんかポリシーが感じられないのがちょっと嫌(笑)ですが、新しいライダーとの出会いは毎年ワクワクしますね。
とりあえず来週も録画予約&リアタイ視聴だー!



ジニスが立った! ジニスが立ったよ!
巨獣じゃなくてジニス様が立つ方が驚き(笑)
前にミサオの洗脳部屋で歩いている姿は見たことがあったが、あの椅子から立ちあがるのは初めて見たような気がするので、なんかジニス様の本気を見たようで「おおっ!」と思いました。

さて3週続いたキューブホエール編、シリアスな展開なのでちょっとジュウオウジャーっぽい明るいノリが無くて寂しい感じもありますが、ヤマトの「キューブホエールが守れなくて、この星が守れるか!」は気迫のこもった名セリフでしたね!
あと、セラちゃんがミサオにシンパシーを感じているというのも、なんか分かる。
セラちゃんも、今の自分に(多分、永遠に)満足できない、コンプレックスを抱えるタイプで、その分他人に攻撃的だったりするので、不器用でも努力と試行錯誤を重ねるミサオの、気持ちは多少分かるのでしょうね。うーん、このへんもう少し丁寧にやって欲しかったかも。
「オレがめざす、オレになるために」
「その調子。行くよミサオ!」
そしてセラも、アムちゃんと違う方向でミサオを操っていることに変わりはない(笑)

ナリア様がギフトに搭乗なさっているのも素敵でした~!
クラタスみたいに、ナリア様の笑顔を感知したらガトリング砲が自動発射される仕様になっていればいいのにw
最後、爆発するギフトの中になおもとどまろうとするナリア様に、ジニス様から(大人しくいう事を聞きなさい)という思い入れで「ナリア」と名を呼ばれる場面はちょっと萌えw
ジニ×ナリの薄い本読みたい。ナリ×ジニも有りだと思う。

あと、キューブホエールの水柱の部分が新しい武器(銛)になっていたけど、あまりに巨大でスーツアクターさんが明らかに扱いかねているのにそれでも恰好良く振り回しているのに感動しました。やっぱアクターさんって凄い・・・! なんでも恰好よく演じてしまうんだものね。

そして次週予告の、タスクの「ミサオはすごくめんどくさい!」の一本調子ぶり、タスク節が全開で早くも期待大!
裏の声が出てしまうという、戦隊あるあるネタですが楽しいのよねー、こういうの。
最近シリアス気味だったので、次週が楽しみです。

「どうして『30分』だけなのよォオオオ~~ッ!! 」山岸由花子

11話はまさに神回でした。
ゆうべから、すでに5回くらい録画を見返しているんだけど、何度見ても体感時間が15分くらいにしか感じません。
原作をすでに読んでいるものとして、ストーリー上でのハラハラドキドキは無かったはずなのに、アニメで見ることで、更に更に緊迫感や熱い魂が伝わってきました。
なんかもう、年配の人がよく、「あと何回、桜を見られるだろう・・・」っていうのと同じレベルで、「あと何回、こんな凄いアニメを見られるだろう・・・」って思っています・・・!

冒頭から、原作には無いオリジナルな幼い影山兄弟のエピソード。
腐女子サービス?
可愛いすぎるよアンタ達・・・(><)
このエピソードのおかげで、モブが律を「尊敬してる」っていう言葉もすんなり腑に落ちますね。
で、律の涙のキレイさに思わず見ているほうも涙・・・。
「ずるいよ。僕だって・・・」というのは、「僕だって兄さんのことを尊敬している」という意味だと思うのですが、「憧れ」でもなく「劣等感と恐怖心」でもなく、素直に自分の一番の気持ちを言葉にすると「尊敬」なんだろうなあ・・・。
律の闇落ちはかなり重症で、「傀儡が壊れた」だの「仲良し兄弟はもう終わりだよ」だの、とうてい戻ってこられないほどの闇に自分の身をゆだねていたのに、ちょっとあっさり改心しすぎじゃないかと、原作を読んだときは思っていたのです。
でも、律が涙をぬぐうシーンの絵と声優さんの演技が素晴らしいので、すごい納得しちゃいました!
闇に落ちながらも律はずっと苦しんでいたんだなあ、って・・・。それが、モブの清い心に触れたおかげで、浄化されたんだなあ、って・・・。

