プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


京極夏彦の「魍魎の匣」(講談社 文庫・単行本)という本が大好きで、京極先生の最高傑作だと思いますが皆さんそう思っているらしく、私の知る限りでも実写映画(原田眞人監督)・深夜アニメ(キャラクターデザインがCLAMPだった!)・コミックス(志水アキ作画・角川書店 ①~⑤完結)化されています。
未読の人は即読んで! 一緒に彼岸に行きませう。

さて、この映画版というのが出来が悪くて困ったものなのです。
そもそも京極先生の作品を映画化する、という事自体ハードルが高いのです。
なぜなら京極シリーズは西尾先生の「化物語」シリーズ並みにキャラクター小説としての側面が濃くて、読む人それぞれが「この人はこんなイメージ」というのを強烈に持っていると思うのですよ。
だから映画も、映画としての面白さ以前に「それはミスキャストだろー!」というのが多くて、原作好きな人ほど世界に入っていけないんですよね。
(志水先生のコミックスはその点、イメージ違いがほとんどなくて、むしろ「おお、確かにこの人はこんな顔してるに違いない!」と思わされる事も多く、原作への愛が尋常じゃない事をうかがわせます。京極ワールド入門編としてもオススメ!)

なので、もし自分がこの作品をキャスティングしたら、というドリーム企画を前々から考えているのですが、これがまた難しい。顔はピッタリなのにキャラが合わない人とか、この人は長身じゃなきゃダメ、とか、この人とこの人は同級生だから、とか、この人は美しすぎるからダメ、とか(笑)

とりあえず今考えているのは以下の通り。
これ、もっといい人を思いついたらどんどん書き換えて、いつか決定版を作ろうと思っていますので、「この役はぜひこの人に!」というご意見があればコメントしていただきたく、よろしくお願いします!


京極堂・・・佐々木蔵之介(ハンサム過ぎない所がいい。和服似合いそう。映画版では堤真一でしたが、これもいい配役でした)

榎木津・・・谷原章介(美しさだけならもっと上の人もいるのですが、エノさんはノリのいい人じゃないと無理)

木場 ・・・中村獅童(重量感がある俳優はなかなかいないのですが、「ピンポン」のドラゴン怖かったです)

関口 ・・・妻夫木聡(思い切りオドオドと演じてもらったら、案外行けそうな気が。若すぎるかな? だったら浅野忠信でも可)

久保 ・・・中村七之助(伊勢谷友介もいいかなと思ったのですが、浮世離れした感じが欲しいので)

陽子 ・・・黒木瞳(映画版で、唯一「ピッタリだ!」と思った配役)

敦子 ・・・堀北真希(レイトン教授のルークの声のせいで、なんかニッカポッカとハンチングの印象が・・・)

鳥口 ・・・瑛太(思い切り剽軽に演じてもらったら、案外行けそう。やっぱり、ニッカポッカとハンチングが似合いそうな気がします)

美馬坂教授 ・・・田中泯(カッコ良く枯れた人といえば、この人か姜尚中くらいしか思いつきません・・・)

雨宮 ・・・香川照幸(狂気を出すのは一瞬にして、あとは淡々と優しそうに演じてもらえたら最高だな)

青木 ・・・うーん思いつかない・・・

加菜子と頼子はAKB48あたりから適当に連れてきてもらえばOK。映画全体に華を加えるパートだから、若くて可愛い子ならそれでいいです。頼子はちょっと難しいから大島優子が良さそう。
うむ、我ながら隙のないキャスティングですぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/101-97609362

 BLOG TOP