プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


これは、まったく新しい「ピンポン」だ。

今回の話はほとんどオリジナルストーリーだったけど、原作の世界を広く深く掘り下げた、鳥肌の立つような回だった。

まず、冒頭の「進撃のロボット・藤沢破壊」(笑)
私、高校が藤沢だったので、あのへんはホームグラウンドなんです。思い出のあの店や行きつけのこの店が、破壊されると思うと寂しいな(笑)
子供が「コミックス13巻一気読み」とか言ってるんですけど、現在13巻まで出てるのは「進撃の巨人」だからね?(笑)
しかし、やはりヒーローを見失ったスマイルは制御不能の巨大ロボと化していたのね・・・通った後は、ペンペン草も生えないって・・・。
片高卓球部でも嫌われるスマイルだが、そっと気にかけてやる山田先輩がいい奴だ!

そして、チャイナが立派にコーチとして活躍する姿に一安心。日本語うまいし、ちょっとした中国ギャグ(「3000年早いね」とかw)も言っちゃうほど、チームに溶け込んでて良かったあ・・・と思ったら、何と空港に母親を迎えに行くとは。
帰ることしか考えてなかったチャイナが、自分の居場所を見つけ、それを親に見せたくなったんです。これは泣ける。
そして、料理上手な母親と寮(?)の調理室でワンタンを作るチャイナ。チームメイトが次々とやってきて、暖かくて最高にハッピーなクリスマスパーティに。チャイナのお母さんに、チームメイトたちが敬意を示すのもいいですし、このお母さんもいい人そうです。
そして、更に、更に、チャイナがカラオケで熱唱ですとォオオオオオッツ???!!!
ワイの知ってるチャイナとちゃう・・・(´・ω・`)
でも、またその歌声が上手すぎなくて絶妙にイイんだわあ・・・。チャイナの声優さんマジいい仕事しすぎ。
歌詞の内容がまたね、意味深でね・・・。

ドラゴンと「付き合っている」ユリエちゃん。江の島のイルミネーション(関東3大イルミネーションなんだそうです)を見ながら、いつまでも来ないドラゴンを待ち続ける。待ち疲れて帰ったら、ドラゴンはクリスマスの夜も一人黙々とトレーニングを続けていて、ユリエちゃんからのメールを見てさえいなかった。
・・・この場面にかぶさるチャイナの歌の歌詞が、深い・・・。

♪形のない愛だけど 信じてきた あなたは 
♪本気で愛すること 恐れてるだけ

これ、ユリエちゃんの心情そのものだとも思うけど、結局、ドラゴンっていう男の限界を一言で表してる気がしました。
ドラゴンって卓球に命賭けてるけど、ただ、「強ければいい。努力すればいい。自分は強いし、努力している」って思ってると思うの。それで十分だし、それで一生やっていける人もいるんだろうけど、何か卓球ってものに真正面から向き合っていない気がするの。
ユリエちゃんに対する態度も同じで、恋愛感情が持てないんならそれはそれで構わないのに、何か人として本気で向き合っていない感じなの。人でも物でも、本気で好きになるって難しいし、自分が自分でなくなるような、怖いことだものね。
ドラゴンは、外見はあんなに怖いのに、どこか心が臆病な感じがするの。
ユリエちゃんというのはなぜ登場したオリキャラなのかと思っていましたが、そういうドラゴンの人間的な脆い一面を見せるためなのかも知れません。

・・・チャイナの歌を聞いていたら、そんなことまで考えてしまいました。でも、世の中にドラゴンのようなタイプの成功者って一杯いるとは思うんだけどね。ある程度の素質があって、それを努力で磨き続けるわけだから、どこからも文句のつけようもないし。
ただ、好きでやってることなのか、自分で楽しいのか、ってことだよね。

と、いう事を更に考えさせるのが、卓球部を退部になって憑物が落ちたようにスッキリとした顔のアクマの、ペコへの発言。
「お前誰より卓球好きじゃんよ!!」
そう、ペコの強みは卓球が大好きなこと。卓球を楽しめること。ドラゴンにも、スマイルにも負けない強み。卓球をやって、笑うこと。
ペコがやる気を取り戻す流れがちょっと唐突な気もしますが、アクマの漢っぷりとオババの「愛してるぜ」のカッコ良さでオールOK。オババの声優さんって、「ドラゴンボール」の悟空の野沢さんですよね。やっぱ、普通のオバサンじゃない、おっとこまえな声で決まってました~!

ドラゴンとのデートを妄想するユリエちゃん、海外を目指す海男、ユリエちゃんのポスターを眺める真田、家業の電気屋の仕事をする山田、道路工事に汗を流すアクマ、女の子に振られるペコ、そして小泉先生にもらったケーキをただ一人眺めるスマイル・・・。チャイナ以外はみんなクリボッチ(一人ぼっちのクリスマス)なんですねw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1010-105f7a95

 BLOG TOP