プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「火の丸相撲」
鬼丸と狩谷の、仕切りの気迫に心ならずも魅入られてしまい、「静かにして もう少しだけ・・・」と言うユーマの妹、レイナ。
相撲を嫌っていたはずなのに、その魅力に取りつかれつつある心の動きをたったこれだけのセリフで表現しちゃうのはすごい。
こういう所が上手いですよねえ川田先生。
でも、鬼丸が相撲を取っている所はあまり面白くない・・・。スポーツ漫画として実に残念・・・。

「暗殺教室」
私、怖い親の話って大好きなんですよ~!
小説でも映画でも、怖い親が出てくる話って何か引き込まれてしまいます。
山岸涼子先生のコミックスにも、怖い親がテーマの傑作が多い。
最近では映画「ブラック・スワン」とかね、バレエ映画でも二重人格映画でもなく、母親コワイ映画の傑作だと思っております。
やはり、親子関係というのは、男女の関係以前の、人間にとって根源的と言ってもいい永遠のテーマなのでしょうか・・・。

さて、今週の「暗殺教室」は渚くんの怖い母親の話。ああ~コワイコワイコワイ。
顔の皮膚をはがしちゃう殺し屋より、ずっと怖いよ~。
こういう怖い親って、自分では「自分はいい親。子供のために、ここまで頑張っている。自分は善」と信じているので、ちょっとでも逆らうと「悪」認定されてしまい、会話にならないんですよね。
剛毅な子供なら、激しい争いの末に親を打倒して家を出ていくのでしょうが、心優しい子供はそれすらできなくてねえ・・・。
・・・なので来週、殺せんせーがどんなふうに渚くんの母親を丸め込むのか、楽しみです。
あと、カラー表紙がオサレすぎワロタ

「斉木楠雄のΨ難」
ア・・・表紙絵がヤバイ・・・
この表紙はエロいですよ腐女子的に!

海藤キュン主催のハロウィンパーティ。
なんかもー、すごい健全な青春エンジョイしちゃってますね~。海藤といえば誰も相手にしてくれなくて「友達欲しい」しか言ってなかったのにw 
まあ、これはこれで可愛いので許す(笑)
「・・・俺は先に失礼するぜ・・・ さっきから風が呼んでる・・・」
「お? どこ行ったんだアイツ」
「塾だよ塾」
292pのこの会話も可笑しいですw
そしてアレン君の晴れ姿がカッコ良すぎw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1107-8c34afeb

 BLOG TOP