プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「カミドリ」
「クロガネ」の池沢先生の読み切り。いやー、上手くなりましたね~! 伸び方に勢いがあるので、まだすごく若い方なのでしょう。
「クロガネ」の時は絵も話も下手クソ(すみません)だと思ってましたが、何というかプロっぽくなりました。絵に関しては、もうちょっとクセというか個性が強いともっと良いかな?
話も、疫病神(小動物系)と大泥棒のコンビというありがちな設定ながらツボを押さえていて心地よく読めます。特にクロの造形が良いです。ちょっとキュウべえに似てるけど(笑)
あとタイトルは地味すぎるのでもうちょっとひねって欲しいです。

「斉木楠雄のΨ難」
すっかり学園ほのぼのコメディになってしまいましたがそれはそれで悪くないです。
最近、斉木のまわりにいる奴がみんな好い奴で、爽やか青春ドラマみたい(特にアレン君が登場してからはその傾向が強い。アレン君ってクールに見えて実は灰呂などよりよっぽど熱血友情野郎)なマンガになってますが、ふと気づくと最近、鳥束が出てないのよね・・・。このマンガが本来持っていた爽やかさを押さえこんでいたのは、奴だったのか(笑)
海藤の手紙が地味に良い手紙。確かに海藤は、斉木を通じて少しづつ自分の心を開き、素晴らしい友人たちと出会ったよね。このマンガの裏主人公は海藤だと思う。
それにしても、普段無表情なやつにサプライズを仕掛けて驚く顔を見てみたい、というのは確かに高校生あたりがやちそうな楽しい遊びです。でも、無表情な奴は驚いてもリアクション薄くて無表情だと思うんだけどねw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1006-b5ade2a2

 BLOG TOP