プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


想像ラジオ想像ラジオ
(2013/03/02)
いとう せいこう

商品詳細を見る

去年の「本屋大賞」で上位にランクインした話題の本。
才人のいとうせいこうが、3・11東北大震災のあとの死者たちと生き残ったものたちの魂の交流について、真剣に、誠実に向き合って書いた本であることが伝わってきて、胸を打たれます。

想像の世界の中でだけ聞こえる、DJアークと名乗る男が放送している想像ラジオ。
読み進むにつれて、DJアークは東北大震災で被災した人物だと分かってくる。DJアークの声は、いろいろな場所へと届き、その場所で苦しんでいる人たちの助けになる。
同じころ、東北へとボランティアで幾度も通っている男が、想像ラジオの噂を聞きつける・・・。

ネタばれになるのでほとんどあらすじを書けない所が辛いのですが、「東北大震災」と聞けば何となく「想像ラジオ」というものが何なのか分かるのではないでしょうか・・・。
震災で犠牲になった多くの人たちの声を、生き残った者たちは聞こうとすべきなのか、それともそれは感傷にすぎないのか、といった、真剣にボランティアに携わった人からでないと出てこないような真摯な問いかけもあり、私などはとうていそれに対する答えを持てません。(車の中での若いボランティア青年たちの会話が、哲学的と言っていいほどに重かった)
ただ、死者と生者の交流というテーマは形を変えてこの本に何度か出てきていて(白と黒の鳥になった女の話も印象的)、自分がどういう姿勢で死者や犠牲者に対するにしろ、そこには何らかの覚悟が必要だろう、といったことまで考えさせられました。

・・・と、こう書いてくるとやたら重苦しい本のようですが、短い小説のうえに、軽快な文章が心地よく、あっと言う間に読めてしまって爽やかな感動が残る本でした。さすがは本屋大賞。
いとうせいこうといえば、かつて「ノーライフキング」や「ワールズエンドガーデン」などのSFチックな小説で名を馳せた、ちょっとクセのある作家、というイメージだったのですが、みうらじゅんとの共著「見仏記」シリーズで、みうらじゅんの人としての美質を見抜いて好意を伝えるその誠実な姿勢に感動し、「この人ってすごく真面目な人だな」という感想を持ちました。
「想像ラジオ」は100%のファンタジーでありながら、そんないとうせいこうの、死者の鎮魂という行為への真面目さが読者の心を揺さぶる本です。

それから、ラジオDJが主人公の小説なので、要所要所に彼がかける古今東西の名曲の題名が書かれているのですが、音楽一般にあまり詳しくないので、タイトルを聞いても曲が想起できないのが辛いところ。おそらく、歌詞や曲調も含め、小説世界を補うような選曲がなされているに違いないのです。
できれば、誰かこの小説をラジオドラマ化して、使われている曲はそのままオンエアして欲しいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1053-30501315

 BLOG TOP