プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


怪盗ジョーカー(1) てんとう虫コミックス怪盗ジョーカー(1) てんとう虫コミックス
(2013/06/04)
たかはしひでやす

商品詳細を見る

小学生向けマンガ月刊誌「コロコロコミック」誌上にて不動の人気を誇る「怪盗ジョーカー」。
コロコロ自体が、一般的に知名度が低いので、子供さんがいるご家庭以外ではこのマンガもあまり有名じゃないと思うけど、長年続いている人気作で、月刊誌でありながらコミックスももう18巻まで出てるんです。
私は小学生向け漫画のノリが好きで、コロコロも時々買っているのですが、ジョーカーは毎回楽しみにしていました。
(あとゴクオーくんとケシカスくん、最近では妖怪ウォッチもはずせない!)
表紙絵を見てもらったらわかると思いますが、絵柄に子供マンガらしい簡略化されたパワーがあって実にいいんですよ~! 
いわゆる「画力がある」というのとは違うのですが、主役のジョーカーをはじめ、脇役悪役ゲストキャラに至るまで、コスチュームや髪型、デザインが「いかにも!」って感じでカッコ可愛いんです。
ストーリーは毎回ちょっと無理やりな気もしますが、謎解きや化学実験みたいなトリックがあって子供なら夢中になりそうです。ルパン3世と名探偵コナンと怪傑ゾロリを足して3で割ったような感じ。
以前から、「ジョーカー、アニメ化しないかな」と思っていたのですが・・・。
10/6よりTOKYO MXにて、月曜夜7:00~7:30、放送開始!
すいません、好きだと言ってるわりに始まったのに気が付いてなくて、昨日第5話をやっと見ました。
key_201410l.png
(これがアニメの絵。「輝く夜」というのは、怪盗であるジョーカーが活躍するのが夜間であるという意味です)

原作の雰囲気を壊さないキャラ設定に、まず満足!
全体の色もキレイで、変に凝った所がなく良い意味で昭和のアニメのよう。無駄にオシャレな演出もなく、直球ど真ん中でしかも軽快なテンポ。音楽の入り方もいい!
ジョーカーの過去話、子供時代の話でしたが、展開が早くてしかも予想外の方向にどんどん進んでいってしまうので、30分間目が画面にクギ付けでした。
ちゃんとナゾ解きがあるのも嬉しい(難しすぎて全然わかんなかったけど)。
「妖怪ウォッチ」は、子供には分からないネタでも平気でブチ込んでくるし、基本的に「いい話」よりもナンセンスギャグを目指していて、ある意味とても大人っぽいけれど、ジョーカーは徹頭徹尾子供目線。そこがいいです。

いやー、コロコロ、本気出してきましたね嬉しいです!
コロコロのアニメって、日曜朝の「おはコロ」で安いCGアニメになっちゃう印象があったからね・・・。
そして次週、第6話のタイトルが「影(シャドウ)は舞い降りた」www
シャドウというのはジョーカーの偽者。この、「いかにも!」なネーミング、タイトル、たまりません~!

販売されるようなグッズもないし(トランプカードくらい?)、妖怪ウォッチのようなブームになるとも思えませんが、子供心に戻って素直にワクワクできる正攻法のアニメ、長く続いてほしいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1126-50f6ba39

 BLOG TOP