さて、そして今週(来週も)は霊験師匠の見せ場なわけだが・・・!
期待以上にカッコ良すぎ! 
そもそも、時給300円のバイトに携帯を持たせてやるとか、タクシー代8810円(事務所の3日分くらいの稼ぎじゃないのか?)使って探しに行くとか、もう基本からイケメン過ぎ。
爪の幹部に鉢合わせしても全く慌てず騒がず、いきなりドロップキックをかます所とか、肝が太いというか鋼の心臓というか・・・。
口論で負けたことがなかったというのも凄いことです。
そして何より、常にモブの気持ちを常に最重要に考えているところ。
テルや律は、そこまでデリケートでもナイーブでもないので放っておかれる(笑)のですが、モブに対して注がれる愛情が半端ない。
あの場面でモブに「逃げたっていい」という事は、下手をすれば全員殺される覚悟あっての事だと思うのですが(モブが本気で逃げようと思えば逃げることは可能だとは思うけど、テルや律が押されまくっていてそんな状況じゃなかった)、そんな事よりもモブが人を傷つけたり殺してしまったりして、あとあとずっと苦しむことを心配している。
爪幹部に対して「こいつらは大人になれなかった子供だ。どうしてそうなった? 答えは分かる」というのも、その答えというのは多分、「安易に力に頼って生きてきたから」でしょうね。モブには、そんな生き方をさせたくないと思っている。だから「逃げろ」と。
この11話の感想をWEBで少し探して読んでいたのですが、師匠の「嫌な時はなあ、逃げてもいいんだよ!」この言葉を、今苦しんでいる人たちに届けたい、という感想が何件かあってちょっと刺さるものがありました。
「逃げてもいい」という言葉で救われる人も、少なからず世の中にいるという事なのね。

あと、子供に対して優しいのは霊験師匠の基本的な「いい奴」属性なのです。幼いモブと初めて出会う回想シーンで、熱いお茶をこぼしてしまった時、反射的にモブに「おい! ヤケドに(気をつけろ)!」と叫ぶ場面も大好き。
この師匠にしてこの弟子あり。
モブほどの男が黙ってついて行くだけのことはあります。

更に、アニメならではの戦闘シーンの迫力!
特にテルさんが恰好良すぎ!
(先週までのピンクのトレーナー脱いでて」くれて良かった^^)
テルって、このアニメの「カッコイイ担」になってる気がします(第5話「落武者」を除くw)
内股ポーズも決まりすぎ!
空中で横向きのまま、内股になって「ぎえぇえええ!」みたいな凄い叫び声をあげながら鉄骨を何本も飛ばす場面はあまりの恰好良さに繰り返して何度も見てしまいました。この時の声はヤバイ。
ついでに櫻威さんもスタイリッシュで恰好いいよね!

もう、泣いても笑ってもあと1回、30分だけなのか。
師匠の遺言に従って全裸待機リアタイ視聴するっきゃない。
ってかオススメBコース(コミックス&DVD購入)しちゃおっかな・・・。
非常に正しい判断のような気がしてきた・・・。

ついしん。
霊験師匠が海外で熱愛されてる爆笑サイト見つけちゃったw
師匠、何やらしてもお似合いッスね!
あと地味にエクボ(おっさんバージョン)も愛されてる模様。
ttp://togetter.com/li/1026414
↑頭にhを付けてGO!
「残りを読む」の先もぜひ見てねw

キュビちゃんの素顔がイケメンであったことに衝撃(笑)

あ、ユルセンの正体が猫だったことも衝撃だったけどね!

実質最終回、仮面ライダーゴーストはみんなが幸せになれる大甘な終わり方でしたが、なにかこのゴーストという作品のラストとしてはふさわしい爽やかさがあって、納得もできたし良かったなあと思いました。
特に良かったのは、本当に肉体を取り戻したタケルが上空から地上に落下しそうになるとき、英雄たちがタケルの手を取って一緒に空中を飛んでいってくれるところ。オープニングで幾度となく見てきた絵をうまく使っていて感動しました。タケルという、いつも他人の為に尽くしてきたヒーローの復活にふさわしい、人と人とのつながりとか助け合いとか同じ時代に一緒に生きるとか、そういったテーマにもつながっていく名場面でした。
あと、蘇ったタケルが「おなかへったー!」といい、御成さんからもらったオニギリを満面の笑みで頬張るのも良いですね。
そっか・・・。
考えてみたら、タケルって1年間、何も口にしていなかったんだね・・・。よく大天空寺の居間で、御成さんとアカリが2人でお茶を飲んでいて、タケルには淹れてあげないのを見て「何故?」と思っていたのですが、そうか、途中何度も復活していたけどアレは真の復活じゃなかったのか・・・。
(一応ずっと見ていたんだけど途中から話がよくわかんなくなって、正直ついていってなかった)

