プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


2度目のインハイの季節がやってきた!
ひそかに特訓を積み、内心恃むところのあるチャイナ。コーチも中国から戻ってきてチャイナを応援しています。久々にコーチの柔らかい中国語が聞けて嬉しい。でも彼、緑のボーダーのポロシャツしか持ってないのか!?
チャイナのおかげで、辻堂高校のチームがいい感じに強くなってるのも嬉しい。コンさん、ええ仕事しとりますなあ。

キモいお面付けて特訓やってるドラゴン。あえて酸欠状態にするためなのか? ドラゴンは原作よりも更に「苦しむ卓球」の側面が強調されてて、原作の結末知らない人でも「この人、こんな事やってたんじゃ勝てないでしょ・・・」って思うんじゃないかという気がしますが? ドラゴンはただ、不気味なほど強い奴、であって欲しかった。

強いペコが帰ってきたのを知って、スマイルが試合中なのに「おかえり ヒーロー」とつぶやく場面がイイですね! スマイルはやっぱり、小泉先生と一緒にいながらもずっとペコが戻ってくるのを待っていたのね。でもその直後、小泉先生がペコの試合に気を奪われて、自分の試合を見てくれていなかったのを知って、「負けました」と無表情のまま冗談を言い、小泉先生を慌てさせるのもちょっとカワイイ。自分がペコを見るのはいいけど、小泉先生がペコを見るのは嫌なのねw 

そして、このアニメ一番のイケメンキャラに成長したコン(髪型も、だんだん「あしたのジョー」みたいになって来たw)と、ペコの因縁の対決。まさかペコに負けるとは思っていなかったコンが、相手の実力を見ぬいて「風間によろしく」と中国語で言うのがせつない・・・。コンの母親の「おかえり」もツラいけど、アニメ版ではコンが辻高でみんなと仲良くなってコーチとしてもやりがいを持って毎日を送っていることを知っているので、見ていてそこまで苦しくなかった。むしろ、ある意味楽になったんじゃないかな・・・。
この先、コンの出番はないけど、エピローグとかで彼の様子を見せて欲しいなあ。
個人的に、このアニメの魅力の何割かはチャイナとチャイナの喋る中国語だと思ってるのでw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1022-51343c3b

 BLOG TOP