プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ドライブ、サイコー! o(≧▽≦)o

進ノ介が、すでに一度変身もしているのに、ベルトさんの正体に疑問を抱いてスッキリしない、というエピソード、
わ~か~る~わ~。
っていうか言われてみると、どうして今までそこに気がつかなかったんだろう。
普通、最初に変身する力を得た時、「この力の出どころって何だろう?」って疑問を持って当然ですよね。
ウィザードのハルトあたりは、途中で薄々気がついていて、それでも「自分はできることをするだけ」更には「コヨミさえ守れればあとはどうなってもいい(ハルトの闇落ち)」という考え方をしていたのでまだ良いと思うのですが。
まあ、進ちゃん(笑)は自分で納得できないと走り出せない男なので、ここをハッキリさせとくのは大事なんですね。
でも、今まで漫然と仮面ライダーを見ていて「主人公の職業が『旅人』ってどうなの?」などの、「まあまあ子供向けのヒーローものなんだから細かい事は気にしないで」とスルーしていた部分を、こうやってキッチリ言葉にしてくれると、「ああ、ちゃんと脚本の人が考えてるんだなあ」と思って嬉しくなります。

更に、
「大いなる責任」発言、キター!
ヒーロー好きな人ならご存知、映画「スパイダーマン」(サム・ライミ監督版)の中の名言ですね!
ヒーローとしていかにあるべきか、を己に問い続ける重たい言葉で、個人的には、この自覚のないヒーローはヒーローじゃないとすら思っております。
いるのね、脚本家に「スパイダーマン」好きな人が・・・嬉しいです!
ヒーローの自覚があるかないかで、見ていて共感できる度合、つまり話にハマれる度合が全然違うんですよ~。

「W」と同じく、2話でキッチリと謎を解いていく展開もいいし、その時に普段は呆けている進ちゃんが冴えた推理を見せるのもカッコイイ。
特捜課の面々が、「フォーゼ」の仮面ライダー部と同じく変人の集まりでいながら、事件解決にむけて自分の長所を生かした抜群のチームワークを見せてくれるのもイイ。

更に、進ノ介役の竹内涼真くん、俳優になる前は何とサッカーチーム、東京ヴェルディのユースに所属してプロサッカー選手を目指していたんですね~! 道理で、スーツで全力疾走する姿がサマになっているわけです。
まだちょっと甘さの残る顔立ちに、ライダーとしては新鮮な短髪、もう非の打ちどころがありませんねwktk

現時点で不満があるのは、敵トリオ。
中途半端なイケメンぞろいで、なんか彼らが映ると「韓流ドラマみたい・・・」と感じてしまうのは私だけではありますまい。
しかも、なぜか全員「鎧武」のメンバーに似てるのよね(笑)
ハート≒バナナ
ブレン≒ドングリ
チェイサー≒ブドウ

特にチェイサーは、今後「第二のライダー」化するんじゃないか? と思われる重要キャラなのに、こんな劣化ブドウみたいな子でいいのか。まあ、今後の成長に期待できるところが特撮ヒーローものの良いところなんだけどね?
ハート(心)、ブレイン(頭脳)、と続いたら3人目はマッスル(筋肉)とかじゃないのか? と思われるので、チェイサー(追跡)という名前が場違いに感じるわけですが・・・。バイクも持ってるし、2人目のライダーっぽい。

ロイミュード029が気に入った人体のパーツを集めて作った謎の美女、遊園地の場面で一瞬しか登場しなかったけど悪役っぽい不敵な表情や堂に入った立ち姿、悪役として完璧!
顔立ちはすごくかわいくて綺麗な役者さんなのに素晴らしい。足もキレイ!
麻亜里という役者さんです。覚えておこう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1100-dbcc17b9

 BLOG TOP