プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


タイガの黄色いブランケット(?)が唐突すぎてもう・・・ww
ジュウオウジャーのレオが肩に巻いているような大きな黄色いストール(?)、あれ一体何の意味が・・・。
マカロニウエスタン的なイメージなのだろうか・・・。
しかも足元にバグスターを踏んでて、邪鬼を踏みしめる明王像みたいになってるし(笑)
もはや我が家ではお笑いキャラ扱いのタイガさんですが、また新たな伝説作っちゃいましたねw
いや決して、こういうインパクトの強さ、嫌いではないよ、うん。
更に、レベル3の空中戦シューティングが強すぎて反則レベル。
ロケットランチャーみたいのを一斉に発射してきたときは、懐かしの「龍騎」の牛を思い出しました。

さて、今週はタイガさんに目がいきがちでしたが、何かいろいろ伏線っぽい展開がありましたね。
適合者はみんな手術を受けてた、って・・・。「手術」という言葉、仮面ライダーに似合うなあ、と(笑)
次週以降、話が大きく進んでいきそうです。

あと今週は、町工場の3人の若い工員さんが泣けました。いい子たちや・・・(ノ_-。)
彼らは名前を呼ばれることはありませんでしたが、台本ではちゃんと「コバ・ナガシ・ムラやん」というあだ名がついているそうで、このあだ名だけを見ても、この工場の工員さんたちが仲良く打ち解けて仕事をしている雰囲気が伝わってきますね。
最後のほうで、社長の乗った車いすをさりげなく娘さんのほうに回してあげる動作などにも彼らの思いが感じられます。

あと、今夜のアメトークは「仮面ライダー芸人」なのね!
フォーゼの時に先生役で出ていたアンガールズの田中さんも出演されるようだし、今から楽しみにしています!
スポンサーサイト

セラちゃんのはにかんだ笑顔はもはや最終兵器・・・!
普段、あまり笑顔を見せてくれないセラちゃんの、「女の子」の笑顔が光り輝いていました。
八重歯がカワイイ・・・。

いやー、今週は戦隊の戦隊らしさが光る、実にいいお話でした。
戦隊もので、恋心をあやつる系の敵が出てくると、たいがい面白くなるんですよね~!
その時ターゲットにさえるのは、セラちゃんみたいなウブで純情なメンバーなんだけど、それを周囲のみんなが心配するのもお約束で面白い。
壁の後ろから、マンガみたいに縦一列で顔だけ出してセラの様子を盗み見る場面とか、マリオおじさんの家で野郎どもが部屋の隅に固まってる場面とか、いちいち可笑しいです。
セラちゃんの魅力が存分に引き出された切ないストーリーとなりましたが、これ、ターゲットがタスクだったらまた違ったお笑い系の面白い話になったかも。
(アムちゃんは最初から引っかからず、レオは普段と変わらず、ヤマトとミサオはマジになりすぎて痛いことになりそう)
アムちゃんが女同士の友情を見せ、終始、押しつけがましくない気使いを見せてくれるのもいいです。
最後の「ごめん・・・」「いいよ」の短い会話は泣けた・・・。

男の魅力は肉体労働で流す汗、ということも証明されましたね(笑)
いやー、レイさん(仮面ライダーバースの岩永洋昭さん)が土方ファッション似合いすぎなんですが!
最後結局、セラの純粋さに心を動かされてしまうレイさんでしたが、やはり詐欺師ってどこか本気にならないと、他人の心を掴めないものなのかな、ということなども思わされました。
あと、この話の後味がいいのは、クバルに呼び出された詐欺師のレイは結局最後、クバルに消されてしまうんだけど、セラはそのことを知らなくて、
「どっかでまた女の子騙してんのかな・・・」と言ってるところ。
セラは思い出として、いい経験させてもらったと思って切り替えて前を見ようとしているし、レイは男気を貫いて最後を迎えるし、両方に華を持たせて終わるのが綺麗でした。

あとね、今週嬉しかったのは、セラちゃんたちのデートの場所が、後楽園遊園地の隣のラクーアの中庭だったこと!
この、小ぢんまりとした中庭が私は以前から大好きで、後楽園に行くと必ずあのへんのテーブルで昼からビールを飲んだり(苦笑)しているので、もうホント興奮しましたよ~!
早くまた行って、みんなが変身ポーズ取っていた場所に立ちたい!


