プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「おーい お茶」のペットボトルに印刷されていた俳句が素敵なのでご紹介。

てのひらにおりてきたゆきひかってる  (中屋敷敏樹・8才)

一読、女の子の句かと思ったら男の子なのね~!
読んだ瞬間、少女マンガの一コマが頭に浮かびました。
横顔を見せているボブヘアの女の子、マフラーにミトンの冬支度。背景は黒、合わせた両手の上にひとひらの雪、そこを中心にボンヤリと白く光るトーン、描き文字の擬音は「ポウッ・・・」ですね!
そんな、少女趣味でロマンチックな句かと思いきや、作者は8才の敏樹君。

少年が作った句となるとこれは、朝、登校途中。
友達と「あ! 雪降ってきた!」と騒いで、両手を受け皿にして雪片を受け止めたのでしょう。六角形が珍しくて、じっと見たのでしょう。そしたら、朝の清澄な空気の中で、小さな雪片がキラキラ光っていた、と・・・。
「落ちてきた」でなく「おりてきた」なのがイイです。天上のモノが僕のもとにおりてきた、という気配があって、この何気ない句を叙情的なものにしています。また、31文字すべてがひらがななのも、狙ってやったことではないのでしょうけど、はかない雪のかけらがひらひらと舞い落ちる姿を思わせて効果大です。

雪を珍しがっていることからして、敏樹君は東京とか大阪など、普段あまり雪の降らない都会の少年ではないかな?
雪が光っていた、というただそれだけを一句に切り取る感性が鋭いのか、その雪が驚くほどにキラキラと光っていたのかは分かりませんが、感動をそのまま素直に31文字にしてこの完成度。
絵も俳句も、無欲な子供の作ったものってなにか心に響きますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1014-a8647c6e

 BLOG TOP