プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


映画 ディズニー ベイマックス ポスター 42x30cm Big Hero 6 【並行輸入品】映画 ディズニー ベイマックス ポスター 42x30cm Big Hero 6 【並行輸入品】
()
Big Hero 6

商品詳細を見る

つい先ほど、帰宅いたしました。
そう、夜9:00からの「ベイマックス」夜間割引上映を一人で見に行って、一人で帰ってきたのです。
すでに、この映画を映画館で見るのも3回目。
完全に中毒症状や~!!!

もうね、上映が始まって冒頭、サンフランソウキョウの夜景が映ったとき、「この街に帰ってきた」と思っちゃいました。奏京は第二の故郷だ~!
この映画、とにかく美しい音楽のように、流れが心地良いのよ。
スピード感とかテンポとか、そういったものに無駄がないっていうか。
主人公の心の動きにも無理がなくって、感情移入も実にスムーズ。ほんとに、ヒロの見るものを見て、ヒロの感じることを感じている気がするのよ。
天才少年であるヒロが、その頭脳をフル回転させている時のアドレナリン出まくりの昂揚感、ワクワク感。それが日本人少年であるという事から私たちが感じる、一種の痛快感。
更に、キャラも背景も、絵柄が美しく隙がない。もう、どこをとってもキモチイイ。
もはや私にとってはこの映画、麻薬物質であります。
あう~、もっと、もっとベイマックスを~ッ!!!

マジで早くDVD欲しいッス。
エンディングのアメコミタッチの絵も好きだな~。
街中の広告が完全に「寿司あざらし」状態なのもカワイイww 電車に描かれた風神雷神図はオシャレですね。
あと、上空に浮かぶあの沢山の鯉のぼりみたいなポッドは何だろう? 風力発電装置?
でも、どうやって上空に浮かんでいるのかが謎。まあいいか、カワイイから(笑)
路地裏にある飲み屋の看板に「滝の音」と書いてあるのも、いかにもソレっぽくて毎回感心してしまいますw
唯一の不満は、音楽がイマイチ印象的でない、ということかな。
「これは名曲!」と言えるほどの曲は無いかも。それでもさすがに3回も見ると、途中のどの曲にも愛着がわいてきちゃうんですけどねw
それにしても、あんなに小馬鹿にしていたディズニーのCGアニメに、こんなにも惚れこむ日が来ようとは。

あと、「ベイマックス」でも泣くんだけど、同時上映の短編「愛犬とごちそう」も、見るたびに泣いています。もう、涙腺ユルユルです・・・。

(ここから先、気持ち悪くなるので注意)
それにしてもヒロは可愛いなあ・・・。
大きい頭とヒョロい身体のバランスも可愛いし、スーツを着てる時に、細い手足の先についているグローブとブーツがやたら大きいのも可愛い。
悲しい時に目を伏せる表情を見せると、一重瞼のスッキリした吊り目になるのも美しい。
赤いトレーナー(ロボットがプリントされているのもナイスw)とハーフパンツといういでたちは、「妖怪ウォッチ」のケータくんを連想させます。更にいうと、ベイマックスとウィスパーも似ているww
途中、感情に飲まれて悪の心に支配される(?)あたりも、そそるのよね・・・なんか「傷ついた少年」ってそそられるじゃないですか・・・マジでもう少し若かったら薄い本出してしまう所だったわww

(ここから先ネタバレするのでご注意)
それにしてもあのラストね。
ヒロが、途中で何度も「必ず方法はあるはず。見方を変えてみよう」って言うじゃないですか。で、あの最後の、ベイマックスがロケットパンチで自分を犠牲にしてヒロたちを助けようとする場面でも「必ず別の方法があるはず」って言うのね。
あそこは今まで、その頭脳で数々の難局を乗り切ってきたヒロにも、どうすることもできない場面なのね。大きな運命の前に、自分の無力さを噛みしめる、というか。別の方法なんて無い、って自分でも分かっているんですよね(落涙)
アビゲイルが一緒じゃなかったら、ヒロはベイマックスと別れることが出来なかったかもしれない。でも、「誰かの命を守る」ために、自分の感情を殺す判断をするヒロ・・・。
大人になりやがって・・・・゚・(ノД`;)・゚・
・・・っていう、一度は全てを失うような経験をした後だからこそ、あのアッケラカンとしたエンディングも能天気な感じがしないんですよね。実に見事だと思います。
あー、また見たくなってきたよ(苦笑)

ホントに、早くDVDが欲しいよ~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1149-68c1f521

 BLOG TOP