人型レーザーのガワが・・・orz

キリヤがせっかく人型に進化したのに、あのガワは無いやろ・・・。
エグゼイドのガワには相当慣れてきた自分ですが、あの顔は無いやろ・・・。
エグゼイド達はまだ、目もとがゴーグルで覆われている感があってギリギリ「仮面」っぽさを残しているのだが、レーザーの顔はただのコロコロコミック系2Dガンダム風おしゃべりロボットでしかない・・・。
レベル4に進化して、今度こそ「カッコイイ」と言える顔を手に入れて欲しいです!
切望!

さて、そのレーザーの新しいガジェットが、チャンバラゲームという事で、タイトルの「Some lieの極意!」は「サムライの極意」というダジャレになっているんでしょうね。ちょっと面白い。
キリヤの嘘事件の真相は、おそらく、病状を正直に明かしたところ、半狂乱になった友人が道路に飛び出して車にはねられ死亡・・・、という事なのだろうなあ。
嘘といえば嘘、真実といえば真実。
ただ、キリヤはその後、事故の責任を感じ罪の意識を背負ったままで戦いに身を投じているのでありましょう。
先週の、ヒイロの過去バナといい、ここにきて仮面ライダー特有の「悲しみを背負って戦う」ヒーローらしさが濃厚になって来ており、なかなか良い感じです!
最近戦隊(ジュウオウジャー)ばかり真剣に見ていたので、こういう暗さというか悲しさというか、ヒーローの業のようなものの持つカッコ良さが新鮮に感じられます。「カッコ良い」と言ってしまうと、キャラ設定のアクセサリ的な意味みたいでちょっとうまく伝わらないんですけど。
でもまあ大きく言って、戦隊とライダーって、明と暗、光と影、みたいなノリがあって、仮面ライダーには悲しい過去バナが似合うものです。(例外は「フォーゼ」か笑。メテオが悲しさ成分を補給していた)

そして次週はいよいよタイガがそういう過去バナを披露しそうなのだが・・・!
なんかもう我が家では彼の髪と変身後の前髪(?)があまりに恥ずかしすぎて、画面に映るだけで爆笑されているのだが大丈夫かな・・・?
「中二野郎」とか「ホサ」とか呼ばれてすっかりギャグキャラ扱いです(T.T)

※「ホサ」はコミックス「バイオーグ・トリニティに登場する主人公のライバルキャラ。髪型がタイガに似ている。

バドさんとヤマトに繋がりがない・・・だと?

先週の感想でも騒いでいたとおり、バドさんは実はヤマトの父親ではないかと思っているのよ。
しかし、今週を見る限り、バドさんの「ジュウランドと人間界は交わるべきではない」という信念は、若き日に、人間に友情を感じてしまったがゆえの悲劇・・・っぽい。
ジュウランドの在り方に疑問を感じ、人間の世界にやってきたバドさんがヤマトの母親と出会って恋に落ちそして・・・、という展開もまだ残ってはいるのですが、そのパターンだと、バドさんとヤマトの母親ってワンナイトラブっつーか行きずりの恋?(笑)
いくらバドさんがイケメンだからって、子供番組でソレは無いよね・・・。

しかしヤマトの父親に関しては、まだまだロマンを追い求めておりますので、うまい具合にバドさんで落とし込んで(?)いただきたいものです。
オレンジのスーツはやはり軽すぎて貫禄に欠けるのですが、それでもヤマトとバド、二人並んでの空中戦はカッコ良かったですね!

・・・とまあ、今週も色々と思う事はあったのですが、次週予告の「セラちゃんの恋物語!?」に全部持って行かれちゃいました~!!!
あの女子力の低いセラちゃん(褒め言葉です)に恋バナですとぉお~!?
ああー、騙されて最後泣きを見る⇒「乙女心なめんな!」と怒ったアムセラの必殺技炸裂!!! ・・・という結末しか見えないよォオ・・・。
ってか、ジューマンと人間の恋物語って普通にアリなのか?
セラちゃんにはやはりレオあたりのガサツな男がお似合い(笑)とは思うのですが、あの二人が結婚したとしてその子供たちは一体・・・?
色々と謎の多いジュウランドの色恋模様です。

リズムゲームにまったく反応できず倒されるヒイロが愛おしい・・・!

