プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は馬鹿か~!!??

日曜日、先日着物を買った店に無料着付け講習の3回目を受けに行きました。
帯結び難しいです。先は長そうです(T.T)

さて、今日教えてくれたのはSさんという年配のお喋りな女性なのですが、そのSさんが、講習が終わったあとに、
「結城紬を仕入れたのよ~。ちょっと合わせてみましょうか」
と、なんでも先日、茨城の「結城紬」という紬の産地から仕入れてきたという反物を見せて、着付けしてくれました。
深い緑にチラチラと白い絣の模様が入っていて、雪の結晶のようで美しい反物です。
例によって「〇〇さんにはこの色が似あうと思うのよ~・・・。アラ素敵、すごく似合う~!」などと言われましたがもちろん紬など、「おそろしく高級」というイメージしか持っていなかったので、買う気はサラサラ無く、(いいもん見せてもらったな)程度の気持ちだったのですが・・・。

Sさんが褒めちぎる後ろから、渋い和服をいなせに着こなした腰の低い若い番頭さんのような男性が登場。
「や、これは綺麗ですね。Sさんの選んだこの反物、難しい色だと思ったけど」
と言いつつ、両手に結城紬の資料などを持ってやってきて、結城紬というものがどのような工程で出来上がってきて、今やいかに貴重なものとなりつつあるかをさり気なく説明し始めました。
「反物というのは同じものは他にありませんからね。出会いが大事なんですよ。あまりにお似合いなので、ついつい・・・」
などと口上手に話しかけてきますが、もちろん私としては買う気などなかったのです。
なにしろ普通に貧乏ですので。しかし、
「紬は、何年も着て洗えば洗うほど風合いが良くなるんですよ~。一生もの、いや、孫にまで着せられる、三代ものなんですよ~。もし、『着物を着なれてきたら、いつかは紬も着てみたい』と思ってらっしゃるなら、チャンスですよ~。今セール中ですのでここまで勉強させていただきます」
と、電卓を見せられてとうとう心がグラつきはじめました。そこに若い女の子の店員さんが来て、
「この反物、先日、他のお客さんが気に入って試着したんだけど、似合わなかったんですよ。顔が着物に負けちゃっていたんですよ。肌の色や顔立ちで、着物との相性ってありますからね。〇〇さんはその色が似あうから全体もほっそりして見えますよね」
などなどと言われ、とうとう・・・

買ってしまった!


3年のローンを組んで・・・。

いやあ恐ろしい、着道楽とはよく言ったものです。
着物は宝石に似ていますね。
若いころは全然欲しいと思わない。
ある程度、年配になって、そろそろ上品で上質なものが欲しいと思い始め、最初に手頃なものを一つ買ってみる。
すると、店に並んでいる品物や他人が身につけているものが気になりはじめて、目が肥えて品物の良しあしも分かってくる。高いものはそれ相応の品質を持っている、という事もわかってくる。
そして、次に買うときは、ちょっと値の張るものに手を出してしまう・・・!

アカンこれ、滅亡へのカウントダウンや~!
もうあの呉服屋には近づかん方がエエで~!
しかし・・・。
紬としては珍しい、深い緑のあの反物が仕上がってくるのが待ち遠しい自分がいる・・・。
しかも、
「あれに合う帯も欲しいな♪」
とか思っている~!

いつも倹約しているのに高価なものを衝動買いしてしまったことで、まだ少々混乱しています(笑)が、冷静になって考えればやはりあの着物はお買い得だったと思うのです。
あとは、自分が紬をバリバリ着て、
「元を取った!」
と思えればいいわけで。

前回の水色のポリエステルの着物を買った時から、
「これ着てお花見行きたいな。鎌倉行きたいな。寄席行きたいな。大相撲行きたいな。三味線習いたいな。カラオケ教室行って、発表会は坂本冬美か石川さゆり歌いたいな」
・・・と、夢はひろがる一方なのですよ。
今まで無視してきた、いわゆる「和」の世界が急に眼の前に開けてきた感じ。
子供ができたとき、「世の中には子供文化、ファミリー文化っていうものがこんなに豊かにあるんだなあ」としみじみ実感したものですが、それに近いです。私は持っていないけど、多分、車の免許を取った時の気持ちにも近いのではないかな。

まあとにかく、3年のローンで着物を買ったことを後悔しないためにも、今後がんばって着付けをマスターして、あちこちに着物でおでかけしようと思います。
あと、呉服屋の奥から反物を何本も持った番頭や店長があらわれ、
「奥様にはこれがお似合いだと思います」
みたいな感じで広げて見せてくれる光景は、時代劇なんかでよく見る呉服屋のイメージそのもので、時代が過ぎても呉服屋というものは変わらないものなのだなあと、妙に納得してしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/1169-f6eb1b4a

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。