ラスボスにあっさり勝つところは、他のライダーだったらちょっと苛っとしたかもしれないけど、ゴーストに限っていうと、以前から割とタケルの精神力次第というか、思いの強さに力が比例する、みたいな扱いだったので、まあ良しとします。
っていうか、もはや「敵を倒す」ことよりも「復活する」ことの方がメインだったように思います。
逆に残念なのが、最後まで悪役サイドは誰が何をしたかったのかイマイチ分からなかったという点なのですが(アデルでさえ、結局何をどうしたかったのかよく分からない)、なんかもう西銘くんの笑顔ですべてそのへんはチャラにした、という感じ(笑)。

他にも衝撃が一杯あって、シブヤとナリタのパジャマがド派手なこととか、ジャペルさんがとうとう死に花を咲かせた(と思ったら復活した)こととか、まあ色々あったのですが何といってもエグゼイドの登場に全部持ってかれましたね!
始まる前から悪評高いガワですが、色使いもカチャカチャした玩具っぽさがあって綺麗だし、動いている感じはそれほど悪くない・・・。特に、決め技の時にアメコミみたいなポップな書き文字や効果線が現れるのが新しくて良い!
(仮面ライダーって、毎回必ず新しい試みをしてくるのが素晴らしい、といつも思っています)
自転車乗りらしい、ハーフパンツっぽいデザインもロードスーツみたいで可愛い。あの、尖った髪もまあ、許容範囲内。
あとはゴーグルの中のあのSDガンダムみたいな目さえ無ければなあ・・・。ゴーグルが一面、黒かミラーだったら自分的には何の不満も無かったんだけどなあ・・・。
フォーゼを初めて見た時も「うわー可愛い♪」と素直に思った、心の広い私ですがどうにもあの「目」はイカン・・・。
でも見てるうちにすぐ慣れちゃうんだろうなあ。まあ、面白ければガワなんてどうでも良いし、むしろどんどんカッコ良く感じてくるもんだしね。
次週、ゴースト後日譚とエグゼイドへの引継ぎ、楽しみに待ちたいと思います!

ジュウオウホエールの「フン・・・」がカッコイイw

王者の中の王者、ジュウオウホエールが相変わらずカッコいいのぉ!
特に今週は、デスガリアンのザコ敵2体に攻撃をしかける時と、倒し終わった時の、いかにも相手を見下して余裕シャクシャクな「フン・・・」と鼻で笑う声がツボ。
ヤマトくん、ホエールになると性格変わるのねw

さて今週も「フン・・・」以外にも見どころいっぱいなわけですが、まずなんといっても、みっちゃんのダイビングスーツ姿ね。
特に最初出てきたときの、大きな足ヒレをぺたぺたさせている姿には爆笑。「妖怪ウォッチ」に出てくる新種の妖怪みたいw
セラちゃんがミサオに対して完全に見下しモード(セラちゃんって、犬みたいにわりと露骨にグループ内での序列を態度に出すのが可笑しい)に入っているのも笑えるのですが、公式サイトの次週予告によると、セラちゃんとミサオの距離が縮まるエピソードが見られるとのこと、これも楽しみです。
それにしても、みっちゃんに誤って釣り上げられてしまったセラちゃんが、一本釣りされたマグロみたいにビチビチ跳ねている画は怖い・・・。セラちゃんって水の中ではあんな風に泳いでるの?(笑)
そのセラちゃんとレオのからみが多かったのも嬉しい見どころ。毒に倒れたセラに真っ先に駆けよるレオの姿には、「やっぱお前、惚れとんのやろー!」と思わずツッコミ。
衣装のままで海に浸かりまくりのセラちゃんこと柳さん、撮影大変そうでしたがお疲れさまでした!