「今週のひとこと」はピポパポちゃんの「あれは恋の修羅場だよ(黒笑)」でキマリかと思っていましたが、ブレイブの音ゲー対応があまりに素晴らしくてそっちに感動してしまいましたっ!
始まったばかりでいまだ様子見のエグゼイドですが、今週はじめて、登場人物に愛を感じてしまいましたよ!
過去の自分を責めつづける、笑顔を見せないエリートライダー。ありがちな話といえなくもないですが、ヒイロ役瀬戸くんの生真面目な表情とあいまって、見応えのあるエピソードでした。昔の恋人・サキちゃん(中川可菜さん)の短い前髪も可愛かったなあ。
個人的に、今の所ヒイロが一番のお気に入り(ちょっと背が低いところも愛おしい)なので、余計に感動しましたね!
5年前の学生時代の薄手のセーター姿もトラッドでお似合いでした。
現在のヒイロがスイーツを好んで食べる(しかも食べている時、別に嬉しそうだったりおいしそうだったりするわけではない)のも、過去の恋人に対する後悔や贖罪の意識がからんでいるのかなあ、と思うと二次創作・・・っていうか表紙がお菓子だらけの薄い本想像がかきたてられるといいますか・・・。

ブレイブが進化した姿がラッパー風(笑)なのも面白いし、その姿でゲーム空間内でダンシング攻撃する時のリズムが心肺蘇生のリズムだったというのも可笑しい。
暗い方向に行きそうでやや心配なエグゼイドですが、こんな感じで軽快に進んでくれたらいいなと思いました。

それと余計な心配ですが、エグゼイドの世界ではこんなふうに次々とゲームをクリアしていくのに、1年間コンティニューしつづけてるジニス様って一体・・・(T.T)

もしかして、鳥男ってヤマトの父親だったの・・・?

今まで注意深く避けられてきたヤマトの父親に関する話題。
ドライブの剛みたいに、「実は敵」パターンかと思ってちょっと嫌な気分になっていた(ヤマトの悲しい顔はもう見たくない)のですが、なんかコレ、実はヤマトのお父さんだったぽい展開ですね?
しかも次週予告で「俺たちは交わるべきではなかった」とか言いだしてるし、過去イロイロあって、ジュウランドと人間の世界が断絶したことの鍵となるのがヤマトのご両親の恋愛話だったみたいな・・・?
うーむ、だとすると、マリオおじさんのあの不自然な態度も納得できるというもの。
まあいずれにせよ、鳥男のヤラレっぷりが恰好よくて大興奮ですわ!
ふっ飛ばされて海岸の砂利の上を転がってくとこも凄かった。さすが元ライダー。
しかし、変身後のオレンジのスーツは正直今一つかな・・・。
「オレンジ」という色があまりに陽気で軽いイメージなので、大物感が無い(T.T)
もうちょっと、ワインとか臙脂とか渋めの色のほうがしっくり来たかも(T.T)

さあて、そんな驚きの展開のあった第37話ですが、見どころはやはり、縄跳びに失敗してレオとセラちゃんになじられるザ・ワールドね(笑)
そして即座にフォローに回るヤマト。もはや様式美(笑)
縄を素手で掴んで、「痛い。だが痛快だー!」と叫ぶみっちゃんも恰好良かったです。みっちゃんのみっちゃんらしさが出ている脚本だと、見ていて「今週もクリアだぜよっしゃあ!」という気分になります。レストランで、付け合わせで出てきたスープとサラダがめっちゃ美味しかったときのような満足感(笑)
あと、みっちゃんのスーツ姿が、グレーの上下に黄色のネクタイで、これはライトなコスプレに使えるな、と思いました。イベント会場をさりげなく歩いていても、分かる人には分かる、っていうねw
彼のスレンダーな身体を包むスーツの、動いたときの皺の出ぐあいとかがまことにいい感じでしたね!
(余談ですが現在大ハマリ継続中の「モブサイコ100」の霊幻師匠の、リアルスーツ姿ってこんな感じだろうなー、と思いながら食い入るように見てしまいました)

そしてそして、驚愕の新たなキューブがなんとタコ!
ロボットの背中に十字型になって張り付く姿は、往年のシュリケンジャーを思い起こさせますw
しかも、その十字から飛び出す散弾銃のような弾丸は・・・あれ、タコの吸盤ってことなのか!?(大笑)
クリスマス商戦を控えて、バンダイも攻めてるズラね~!

 BLOG TOP