プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


私は子供の頃、鎌倉の長谷のあたりに住んでいたことがあるのです。父親の転勤の関係なのですが。
あと、その後大船(ここも鎌倉市内)に両親が家を買い、結婚するまでそこで住んでいたので、鎌倉周辺には土地勘があるのです。これを言うと「うわーイザクさん、いいとこのお嬢さんだったんですねー!」と反応されることが多くて、恥ずかしいので大人になってからはあまり人には言わないようにしていますが・・・ハッキリ言って自慢です! 私の人生唯一の自慢と言っていいかもしれません!
ドラマで有名になった江ノ電極楽寺駅も、「スラムダンク」や「ピンポン」などアニメで名を売った鎌倉高校前駅もホームグラウンド。鶴岡八幡宮のことは子供の頃から「八幡さま」と呼んでいます(地元の呼び方)。

さて、そんな自慢を会社の友人にさりげな~くしていたら、では今度連れて行ってくださいという事になり、先日の日曜日にミニ観光旅行に行ってまいりました。
鎌倉に遊びに行きたい人の参考になれば良いと思い、以下、大まかなルートとポイントを書いておきますね~!

JR小岩駅8:30 -(JR)→ 新小岩駅 -(JR)→ 鎌倉駅10:30 -(バス)→ 浄妙寺前 -(徒歩)→ 浄妙寺 -(徒歩)→ 報国寺 -(徒歩)→ 杉本寺 -(徒歩)→ 荏柄天神 -(徒歩)→ 源頼朝の墓  -(徒歩)→ 鶴岡八幡宮 -(徒歩)→ 「去来庵」にて昼食13:00ころ  -(徒歩)→ JR北鎌倉駅 -(JR横須賀戦)→ 鎌倉駅 -(江ノ電)→ 極楽寺駅&極楽寺  -(江ノ電)→ 鎌倉高校前 -(江ノ電)→ 稲村ケ崎駅 「タベルナ ロンディーノ」にてティータイム -(江ノ電)→ 鎌倉駅  -(徒歩)→ 小町通りを散策 -(徒歩)→ 鎌倉駅17:00 -(JR)→ 新小岩駅 -(JR)→ 小岩駅 18:30
午前は緑の多いお寺めぐり、午後は江ノ電に乗って海を見る、という東京から日帰りのルートです。

*ポイント*
①GWの鎌倉は死ぬほど混雑する! そして6月に入ると各地にあじさいの名所があるためまた混雑する。
よって、5月下旬のこの時期がねらい目。春の花が終わってしまい、寺や神社もシーズンを前に補修工事に入ったりもしているが、天候もよく道もお店もまあまあ空いていて観光しやすい。
夏休み中も混むし、暑すぎてしんどいけれど、9月上旬になるとぐっと人出が少なくなって、夏の終わりの乾いた気だるい空気も心地よく、観光には良い時期だと思います。

②浄妙寺と報国寺、ほとんど隣り合ったこの二つのお寺は、どちらもお庭を見ながら抹茶が飲める、女子に人気のお寺ですが、報国寺は椅子席で浄妙寺はお座敷なので、浄妙寺でゆっくりお茶を楽しまれることをオススメします。
個人的な考えなんですが、お抹茶というのは、きちんと正座でお座敷に座って待ち、お茶が出されたらお辞儀をして、きれいな動作で飲み干す、そこまで含めてお抹茶だと思うのです。茶道とかしきたりとかには無知ですが、美しい庭と美しいお座敷の中で、自分までもが美しいものの一部となる、そういう時間を愉しむものなんじゃないかと。
だから私はお座敷でお抹茶をいただく時は意識して背筋を伸ばしています。他人が見た時に「キレイだな」って思ってもらいたいの。
それが椅子席だと、ただお抹茶の味だけを味わう、みたいになって、それならコーヒーでも紅茶でもいいんじゃないか、って思うの・・・。
報国寺の竹林(非常に見事)を眺めながら飲むお茶も捨てがたいんですけど、ここのお茶席はいつも混んでるのも残念ポイント。

③鎌倉駅からバスで浄妙寺前まで出るルートは私のオススメです!
そこから鶴岡八幡宮方向に向かって歩いてくる途中に、いくつものお寺や史跡があるのでその時の気分であちこち寄り道しながらブラブラと歩きます。季節がいい時だと本当に気持ちがいい。鎌倉のお寺は山や森に抱かれているものが多いので、マイナスイオンが出まくりです。

④昼食は前々から友人がプッシュしていた北鎌倉駅近くのお店「去来庵」にて定番のビーフシチュー定食。肉が柔らかくてとろけそう。
午後のお茶は稲村ケ崎のイタリアンレストラン「タベルナ ロンディーノ」で。
稲村ケ崎の海を目の前で見ることができるベランダ席で、潮風に髪をなぶられながら優雅にデザートセットを・・・という予定だったのですが、この日は強風のため、台風情報の現地レポートみたいな髪になりながらも執念でベランダ席に座りつづけました。
この店は初めてだったのですが、夏の日の夕方、海に沈む夕日と赤く染まった江の島を見ながら、ちょっとぬるくなったビールとイカのマリネか何かをゆっくり食べたら気分は最高だと思われ。ただし日焼け止めは必須。

⑤鎌倉のお土産は、最近では「まめや」の豆菓子が人気です。
小町通りにもお店があるけど、JR鎌倉駅に隣接してお店があるので、最後の最後に「あっ! お土産買うの忘れた」という時は駅の構内(改札の外)のこの店でゲットするのがよろしいかと思います。
他にもいろいろお土産があり、ガイドブックなどを見ると多すぎて迷うので、あまり考えたくない人にはオススメです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1020-3f39508a

 BLOG TOP