プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


貴様いつまで女子でいるつもりだ問題貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
(2014/07/24)
ジェーン・スー

商品詳細を見る
今日のラジオ番組「アポロン」のゲストに出ていたジェイン・スーという人の話がまたまたメッチャ面白かったの~!

最近、「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」という、もうタイトルからして大笑いな本を出した女性エッセイスト(?)の方ですが、もう話がいちいち可笑しいんです。何と言うか、頭の良さがジョークの切れの良さになっている人で、「アポロン」のパーソナリティの齊藤美絵さんもそういうタイプの人なので、二人の早口の会話が超高速掛け合い漫才というか超高速ピンポンというか、聞いていて無性に面白いです。多分喋っている本人たちも、お互い打てば響く才気煥発っぷりを楽しんでいるんじゃないかな、と。自分と同じテンポで、同じ(冗談の)レベルでポンポン打ち返してくる人との会話って楽しいですよね。私も大好きです。

さて、「いつまで女子」問題。
確かにね、私くらいの年になっても「女子会」って平気で使ってるけど、言葉の意味から言っても美意識から言っても、許されない気はする。っていうかずうずうしくてスミマセン(苦笑)
でも、「いつまで女子でいるつもりか」に対する答えは、「女子は一生、女子である」なんですって。
年をとってもオバサンになっても、心の問題じゃなくて魂の、ソウルの問題なんですって(笑)
それも分かるんですよね、クラス会なんて、何十年経っても「あのころ」に戻ってきゃいきゃい騒いじゃうもんね。

さて、ジェインさんいわく、「女子会には、SNSに載せる女子会と海賊の宴会の2種類がある」
これも名言だ~!(笑)
「SNSに載せる女子会」というのは、「シャンパンで乾杯~♪」とか、「マンゴーのデザートおいし~♪」とか言ってる女子会なんですって。まあ、男子諸君が夢見る、いい匂いのする女子会ですな(笑)
「海賊の宴会」っていうのは、某有名テーマパークの某有名アトラクションの後半に出て来る、海賊たちが獲物を前にヨーホーヨーホーと歌いながら酒を酌み交わす、アレの事なんですって(笑)
夜、化粧が落ち油浮きした顔の女たちが集まり、重い荷物をドサッと下ろして「あー、疲れた疲れた」「今夜は飲むぞ~!」「最近、足が臭くってさあ」などと言いながら飲み食いするのが「海賊の宴会」。
いやーマズイ、私、ここ10年以上、海賊女子会しかやってないわー(汗)

更に、「女子が30代で取り返しがつかなくなるかもしれない度チェック」というのもあって、
①よく人に「隙がないねー」と言われる
②人に合わせることに抵抗がある
③ピンクが苦手
この3つが当てはまってしまう人は要注意、との事なのですが・・・
逆に言うと、隙があって相手に合わせるのが上手くてピンクを可愛く着こなせたらアナタもお嫁に行けちゃうよ、って事でしょうか(笑)

②に関しては、ジェインさんがいろいろお話をされていて、ようするに相手に合わせられない、っていうのは「その場の空気を自分で仕切らないと気が済まない」という事なんだ、と言っていましたが、これには深く頷くものがありました。
私は子供の頃はおしゃべりで、今でも気の合う人や趣味を同じくする相手とは早口でペラペラ喋るのですが、大人になってからは、それ以外の場合は自分からはあまり喋らなくなったんですね。特に苦手なのが、ママ友やPTAの会話で、「○○先生が~~」とか「誰それが中学受験で~~」とか、その手の話題にどうしても興味が持てず(「妖怪ウォッチのウィスパーが~~」って話題なら凄い勢いで食いつくんだけどねw)、しかし人間関係を保つために、同調しているような表情で相づちをうたねばならないのがしんどくて、その手の集まりからは意識して距離を置いていました。
「子供の頃はませていたのでお喋りだったけど、本当の自分は孤独を愛する寡黙な人間だったんだ」とすら、思っていたものでしたが・・・。そうじゃないね、自分のペースで話が出来ない事が、我慢できなかっただけなんだね(苦笑)

「アポロン」にはジェインさんの他にも、常連のゲストさんが何人もいらっしゃいますが、中でもサンキュータツオさんが登場する時はやはり齋藤美絵さんのトークの回転が速くなって生き生きしています。やはり、場の空気というか会話のテンポが自分と同じ人と喋るのって、仕事を離れて楽しいんだろうな、と思います。

それにしても、「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」は気になりますね(笑)
今度本屋で見つけたら覗いてみようっと。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1070-d2aec6b9

 BLOG TOP