プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


すっかり「妖怪ウォッチ」中毒になった私。
今日は短い話が3本でしたが、前回「ジバニャンの秘密」みたいにまるまる30分使う回よりも、むしろこういう形が多いみたいです。

「妖怪さとりちゃん」
さとりちゃん ノーマル 妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第一弾 yw01-012さとりちゃん ノーマル 妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第一弾 yw01-012
()
バンダイ

商品詳細を見る

「お前は今、なんでおれが考えていることがコイツに分かるんだろうと思っているな」
「お前は今、コイツはさとりの妖怪だと思っているな」
「お前は今、どうしよう全部先に読まれてコイツをやっつける事ができないじゃないかと思っているな」
・・・・・
奇妙な味のSF短編みたいに面白い、「さとりの妖怪」の話。子供のころに読みましたが、実際こんな奴が目の前にあらわれたら怖いよですよね~。
でも「さとりちゃん」は和服を着た犬みたいでカワイイです。
あと、今回初めて妖怪メダルで友達の妖怪を呼び出す所を見ました。こういう所はやはりポケモンに似ています。しかし、ジバニャンをはじめ呼び出した妖怪たちが全く役に立たないのにはちょっと驚いた。妖怪って、召喚して使役するものじゃなくてホントにただの友達、かつコレクションなのかしら(笑)
ケータ君がさとりちゃんを撃退する方法がまたまたいかにも子供っぽい。蛇口から落ちる水滴も可笑しいです。

「妖怪ヨコドリ」
妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第1弾/YW01-030ヨコドリ妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第1弾/YW01-030ヨコドリ
()
妖怪とりつきカードバトル

商品詳細を見る

他人の持っているものが欲しくなってしまうという、まあ、妖怪のしわざじゃなくても普通にしょっちゅう起こっていることなんですが妖怪のせいにしてみました~、という話(笑)
そしてまたしてもまったく役に立たないジバニャン。やはり奴は可愛いだけのペットなのか?
問題が全然解決しない終わり方が新鮮というかむしろスガスガしい。「ヨコドリしたい」という気持ちはこの先もいつまでも無くならないという事か(笑)

「恋とポエムとコーヒーと 5杯目」
妖怪ウォッチ ぬいぐるみだニャン コマさん妖怪ウォッチ ぬいぐるみだニャン コマさん
(2014/06/27)
バンダイ

商品詳細を見る

この、ちょっと情けない顔をした白い妖怪の名前が気になっいたのですが、狛犬の妖怪、「コマさん」でした。
「恋とポエムとコーヒーと」は、このコマさんが漫画家志望の人間の女の子に恋をしてしまう話で、シリーズものになっていたらしい。
コマさんは悩む彼女を勇気づけるため、人間の青年に化けて彼女の前に姿を現す。彼女が、子供の頃にコマさんを見ていた短いエピソードがいいです。彼女の絵柄が梅図かずお調なのも可笑しい。
人間と妖怪、しょせんは実を結ばぬ恋ですが、その経験を経て、それまで飲めなかったコーヒーがおいしく感じるようになる、というほろ苦いお話。

途中のCMタイムをまるまる使って、3DS版「妖怪ウォッチ2」のCMをやっているのですが、そこで流れる「ゲラゲラポーのうた」がまたね、イイんですよ。OPとも、先週のCMとも違う曲調でね。この曲、最初から最後までちゃんと聞いてみたい。何バージョンかあるのかしら。
ユルい後ノリの手拍子が似合いそうな曲で、フジロックの夜、子供たちと囲むキャンプファイヤーを見ながらちょっと気だるく即興のようにして歌って欲しい(笑)
いろんな歌い方が出来そうな曲なので、いろんな人がカバーしたバージョンも聞いてみたいです。

「今日の妖怪大辞典」で、ヨコドリがアメリカのトゥーン「ロードランナー」調で走ってるのも、私のような年配の人間が見ると思わずニヤリとしてしまいます。細部まで手を抜いてないのが嬉しい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1058-5e850445

 BLOG TOP