プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「食激のソーマ」
やべー!!! イタリア兄弟の兄弟愛がfu女子を狙い撃ちだあ!!!!
作者は絶対、ソーマよりタクミがお気に入りだと思う。

「火の丸相撲」
最初のページで、ユーマ君が妹(?)に、何の部活に入っているのか聞かれて、
「・・・・・ す・・・・・ 相撲・・・・・」
と答える場面からすでに可笑しい。冷や汗が効いてますw
そして、顔を見せないこの妹(?)はおそらく今後重要なキャラとして登場するのでしょうね。新連載の時、扉絵に描いてあったマネージャーらしき女の子か?
高校生の裸の写真を撮ってハアハアしている「月刊相撲道」の女性記者も、いい感じにキャラが立ってます。このマンガ、つまらない人が一人もいないのが凄い。メガネの大河内君も(噛ませ犬として)絶妙でした。
ストーリー的には王道ど真ん中を何のひねりもなくまっすぐ歩いているだけなのですが、キャラの魅力と相撲という競技の持つ魅力(作者の、相撲への愛の強さ)のおかげで、どんどん引き込まれてしまいます。
それにしても、潮くんも沙田くんも、しょっぱなからこんなにずば抜けて強いっていう設定で、この先話はどう続けるのかな?

「アヌ中」
萩原裕一さんという新人さんの読み切り。
絵も稚拙だしワンアイデアのギャグだけど、割と好きですww
名前が長い・体操服がシンプル(笑)などなど、人間の特徴にいちいちうろたえるアヌビスたちが可笑しい。あと、アヌビスが無表情なのもいいですw
「ニンゲンタイムの始まりだっていうの・・・!?」
「それじゃあさっきまで私たちはまるでピエロじゃないの!!」
「人間が・・・ ツー 許して・・・ くれた・・・」
等々のセリフも、何気ないのにジワジワと可笑しい。絵をもうちょっと上達させて、また出てきて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1041-d0379977

 BLOG TOP