プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


魔物鑑定士バビロ 1 (ジャンプコミックス)魔物鑑定士バビロ 1 (ジャンプコミックス)
(2015/02/04)
西 義之

商品詳細を見る

「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」、通称ムヒョロジでおなじみの、西先生の最新作キタ―――(゜∀゜)―――!!!!!
ムヒョロジは、後半バトルマンガになってしまってから失速しましたが、前半は傑作でした。特に、ヨイチが「これはオレの独り言だと思って聞いてくれ」と前置きしてから語りだす、エンチューとムヒョの過去バナが凄かった。悲しみと憎しみで、狂ってしまうエンチューが涙を流しながら笑う見開きのページとか、個人的にはジャンプ史に残る名場面とすら思っております。
しかしその後、ジャンプ誌上にて「ぼっけさん」「HACHI -東京23宮- 」と連載打ち切りが続き、もうジャンプには戻ってこられないかな・・・と残念に思っていましたが・・・!

「ジャンプNEXT!」にて連載していた、この「魔物鑑定士バビロ」が、早くもコミックスに。
ひそかに西先生を応援していた私としてはとても嬉しいです。
内容は、ムヒョロジが更にダークになったような魔法もの、というより悪魔もの。
表紙にもなっているバビロという少年、頭の両側に羊の角のような巻き毛があることから見ても、一種の悪魔であることは間違いなさそう。何の才能もないダメ高校生のオズ君につきまとい、ドラえもんのように魔法グッズの数々でオズ君を「幸せに」しようと目論んでいます。
掲載誌が、週刊少年ジャンプよりも読者の年齢が上に設定されているからなのか、内容的にはかなり人間の暗い欲望をえぐったような、救いのない話ですが、なんか西先生、生き生きしてるのよね・・・(笑) 
こういう世界、初期のムヒョロジ以来でやはり西先生の本領発揮、という気がします。
週刊ジャンプでバトル漫画を描いているよりも、伸び伸びと描きたいものを描いていらっしゃる気がします。
ドッペル検眼鏡の餌食になった委員長の絵が怖すぎる・・・

そして、西先生の最大の魅力である個性的な絵柄、特にカラーの美しさが相変わらず素晴らしいです。
コミックスの表紙、本屋さんに平積みされているときに思わず目が吸い寄せられました。(店頭では、この表紙に更に「奇書。」と大きく書かれた真っ黒い腰帯がついていて、目立つことこの上なし)
絵もキレイだけど、「魔物鑑定士バビロ」のタイトルの入り方も凄くないですかコレ・・・?
思い切り、顔に文字がかかった大胆なレイアウトですが決まってます。デザイナーさんのセンスも素敵です。

今のところ、バビロがオズ君をさまざまな魔法小道具で籠絡しようとする連作集の形ですが、バビロがなぜそのような悪魔的な所業をするのか、何かバビロにもバビロなりの深い理由がありそうなフラグは立っています。エンチューの過去バナみたいな凄い過去バナ来るかもしれない。
2巻から先、どのように展開するのか分かりませんが、続きの気になるコミックスがまた一つ増えました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1157-cd7a5adf

 BLOG TOP