プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


今週の話題はなんといっても「テラフォーマーズ」読み切り!
いやー、まさか週刊ジャンプでテラフォーマーズが読めるとは。
実はこの夏、PCが壊れてブログの更新が出来なかった間、すっかりコミックス版のテラフォにハマっていたのですよ。

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/19)
貴家 悠

商品詳細を見る

「進撃の巨人」のグロテスク味、「ガンツ」の理不尽さを合わせ持ち、なおかつジョジョシリーズ1部2部あたりの、すっとぼけたギャグというかホラ話のテイストにもあふれている、何とも言えない面白さです!
各国代表が「いかにも!」な感じで、それぞれお国柄ギャグ(?)をかませてくるあたりは、麻雀マンガの「ムダヅモなき改革」も思い出しました。
ストーリー的にはけっこうあっさり仲間は死ぬは、死に際がむごいはで救いがないのですが、何か描いている人の個性なのか、妙に全体の空気が明るいんですよね。キャラ全員、やたら男気にあふれて男前でね。
セリフ回しや冗談のセンスも冴えててね。(「女の冗談は面白さと生々しさを勘違いしているから笑えない」と「コイツ何か言う!」には笑った~!)

そんな「テラフォ」が先日深夜アニメになったので第一回を録画して見たんですが、なんだか画面も雰囲気も暗くてテラフォの良さが表現できていないと思ってしまいました。ジョジョアニメ1部2部みたいに、元気一杯でやって欲しかったなあ。

さて、その「テラフォーマーズ」が読み切りでジャンプに載っていたわけですが・・・!
テラフォのグロさ・楽しさ・面白さがよくわかる、きっちりまとまったエピソードでした。これでテラフォが好きな人が増えてくれるといいなあ。
「叩いたり スプレーくらいじゃ全然 死なない ゴキブリです」とか、「素早い・・・ キモい・・・ 死なない・・・」とか、いちいちセリフ回しに独特のギャグ味があるの、分かってもらえましたかね? 私はこの口調が大好きなんですww
やってる事が大真面目なだけに、思わずクスッと笑ってしまいます。
というか、基本ギャグマンガだと思って読んでいますww

「テラフォーマーズ」のことばかり語ってしまいましたが、今週はあと「こちら亀有公園前派出所」が好きでした。
あんなカッコいい姉御になってみたい・・・。

あと、先週号の話ですが「ハイキュー!」のカラー表紙の裏に、「パッキー」のレツ先生が4コママンガを描いていたのには驚きました!
しかも、絵がうまくて色使いもキレイ。「ハイキュー!」の世界観もバッチリ掴んでいる。(更に言うと、ちょっとだけfu女子っぽいw)
いやー、レツ先生は器用だとは思っていたけどここまでとは。
今週号にも4コマが載っていましたけど、レツ先生こんな事やってないで次の連載の案でも練ってくださいよー!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1085-e5548e6c

 BLOG TOP