プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


陰謀論大好きな私が最近わりとマジに信じているのが、
「北朝鮮主導で朝鮮半島は統一され、韓国は消滅する」
というもの。
いままでは、陰謀論につきものの悪いユダヤ人の一派が、韓国(在日)のバックにいて日本を間接的に支配していた。だがそのユダヤ人たちは韓国からは手を引くことになった。だからこれからの韓国は一気に弱くなる。

・・・と、いう話なのですが、これを知ったのが2か月くらい前。そしたらその後、例のフェリー沈没事故とその後の韓国国内の混乱っぷり、安倍首相の北朝鮮との接近など、それっぽい話がゾクゾクと出て来るではありませんか。
私が読んだ記事では、オバマ大統領の韓国訪問から一気にその流れが加速するだろう、と書いてあったのですがまったくその通り。
2015年には在韓米軍が撤退するというし、北朝鮮が南下してきたらあっけなく韓国という国がなくなってしまいそう。(フェリー沈没事故の収拾のあまりの無能、グダグダぶりからも想像できる)

そもそも、ここに来て凄い勢いの嫌韓ブームですが、これもここ2・3年で急に、あの国に関する情報が出回って広く知られるようになった結果、という気もします。
日本は戦後何十年もあの国には卑劣な扱いを受けてきたのに、何かの大きな力で悪いイメージが一般国民に浸透しないようにされていたのが、封印が解けてしまったのかなあ、って・・・。
自分が子供のころ、母親(戦後の朝鮮人の行いを知っている世代)などは朝鮮人や韓国人を嫌っていましたが、子供心にそういう発言を聞いて、(わが母親ながらこんな差別的な事を言うとは。古い人間はやはりダメだな)などと思っていたものでした。「差別はいけない」っていうのはまったくの正論であるために、そう思う事で自分が正義であると勘違いしてしまうため、洗脳、というか思想を制御するのに便利な言葉なんですよね。

あと、これは陰謀論じゃないけど「7/1に米国ドルは崩壊する」というのもあります。
EU諸国では今、ドル決済だけでなく中国元で決済できるようになっているとの事で、これはEUがアメリカを見限ったという意味だそうな・・・。オバマさん評判悪いし、アメリカ、今異常気象も物凄いしね・・・。
まあ、アメリカのデフォルトの話は今まで何度もあったので今回も話半分で読みましたが。
それに、EUも中国も経済では人の事は言えないと思うのだけれどどうなんだろう・・・。

まあとりあえず、ワールドカップが終わるまでは難しい話はナシかなww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ちょっと長い話ですいません。

高度成長期に貧富の差が大きくなった事から、日本でマルクス社会主義が横行し、日教組が強大な力を持ちます。
これらに没頭した学校の先生達に影響を受けた世代が 全協闘、全学連、赤軍派などは、浅間山荘事件などの暴動や問題を起こしました。

 それらの反省から、詰め込み教育がなされます。
そして、世界一の勉強の出来る国になりました。
(その世代のトップが 安倍さんですね。)

 しかし、それを観ていた学生運動世代、全学連及び団塊世代は それに同調した日教組などと手を組みました。
そして勉強時間の短縮を狙い、ゆとり教育を推し進め先進国で最下位と言う学力にしてしまいます。

 更に韓国中国に対して 戦争反対、話せば分らない人はいないなどと理想を掲げた融和的教育をされた世代のおかげで 日本は 世界、特に隣国になめられた国になってしまいました。
 
 ひょっとしたら、イザクさんもきれい事だらけの教育を受けた世代なのでしょうか。

 これらの教育をした先人達は 最大の責任を取って欲しいものですが 、未だに自分達は 正しかったと言い続けている方が多いのも現実です。

Re: ちょっと長い話ですいません。

> るどるふくん様

いらっしゃいませ!

私が小学校の時に、担任の先生が卒業式で君が代を歌わなかったことがありました。
どうしてなのか聞いたらニッキョーソがどうとか言っていたのが私とニッキョーソとの出会いです。
私の姉の世代は、学生運動などが盛んだったのですが私自身が学生のころはそういう運動も下火で(浅間山荘事件が小学校4年生の時でした)、また当時はSFにしか興味がないオタク少女だったため(今と変わってないw)、ニッキョーソがどういう組織なのかを知ったのは最近、嫌韓になってからです。

歴史にも興味がなかった為、自分が受けた教育がどんなものだったかもあまり思いだせないのですが、第二次大戦で日本は間違った道を選んでしまった、というイメージは確かにありましたし中韓には謝罪すべきと数年前まで普通に思っていました。
教育のせい、というより、何となくそうした方が丸くおさまりそうだから、という理由だったのですが。情けない話ですが割とそれが一般的な感覚だったように思います。

ところが、そんな無知で情弱でノンポリ(古い言葉w)な私ですらネットを通じて嫌韓になり、初めて日本と朝鮮・中国の歴史に興味を持って本を読んだりして少しずつ詳しくなり、戦後日本の置かれた立場などもわかってきて、政治にも積極的な興味が持てるようになりました。韓国の反日がひどくなりすぎたおかげです。本記事にも書いたように、封印が解けたような印象も多少持っています。

>これらの教育をした先人達は最大の責任を取って欲しいものですが 、未だに自分達は 正しかったと言い続けている方が多いのも現実です。

まったくですが、しかし悪いユダヤ人(笑)に操られていたので仕方なかったという気も・・・。
でも、ほんとにこの数年で変わりましたよね! リミョンパクの「日王(天皇陛下のこと)は土下座しろ」発言がターニングポイントだったと思います。
天皇陛下を侮辱されることでこんなに腹が立つとは自分でも思っていませんでした。ほとんどの日本人がそう感じたと思います。
何事もやり過ぎてはいけないという事ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1033-88ec8d41

 BLOG TOP