プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


キター!
水準は高いのに、なぜか今一歩盛り上がりに欠ける「仮面ライダードライブ」が、ついに一皮むけた神回キター!

いやちょっと興奮しましたよ?
しかも、スッキリと1週単発回。ドライブにありがちな、後半のダレ気味のバトルもなく、全体としてはコメディ仕立てのお笑い回でありながらなおかつ、登場人物それぞれのキャラを活かした感動回。
そして、いい大人になっても仮面ライダーを見続けているようなオタ気質な方々(自分含む)にとって、すんごい共感できる内容だったと思うの・・・。

究ちゃん、いい味を出してるとは思っていましたが、主役回では一人二役など、オイシイ所を独り占めでしたね!
あの、いつも持ってる人形はアニメが元になっていたんですね。何だか、アダムス・ファミリーみたいなアニメ。
「最終回を見逃したら死んでも死にきれない」って、わーかーるーわーwww
でも実際には、その最終回が終わっても次の番組やら雑誌の発刊日やらが次々とやってくるので、いつ死んでも死にきれないことに変わりはないんですけどねw
そして、「ふだんはギャグなのに、たまにこうして感動回を入れてくるんですよ」という発言も、これまたわーかーるーわーwww 最初から泣かせようとして作ってある作品より、「ヤラレタ!」感が強いのよね~。 自分にとっては、今、「妖怪ウォッチ」がそういうタイプのアニメです。
ロイミュードが、ドライブに変身の決めポーズをとってくれるように強要する場面も、わーかーるーわーw
一番の見せ場ですもんねww

脚本全体に、「オタク」という人種に対する暖かい理解と共感が感じられます。最後、敵の女幹部によって粛清されてしまうロイミュードでさえ、オタクならではの細やかな心使い(気の弱さ、とも言う)を見せながら死んでいく。
「最後は僕が暴れて仮面ライダーに倒されたことにしてください」って、泣けるやろがー!
日本に5枚しかない限定品のお皿とか、「マ-マーマンション」の良さは字幕にある、という発言とかも、いちいちリアルにオタクくさいですw

そして、そんな人間的なロイミュードを簡単に殺してしまうメデイック(今回は海辺の吹きっさらしで、いつにもまして二の腕が寒そうでした。もうすぐ春。ガンバレ~! ><)に対して、いつになく熱い怒りを覚える進之介。
イイですねこの展開もイイですね。
正直、進之介って頭ヨシ顔ヨシ性格ヨシ、ツンデレの彼女アリ。リア充すぎて感情移入できませんでした。今回も、オタク特有の熱っぽい語りを繰り広げる究ちゃんに対して、前半は醒めたというかクールというか上から目線な表情で冷やかに見ていたのですが、ここでメディックに激怒して雄叫びまで上げてしまう進ちゃんはイイですよ。ようやく、ヒーローっぽくなってきたなっ! という感じ。
ウィザードのハルトだったらこういう時、自分が傷ついてしまう(傷つく時の表情がまた、白石君は絶品だった・・・)のですが、進之介は怒るのね。何というか、薄っぺらい正義感で怒っていても、見ていて心に響かないのですが、今回の怒りは良かった、ホント良かった。
進之介/ドライブの方向性が、ある程度定まったのではないかと思えるほどの隙のない回だったと思います。

あと良かった要因としては、チェイサーの出番が少なかったことですね(笑)
ほんっとに奴はいつ見ても暗い顔をしてgdgd悩んでて使えない・・・ってか奴が画面に映ると途端に流れやテンポが悪くなる。
しかし、合間のCMを見ると、何とマッハとチェイサーの、白と紫のバイクが合体して車になるオモチャが発売される模様・・・。
来週あたり、ついにチェイサーが仲間になってしまうのか・・・?
(正直、ヤダ・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1165-41f7824e

 BLOG TOP