プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

草食系の罠


数日前、職場のラジオで面白い話を聞きました。
仕事中なので誰が話しているかは分からなかったのですが、女性二人の会話です。

「草食系男子って、女の子でいうとぶりっ子ですよね」
「あ、分かります~。コンパなんかで、『僕、草食系だから・・・』っていうとモテますからね~」
「で、二人きりになると『実はオレ、肉食なんだよ』とか言い出して」
「タチ悪いですね~」
「自称・草食系には気を付けろ、って事ですよ」

もう、これ聞いてすごい納得!
「僕、草食系だから」っていうのは、
「オレ、ガツガツしてないからどんどん話しかけてよ」
という、異性に対するアピールですよね。
本当の草食系な人は、自分をそんな風に分類して他人に言ったりしない。
「僕、喋るの苦手なんで・・・」
くらいは言うでしょうが。
(「自分、オタクですから」という言い方はアリですけど、これ、異性へのアピールじゃないから!・笑)

それに自称・草食系には、「無理してその場を盛り上げなくてもいい」という姑息な計算が感じられる。
話題を探して、ウケを狙って、その場にいるみんなに楽しんでもらおうという心配りを、
「しなくてもいいでしょ、だってオレそういうの苦手な草食系だもん」
という、都合のいい自己解釈というか・・・。

前に映画「モテキ」を見たとき、
「草食系って嫌だな」
と感じたのですが、今になって納得しました。
そういう事だったのか~!

「ぶりっ子」は当然、女子の間では嫌われますが、草食系ってやっぱり男同士の間では好かれないのかな?
「なんであんな奴がモテんのかな~女って見る目ないよな~」
みたいに?

まあしかし、ぶりっ子も草食系もある意味、相手のニーズに合わせて努力している、とも言えるわけで、その手の努力を一切おこたった自分にとやかく言う資格はないです、はい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/104-096277d9

 BLOG TOP