さて、公式サイトによるとみっちゃんこと國島くん、撮影中に22歳の誕生日を迎えられたようで、おめでとうございます~!
それにしても國島くんって、今やすっかりお笑い芸人枠だけどもともとジュノンボーイ出身で、本人の公式サイト見ると普通にイケメン青年なのよね。1年間みっちゃん役をやって、無事にイケメン路線に戻れるのか非常に心配しております。

キューブホエールの召喚に失敗したヤマト達でしたが、ここにジニス様&ナリア様が手を出してくる厄介な展開に。
ナリア様の繰り出してくる敵って、ギフトしかり初期のザ・ワールドしかり、マジ強くてシャレにならないんですよね。
それにしても、キューブホエールの上に何か青っぽいものが乗っていて、しかもモザイクかかってるなあ・・・と思っていたら、なんとアレは鯨の潮吹きを表していたのか(笑)
モザイクがかかっているように見えたのは、それが小さいキューブでできたいたため、カクカクしていてモザイクっぽかったからのようです。最初見た時は、今後の展開に超重要な人物が乗っているため、ぼかしてあるのかとすら思いましたが(笑)
次週、キューブホエールが巨大ロボ変形すると、この潮吹きが頭上に乗るデザインになるのですが、大丈夫かな・・・思わず笑っちゃわないかな・・・。
噂にたがわぬ傑作。

61920534.gif

あまりにも評判が良いので、「なんかステマくさくね?」的なひねくれた心になりかかっていたのですが、新海監督の背景(特に夜空)を大画面で見るだけでもいいと思って映画館に行ってみたところ、あまりの素晴らしさに感動し,自分の曇った心を反省しました。

すでに多くの感想が書かれているので、今更何を言ってもあまり意味が無い気もしますが、この作品を映画館で見て良かったと思うのは、画面の美しさももちろんなのですが、音楽、というか音量?が良かったです。
画面に合わせて、いい場面で良い感じでテーマソングや劇中歌が流れてくるのですが、その、映画館ならではの周囲から大音量で流れてくる感じ。何か、熱気というか分厚い情熱みたいなものを感じるんですよ。
私はこの監督の作品は今まで、「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」あと何か1本(タイトル忘れました)続けて見たのですがいずれもDVDだったので、画面はともかく音楽の使い方はあまり印象に無く、意外でしたし、「この監督の映画って、もしかして映画館で見なきゃいけないのかな?」と思いました。音楽の使い方も、もしかしてすごく上手な人なのかも知れないな、と。
DVDではそのへんがイマイチ伝わらなくてね。
何しろ、DVDで3本続けて見た結果、「この人、背景はキレイだけどドラマ的にはウジウジしててメンメンとしてて、なんか苛々するわー。オタクのドリームって奴か?」などど自分の中では非常に評価が低くかったのです。細やかな情感ってヤツが苦手なもので(苦笑)
「秒速5センチメートル」の中での山崎まさよしの名曲「One more time, One more chance」の使い方に関しても、「いつまでもジメジメ思ってんじゃねえ!」と、むしろ怒りを覚えたくらいで(笑)。
「君の名は。」では、音楽はむしろ主人公たちの背中をどんどん押してくれるものとなっており、聞いている側も熱量が高まってくる感じなのです。

そして、その3本と比較すると今回の「君の名は。」は新海監督の集大成っぽいと感じました。
「時間と空間とに引きさかれていく恋人たち」や、「誰を探しているのかも分からないままにいつも誰かを探している自分」などなど、今までの映画でやろうとしていたことが、すべてストーリーの中で無理なくピッタリと、強い情感と共に表現されていて、誰が見ても感情移入できて文句なしに面白い。
ストーリー自体も、昭和の頃のロマンチックな時間SFみたいなラブストーリーで、うるさがたのオタクから普段は映画をほとんど見ないOLまで泣けること請け合いです。
今まで、「新海誠? あー、私あの人の映画、趣味じゃないわー」などと散々ディスっていたことを、今は反省し申し訳なく思っております。

あとやはり、大画面で見る新海監督の夜空は美しかった・・・。
彗星がストーリーの重要なポイントになっていますので、なおさら夜空を見上げる場面が多く、堪能できます。

絵・音楽・ストーリー、すべてが揃った傑作で、日本のアニメの一つの到達点とすら思いました。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE