プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「食戟のソーマ」
アニメ化おめでとうございます。
深夜アニメなのか普通のアニメなのか・・・?
可愛い女の子がじゃんじゃん出てきて、決めコマでじゃんじゃん脱ぐ(笑)ので、深夜で思いっきりやりたい放題やっちゃうのも楽しそうですね。
ソーマくんの熱血ぶりを活かしてそのまま少年向けアニメにしても手堅いかと。どっちにしても、毎週1回必ず「はだけよるわ!」的なシーンが見せ場となるのねww
イタリア兄弟と四ノ宮サンあたりに腐女子が湧きそうではありますが・・・。

「NARUTO」
来週で終わりだそうで・・・。
最近、全然読んでなかったんで申し訳ないけど、仲直りしたと思ったらまた二人で戦ってたのね(笑)
で、お互い利き腕(?)を失ってしまい、もう戦うことができなくなったのね。
サスケが「オレの負けだ」っていうのを見て、ベジータを思い出しました。ライバルがこう言いださないと、少年マンガというものは終われないものなのか・・・。
でも個人的な感想だと、「ドラゴンボール」はベジータの成長の物語(自分のことしか考えられなかった子供が、自分以外の者を愛することを知り、自分以外の者を認めることができえるようになる)としても読めるので、「オレの負けだ」という言葉にも、物語を終わらせる深い意味が感じられたのですが、サスケの発言はなんか唐突というか・・・。まあ読んでなかったのであまり言えないけどね?

「娘入り箱」
何なんだこの「大斬」シリーズというのわぁあ~っ!
「ネームが9本存在する」って、もう全部ネーム作っちゃったのね。お題をもらって、さらさらっと・・・。
西尾先生のほとばしる才気に、今更ながら感服つかまつりですよ~!
漫画原作者になりたい諸君、この9つのお題でネームを書いて集英社に持ち込みするといいかもしれないよ・・・ただし西尾先生のネームを上回ればだけどね!
西尾先生には、あまり重い絵柄は似合わないので、小畑健先生よりも「いちご100%」の河下水希先生とのコラボが楽しみです。「サムライうさぎ」の福島先生も相性がよさそうだけど、掲載誌がYJなのよね・・・。

さて、「娘入り箱」は「めだかボックス」での黄金コンビ、暁月あきら先生が作画。
なんだかちょっと、絵柄が繊細すぎというかくどくなってる気がして残念・・・。主役の兵太郎の、瞳の色が薄いのがイヤ(我儘)。めだボの時のほうがキャラに力があった気がします。球磨川くんとか安心院さんとか、絶対あの外見だからああいうキャラに育っていったと思うの。
ストーリーは「ダンボール」というお題から「雨の日の捨て猫」を連想して、そこからSF風味ラブコメに持っていく、という、ラノベ作家のイメージトレーニングみたいな話でしたが、独特の切れ味があります。ラスト3pはロマンチックでした。あと、成長したハコちゃんが可愛いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1119-c6a56bd6

 BLOG TOP