プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上の娘は現在25歳ですが, 「セーラームーン」「たまごっち」「ポケモン」ドンピシャの世代です。
下の娘(現在19歳)がゲームを始めた時はもう、ポケモンも金銀あたりだったのかなあ。
当時、ポケモンセンターは東京駅八重洲口にこぢんまりと存在していて、品揃えなども薄かったのですが子供たちを連れて良く行きました。お店にゲームボーイアドバンスを持っていくと、トゲピーの卵を転送してもらえたりしてね、3時間行列に並んでもらったりしました。

その行列に並んでいる時、小学1年生くらいの男の子が「いやだあいやだあー!!!」と泣き叫びながら、老夫婦に引きずられて駅の方に歩いていくのを目撃してしまいました。あああ可哀想に。彼はきっと、地方都市からポケモンセンターを目指してやってきたのですね。おじいちゃん・おばあちゃんが東京まで一緒にきてくれたのでしょう。でも、3時間以上待つ列を見て、無理だと判断して子供を連れて帰ろうとしていた所だったのでしょう。
夏場で暑い季節だったし、3時間は無理と思うおじいちゃん・おばあちゃんの気持ちも分からないではない。でも、おそらく何日も前からポケモンセンター行き(そしてトゲピーゲット!)を心待ちにしていたあの男の子、目の前にポケモンセンターを見ながら引き返さねばならない無念はいかばかりか・・・。
その少年のことは我が家で話題となり、今でも「ポケモンセンター」という言葉が出ると「あの子可哀想だったね・・・」と必ず誰かが言い出します。
トラウマになってなきゃいいけど・・・って、なってるに決まってんじゃん! 多分一生恨まれるよ、アレは。

さて、現在のポケモンセンターは浜松町の駅近にあり、当時とは比較にならない広さと品揃えです。
ポケモンに熱中した世代が大人になったり親になったりしているため、グッズもぬいぐるみだけでなく日用品・文房具からお菓子、衣類など多岐にわたっていて、しかもデザイン的にどれも完成度が高いんですよー。ポケモンという事を抜きにしても、色も絵柄も可愛くて欲しくなるレベル。
そしてここには、DSのための通信広場もあり、老若男女がベンチに座ってDS画面をじっと見ていたりもします。
「POKEMON」を見て育った外国人観光客らしき人も多いです。
東京ディズニーランドのお土産物屋さん「ボン・ボヤージュ」(舞浜駅を降りて、ディズニーランドに入場しなくても入れるお店なので時々覗いてしまう)に、質量ともに匹敵あるいは凌駕するショップだと思います。

さて、長々とポケモンセンターの話をしてきたのは、6/4~6/21の期間限定でフランスのパリにポケモンセンターが出来、大人気で長い行列ができている、という記事を読んだから。
このショップ、ぬいぐるみとTシャツくらいしか置いていないのにパリジャンたちがそれを大人買いして、もうすでに品切れ状態らしいです。こんなに人気なら、時を置かずして常設店が出来るに違いない。
ポケモンが生まれて、まだ20年くらいしか経っていないのにこんなふうに世界を席巻するなんて凄いなあ・・・。(そして現在、レベルファイブが「妖怪ウォッチ」でポストポケモンの地位を狙っている動きにもひそかに注目していますw)
ワールドカップの日本のユニフォームについてるピカチュウも可愛いよね。ダークブルーに鮮やかな黄色が映えて。
ポケモンアニメが海外に売り出しを始めた頃、(株)ポケモンの代表の方か誰かが、
「ピカチュウだけはどの国に行っても名前を変えずにピカチュウです。言葉の通じない外国で、子供同士が『ピカチュウ』という言葉をキカッケに仲良くなってくれればいい、そんな期待をしています」
というような事を言っていた(うろ覚えでスミマセン)のですが、十数年経って今や大人同士でもピカチュウで通じてしまう時代がやってきました。日本の子供向けカルチャーは凄い。世界平和のためにささやかながらマジで役だっていると思います。

ちなみに、好きなポケモンはイーブイの進化形、特にエーフィとブラッキー。(最近のニンフィアとかいう奴は行き過ぎだと思うぞ)
あとなぜかネイティオが好き。あの目つきがたまらない。サブウェイマスター兄弟が好きなので、シャンデラも好き。
ゲームは、一度やってみようとしたのですが、コイキングばかり出て来るのに嫌気が差し3時間でやめてしまいましたww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1032-417fc5b0

 BLOG TOP