プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スイーツ好き男子キター!

はいはい、クールで人間味がないけど甘いもの好きなライバルキャラねww
ニヒルに微笑っていたころのアラン様が、タコ焼き食べて一気に壊れていったことをふと思い出したり(笑)

新キャラのエリート医師、飛彩(ひいろ。ヒーロー、ですかね)登場。
変身後もナイトっぽいガワで、色もブルー系、絵に描いたような2番手キャラ。悪くない。悪くないですぞ!
ケーキが好き、という設定はヒイロに魅力を持たせるために、後付けで作った設定だったとの事なのですが、もう私、「計算通り!」と言われても仕方ないくらいに引っかかっちゃいましたよ(笑)
アップルパイを切る時の真剣さと切れ味の良さが好きww

そして、次週登場予定の黒いライダーのガワがかっこい・・・!
2週目にしてすでにこのガワに見なれてきています。
ただ、しつこいようですが「目」がね・・・。
黒いライダーも、眼の下の赤い線が「寝不足か? 酷いクマだな・・・」としか言いようがなくて涙・・・。



みっちゃんのトラウマが酷すぎる・・・(T.T)

相撲大会で公衆の面前で、まわしが落ちて敗退・・・。
これ一つで人生ポッキリ折れても許してしまいそうなレベル・・・。
それを思い出して戦闘不能になり、スモートロンのあっさり投げられて受け身も取らずに棒のように倒れるザ・ワールドも可愛いすぎる!
ザ・ワールドのスーツアクターさん、いつもヘタレっぷりが可愛くて大好きです。もちろん。自信満々の時のオレ様なアクションのカッコ良さもね!

さて今週は・・・もうどこからツッコめばいいのか(大笑)
とにかく、脚本家はじめスタッフさん達の相撲愛が凄すぎる!
個人的には相撲放送のアナウンサーがグッジョブすぎ。NHKの相撲放送を幼少の頃から見ている身としては、「本日、結びの一番です」とか、声もソックリすぎて、隣の部屋で聞いていたら本放送と間違えるレベルですよ!
各力士の出身地や所属する部屋などがしこ名とともに両側に出てくるテロップといい、国技館(?)にはためく色とりどりの、のぼり旗の数々といい、相撲というものへの細部へのこだわりが嬉しいです。
スモートロンとジュウオウジャーの取り組みを、お茶の間っぽい台の上で正座して見ているアザルドとナリア様の、老夫婦っぽい空気とかね。
いやー、さすが国技。
奥が深いコンテンツです!

あとはやはり、レオの細マッチョなまわし姿ねw
相撲って他のスポーツと、身体の使い方が違うっていうか、四股ひとつ踏むのも「スポーツ万能」の人だからって上手く踏めるとは限らないし、なかなか若い人がやってサマにならないものなんだけど、さすがはレオ様、それなりにいい感じになってます。
レオが仮入部する相撲部の高校名が「細ケ丘」というのも可笑しい。


ヒロインがついにバーチャルに・・・!

毎回新しい試みに果敢に挑戦しつづける仮面ライダー。
今回はついに、ゲームの世界のヒーローが登場。
・・・今までにも、「デジタルモンスター」とか「ロックマン」とか、更には「マトリックス」などなど、デジタルの世界で戦う話はいろいろあったけど、今回のエグゼイドはどんな感じになるんでしょうね?
初回を見ただけではよく分かりませんが、現実がデジタルのに浸食されて・・・みたいな話なのかな?
デジタルとか虚構とか安易に使うとつまらなくなる(私見)ので、あまりそっち方向に行きすぎないようにして欲しいと思います。

それにしても、ヒロイン明日那ちゃん、最初パンツスーツで登場しナース服になり最後はきゃりーぱみゅぱみゅ状態・・・。コスプレし甲斐がありそうですね。
主役の名前が「永夢」と聞いたときはどうしようかと思いましたが、「M」にしたかったんだと思うとギリ許せるかな・・・。演じる飯島くんも、頑張っていて好感が持てます。

個人的には、ゲーマーというのはいいとして、「医者」という設定がどうも気になります。
シリアスに、人の生き死にの場面に関わっていくことが多いだろうに、特撮独特の「人は死なない」世界観にマッチしないんじゃないかと。
「人は死なない」というのは、町が大破壊されても、何となく住民はみんな避難済みっぽかったり、少なくとも遺体が風景のように画面に映ったりはしないという意味ね。
各話ごとのサブキャラ(今回の話だと颯太くん)は、重い病気や怪我だったとしても、まず助かる、という意味ね。
ドラマの進行上、必要な人(主人公の親とか大事な仲間とか)しか、ドラマの中での「死」はないという意味ね。
ヒーロー物ってある程度、そういう、お約束の上になりたっていると思うのですが、ドクターという職業があまりに重すぎて、どっちかの世界観が壊れそうで心配。
ただの引きこもりのゲーマーという設定であっても良かったんじゃないかとすら思うのですが・・・。

初回の感じは爽やかで悪くない雰囲気でしたが、「デジタル」とか「ゲーム」というのが一見新しそうに見えて実はそうでもない(笑)と思ってしまいました。
フォーゼの初回を見たときのような、圧倒的な「新しいのキター!」感はありませんでしたが、この先どうにでも面白くできそうな感じもあります。
何はともあれ、しばらくはリアタイで注目しつづけたいと思っています!
あのエプロンもみっちゃんが作ったのか!?

冒頭のパンケーキパーティーでジュウオウジャーの面々がしているエプロンに可愛いアップリケがついているのがたまりません。
でも、あんな面倒な凝ったことをするような奴が他にいるとは思えないし・・・「パンケーキパーティー」という発案自体もみっちゃんなのかも知れん。一番張り切っていたし。

さて、今週はそんなみっちゃんが文字通りの言葉の暴力にさらされる回でしたが、一番ヒドイと思ったのがヤマトの「お前、喜んでたじゃん」ですかね(笑)
ヤマトくんの底知れぬ裏面の黒さを垣間見せるセリフだったと思います(笑)
逆にレオには裏表がないというのも、いかにもって感じで良いですね。
そしてタスクは、相変わらずタスクでしたね~♪
「ミサオはとんでもなく面倒くさい!」
タスク節が今日も聞けて満足です♪
しかし、ラストの「そんなミサオが大好きだ!」からの「本当はヤマトと組みたかった」の流れは・・・fu女子たちへの燃料投下としか・・・。

裏面を攻撃されないよう、2人一組になって戦うアクションは面白くて見応えがありました!
ああいう、一種の縛りのある中でのアクションもスーツアクターさんの見せ場というか、戦隊の見どころの一つだと思います。

あと、仮面ライダーエグゼイドの登場に合わせて、ヒーロータイムのCMの画面がゲームっぽくなっているのもカワイイ。
エグゼイドの面々に対して、ちょっと先輩っぽく貫禄があるように見えるのがまたイイです。
ジュウオウジャー、まだ始まったばかりのような気がしていましたが、もう32回なのね・・・。もう後半の山場に入りかかってるのね・・・。
寂しい限りですが、次週がまた、レオが相撲部に入部とかやたら面白そうなので、目いっぱい楽しんでいきたいと思っています。

PREV PAGE «  BLOG TOP