プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


東京自叙伝東京自叙伝
(2014/05/02)
奥泉 光

商品詳細を見る

幕末から明治・大正・昭和そして平成、激動の時代を潜り抜けてきた東京という都市、そしてそこに住む日本人の姿を、地霊が乗りうつった人物の口を借りて一人称で語りつぐ、マジックリアリズム風の近現代史。
奥泉光の一人称の文体の、緩急自在さ、自由闊達さが存分に堪能できます。

幕末の勤皇の武士、大日本帝国の軍人、戦後の闇市からのし上がる若いヤクザ、テレビや原発の普及を陰であやつる男、バブルに浮かれやがて身を持ち崩す女、福島第一原発作業員・・・。
それぞれ、その時代の中心で歴史が動くのを目の当たりにした(あるいは、裏で歴史を動かした)6人の人物が登場しますが、この6人は実は一人の人物、というより、東京という土地の地霊の意識を共有しています。彼(彼女)は縄文の時代から東京にあって、幾多の地震も富士山の噴火も経験してきています。そして、東京が世界を統べる都となることを熱望しています。
そんな彼(彼女)の目を通して見る、明治維新の、満州事変の、太平洋戦争の、戦後の歴史の裏側。
戦後の好景気、政治家とヤクザ、東京オリンピック、そしてバブル景気と東日本大震災。

幻想を織り交ぜて現在にいたる近代史を語る、というスタイルはガルシア・マルケスの「百年の孤独」をはじめとして、作家なら一度はトライしてみたい手法なのでしょう。その点には目新しさはありませんが、この本はその視点を東京に絞っているのが面白くて、読んでいて連想したのはむしろ荒俣宏の「帝都物語」でした。将門の時代からつらなる歴史、ことに近代史はドラマチックで、東京ってやっぱり魅力的な都だなあ、と改めて思わされます。
また。戦中の軍部の様子や戦後の闇市などが当事者の視点で語られるので、当時の世相や状況などが生々しく感じられるのも面白かったです。
しかし東京が輝いていたのはせいぜい東京オリンピックあたりまでで、その後の時代になると個性的な人物も減り、東京の街が何も考えていない鼠のような人間の群れに埋め尽くされ、やがて東京の滅亡までが暗示されているのは、読後非常に暗い気持ちになりました。東京はまだまだ幾度でも生まれ変わる! と信じたいのですが・・・。

奥泉先生の本では、個人的にはクワコーシリーズのようなユーモアミステリが一番好きなのですが、この本も語り口の軽妙さのおかげで、重たい内容の割に読みやすい小説になっています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1052-78329a95

 BLOG TOP