プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


5/17、大相撲五月場所7日目、東京両国国技館に友人たちと行って大相撲を見てまいりました。

いつも恒例メンバーの女子会で私が、
「白鵬様は神!」
「白鵬様の大理石のように白く輝く肌!」
と騒いでいるので、皆さん相撲には興味のない人たちだったのですが、イザクさんがそれほど騒ぐのなら一度みんなで行ってみようという事になり、私も布教活動と思い張り切って前売りチケットを買ったり飲み会の店を予約したり、おさおさ準備もおこたりなく、昨日無事に行ってくることができました。

国技館に行くのは3年ぶりくらいだったんですが、まあ、相撲人気の盛り上がりにまずビックリ。
前は当日の夕方に行っても余裕でチケットを買えたのですが、今回は前売り開始から5日後くらいに買ったら、もう4人バラバラの席しか買えませんでした。当日券も売っていますが、平日はともかく土日は、かなり朝早くから並ばないと入手は難しそうです。
今回は2階のB席(5100円)とC席(3800円)をバラバラに買ったのですが、もうちょっと奮発して2階A席(8500円)が見やすいかなと思いました。1階の升席は憧れですが、2階席は椅子席だし上から場内を見渡せて見やすくて良かったと、友人たちには好評でした。

国技館に行くのは初めての友人たち、まず国技館前の色とりどりの幟旗に感心していました。
そして門をくぐると、何と!
観光地によくある、顔の部分だけ穴になっていてそこから顔をのぞかせて写真を撮るパネル、あれのですね、「遠藤にお姫様抱っこされる」バージョンのやつがありまして、オバサマたちがキャアキャアいいながら列を作ってお互いに写真を撮りあっているではありませんか。
ええもちろん私も友人に撮ってもらいました。こんなチャンスは二度とございません。ビッグウエーブには乗っとけ!

その写真がコレ↓
遠藤
いやー、今見ても幸せな気分になれますねコレvv
「お姫様抱っこ」ってこういう事なのね・・・自分がこんなに軽々と抱き上げられちゃうなんて素晴らしい(違うけど)
ピンクの和服も幸せ感いっぱいで嬉しいです。モデルさんの手も綺麗。
遠藤は今場所から髪を結っていますが、この写真はまだ髪を垂らしたバージョンです、イケメンなのでどっちも素敵vv
しっかし、遠藤人気、凄まじいな・・・
そのまま館内に入ると、この遠藤パネルの穴から若い力士たちがふざけて顔をのぞかせている写真が何枚も展示してあって爆笑。特に、エジプト出身の大砂嵐の写真が馬鹿っぽくて(褒め言葉)好きだなあv

国技館に入ったのは3:30ころでしたが、すでに場内はほとんど席が埋まっていて、場内の売店にも長い列が出来ていました。相撲初心者の友人たちは飽きるかと思い、横綱土俵入りあたりから中入り後の勝負を見てもらおうと遅めに入場したのですが、館内が混雑していて、お店や展示物などをほとんど案内できなかったのが心残り。
しかし皆さん、初めて見る生の相撲の迫力を堪能されたらしく、口ぐちに「面白かった」「また見に来たい」などなどと言ってもらってとても嬉しかったです。
友人の一人がお礼に、と言って売店で売っていた遠藤の絵葉書をプレゼントしてくれました。
イヤンこれも素敵vv↓
名称未設定-2
(ちなみに、昨日の飲み会で遠藤はカトゥーンの亀梨に似ていると話題になりました。確かにそうかも)

取組の最中も、とにかく遠藤人気、遠藤への声援が凄かったです。
この日の取り組み、遠藤の対戦相手は横綱の日馬富士だったのですが、もう時間前から場内の「金星、やってくれるのでは」という期待が高まるばかり。結果は、まあ、日馬富士にかわされて前に倒れてしまう短い相撲だったのですが立ち合いから直後の突っ張りなどはさすがに見ごたえがありました。
とにかく、テレビの相撲中継と一番違うのが場内の空気、声援の大きさで、これは、仮面ライダーや戦隊もののヒーローショーを見に行くと、子供たちの声援が大きくて、その事に感動する、あの感じに良く似ていると思いました。
あと、力士たちがぶつかり合ったり張り合ったりする時の音が驚くほど大きく場内に響き渡る、その迫力もやはり、初めて生で見ると驚くようです。

見終わった友人たちが皆、「白鵬のオーラは別格だった」「白鵬の土俵入りが超カッコいい」と言ってくれて、自分としてはもう嬉しくてたまりませんでした。あと、大砂嵐の上半身の筋肉に感動する人も多かったし、「相撲取りはただのデブかと思っていたが、みっしり充実した身体だとわかった。あと、イケメンと評判の人以外もみんな若くてカワイイw」という意見も聞くことができて、連れてきたかいがあったなあと思いました。
個人的にも遠藤と写真も撮ったし(笑)、実に楽しかったです。
一時期は地に落ちた相撲人気ですが、またこうして盛り上がって、新しいファンも増えてくれると本当に嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1011-93daf5bf

 BLOG TOP