プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


いまだに絵柄とミギーの声に違和感を感じるものの、ストーリーの面白さについつい引き込まれて、気が付くとすっかりハマッて見ていました。
脚本も演出もいいですねー。
ラノベっぽい甘甘な学園ドラマなのに、突然、現実が断面を見せるようにして事件に巻き込まれていくサスペンス感。その緩急というか、テンポがいいなと思います。
平凡(どっちかというと駄目草食系)な高校生だったシンイチが、ミギーの力を借りて、腕っぷしに自信のある勇気ある男として生まれ変わっていくくだりが、痛快でもあり青春ものっぽくもあります。グロさに目を奪われがちですが、そういった主人公の成長を描く、ジュブナイルものの側面もあるんですよね。

ただ、OP、EDはやはりイマイチ、それにBGMも(?)と思うところがあったかな・・・。
ミギーの声が可愛いすぎて、基本冷血な生き物だということが感じられないのもちょっとマイナス。

原作を知っているものとして、この先話がどんどんハードに、悲惨になっていくのを知っているだけに、「この絵はちゃう~!」と言いながらもやはり、ちょっと目が離せないです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1103-8286f719

 BLOG TOP